シックスヘッド・ジョーズ(TVM)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シックスヘッド・ジョーズ(TVM)
 > (レビュー・クチコミ)

シックスヘッド・ジョーズ(TVM)

[シックスヘッドジョーズ]
6-Headed Shark Attack
2018年【米】 上映時間:89分
平均点:4.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションTV映画パニックもの特撮ものモンスター映画
新規登録(2021-05-04)【ぽこた(ぺいぺい)】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
製作デヴィッド・マイケル・ラット
あらすじ
海に浮かぶ研究施設が異様な鮫に襲われ、多くの研究者たちが犠牲となる。そして40年後、メキシコ沖の孤島で、それぞれに問題を抱えた倦怠期のカップルに向けたセラピーが行われていた。しかし、主催スタッフが行方不明になり無残な遺体となって発見されたことを契機に、6つの頭がある巨大人喰い鮫の存在が明らかになる。参加者たちはパニック状態となり島からの脱出を試みるが、一人また一人と狂暴鮫の犠牲になり…。そこは、かつて惨劇の舞台となった研究施設のある島だったのだ。その研究施設に隠された秘密とは。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》  まず、ヒトデのような六つ首鮫のデザインは面白いです。
 死んだ頭を他の頭が食い千切り、それを投げつけて攻撃するって場面もあるし、呆気に取られるような「地上歩行シーン」もあるしで、奇抜なデザインをきちんと作中で活かしてる点も好印象。
 前作の不満点だった「せっかく良いデザインなのに、それを活かせず普通のサメ映画になってる」って部分を克服しているし、これに関しては見事だったと思います。

 ただ、映画全体の面白さって意味では……
 残念ながら、傑作とも良作とも呼べない感じ。

 上述のサメ描写はコミカルだし、カップルセラピーキャンプって設定もラブコメ的だしで、如何にも「明るく楽しいノリ」が似合いそうなのに、何故か歴代でも一番シリアスってくらいのストーリーなんですよね、これ。
 主人公もムサい髭面のオジサンで、過去作に比べると一気に年齢上がってると思いますし、良くも悪くも「真面目」で「大人向け」って感じ。
 人が死ぬ場面で感動的な音楽を流し、悲劇を煽ってみせる演出もクドい感じがして、ノリ切れませんでした。

 「問題のあるカップルが命の危機に瀕し、絆を取り戻していく」っていう王道ストーリーを扱ってるにも拘らず「カップルの絆が蘇った途端にサメに喰われてしまう」ってのをお約束にしてる辺りも、何とも悪趣味。
 結局、作中で復縁した上で生き残ったカップルは一組も無く、生き残った主人公とヒロインも、本来の恋人と呼べる存在は殺された後なので、どうもハッピーエンド感が薄いんですよね。

 そもそも主人公グループが全然「良い人達」に思えないんだから、これはモンスターパニック物として、致命的な欠点。
 主人公のウィルも「嵐が来るのを承知の上で、それを客に隠してた」とか、流石にそれはどうなのって設定のせいで感情移入出来ないし、客の皆も「アンタを訴える」ってウィルを責めてる連中ばかりだしで、観ていて「生き残って欲しい」って思えるキャラがいないんです。
 なので、どんな展開になろうとも「どうでもいいや」って心境になっちゃう訳で……
 良い部分も色々ある映画なんですけど、そういう根本的な部分が拙かった気がします。

 六つ首サメを生み出したはずのラボが、どう見ても「海に浮かぶバラック小屋」程度の規模なのも笑っちゃったし、あからさまな低予算映画なので、あんまり厳しい目で見るのも可哀想なんですけどね。
 「水に入ると危険(=水に入らなければ安全)」というイメージを与えておいた上で、サメが地上を歩いて襲ってくるという場面に繋げるのには感心させられたし、頑張って「良い映画」「面白い映画」を撮ろうという、スタッフの意気込みは伝わってきました。

 そんなこんなで、総合的に評価するなら5点くらいになっちゃう訳ですが……
 「サメ映画を観たい」って気持ちには、しっかり応えてくれる内容だった為、満足度としては悪くないですね。
 ちゃんとサメが暴れて、退治されてと、ツボは押さえた作りでしたし。
 鑑賞後に残念な気持ちになるのまで含めて「サメ映画の醍醐味」と言えない事も無いですし。

 色んな意味で、サメ映画らしいサメ映画だったと思います。
ゆきさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2021-07-22 11:51:20)
1.《ネタバレ》 冒頭いきなり40年前の研究施設(どう見ても手造りの浮島)に登場する6つ頭サメ。ただし、今作はひたすらサメサメサメではなく、6つ頭君誕生秘話的な部分にも(若干)触れつつ、倦怠期カップルの人間模様の描写があったりして、過去の多頭鮫作品より少し頑張ったかな?感があります。ただし、それと引き換えにスピード感が薄れ、中だるみが激しいとも言えます。早くサメを出せ!みたいな。でも、心配するまでもなく、6つ頭君は一回出たら最後次から次へと攻撃してきます。頭を切ってもすぐに再生するし、サイズ感がその場その場で変わったり(?)、頭が多いから狭いところ入れなかったり、岩場でジャンプして人間咥えて岩場に突っ込んでどう考えても大怪我してそうだったり。結構お茶目さんですが…。そして極め付けは、サメの首ってそこで曲がる?みたいな角度で頭が足化して砂浜や岩場を蜘蛛の如く高速移動!もう、この歩行シーンの足役の頭が何とも健気!そして、まるでお約束のごとく繰り広げられる登場人物たちの感情移入不能行動。ツッコミどころが沢山ありすぎてお腹一杯。でも、この手の作品はそれだからこそ楽しめるってわけで、CGとかちょっとだけ予算が増えたかな感のある超トンデモ作品でした。ちなみに、DVDのジャケットのシーン(クルーザーも被害者も)は存在しません。これはむしろ前作でしょう。英語版のジャケットの方がもう少し合ってるかな?
ぽこた(ぺいぺい)さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2021-05-04 11:12:34)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS