あるスキャンダルの覚え書きのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あるスキャンダルの覚え書き
 > (レビュー・クチコミ)

あるスキャンダルの覚え書き

[アルスキャンダルノオボエガキ]
Notes on a Scandal
2006年【英】 上映時間:92分
平均点:6.52 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-06-02)
ドラマサスペンス小説の映画化
新規登録(2007-03-11)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2019-05-22)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・エアー
キャストジュディ・デンチ(女優)バーバラ・コヴェット
ケイト・ブランシェット(女優)シーバ・ハート
ビル・ナイ(男優)リチャード・ハート
ショーン・パークス(男優)ビル・ルーマー
フィリップ・デイヴィス(男優)ブライアン・バングス
ジュノー・テンプル(女優)ポリー・ハート
アンヌ=マリー・ダフ(女優)
マイケル・マロニー〔男優・1957年生〕(男優)
藤波京子バーバラ・コヴェット(日本語吹き替え版)
内山昂輝スティーヴン・コナリー(日本語吹き替え版)
佐々木敏リチャード・ハート(日本語吹き替え版)
稲垣隆史(日本語吹き替え版)
牛山茂(日本語吹き替え版)
太田淑子(日本語吹き替え版)
込山順子(日本語吹き替え版)
脚本パトリック・マーバー
音楽フィリップ・グラス
ニコ・ムーリー(音楽調整 他)
撮影クリス・メンゲス
製作スコット・ルーディン
配給20世紀フォックス
美術ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン)
編集ジョン・ブルーム[編集]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》 バーバラの一人称(モノローグ)でストーリーが進んでいくので、観る側はバーバラの本音部分の異常性にビビってしまうが、実はバーバラの行動自体はそんなに異常ではなく、逸脱していない。

逸脱した行動をとったのはむしろシーバの方で、ケイト・ブランシェットの透明な魅力で不潔に見えないが、やったことは「15歳の子どもと性的に関係するエロ教師」、という犯罪だ。作品を観ている人間は誰もシーバを責めないと思うが、現実だったらやっぱり非難轟轟だろう。
スキャンダルを犯したのはシーバであり、バーバラはすべてをノートに記しているだけ。

飼い猫が死んでパニックになったバーバラは、シーバに「家族より友である自分を選べ」と要求するが、もしペットの死という危機的状況になっていなければ非常識な要求をすることもなく、普通に穏やかにつきあいは続いていたのではないか?
・・・と思う程度にしか、バーバラの外向けの行動はおかしくなかった。シーバの前の女教師にも執着して接近禁止命令を出されていたようだが、その時はどんなストーキングをしたのか、シーバよりそっちのケースの方が気になったくらいだ。

なので、バーバラをそこまで怖いとは思えなかったのだが・・・もしかして少数派?(汗)

不思議なのは、バーバラの精神構造だ。
知的で現実をよく見ている教師であり、若い頃は理想を持った教師であったろう、だが年齢とキャリアを重ねるにしたがって現実に失望し、仕事ではなく親密な人間関係を熱烈に求めるようになった、らしい。
しかしその「求める親密な人間関係」も、あくまで自分の立場が上で相手が下でなければならない。そのため、毎回、年下で魅力のある女教師に目をつけている、らしい。

非常に支配的で、他人を求めながらも他人を信用していない。だから、親しくなるために弱みを握る。
自分は正直な気持ちを言わないのに、相手からは全面的な信頼を得ようとする。

以上の事から察するに、バーバラの望みは、たぶん、子どもを産んで育てることだったのではないか?

配偶者は対等だ。でも、子どもにとって親は、ある程度の年齢に育つまでは、絶対的な強者であり、絶対的に信頼している相手だと思う。
バーバラが真に求めているのは、母子関係なのではないだろうか。

まあ答えがわかったからといって、彼女の精神的な飢えが治まるわけではないのだが。
それに、もう年齢的に、出産も養子を育てるのも難しいようだから、解決策はないのだろう。

まあこれからは、シーバとシーバの前の依存相手から学んだことをしっかりノートに書いてですね、親しくなった相手に依存しすぎないように、心地いい距離感の友人関係を築くように、努力できればいいんじゃないでしょうか。

と、バーバラの幸せを祈りつつ、でもバーバラタイプはなぜか失敗から学ばないから難しいかも…と諦めつつ、エンディングを観ました。上品にまとめてあり、長すぎず短すぎず、よかったです。
りりらっちさん [DVD(吹替)] 6点(2020-06-26 21:07:28)
47.《ネタバレ》 定年を間近に控えた、頭のお堅い歴史教師バーバラ。労働者階級の子供が多く通うという彼女の中学校にある日、若く美しい美術教師が赴任してくるところから物語は始まる。一回り以上歳の離れた夫とともに二人の子供を育てる彼女の名は、シーバ。等身大の魅力を放つ彼女は瞬く間に学校の人気者になるのだった。全く正反対の二人だったが、バーバラはすぐに彼女と仲良くなる。仕事の悩み、プライベートのこと、シーバからなんでも打ち明けられる関係になったバーバラ。だがある日、彼女はシーバの衝撃の秘密を目にしてしまう。なんと、シーバは自らが受け持つ15歳の生徒と肉体関係を伴う不倫の関係を持っていたのだ。この事実が公になれば、かなりのスキャンダルになりかねない。当然のように学年主任へと報告すると思われたバーバラだったが、その事実を口実にとある提案を持ち出すのだった。やがてそれは学校を巻き込む一大スキャンダルへと発展してゆく――。厳格で保守的なある一人のオールドミスの日記という形式で進む、二人の女性の愛と情欲が複雑に絡み合う心理ドラマ。主人公である、理屈っぽくて厭味ったらしいおばさんをねちっこく演じるのは、本作でアカデミー主演女優賞にノミネートされたベテラン女優、ジュディ・デンチ。下半身ゆるゆるの奔放な若き女性教師を演じるのは、美貌と実力を兼ね備えたケイト・ブランシェット。この二人の今にも火花が飛び散りそうな演技合戦はなかなか見応えありました。いわゆるレズビアンのバーバラが、あの手この手で若く美しい女性を落とそうと画策する様がひたすらこのおばはんのイヤらしーい目線で描かれるのですが、このどろどろの愛憎劇はなかなかよく出来ている。不倫相手であるヤリタイ盛りの15歳の少年も含め、誰も彼も自業自得としか言えないのでこいつらの見事なまでの堕ちっぷりには最後まで惹き込まれました。ただ、これは好みの問題と言ってしまえばそれまでだけど、僕はこういう観れば観るほど気が滅入るうえに登場人物の誰にも感情移入できないようなお話はあまり好きじゃありません。特に主人公であるこの偏屈色ボケおばさんの粘液質な愛情表現に、観終わるころにはもうげんなりしちゃいました。彼女の大胆な入浴シーンなんて、いったい誰得なの?(笑)。うーん、完成度は確かに高いんですけど、そんなわけで僕は最後までいまいち嵌まれませんでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2020-02-23 01:01:22)
46.《ネタバレ》 ジュディ・デンチVSケイト・ブランシェット、女の愛憎劇。「スキャンダル」とは…新任教師と15歳の生徒とのイケナイこと。それをこっそり見つめて、思わずにんまりしちゃう年増婆のアタシ。秘密の日記帳にびっしり、三ツ星だいっ。愛しの新任教師ちゃんを支配しかけるも、日記帳が見つかっちゃった。秘め事に対する秘め事がバレてもうドロドロ。二人ともシュールでいい味出してました。良作。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2019-09-21 01:58:58)
45.なかなか見応えのある作品でした。ケイトは寂しかったんですね。15歳の生徒に手を出すのはさすがにどうかと思うが、まーある話なんじゃないかな。それよりお婆さんの怖いこと。。おくびにも顔に出さず知らないを貫き、近寄ってきましたね。お節介婆ちゃんかと思ってたら実は興味があったなんて。おー怖い。ラストがまた怖い。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 7点(2019-06-27 18:24:58)
44.《ネタバレ》 ジュディおばあちゃんには「一生のレズ相手が欲しいのは分かるけど、ソッチの人じゃないひとをコッチにさせようとが強引なことはやめましょうよ」と世間は言うのだろうけど、彼女にとってはソレはムリだというのも理解できる。
ソッチの人がたまってるバーとかでナンパすれば簡単に見つけやすいはずなのに、「そういうのはいやだ純粋な出会いで結ばれたい」というこだわりがあるのだと思う。

ケイトには「だんながもう年取ってアッチがごぶさただからって、未成年の生徒に手出すのはやめましょうよ」と世間は言うのだろうけれど、彼女にもソレはムリだというのも理解できる。
彼女の美貌をもってすれば成人男性とのエッチもむずかしくはないはずなのに(実際、学校の同僚男性は彼女に惹かれていて後は彼女次第だったはず)「そういうのはいやだ、本当に自分が好きだと思った相手としたい」というこだわりがあるのだと思う。

二人の悪い面を指摘するのは簡単だし、やれ狂気だの怖いだのとこの作品を評価するのも簡単だろう。

しかし人間というのは、自分の感情(特に性愛の方面の)を抑えることはまことに難しい生き物。
だからこそ、タブーな性愛をテーマにした映画はゴマンと作られ続けているわけだが、この映画で特筆すべきところは、そういうタブーな性愛のエピソードを主人公1人だけのお話しとして描くよくある”1点モノ”ではなく、2人の主人公がそれぞれが違う相手(どちらもタブー)への性愛を抑えられず、突っ走っていくサマが、自然と絡み合い進行していく”2点セット”になっているとこだと思う。

二人の安定した演技力も助けとなり、この2点セットの形をなすことで、よくある”レズ作品”や”教師&生徒のR指定作品”と一線を画した、独特な<タブーな性愛映画>になることに成功したと言える。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-01-21 12:14:54)
43.出来の良いサスペンスだが、観ていて気分は良くない。
おばさん(イメージはお婆さんに近い)と若い女性を主人公として怖い物語を展開することが、こんなに自然だとは...でもやはり気持ちいいいものではない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-07-12 12:53:14)
42.《ネタバレ》 怖いおばさんだな~と・・・。

こんな性格の人が意外といそうだし自分もそうなのかもしれないしいろんな意味で怖い。おばさん視点からの映画だったのでその視点が歪んでしまって泥沼化していってボロボロになって、人間関係はやっぱり怖いなと。もちろんそういう人ばかりじゃないけど、その主役二人がどっちもどっちな感じなのでグッドエンドは不可能な展開にも思えた
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 6点(2014-06-05 00:23:04)
41.女優ふたりの演技が素晴らしく、何よりケイト・ブランシェットが美しい。
nojiさん [地上波(吹替)] 7点(2013-05-06 14:09:15)
40.97年にアメリカで発生したメアリー・ケイ・ルトーノー事件に着想を得た物語なのですが、主人公バーバラの性格描写を徹底的にリアルにした結果、映画はある種の普遍性を得ることに成功しています。他人と仲良くしたいんだけど人付き合いは恐ろしく苦手で、人間関係がうまくいかない原因は相手にあると思い込むことで自尊心を保っているという困ったちゃん、私の身の回りにも確かにいます。友達だと思っていた相手に意に沿わない行動をとられれば、即座にこれを裏切りと決めつけてしまう被害妄想の塊のような怖い人、確かにいます。ミザリータイプの完全にイっちゃった人ではなく、日常生活で想定できる範囲の迷惑おばさんを主人公にしているところが本作の魅力で、このおばさんがいつどこでブチ切れて人間関係をメチャクチャに破壊してしまうのかを、観客は固唾を飲んで見守ることとなります。本作は大した事件が起こらずとも立派なサスペンス映画として成立しているのです。。。
他方、もう一人の主人公であるシーバのキャラクターは浮世離れしていて、こちらの創作は難しかったのではないかと思います。なんせ、『パール・ハーバー』のケイト・ベッキンセール以下のバカ女を、同情的に見せなければならないのですから。この点については、シーバ役を演じたケイト・ブランシェットの実力によって帳尻を合わせてきたという印象です。ブランシェットの演技力やパブリックイメージを総動員することで、何とかシーバのキャラクターを作り上げています。少しでもバランスを間違えれば観客から見放されかねなかった難役だけに、ブランシェットの実力が光ります。。。
コンパクトながら、脚本もよく出来ています。シーバが父親ほど歳の離れた旦那を持っているという設定を置くことで、彼女が小児性愛者でないことの説明となっているし、性についてのバーバラの独白を加えることで、彼女がレズビアンではないことを明確にしています。登場人物の性的嗜好について観客に誤った深読みをさせないことで、作品の意図を正確に理解させようとしているのですが、こうした細かい工夫には好感が持てます。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2012-10-18 01:16:05)
39.これは法的にもアウトだし、道徳的にもアウトだし、どこをどう汲み取っても同情の余地はないので感情移入するのは難しい題材なんだけど、第三者の視点で描くという手法によって意外とすんなり話に入り込める。
でも、その第三者の本性が見え始めると、とんでもない人の視点で物語を追ってしまってるのかもと後悔することになる。
それでも、展開が衝撃的すぎて、ついつい興味本位に深入りしてしまう。
猫と劇の天秤でにっちもさっちも行かない修羅場を作り上げるとか、シナリオ構成は非常に巧みだと思います。
後半はもっとぐちゃどろの展開に陥るのかと思ったけど、意外にも丸く収まってしまうのが斬新ですね。
邦画なら純愛の末の悲劇というオチに持って行きそうな話だけど、主要人物のはずの少年の存在感が終盤は急速に低下するのは少年法の問題なんでしょうかね。
それにしても、懲役2年で逆ギレとか大人気ない。
それが犯罪なのは理解してたんだから、大人しく2年食らってください。
もとやさん [地上波(吹替)] 7点(2012-07-07 19:32:38)
38.もっと醜い愛憎劇になってもおかしくない話だし、サイコサスペンス的要素も含みますが、上品さのある作品にまとめあげた。

ジュディ・デンチの存在が本作を上品さの中に恐ろしさがある、見応えのあるサスペンスに作品を押し上げた。これは人間の表面と内面を見事に演じ分ける彼女の卓越した演技力があってこそ。

彼女の確かな演技力は、もう70代も後半になった今でも出演作が途切れず、彼女の演技力が常に頼りにされていることをみても明らかだと思うのです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-05-27 19:52:03)
37.傍目は女教師と教え子のスキャンダル物語だが、主役はオールドミスの老教師。孤独な単調な生活から友情が築かれると思いきや、スキャンダル目撃に始まって二人の教師の隠された生活が明らかになって物語がどんどん発展していく。友情がいかに相手を支配するかのゲームとなり、インパクトあるスリリングな展開になる。
ジュディ・デンチの好演はもちろんだが、ケイト・ブランシェットがこうも馬鹿げた女性を演じたのは見事。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-03 06:13:41)
36.《ネタバレ》 卓越した演技力を持っているのに代表作と呼べる出演作がない映画俳優がいますが、ジュディ・デンチもそのひとりと言ってよいでしょう(まさか007のMというわけにはいかんでしょう)。だけども本作の演技は、ジュディ・デンチが見せた生涯最高のパフォーマンスで「これぞ、ジュディ・デンチの代表作」とこれからは言われるのではないでしょうか(ただ作品自体があまりに小品すぎるのですが…)。皆さんにあまりに不評な例のデンチの入浴シーンですが、デビュー当時はフル・ヌードになった出演作もある人なので、まあ“むかし取った杵柄”とも言えるでしょう(笑) 私にとってこのシーンで衝撃を受けたのは湯船に浸かって煙草をふかす姿で、この演技は彼女にしかできない素晴らしい表現力でした。ストーリーは救われない陰惨なお話しなんですが、俳優陣の演技が良いので不思議と後味が悪くなかったです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-19 23:19:06)
35.女の友情と言うか、愛情にゾクゾクした。なによりゾクゾクしたのはジュディ・デンチのお風呂場のシーンでした…。
真尋さん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-15 12:08:57)
34.下手なホラーなんかよりよっぽど怖い作品。

ストーリーとしては、若い女教師の弱みを握った年配の女教師が、その女教師を心理的に支配しようとする…というもので特に目新しくはないが、演出が怖い。

全編緊迫した空気で進んでいくので、ドロドロしたものが苦手な人にはオススメできないかも。
女同士の感情のやり取りや関係性…自分も女性だが、理解し難い部分はある。
その理解し難い部分を、意欲的に描いた作品だと思う。

音楽も綺麗で、おどろおどろしいものばかりだったが、その音楽が映画をより一層引き立てていたように感じた。

女の怖さを知りたい人にはオススメ。
Sugarbetterさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-27 15:37:03)
33.生徒の不倫がおばあさん教師にバレちゃってさぁーたいへんって話。おばあさん教師はちょっと気持ち悪い人であるがさほどインパクトがなかった。こういう話実際あっても不思議じゃないよね的な物語であった。

たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-19 01:11:13)
32.とんでもなく恐ろしく、そして印象に残る(むしろトラウマ?)作品。
あのオバサンもレズビアンって訳でもなさそうだし、こういうのって女特有?
男の私には理解できない。

すごく衝撃的でした。R15ってのも分かる気がする。
この映画はホラー映画です。
のははすひさん [DVD(吹替)] 8点(2010-11-19 00:27:20)
31.緊張感があり、2台女優とビル・ナイがいい、ラストでもう少しひねってほしい。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2010-07-06 13:30:29)
30.ジュディ・デンチがっ! すげぇーー! こぇーー!! でございますっ。・・・でも、実際います、こういう人。もの凄く世界の狭い人、恐ろしく対人関係構築がヘタな人。彼女、かなりの高確率でバージンだろうな。いえ、別にバージンが悪いのでなく、彼女がそのことに絶望的なコンプレックスを抱いちゃっているからヤバイんです。ちょっとレズっぽい描写がありますが、彼女は違います、多分。男を知らな過ぎる反動です、きっと。これは男性には分かりにくいかも。女子同士が手をつないでトイレに行くのと、感覚としては同じでしょう。男児にはありませんもんね、そういうの。オンナ特有のものだと思います。バーバラの人生の道幅は狭く、モテない我が身を片方の「男」という側から遠ざけることでずっと自己防衛してきたんだけど、それが反対側の「女」(しかも彼女の歪みに気付かない女限定)に極端に接近(つーか激突してますな)する結果となっただけ。彼女だから孤独なのか、孤独だから彼女なのか、ニワトリと卵だわ~。なかなか面白い作品でした。
すねこすりさん [DVD(字幕)] 7点(2009-12-02 16:37:53)
29.《ネタバレ》 また凄い女を演じたものですねぇジュディ・デンチは。まさに女、共感共有と支配だ。そして日記の「良い日」には金色の星のシールを張り付けている、物凄く怖いです、なんと鋭い演出をするのでしょう。
シーバのような人は等身大、まあ普通にいるタイプの人と私は思います。
バーバラが階段に腰掛けて修羅場を上から見下ろすシーンが印象的でした。そしてシーバとバーバラをやはり上から見下ろす人、同じ目線で見る人がいてその目線のちがいで感想も変わってきそうです。
これは誰に何に焦点を当てているのか、それはバーバラなのでしょうけどバーバラの何が問題なのか核のところがわからないのが不満。所々で挟みこまれるレズビアンぽい描写は余計なものと感じた。
ラストでまた標的を見つけるバーバラ、おもわず「コレクター」のラストが浮かびました、もう~このサイコばーさん、誰かなんとかしてくれ~人の生活、人生に踏み込み引っかき回す大迷惑な人。
しかしジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの演技力には大満足です。シーバのどこか崩れたような服の着こなし無造作なヘア、しぐさや動作にそこはかとなく感じる隠微さには女の私もドキっとしてしまいました。
envyさん [DVD(字幕)] 7点(2009-08-30 12:33:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.52点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.08%
548.33%
61735.42%
72143.75%
8510.42%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review4人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
主演女優賞ジュディ・デンチ候補(ノミネート) 
助演女優賞ケイト・ブランシェット候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)フィリップ・グラス候補(ノミネート) 
脚色賞パトリック・マーバー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
主演女優賞(ドラマ部門)ジュディ・デンチ候補(ノミネート) 
助演女優賞ケイト・ブランシェット候補(ノミネート) 
脚本賞パトリック・マーバー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS