ロミオ&ジュリエットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロミオ&ジュリエット
 > (レビュー・クチコミ)

ロミオ&ジュリエット

[ロミオアンドジュリエット]
Romeo + Juliet
(William Shakespeare's Romeo + Juliet)
1996年【米】 上映時間:120分
平均点:5.57 / 10(Review 211人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-04-05)
ドラマラブストーリーヤクザ・マフィアロマンス戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バズ・ラーマン
キャストレオナルド・ディカプリオ(男優)ロミオ
クレア・デインズ(女優)ジュリエット
ジョン・レグイザモ(男優)ティボルト
ハロルド・ペリノー(男優)マーキューシオ
ダイアン・ヴェノーラ(女優)ジュリエットの母 グロリア・キャピュレット
ピート・ポスルスウェイト(男優)ロレンス神父
ポール・ソルビノ(男優)ジュリエットの父 フルヘンシオ・キャピュレット
ミリアム・マーゴリーズ(女優)ジュリエットの乳母
ブライアン・デネヒー(男優)ロミオの父 テッド・モンタギュー
ポール・ラッド(男優)ジュリエットの婚約者 パリス
ジェシー・ブラッドフォード(男優)バルサザー
ヴォンディ・カーティス=ホール(男優)プリンス署長
ジェイミー・ケネディ(男優)サンプソン
M・エメット・ウォルシュ(男優)薬剤師
ヴィンセント・ラレスカ(男優)エイブラ
ダッシュ・ミホク(男優)
草尾毅ロミオ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂本真綾ジュリエット(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
家中宏ティボルト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
成田剣マーキューシオ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂口芳貞ロレンス神父(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
廣田行生ロミオの父 テッド・モンタギュー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富田耕生ジュリエットの父 フルヘンシオ・キャピュレット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
さとうあいジュリエットの乳母(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
桜井敏治(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
浪川大輔ロミオ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
森川智之ティボルト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
後藤敦マーキューシオ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
堀勝之祐ロレンス神父(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内海賢二ジュリエットの父 フルヘンシオ・キャピュレット(日本語吹き替え版【テレ部朝日】)
小宮和枝ジュリエットの母 グロリア・キャピュレット(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮寺智子キャロライン・モンタギュー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
吉田孝(声優)ジュリエットの婚約者 パリス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚明夫プリンス署長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
谷育子ジュリエットの乳母(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
真殿光昭(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鳥海勝美ロミオ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中尾隆聖ティボルト(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宝亀克寿ロミオの父 テッド・モンタギュー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
渡部猛ジュリエットの父 フルヘンシオ・キャピュレット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希ジュリエットの母 グロリア・キャピュレット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
櫻井孝宏ジュリエットの婚約者 パリス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
桐本琢也マーキューシオ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
阪脩ロレンス神父(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
寺内よりえキャロライン・モンタギュー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
玄田哲章プリンス署長(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』
脚本バズ・ラーマン
クレイグ・ピアース
音楽クレイグ・アームストロング(追加音楽)
編曲クレイグ・アームストロング
撮影ドナルド・マカルパイン
製作バズ・ラーマン
ガブリエラ・マルチネリ
ジル・ビルコック(製作補)
キャサリン・マーティン〔美術〕(製作補)
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
美術キャサリン・マーティン〔美術〕(プロダクション・デザイン&タイトル・デザイン)
ブリジット・ブロシュ(セット装飾)
ジル・ビルコック(タイトル・デザイン)
振付ジョン・オコネル〔振付〕
衣装キム・バレット
マイケル・ウィルキンソン(衣装デザイン補)(ノンクレジット)
編集ジル・ビルコック
字幕翻訳松浦美奈
スタントケン・カージンガー
その他マイケル・ネルソン〔製作〕(プロダクション・マネージャー)
クレイグ・アームストロング(指揮)
あらすじ
言わずと知れたシェークスピアの名作の現代版。憎みあう両財閥の若い連中が衝突するシーンでは銃が乱射されてヘリコプターが空中を舞い、両家の御曹司と御令嬢は花火大会の日に運命的な出会いを・・・なんていうあらすじなどは書くまでもないはず。同じ作品の現代版の「ウエストサイド物語」が原作の細部やセリフにこだわっていないのにひきかえ、こちらではかなり原作に忠実で、設定を現代に移して無理が出た分はアクションと極彩色の映像で補っています。お楽しみに。(68年版のあらすじを参照してください。)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
211.《ネタバレ》 実は結構好きだったりします。世間的にはすこぶる評判が悪い本作ですが、あの古典ロミ&ジュリをあえて超下品な現代版に作り替えた監督には拍手を贈りたい。バズ・ラーマンがメガホンをとってくれたおかげで音楽が最高にクールでスタイリッシュになっています。

主演二人の美しさは誰もが認めるところですが、助演のジョン・レグイザモとハロルド・ペリノーが下品で最高、さらに助々演のジュリエットの乳母や神父さんなども素晴らしい雰囲気を醸し出しています。また、音楽もさることながらカメラワークや色の使い方、衣装もクールで素晴らしいです。

古典セリフそのままの演出が不評ですが、あえて”ダサカッコイイ”を狙ったものと思われます。この映画は名作には程遠いですし、皆に広く愛される映画でもありませんが、、でも実は結構好きっていう人も少なくないかと。1968年版と比較しなければコレはコレでクールだし一つの映画として成功していると思われます。悪くないですよコレ。(でも深みがある作品だとはちっとも思いませんが)
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 7点(2019-11-19 23:33:34)
210.既に何人もの方が指摘している通りで、駄作です。ディカプリオとクレアデインズを観る以外の意義はほとんどありません。
Balrogさん [DVD(字幕)] 3点(2013-06-10 21:16:41)
209.《ネタバレ》 シェイクスピアの古典的名作(あまりにも古典的過ぎて今さら普通に映画化するにはかなり勇気を要する)を、大胆にも徹底的にお下品で猥雑で野暮ったく、それでいてとってもエネルギッシュに映画化。もう、この濃ゆい世界観、好きです!ピストル片手にアロハシャツ姿で愛を語るロミオとか格好良すぎ!!今作のディカプリオは、びっくりするぐらい若いエネルギーが迸ってます。対するクレア・デーンズも恐らくこのころがピークだと思えるくらい可愛くてキュート!!そして脇を固める、これまたアクの強い脇役たちも痺れるくらい格好良い。そして、何よりシィクスピアが何世紀も前に描いた純愛をこうやって現代に(お下品に)甦らせた監督の手腕に拍手!何度、観てもテンション上がるっす!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-24 22:07:33)
208.現代版にする必要があったのか。
古典を現代版でリメイクするのは、空気感もテンポも違うので、どうしても無理が生じる。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2012-12-17 20:51:05)
207.深夜のTV放送で観たので編集されていたのかもしれませんが展開が恐ろしく速いですね。観るべきところは主演2人の初々しさぐらい。
アフロさん [地上波(吹替)] 5点(2012-06-05 04:31:46)
206.《ネタバレ》 うーむ 何とも言えない独特の作風ですね  まぁ超有名古典を大胆バッサリドッカーンReメイク ということですよね(笑)  ディカプリオ&クレアは間違いなく美しさのある意味「ピーク」の頃で  …二人の青い瞳は 印象的ダワ   でも、それ以外は特にないかも;;  まぁ強いていえばレグイザモ頑張ってた くらい(苦笑)  まぁあまり固定概念を持ちすぎるのもよくないので まぁ これはこれでいぃんじゃないでショウカ
Kanameさん [DVD(字幕)] 5点(2011-07-12 09:22:05)
205.《ネタバレ》 この侮辱具合には、シェイクスピアも怒り狂って墓の中から飛び起きるぞ。
台詞が思いっきりナルシストなのとシナリオ構成そのもの、舞台が現代なのに時代錯誤で逆にそれらが足を引っ張っている。レグイザモは悪くない個性的な演技を見せた、ディカプリオとデインズが若くて初々しい、見所はこれだけ。
結局の所、彼らのイメージクリップと割り切っても満足できるくらいの人向けのレベル。
シバラク・オバマさん [地上波(吹替)] 2点(2011-07-03 18:48:31)
204.現代風アレンジと言っても、ここまで作り替えてはシェークスピアも墓場の影で悲しんでいるだろう。これはもはや「ロミオとジュリエット」ではない。情緒もロマンスもまったくなく、下品で見るにたえない。
しかしどういうわけか「ロミオとジュリエット」という名前や登場人物、ストーリーにこだわっている。ある意味では一番原作に忠実(台詞など原作にそっくりというかびっくりもの)であり、音楽も決して悪くないのに、残念である。現代風と原作に忠実とが
反作用で働き、軽薄でちぐはぐになっている。
その昔現代風に作り替えた「ウエスト・サイド物語」は、原作を元にしながらも、名前を変え別物語りにした。そのおかげでヒットしたのだと思う。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 3点(2011-04-27 16:57:36)
203.DVDが'68年版のケースに入っていて、誤ってレンタルして見ました。ここまでネタに走られると潔いというか…。主演の二人は美しく、アイドルという名にふさわしいと思います。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-24 22:08:56)
202.有名な水槽越しの出会いシーンが印象的です。ジュリエットの家の警備が甘すぎたり。ディカプリオが一番美しかった時でしょうか。そういう意味で貴重な映像かも。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2010-05-13 23:33:26)
201.バズ・ラーマンの作風は好かないが、水をはさんで見つめあうレオとクレアは初々しい。この映画よりはゼフィレッリやBBC版の方がよいだろうが、「ロミ&ジュリ」は構成や台詞は巧みでも情感に薄いので物語としてあまり心ひかれない。ジュリエットの父キャピュレットにポール・ソルヴィーノがキャスティングされたのは、娘のミラがオスカーを得た際に号泣して「娘の父」を強列に印象づけたからでは。
レインさん [映画館(字幕)] 5点(2009-08-28 01:44:39)
200.シェイクスピアのような古典を、目まぐるしくカットが変わる現代的なスピードと、うんざりしてしまうほどのアップの連続で撮りあげてしまっていることに、何の良さも感じられませんし、アカデミー美術賞にノミネートされている美術とやらも全く記憶に残らなかったぐらい見づらかったです。 ロミオとジュリエットの、つまりはレオとクレアのアップは見たいと思いますので別にかまわないのですが、どうでもいいキャラクターまで息が詰まるほどアップアップでこられては、見ているこっちがあっぷあっぷです。 ピース・ポスルスウェイトの神父やジョン・レグイザモのティボルトなど面白くさせそうな人物たちを巧く使い切れていないのも残念です。 ただ、レオには最近やるような小難しい役ではなく、こういう役を演じてほしいです。せっかくの美男なんですから。
ミスター・グレイさん [ビデオ(字幕)] 3点(2009-03-24 18:14:00)
199.斬新???うーん、舞台を現代にして、セリフだけ原典のまどろっこしいあれを持ってこられてもなあ・・・なんか気色悪い。アイデアだけおいしいとこ取りしたウエスト・サイド・ストーリーの方がはるかにいいわ、私にゃ。
あっかっかさん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 3点(2009-02-16 13:15:12)
198.《ネタバレ》 シェイクスピア名作の現代版。剣が銃に、鎧が衣服に、馬が車に変えられ違和感アリ。それでも最後の悲劇の場面ではもの悲しさが伝わってきた。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-31 22:11:52)
197.完全に失敗作ですね。主役2人の演技もひどいです。
現代にしたというだけで何の工夫もなく、時代と物語がマッチしなくてかなりおかしい。ロミオとジュリエットの悲恋が全然心に伝わってこないし、ただ騒がしいだけの変な映画でした。
ドテカボさん [ビデオ(字幕)] 0点(2008-12-08 17:41:58)
196.現代を舞台にした意味あるの?
eurekaさん [地上波(字幕)] 4点(2008-08-03 23:56:59)
195.ディカプリオはこの役も合うね。
ジダンさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-10-17 18:06:43)
194.斬新なアイディアに映像が重なってなかなかスタイリッシュな映画かと。さりげに出てくる銃や車もよかったし、この作品のクレア・デーンズは本当にキュートです。そのクレアに1点追加。
SITH LORDさん [映画館(字幕)] 7点(2007-08-17 00:04:13)
193.シェークスピアを現代映画に変換する時点で無理が生じている。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-07-24 18:13:08)
192.《ネタバレ》 主役2人が綺麗なのと色使いが綺麗なので自分的には好感触☆
でもロミジュリの結末を知ってる私としてはやっぱり最後違和感あるけどかなり悲しかったです↓
でも本当に2人とも綺麗だったなぁー・・・どうせならこのふざけた感じも良かったけどもっと豪華に由緒正しいロミジュリをやらせてみたらよかったんじゃないかな??
ハリ。さん [地上波(吹替)] 7点(2007-06-03 20:11:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 211人
平均点数 5.57点
062.84%
152.37%
294.27%
3167.58%
43617.06%
52712.80%
63818.01%
72712.80%
82612.32%
9104.74%
10115.21%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review4人
2 ストーリー評価 6.80点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.18点 Review11人
4 音楽評価 7.00点 Review10人
5 感泣評価 5.80点 Review10人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
美術賞ブリジット・ブロシュ候補(ノミネート) 
美術賞キャサリン・マーティン〔美術〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS