L.A. ギャング ストーリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > L.A. ギャング ストーリー
 > (レビュー・クチコミ)

L.A. ギャング ストーリー

[エルエーギャングストーリー]
Gangster Squad
2012年【米】 上映時間:113分
平均点:6.38 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-05-03)
アクションサスペンス犯罪もの実話ものヤクザ・マフィア小説の映画化
新規登録(2013-04-28)【ヒナタカ】さん
タイトル情報更新(2019-03-21)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルーベン・フライシャー
キャストジョシュ・ブローリン(男優)ジョン・オマラ巡査部長
ライアン・ゴズリング(男優)ジェリー・ウーターズ巡査部長
ニック・ノルティ(男優)パーカー市警本部長
ショーン・ペン(男優)ミッキー・コーエン
エマ・ストーン(女優)グレイス・ファラデー
アンソニー・マッキー(男優)コールマン・ハリス巡査
ジョヴァンニ・リビシ(男優)コンウェル・キーラー巡査
マイケル・ペーニャ(男優)ナビダ・ラミレス巡査
ロバート・パトリック(男優)マックス・ケナード巡査
ミレイユ・イーノス(女優)コニー・オマラ
サリヴァン・ステイプルトン(男優)ジャック・ウェイレン
マイケル・パパジョン(男優)マイク”ザ・フリー”
ジャック・マクギー(男優)クインキャノン警部補
トロイ・ギャリティ(男優)レヴォック
ジョン・アイルウォード(男優)カーター判事
ジョン・ポリト(男優)ジャック・ドラグナ
マイケル・バコール(男優)コマンチ
デレク・ミアーズ(男優)橋にいるならず者
フランク・グリロ(男優)ルッソ
アンビル・チルダーズ(女優)色白の金髪美人
楠大典ジョン・オマラ巡査部長(日本語吹き替え版)
加瀬康之ジェリー・ウーターズ巡査部長(日本語吹き替え版)
山路和弘ミッキー・コーエン(日本語吹き替え版)
秋元羊介マックス・ケナード巡査(日本語吹き替え版)
廣田行生パーカー市警本部長(日本語吹き替え版)
佐古真弓グレイス・ファラデー(日本語吹き替え版)
村治学コンウェル・キーラー巡査(日本語吹き替え版)
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影ディオン・ビーブ
製作ダン・リン
マイケル・タドロス[製作]
製作総指揮ルーベン・フライシャー
ブルース・バーマン
配給ワーナー・ブラザース
美術メイハー・アーマッド(プロダクション・デザイン)
衣装メアリー・ゾフレス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.《ネタバレ》 許さん!このLAは俺たちが守る!!!
警察はギャングの手に落ちた…買収され、誰も奴らには逆らわない…しかしそんな中でも正義の炎は消えていなかった。金に目がくらまず正しき血潮が流れる彼らの歴史には残らない反撃が始まる!
いや、当初は50年代ギャングものでもダークでリアルな雰囲気でやっていくのか、と思ったら外連味たっぷりなハードボイルドでアクションな七人の侍ライクの映画だったは…いいじゃないのさ!
これぞフィルムノアール!と言わんばかりの50年代LAの華やかな雰囲気と極端な暴力描写、そしてどこまでもハードボイルドなジョシュ・ブローリンにララランドカップルのニヒルだけれど正義に熱いライアン・ゴズリングにTHE美女なエマ・ストーンという豪華な面子、そして早撃ちガンマンにナイフの達人という濃いキャラクターを揃えてショーン・ペンを叩くという展開は非常に良いですね。しかもアクションシーンはまるでヒーロー映画のようなアングルで非常に己の胸に眠れる中学生男子の心を鷲掴みにするカッコ良いカットの連続で堪りませんでした。特に麻薬輸送車を襲うカーチェイスシーンは良いですね。
最後はショーン・ペンをボコボコにして「悪が栄えた試しなし!」と叫びたくなる、スカッと終れてシンプルに楽しめる素晴らしい娯楽作でした。
えすえふさん [レーザーディスク(吹替)] 7点(2019-04-15 23:51:14)
23.役者は素晴らしい顔ぶれ。
ライアンゴズリングを筆頭にジョシュ、エマストーン、ショーンペン。
目には目を歯には歯を。ギャングVSギャング警察、構図はいい。
けどギャング映画としては今一つ盛り上がりに欠けるのはたしか。もったいない感じ。
及第点な評価ながら哀愁が無い、脚本は薄っぺらいし、心に残りづらい。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-11-25 22:51:18)
22.《ネタバレ》 そこそこ楽しめたけど、ちょっと都合良すぎなとこが目立ちました。
ギャングとの戦いで、相手はバタバタ死ぬけど、こっちの犠牲者少なすぎ。
相手の撃った弾全然当たりません。

妊娠してる奥さんとか、ボスの女に手を出した相棒とか、死亡フラグ立ちまくりで
いつ殺されるかとハラハラしてたけど、結局主役だけはハッピーエンドでした。
 
警官バッチを誇りに、正義感が強いが故に街では浮いてる警官を集めて
ギャング団に対抗するグループ形成過程は面白かったけど、
もう少し各人のキャラと背景を掘り下げてほしかったです。
nanapinoさん [DVD(字幕)] 6点(2017-06-25 22:23:27)
21.「アンタッチャブル」の下位互換。

エマ・ストーン、ひとつひとつの所作が美しすぎ。
プラネットさん [DVD(字幕)] 6点(2016-04-16 22:54:16)
20.《ネタバレ》 もう、どこから観ても『アンタッチャブル』へのオマージュというかパロディなのかもしれません、この映画は。ジョシュ・ブローリンがエリオット・ネスというわけなんですが、それなりに工夫して『アンタッチャブル』をパクったという努力のあとは感じられますね。チームのメンバーを選ぶのが奥さんと言うのは笑っちゃいましたが、『アンタッチャブル』でネスの奥さんがひたすら一歩引いた位置で夫を心配するだけの存在だったことを考えると、なかなか現代的な脚本だと思います。 ジョシュ・ブローリンのゴリラみたいな風貌と知恵のない暴れっぷりはなかなかのものです。まあミッキー・コーエンという実在の大ギャングを引っ張り出してきてこれだけの史実無視の展開は、ある意味で清々しいぐらいです。メリハリだけで物語を紡いだという印象で、どうせ事実を脚色するならこれぐらいオーバーにやらないといかんと言うことです。ショーン・ペンも額の血管が切れそうな熱演で、共感するところが皆無の男になりきってました。でもそんな二人を出し抜いて美味しいところを持って行っちゃったのがライアン・ゴズリングで、この人こんなに色気のある男優だったのかと見直しました。 ラストにいたる展開と登場人物たちのその後はあまりに類型的で、これもパロディのつもりだったのかしら。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-08-04 22:50:31)
19.《ネタバレ》 あまり印象に残らない映画だった。テンポが良くて展開が早いのは良いんだけどね
、、。
lalalaさん [DVD(字幕)] 5点(2015-02-01 12:13:11)
18.《ネタバレ》 まぁよくあるギャング映画。とにかくライアン・ゴズリングがスタイリッシュでカッコいい!警察集団の雑な作戦もいい意味でリアルな感じで良かった。これだけドンパチやってれば飽きません。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-20 00:22:14)
17.《ネタバレ》 実在のギャングスターを描いた映画で度々登場したミッキー・コーエン。
ショーン・ペンのコーエンはちょっとスマートでしたが、スマートな中にも流石の迫力を醸し出します。
ストーリーは色んな意味で「アンタッチャブル」を思わせます。
アンチャッブル側、ギャング側、それぞれの登場人物の個性や時代の雰囲気、音楽などやはりアンタッチャブルはいい映画だったなあと思わされます。
とは言えジョシュ・ブローリンの、エリオット・ネスと比べるとちょいワルでとびきりタフな隊長像は様になっていたし、ラストのコーエンとの一騎打ちはなかなかの迫力でした。
ただし、最後の“バッジ”はちょっと余計だったかな。
オマラ巡査部長、途中はタフさではハリー・キャラハンにひけを取らないな、なんて思いながら見ていたら、全く同じ締めでしたから・・・。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2014-05-23 22:15:10)
16.《ネタバレ》 言い方が正しいかは分からないが、いろんな意味ですごくオーソドックスで映画的だった。渋いおっさん、男前、切れた悪役、ドンパチ、感動、悲しみ。よくあるギャング映画満載だけど、それがおもしろい。出産のところはベタだけど一番良かった。
ラグさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-04-29 01:28:04)
15.期待していたものとは、違っていた..もっとハードな創りかと思ったのに..シリアスには創っているが、娯楽作品側にかなり寄った、ソフトな演出に、ストーリー展開..「ゴッドファーザー」をイメージして観ると、裏切られることになる..警察官が主人公だからね~ 系統としたら「アンタッチャブル」に近いかな...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2014-03-08 14:40:21)
14.ショーン・ペン演じるヤクザの親分が絶対的権力を振りかざすLAで、「これはいかん」と怒ったニック・ノルティ市警本部長が、はみ出し刑事ジョシュ・ブローリンに特殊部隊を結成せよとの命令を下す!その目的は逮捕ではなく組織の壊滅!ブローリン刑事の下には、ライアン・ゴズリング、ロバート・パトリック、ジョヴァンニ・リビシら良い顔の男達が集まる!
この設定、このキャスティングの時点で血が滾りました。これは私の大好物だなぁと。他のレビューワー様もご指摘の通り、基本的には50年代の『アンタッチャブル』なのですが、主人公の刑事が『フレンチ・コネクション』のポパイを彷彿とさせるキャラクターだったり、彼の配下の特殊部隊の設定が『ダブルボーダー』だったり、クライマックスには『リーサル・ウェポン』みたいなサシの勝負があったり、『ダーティハリー』みたいにバッジを捨てるラストだったり、タイトルバックが『L.A.コンフィデンシャル』そっくりだったりと、「なるほど、監督はこういうのが好きなのね」という、何ともわかりやすい作風には好感が持てました。好きなことをやっているだけとは言え、ジャンルの面白さをきちんと抽出した上でひとつの娯楽作を作り出しているという点は、評価に値すると思います。。。
ただし、この手のジャンルに疎い観客までを取り込むレベルには達していないかなと思います。最大の問題は、主人公であるオマラ巡査部長の描写が不十分であったこと。なぜ、彼は身重の妻を危険に晒してまで任務を遂行するのか。また、リスク評価もしない段階で「おりゃ!」と突撃をかけて隊員を死なせるという馬鹿さ加減も何とかならなかったのか。この手の映画を見慣れた観客であれば、彼は暴力に歯止めの利かなくなった男であり、正義という建前を振りかざして暴れているだけの狂人であるという暗黙の設定が飲み込めるのですが、そうでない観客にとっては、リーダーとしての資質に欠けた馬鹿にしか見えないと思います。そうした点をもう少し丁寧に描いていれば、目が覚めるくらいに素晴らしいアクション映画になった可能性もあったと思います。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-02-24 00:42:14)
13.《ネタバレ》 とても面白かった!黒ずくめの人たちのドンパチ・アクション。
目新しさはないが、ひたすら動的で退屈させない。
無駄なスタイリッシュさの強調は、脳天気に感じてしまい、ハラハラ・ドキドキするかと言ったらあまりしない。
ギャングストーリーの割に、ギャング側はショーン・ペンが一人で怒ったり殺したりしてるだけ。彼を引き立てるような位置の、中ボス的キャラクターがいても良かったかと。
クライマックスの唐突な肉弾戦は、この間観たシュワちゃんの「ラストスタンド」のデジャブかと思ったぞ。
すべからさん [映画館(字幕)] 7点(2014-02-05 00:16:56)
12.《ネタバレ》 1949年、人々の欲望渦巻く大都会LA。暗黒街では、残虐な元ボクサー・コーガンが圧倒的な力でギャングたちを支配していた。警察、判事、保安官らが次々と買収されていくなか、業を煮やした警察署長がある一人の警官に極秘任務を命じる。毒をもって毒を制す!決して悪を許さない熱い男オマラの元に集まった仲間たちは、コーガンの組織をぶっ潰すために孤高の戦いを開始したのだった。絶対に買収されない、まさに〝アンタッチャブル〟な男たちの姿を描いたこてこてのノワール作品。――って、だからこれってもう「アンタッチャブル」じゃん(笑)。さすがにオリジナリティなさ過ぎだって、これ。それにあまりにも行き当たりばったりな作戦の数々が何故か次々成功するのを、ただ運が良いだけで済ませちゃうのもなんだかなー。でもまあ、さくさく進む分かりやすいストーリー展開に男汁120%のダンディな役者陣が織り成すこってり濃厚な映像世界とかはけっこう楽しめました。ということで、不満は多々あれど、ぼちぼち面白かったかな。風呂上りに、ビールと枝豆片手に肩肘張らずに観るには最適な映画だと思いまーす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-14 09:06:18)(良:1票)
11.冒頭に表示される「実際の出来事に着想を得た」という但し書きは、逆に「大部分において脚色をしている」ということだと思う。
これは「映画」なのだから、勿論それで問題ないし、想像したよりもずっと「娯楽」に振り切った作りになっているこの映画の方向性は圧倒的に正しいと思えた。

実在したギャングと彼を撲滅した警察官たちの戦いを描いたというイントロダクションが先行していたので、数多のギャング映画と同様にハードボイルドで骨太な映画なのだろうと期待していた。
ところが、実在の人物たちを描いているという割には、警察官側もギャング側も揃いも揃ってキャラクター描写に漫画的で、実在感がないことに序盤違和感を覚えた。

ジョシュ・ブローリン演じる主人公は、正義感が強いというよりも、殆ど危機感が欠如したイカレ野郎だし、対峙するギャングのボスを演じるショーン・ペンも、過剰な演技プランが際立ち殆どアメコミ映画の悪役と化していた。
「なんだこのリアリティの無さは……」と呆れかけるが、次第にこの映画は「そういう映画」なのだと納得し始めることができる。

曖昧だったリアリティラインを適切なポイントで確定させた最大の要因は、何を置いても主人公の愛妻のキャラクター造形だったと思う。
実在した人物というイメージが先行してしまい、まるで説得力を感じなかった破天荒な主人公のキャラクター性を更に超越した破天荒さで包み込んでしまった彼の妻のキャラクターがあったからこそ、この映画の娯楽性は良い意味で振り切れたと思う。
危険を顧みない任務に就く夫に対して激昂した翌朝、途端に彼のブレーンとして立ち回る様や、夫の留守中にギャングによる銃撃を唯一人で受けた最中に、考えられない生命力の強さを発揮する姿には、主人公以上のヒーロー性を感じてしまった。

「アンタッチャブル」、「スカーフェイス」など名だたる傑作ギャング映画の名シーンを彷彿とさせる場面は多々あり、オリジナリティーが高いとはとても言えないけれど、“パクリ”ではなく“オマージュ”と好意的に捉えることが出来れば、映画ファンが観たいシーンが連続しているとも言える。

主人公チームはもちろん、悪役や脇役に至るまで、下手な深みなんて削ぎ落とした漫画的なキャラクターたちに次第に愛着を持ってしまう。
思っていたのとは違うタイプの映画だったが、だからこそ面白い映画だったと思える。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-10-26 17:10:17)
10.《ネタバレ》 いや~、こういうハードボイルドのギャング映画って久々に見たような気がします。映像的にある種の即視感のある感覚、例えばチャイナタウンでのドンパチとか、終盤のミッキーの館に乗り込んでやるドンパチとかって、シチュエーション含め見たことあるような感覚なんですけど、なんでも実話を基にしているそうなので、これまでのギャング映画がそういう実話のエッセンスを汲み取って作られたものなのかな、という気もします。映像もスタイリッシュさを感じましたし、当時のレトロなギミックが好きな自分には小道具も見ていて楽しめました。ストーリーはまさに勧善懲悪で、ある種の意外性を求める人には刺激がないかもだけど、逆に言えば安心して見ることが出来ます。靴磨きの少年を殺されて我を忘れたり、工学系お父さんを殺されて我を忘れたりっていうシーンは王道だけどでもやっぱり見ててぐっとくるものがあります。ショーン・ペンが悪役をやるというのも珍しいけど、悪くない演技でしたね。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2013-10-04 17:55:05)
9.《ネタバレ》 劇画調で勧善懲悪ストーリー。安心して楽しめる。R・ゴスリングがいい、E・ストーンも可愛い。でもS・ペンが元ボクシング・チャンピオンはないな。パンチがへなちょこじゃん。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-09-27 23:48:53)
8.《ネタバレ》 見ていてどうもどうもどっかでみたなという感じがぬぐえなかった。コスナーのアンタッチャブルに全体に筋が似ている。
腐った警察組織で人を集めギャングに立ち向かう。その過程で老兵と頭脳派が落命する。最後は相手は逮捕されハッピーエンド。
ギャングの女とできてしまうと言うのがこの映画だけにあるが、かえって余分でもっとドライで凄惨なプロットの方が良かった気がする。
mtxさん [映画館(吹替)] 6点(2013-05-26 12:09:16)
7.《ネタバレ》 戦後のロサンゼルスギャングの大ボス、ミッキー・コーエン一味を壊滅させるべくロス市警による“特戦隊”を結成。抜き撃ち、焼き討ち、殴り込み―ギャング顔負けの急襲手段を強行。やや大味なストーリー仕立て・演出ながらも観る者を奮い立たせ、エンターテインメントとして充分楽しめました。正義感の塊のような特戦隊隊長を演じるのはジョシュ・ブローリン、目を吊り上げ悪ボスを怪演したショーン・ペン、さらにライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、マイケル・ペーニャら若手俳優が脇を固めた良作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2013-05-25 23:13:50)
6.2013.05/10 鑑賞。何年振りか記憶にないほど久し振りに映画館へ。昔と違いシステムが変わりウロウロ。シニア料金も安いのか高いのか・・。でも今の映画館はイイネ!! 鑑賞環境、座席も云う事無し、特に音響と大画面(でも昔の70mm・シネラマの比ではないが)は家庭では到底望めない。作品としてはショーン・ペンの存在感が大きく、ギャングスタースクワッド6人に匹敵。結構楽しめた。鑑賞環境とショーン・ペンの迫力に+1点。
ご自由さんさん [映画館(字幕)] 7点(2013-05-13 21:45:40)(良:1票)
5.《ネタバレ》 あまり多くを望まずに見に行ったのですが、正直予想以上の面白さでした。ギャングモノといってもそれほどシリアスなわけではなく、アクション映画と紙一重のところはあるのですが、ショーン・ペンをはじめとする俳優陣の渋さによってかろうじて実録モノの雰囲気を保っています。
実話に基づく(based on)ではなくinspiredだったので、いったいどこまでほんとの話なのかわかりませんが、ギャングのマシンガンに対し、なんの策もなく拳銃で勝ってしまうのはさすがに説得力がないです。そのあたりはマイナス評価なのですが、逆に、実際にあった出来事であるならば、+1点したいところです。
Northwoodさん [映画館(字幕)] 7点(2013-05-11 21:41:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 6.38点
000.00%
100.00%
214.17%
300.00%
400.00%
5312.50%
6833.33%
71041.67%
814.17%
900.00%
1014.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.66点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review5人
4 音楽評価 7.33点 Review3人
5 感泣評価 5.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS