ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
 > (レビュー・クチコミ)

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

[ウィンチェスターハウスアメリカデモットモノロワレタヤシキ]
Winchester
2018年【豪・米】 上映時間:99分
平均点:5.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-29)
ドラマホラー歴史もの
新規登録(2018-07-03)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2018-08-22)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・スピエリッグ
マイケル・スピエリッグ
キャストヘレン・ミレン(女優)サラ・ウィンチェスター
ジェイソン・クラーク〔男優・1969年生〕(男優)エリック・プライス
サラ・スヌーク(女優)マリオン・マリオット
脚本ピーター・スピエリッグ
マイケル・スピエリッグ
音楽ピーター・スピエリッグ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 現存するオカルト屋敷。ウィンチェスターハウス!
主人公の精神科医は家主でウィンチェスター社の筆頭株主であるウィンチェスター夫人の精神鑑定を依頼されたため24時間増築が止まらない屋敷に泊まり込みで仕事をすることになる。しかしそこはウィンチェスターライフルで殺された霊が集まる場所。シャイな幽霊たちがさりげなくお出迎えしてくれます。しかし幽霊の中には過激派もいるもんで子供に憑依して夫人を殺そうとする危ねぇ奴が出てきちゃってさぁ大変。
怪しげな屋敷の雰囲気、信じていいのかわからない謎すぎる夫人。そして次々と起きる怪奇現象と見所沢山。グロいシーンが無い上品なゴシックホラーに仕上がっております。
そして大元の謎であるウィンチェスター夫人が何故家を増築するのかという理由がちゃんと語られるのは嬉しかった。
後半はホラー色が薄くなりますが、主人公とある場所での出会いのシーンはかなり意外でとても良かったですし、ラストシーンに全員が勇気を振り絞り悪霊に立ち向かう流れもなかなか熱いです。
ただラスト悪霊の必殺技がX-MENのマグニートーっぽくて拍子抜けしちゃいました。まさかと思ったらマジでやっちゃうとは。それと主人公はあまり迷わず屋敷の中を行き来するため不自然さや広さがあまり伝わってこないのはちょっと残念でした。
そんなこんなで前半は怖く、後半は熱く楽しめる気持ちの良い本作。暑い夏のひと時、クーラーの効いた映画館に行くならこの一本はどうでしょうか
えすえふさん [映画館(字幕)] 5点(2018-07-11 23:35:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
51100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS