この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説
 > (レビュー・クチコミ)

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

[コノスバラシイセカイニシュクフクヲクレナイデンセツ]
2019年【日】 上映時間:90分
平均点:6.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
アニメシリーズもの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2019-10-11)【にんじん】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
福島潤カズマ
高橋李依めぐみん
雨宮天アクア
茅野愛衣ダクネス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 さぁこのすばも劇場版だ。どうなる。どんな冒険があるんだ!?と思いきや、なんとただのめぐみんの里帰り回。
まぁ本作も深夜アニメ帯の類いによくある劇場版という名目のOVAです。特になにも凄い事もなにも起きない。作画も特に凄い訳じゃない。(制作会社変わったのにあんまり違和感が無いのは嬉しかった)
まぁ本作に対して僕は相変わらずのノリで相変わらずアホな事をやる以上の事をなにも求めていないのでこれで満足です。
えすえふさん [DVD(邦画)] 6点(2020-03-26 15:09:47)
2.《ネタバレ》 奈良のアクセス難な劇場、しかも公開終了時間が22:00越えという大阪市民に対する嫌がらせみたいなスケジュールで公開されていたので、足を運び鑑賞。

おかげで終電ギリギリでしたが何の呪いですか「このすば」劇場版! 

経緯はさておき、感想。んー…大画面スクリーンとド迫力音響で、めぐみんの爆裂魔法をヒタスラ堪能し、愛でるため「だけ」の映画でした。

細かいアラが気にならない訳ではないですが、余は満足です。

徐々にアガっていく高橋李依の呪文詠唱が、カッコイイ。
aksweetさん [映画館(邦画)] 7点(2019-12-08 01:53:15)
1.《ネタバレ》 「映画にするまでもない」のではなく「映画にして失敗」な出来。
30分アニメではアイキャッチが効果的に使われていたが、この映画では小話自体が冗長になりがちでテンポが悪い。
二期後半の温泉回もかなりテンポが悪いと思いましたがこれはそれに輪をかけてよろしくない。

話の流れはそんな感じで、テレビ版に慣れてる人ほど受け入れないかなぁ程度ですが、
物語の根幹である、紅魔族の出生が、なんかえぐい。
いつもの日本から転生してきた科学者が作ったものとか急に言われても萎える。

というわけで今のところ安定の面白さのテレビ版の、三期発表を心待ちにします。
にんじんさん [映画館(邦画)] 5点(2019-11-07 02:33:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
6133.33%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS