ROCK YOU! ロック・ユー!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ROCK YOU! ロック・ユー!
 > (レビュー・クチコミ)

ROCK YOU! ロック・ユー!

[ロックユー]
A Knight's Tale
2001年【米】 上映時間:132分
平均点:6.81 / 10(Review 119人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-10-06)
アクションコメディアドベンチャー青春もの歴史ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・ヘルゲランド
キャストヒース・レジャー(男優)ウイリアム・サッチャー
ルーファス・シーウェル(男優)アダマー伯爵
シャニン・ソサモン(女優)ジョスリン
ポール・ベタニー(男優)チョーサー
マーク・アディ(男優)ローランド
アラン・テュディック(男優)ワット
ベレニス・ベジョ(女優)クリスティアーナ
ジェームズ・ピュアフォイ(男優)エドワード王子
クリストファー・カザノフ(男優)ジョン・サッチャー
ニック・ブリンブル(男優)エクター卿
室園丈裕ウイリアム・サッチャー(日本語吹き替え版【DVD】)
内田直哉アダマー伯爵(日本語吹き替え版【DVD】)
小島幸子ジョスリン(日本語吹き替え版【DVD】)
江原正士チョーサー(日本語吹き替え版【DVD】)
高木渉ワット(日本語吹き替え版【DVD】)
山像かおり(日本語吹き替え版【DVD】)
津村まこと(日本語吹き替え版【DVD】)
大川透エクター卿(日本語吹き替え版【DVD】)
小野健一エドワード王子(日本語吹き替え版【DVD】)
家中宏(日本語吹き替え版【DVD】)/アダマー伯爵(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
茶風林(日本語吹き替え版【DVD】)
大山高男(日本語吹き替え版【DVD】)
木村雅史(日本語吹き替え版【DVD】)
阪口周平ウイリアム・サッチャー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
甲斐田裕子ジョスリン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山寺宏一チョーサー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
斎藤志郎ローランド(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
麦人ジョン・サッチャー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
木下浩之エドワード王子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
菅生隆之エクター卿(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
甲斐田ゆき(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林由美子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
村治学(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐々木睦(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
長克巳(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
朝倉栄介(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
多田野曜平(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本ブライアン・ヘルゲランド
音楽カーター・バーウェル
挿入曲クイーン"We Will Rock You","We Are The Champions"
デヴィッド・ボウイ"Golden Years"
エリック・クラプトン"Further On Up The Road"
ロビー・ウィリアムス"We Are The Champions"
撮影リチャード・グレートレックス
製作ブライアン・ヘルゲランド
コロムビア・ピクチャーズ(共同製作)
美術トニー・バロウ(プロダクション・デザイン)
編集ピーター・マクナルティ(第一編集助手)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
あらすじ
百年戦争のさなかのフランス。騎士の従者であったウィリアムは、主人の死をきっかけに、地方の馬上槍試合に出ることになる。技術もない彼だが天性の勘と運にも助けられ、なんと優勝してしまう。彼とその仲間は各地を転戦し勝ち上がるのだが、そこに強敵アダマー候が立ちふさがる。ウィリアムは身分を偽り戦い続けるのだが、そこには中世ヨーロッパの厳然たる掟があった。彼らの運命は?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
119.《ネタバレ》  馬上槍試合にて、敵を倒すと同時に槍が砕け散るシーンの迫力が凄い。
 もう、それだけでも(観て良かったなぁ……)と思えたくらいでしたね。

 平民の主人公が貴族達を次々に倒していくというストーリーも、非常に分かり易くて、好印象。
 普通の歴史物なら首を傾げたくなるような「リアリティの無い場面」があっても、本作に関してはあんまり気にならないって点も、大きな長所だと思います。
 なんせ冒頭にて「中世の人々が、二十世紀のバンドであるクィーンの曲を合唱している」という奇抜なシーンを挟んでいるくらいですからね。
 それによって「時代考証云々と五月蠅く言うようなタイプの映画じゃないよ」という作り手側のメッセージが伝わって来た為、リラックスして楽しむ事が出来ました。

 特訓シーンも全然辛そうじゃなくて、仲間達と一緒に遊んでいるようにしか見えないくらい、明るく楽しそうに描いているというのも、この映画らしい特色。
 如何にも「高嶺の花」といった感じのヒロインに、とことん嫌味で憎まれ役なライバルが出てくる辺りも、単純明快な魅力がありましたね。
 後者に関しては、主人公のウィリアムが金髪の美男子であるのに対し、ライバルとなるアダマーは黒髪の優男ってルックスな辺りが(日本の作品とは逆だなぁ……)と思えたりもして、興味深かったです。

 父子の再会シーンも感動的に仕上がっているし「We Will Rock You」を聴いたら「We Are the Champions」も聴きたくなったなと思っていたら、最後にしっかり後者を流してくれる辺りも、嬉しい限り。
 どちらの歌詞も映画の内容と合っていましたし、素晴らしい主題歌の存在が、映画の面白さを何倍にも高めてくれていた気がします。

 で、難点としては……そんなエンディング曲の後に挟まれる「オナラの大きさを競う勝負」にドン引きしちゃったと、その事が挙げられそう。
 いくらなんでも下品過ぎると思うし、折角クィーンの曲で感動していたのに水を差される形になっており、非常に残念でした。
 主人公の仲間が口にする「私の小説に登場させ、最低のクズとして描写してやる」って脅し文句は格好悪いとか、愛を証明する為に試合に負けるよう要求するヒロインには魅力を感じなかったとか、他にも細かい不満点は色々あったんだけど、それら全てを忘れさせるだけの威力が、クィーンの曲にあった訳ですからね。
 折角「エンディング曲による感動」で映画本編の不満点を忘れさせてくれたのに、その後また「オマケ映像」で感動を台無しにしちゃうという、二重の上書き感があって、凄く勿体無い。

 ちなみに、地上波放送版では上述のオマケ部分がカットされている代わりに、クィーンの曲もフルでは流れないという仕様みたいで、本当に痛し痒しですね。
 せめて、もっと無難な内容のオマケであったならば「好きな映画」と言えそうだっただけに、惜しくなる一品でした。
ゆきさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-08-17 03:41:34)(良:1票)
118.《ネタバレ》  『馬上槍試合』なんてあまりなじみのないもので2時間。どーなることかと思いますよね。これがどーして、なかなか面白かったです。
 各キャラクターたちの個性、役割もはっきりしていて、仲間が一人、また一人と増えていくのはRPGのよう。個人的には『鍛冶屋のおねーさん』が凄く好き。そしてヒロインの侍女。ヒロインより、この二人のほうが魅力的でした。
 アダマーもわかりやすいくらいの『クソ野郎』で、悪役としては最高。
 『エドワード王子』、『父親』、『エクター卿』。主人公を見守り、手助けしていく存在が、シンプルなストーリーにドラマ性と深みを添えます。さすがに泣きはしませんが、父親との再会シーンは素直に感動しちゃいますね。
 個人的に苦手だったのは『チョーサー』。彼の『選手紹介』が、少々うっとうしい。謙虚を美徳とする日本人気質の肌に合わないだけかもしれませんが。
 それから、中盤でやや中だるみを感じてしまったのは残念。特にヒロインとのエピソードが、私にとってどれも退屈で興味がわかなかったのが致命的。『ダンス』もそう。『テントでのやりとり』もそう。まあ、ヒロインが好みのタイプではなかったというのが、一番の原因かもしれませんが。
 少々退屈なエピソードがあるものの、総じてよくできたエンターテイメント。全然知らんスポーツに、いつの間にか熱くなっているのは、『サルート・オブ・ジャガー』以来かも。
 ささやかな笑い、ささやかな感動、ささやかな爽快感が程よくミックスされて、ちょっとだけ元気になれる作品ですね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-12-10 11:08:12)(良:3票)
117.内容は幼稚でしょうもない感じ。ロックと中世もぶっちゃけ合っていない。何よりいただけないのは、主役カップルが両方不細工だったことかな。高飛車な女を捨てて、鍛冶屋の女と。。。という話を、前半で予想したのは私だけ?
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2015-09-14 11:28:30)(良:1票)
116.意外と掘り出し物です。騎士の従者だった若者が仲間と共にホンモノの騎士へと成り上がる過程を描いた単純明快なストーリーです。成長・恋愛・トラブル・ドラマと盛り沢山ですが、軸になる騎士と恋愛のストーリーが判りやすいので中だるみも無く気軽に見られます。

私としてはロック音楽は不要だったと思います。せっかく衣装やセットにこだわっているのに勿体無いと感じました。(ま、ある意味軽い内容ですから真面目に音楽をつけてしまうと駄作になってしまうのかもしれませんが・・)

ラストの王子から称号を授かる部分はあまりにも出来すぎですが、やはり感動しました。ポール・ベタニーはじめ、出演陣もかなり芸達者が揃っていますので暇な方は観て損がない映画と思います!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-03-31 13:40:09)
115.試合自体はたいした迫力も無いが、それに至る仲間との連帯感が好き。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2014-09-28 19:48:17)(良:1票)
114.いわゆる時代劇的な物って見る時に結構覚悟がいるのですが、これは軽い感じで見ることのできる映画でした。
どちらかというと、スポ根ものののりでしょうか。ヒースレジャーもブラピを彷彿させる感じで、魅力的でした。
多くは語りませんが、安心してみれるハリウッド映画でした。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2014-09-01 16:39:53)
113.そこそこに面白い映画でしたが、後に残るものがほとんどないですね。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-18 21:09:04)
112.う~ん、暇つぶしにはなるかな~ 程度の作品.. 基本的に幼稚なストーリー展開に、マンガのような結末..騎士道的なものが垣間見れたので意外だった...
コナンが一番さん [地上波(吹替)] 6点(2013-09-21 14:23:26)
111.《ネタバレ》 中世の時代背景が自分好みで楽しめた。
その時代を見事に再現しながらロックミュージックを随所に取り入れてる。
普通こんだけ時代を真面目に再現すればそこに近代ロックミュージックを入れるなんてそんな実験的なことしないと思うけど。
大胆だ。
中世とロックの融合は面白かったけど、それをメインに掲げるほどでもなかった。
しかし融合度はなかなか高い。
ロックだけではなく中世風な音楽も聴けてこれがなかなか気に入った。
騎士の精神が非常にカッコいい。
どちらが本当の騎士であるかなんて勝負する前から分かりきってたけど、真剣勝負には燃えた。
ここで燃えたので対決する映画としては余裕で合格点だ。
黒騎士は憎ったらしいけど鎧はカッコ良かった。
奈落から栄光まであって上り詰めた時が気持ちいい。
運命、名声、金、友情、美女、プライド、それからロック、、、男の憧れる全てがある映画だ!
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2013-01-13 17:04:06)(良:1票)
110.《ネタバレ》 貴族の下僕が鎧を身に着け槍を手にし、騎士として各地で勝ち進みます。そしてライバルとの決戦、見事打ち負かしお姫サマをゲットしてハッピーエンドというベタな展開ですがよくハマっていたと思います。中世が舞台ですけど、熱い挿入曲が現代のロック調の雰囲気に仕立てています。名脇役の大喜利も迫力ありました。弱冠21歳とは思えない落ち着いた好演で魅せるヒース・レジャー、彼を亡くしたことは映画界の将来にとって大きな損失と言えるでしょう。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-27 01:35:09)
109.《ネタバレ》 馬が在来種ベースだし、サイドステップ踏めるってことはかなり調教されてますね。鎧、兜もちゃんとしてるし、槍もよく出来てて、馬上槍試合を見事に再現してます。実在の人物エドワード黒太子をアクセントに使うところもうまい。百年戦争当時は、現在のフランス、イングランドの国王、諸侯たちが入り乱れて自分たちの所領を奪いあってたわけで、国民国家なんて概念はないのだからこの設定と進行は正しい。ウルリッヒ・フォン・リキテンシュタインなどという名前を騙るのも、神聖ローマ帝国、教会、諸侯たちがゴチャゴチャだった現在のドイツ周辺ということにすればごまかせるというヨーロッパの共通理解がベース。19世紀後半まで国家統一されなかったんだからね。それを踏まえてロックな盛り上げだから言うことなし。2曲目がWarの“Low Rider”ってことでもう興奮、スライも入ってるしね。QueenやBowieだけじゃない、ロックもファンクもわかってる人たちが作ったのは明らか。こっそりBTOやThin Lizzyもあったしね。ヒース・レジャーはディラン(「アイム・ノット・ゼア」)以外でも素晴らしい。ジョーカーやんなきゃ死なずにすんだんだよ。女の子たちもよかった、個人的に侍女がベレニス・ベジョ(「アーティスト」のペピー)だったのでビックリ。この頃は可愛かったんだね。
shintaxさん [DVD(字幕)] 8点(2012-12-26 18:17:01)
108.特にこれといった展開があるわけじゃなく、ライバルや脇役もちょっと弱い。戦いの描写はいいと思う。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2011-12-05 00:57:49)
107.中世の人々がQUEENを歌った時点で自分の中で割り切れました。
これはアクション娯楽作品なのだと。
そういう視点で見れば十分楽しめる作品です。
リアリティーを求める人には厳しいでしょうね…
棘棘棘棘棘棘棘さん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-23 22:06:08)
106.rock you!!ってな感じのOPがいい。全体的にわかり易いし登場人物もしっかり限られていてのめり込めるとおもう。何よりテンポがよく、スムーズな場面チェンジであっという間にラストバトルに突入した印象だ。個人的にはBGMが幻想的で気持ちよく、クィーンの曲に挟まれているのもあって、全体的にアルバムを鑑賞しているような気分だった。明るーい気分になれました。
warrabitさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-18 05:36:00)
105.楽しい「活劇」ですね。ストーリーが奇抜なわけでもなく、ヒースレンジャーという役者さんの魅力を堪能できます。単純に「恋ってワクワク♪」な部分も好きです。クイーンの曲もよくあってますね。女性の中では、私の好みは「鍛冶屋さん」です。
グレースさん [DVD(吹替)] 8点(2009-05-24 01:03:30)
104.まぁ、何だか全てがトントン拍子で進んでいく展開やこういうテンションが好きな人はハマるのかもしれません。僕にはあまりグッとくるものがありませんでした。
身勝手な要求をしてくるヒロインや、悪役の伯爵をそこまでワルに描かなくても・・と思ってしまった。

キャスティング、俳優陣の演技はとても良かったと思います。
ヒースはブロークバックマウンテン、ダークナイトともに全く違った役柄の演技。
この若きヒースは単純に爽やかでカッコイイです。

この人がジョーカーを演じることになろうとは・・・
凄い才能を持った俳優さんですね。
おーるさん [DVD(字幕)] 4点(2009-03-11 05:11:14)
103.《ネタバレ》 分かり易くて楽しめます。個人的にはお姫様より侍女の方が好みなんだけど。。。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-24 08:43:29)
102.意外と面白かったです。中世の重厚なセットとは裏腹に、コメディタッチでテンポ良く進んで行き気楽に楽しめます。登場人物もそれぞれ良い味出してて好感が持てた。鍛冶屋の女の子が可愛い。音楽もクイーンが意外にはまってますが、別にロック映画ではないんですね。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-11-18 13:49:12)
101.《ネタバレ》 音楽が最高。あのライバルは汚い小細工をしなくても、きっと強いはずなのになぁ。ロック・ユー!
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2008-06-28 21:18:04)
100.《ネタバレ》 用意しただけのような設定ばかりで楽しめはしませんでしたが、とりあえず構成は成されているのでそれなりの評価を(プロット展開が終盤に集中しすぎかな)。
しかし、急場処理の爵位授与ってそんな単純なことなの?
・・・知らないから納得するしかないけど、随分と簡単な解決だな。
それに、やっぱり勝っちゃう理屈が全くないのも頂けないな~。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 4点(2007-08-21 10:34:09)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 119人
平均点数 6.81点
000.00%
110.84%
210.84%
332.52%
454.20%
51613.45%
61815.13%
73630.25%
82218.49%
986.72%
1097.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review6人
2 ストーリー評価 6.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.71点 Review7人
4 音楽評価 7.25点 Review8人
5 感泣評価 2.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS