2番目に幸せなことのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 2番目に幸せなこと
 > (レビュー・クチコミ)

2番目に幸せなこと

[ニバンメニシアワセナコト]
The Next Best Thing
2000年【米】 上映時間:108分
平均点:5.33 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-06-17)
ドラマコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-11-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・シュレシンジャー
助監督ピーター・コーン
キャストマドンナ(女優)アビー
ルパート・エヴェレット(男優)ロバート
ベンジャミン・ブラット(男優)ベン
イレーナ・ダグラス(女優)エリザベス
ジョセフ・ソマー(男優)リチャード
リン・レッドグレーヴ(女優)ヘレン
ニール・パトリック・ハリス(男優)デイヴィッド
ステイシー・エドワーズ(女優)フィン
ジョン・キャロル・リンチ(男優)アビーの弁護士
ジョージ・アクセルロッド(男優)
勝生真沙子アビー(日本語吹き替え版)
堀内賢雄ロバート(日本語吹き替え版)
小山力也ベン(日本語吹き替え版)
土田大(日本語吹き替え版)
石森達幸(日本語吹き替え版)
沢田敏子(日本語吹き替え版)
進藤一宏(日本語吹き替え版)
脚本トム・ロペールスキー
音楽ガブリエル・ヤレド
編曲ガブリエル・ヤレド
挿入曲マドンナ"Time Stood Still" and "American Pie"
撮影エリオット・デイヴィス
製作レスリー・ディクソン
トム・ローゼンバーグ
マーカス・ヴィシディ(共同製作)
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ゲイリー・ルチェッシ
配給ブエナビスタ
美術デヴィッド・レイザン(美術監督)
衣装ルース・マイヤーズ[衣装]
編集ピーター・ホネス
字幕翻訳松浦美奈
その他マーカス・ヴィシディ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ガブリエル・ヤレド(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》  「ヒロインにはゲイの男友達がいる」というのはラブコメ映画のお約束ですが、本作はそんな「男友達」にスポットを当てて主人公として描いたという、とても珍しい映画。

 前半は如何にも軽いノリのラブコメという作風であり、後半のシリアスな親権争いとのギャップが大きくて、その辺りが本作を「評価の分かれる映画」にしてしまった気がしますね。
 主人公とヒロインだけでなく、血縁上の父親であるケヴィンまで乱入し、三つ巴の争いになった挙句に明確な結論を出さないまま終わってしまうというのは、とても褒められた事ではないと思います。
 「完成度が低い映画」「作りが散漫な映画」という非難の声が上がるのも、至極もっともかと。

 それでもなお、自分はこの映画が好きというか……もう本当に「良い映画じゃないか」って、しみじみ思えるくらいに感動しちゃったんですよね。
 とにかく主人公が息子のサムを想う姿に胸を打たれて、裁判における「私は保護者なんかじゃない、父親だ」と主張する場面にも(その通りだ! 良く言った!)と拍手喝采したくなったくらい。
 「本を読む時に逆さまにしたがる」「ローストビーストの日」などのキーワードを巧みに活用し、父子の絆を丁寧に描いている点も良かったです。
 
 また、本作は今から二十年近く昔の映画なのですが、現在よりも同性愛者に対する風当たりが強かった時代である事が、分かり易く説明されている点なんかも良かったですね。
 親権争いの際には「ゲイの父親の立場は弱い」と弁護士にもハッキリ言われちゃうし、葬式の際にも同性愛者は差別を受け、死者の望み通りの式にしてもらえないという場面なんかも、情感たっぷりに描いている。
 そういった部分がキチンとしているからこそ、二十年後の今観ても、自然に映画の世界に入っていけたんじゃないかなって思えます。

 主人公のロバートは男性的なマッチョマンなのですが、ヒロインの元カレを懲らしめる為、如何にも「オカマ」的な恰好をして彼の職場に押し掛け「彼とは男同士のカップルだった」と思わせ嫌がらせをするなど「同性愛への差別意識が今より強かった時代」だからこその際どいネタなんかもあり、そういう意味でも面白かったですね。
 創作物においては、どうしても「差別は良くない」というメッセージだけに終始してしまいがちですが、本作においては「差別意識を逆手に取って復讐する」という場面が描かれている訳であり、凄く新鮮に感じられました。

 悩める主人公に対し「子供を持つのは、世界一素敵な事」「だって私は、貴方を産んで本当に良かった」と言って応援してくれる母親の存在も良かったし、それまで不仲だった父親が、ロバートの為に裁判の資金援助を申し出る場面も、凄く感動的でしたね。
 本作には「父子の絆に血縁なんて関係無い」という主張が込められている訳だけど、その一方で、実の親子であるロバートと両親の絆も忘れずに描いておくというのは、凄くバランスが良いというか、作中の主張が歪んだものではない、真っ当なものだと感じさせる説得力があったと思います。

 自分としては大いにロバート側に感情移入しちゃった訳だけど、ヒロインであるアビーの気持ちも(まぁ、分からないではない……)と思わせてくれた辺りも、嬉しかったですね。
 ロバートが「息子の父親」ではあっても「自分の夫」ではない事を悲しむ気持ちが分かり易く描かれており、彼女を一方的に悪役と断じる事も出来ないという形。
 弁護士が裁判に勝つ為、何とか有利な材料を集めようと「彼女は性的に淫ら? 情緒不安定?」などと問い掛けた際に、馬鹿正直に「そんな事は無い」と否定しちゃうロバートの姿など、この二人が「良い人間」「良い友達」であった事を示す場面が随所に挟まれているのも、映画に深みを与える効果があったんじゃないかと。

 上述の通り、本作は裁判の結果を明かさないまま、親権の行方も不確かなまま、尻切れトンボな結末を迎える事になります。
 それでも、ラストシーンにて、嬉しそうにロバートに抱き付くサムの笑顔と「パパは一人でいい」という台詞を考えれば(サムの父親は、間違い無くロバートだ。彼は立派な父親だ)と、そう断言したい気持ちになるんですね。
 色々と投げっぱなしのまま終わってしまった、不親切な映画ではあるけれど「サムの本当の父親は誰なのか?」という命題については、きちんと答えを出してみせた、真摯な映画であったと思います。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2019-07-16 16:50:19)
17.《ネタバレ》 みなさんも書かれているように後半と前半の内容が展開の重さに差がありすぎてなんともいえない気分に見終わったあとなりますね。テンポも良くマドンナもはまり役で前半はとても楽しい映画です。後半はアメリカでの離婚訴訟は実際こんな風に泥沼化することが多いんだろうなと想像できるような内容。ただ父親の権利を主張する側がゲイというテーマがついてくるのだが。息子役の子供がかわいくてほんとにいい子で。こんなかわいい息子(血のつながりはなかったけれど)と引き裂かれるのだったらどんな汚い手(マドンナの昔の同棲相手=息子の実の父親を法廷に引っ張り出してくる)を使ってまでも・・・・という気持ちはわかる気がした。
MKさん 6点(2004-07-18 17:23:27)(良:1票)
16.何と言っても、「DNAだけが、全てではない。」のセリフが良い。とにかく微妙な関係で、答えを出すには難し過ぎる内容ではありましたが、何物にも変えがたい「愛情」は男でも、女でも、もちろんゲイでも素敵な事。ただ、作品自体がどっち付かずで終わるため、コメントがしにくい。とにかく、「繊細な問題」なので、他人がどうこう口出し出来るもんでは無いと思う。この手の内容で、これが一番良いって言えるようになれば良いのかもしれないけど・・・。
sirou92さん 7点(2003-12-05 20:19:56)(良:1票)
15.かなり酷評を受けていますが、良い出来の映画だと思いますよ。スキャンダラスな同性愛者の偽装結婚とか前半のコメディータッチとかの見かけに惑わされてはいけません。「真夜中のカウボーイ」の時もそうだったように、この監督は一見すると最新のライフスタイルを謳歌している社会の異端者を通して普遍的な人間性を扱います。初めはコメディーでラストはやり切れなくなるというのも常套手段ですね。恋愛関係や友情が脆くも崩れ去って行くのに対して、子への愛だけがどんな困難にあっても手放せない主人公の悪あがき。切ないラストもあれはあれでハッピーエンド?主役のひとりがマドンナでなければさらに評価は上がったはず。
lafishさん [映画館(字幕)] 7点(2003-11-11 04:42:04)
14.題材としては、僕の大好きな「ハッシュ!」と通じるものがあって興味深かったんですよね。これからゲイがもっと認知されるようになるだろうし、家族のあり方も新しい形を模索していかなくてはいけなくなるんだろうなーと思うし。ただしやっぱりそこには様々な困難があるし、特にアメリカではこの映画みたいに裁判に持ち込まざるを得ないのかな、と思います。それにしてもあの終わり方はちょっと中途半端な感じでしたね。ちゃんと和解するまでを描いて欲しかったな。
ぐるぐるさん 6点(2003-11-07 14:54:50)(良:1票)
13.前半の奇妙な二人の関係の描写は良かったのに…泥沼裁判以降の展開にかなり不満。ゲイの男性の方が悪者になってしまうのも、何だかかわいそうで後味悪し。公開当時、主演のルパートが来日した際、「(元々ゲイだから)役作りには苦労しなかったよ」と話していたのを覚えています。また、当初はゲイのデザイナーという設定だったのを、『男性デザイナーにはゲイが多い』という固定観念をあえて覆すために、監督に意見して庭師に変更させた、とも語っていました。
プミポンさん 3点(2003-11-07 01:29:24)
12.キミは完璧すぎていやだ、と彼に去られた綺麗なマドンナ、と言う前ふりがよかったのにな・・パパがゲイ・・でもこれって、新婚時代に子どもを作って、今冷え冷えの同居仮面夫婦、と設定すると、思うところも出てくるよね。親の都合でトバッチリ食うことになる子どもへの責任、を改めて考え、身につまされました。
かーすけさん 5点(2003-07-02 20:40:55)
11.何が言いたかったんだろう?夫婦愛がない家族はだめっていうことだったんだろうかなぁ
tarachanさん 4点(2003-04-01 20:57:41)
10.微妙に好きですマドンナ綺麗だったしなんかファッションも好き結構何回も見てます最後終わり方がいまいち、、、
togoさん 7点(2003-03-15 20:21:54)
9.前半普通にコメディでおもしろかったのに、後半になってめちゃ複雑にに重くなりました。ラストも終わり?って感じでした。全然ハッピーエンドじゃないのになんだアレは?みたいな終わり方です。。。
バカ王子さん 6点(2002-02-10 23:04:32)
8.この作品で監督は何を言いたかったのか、何も伝わって来なかった。
KARINさん 4点(2001-11-24 20:44:21)
7.もっとさわやかな内容の映画だと思ってました。ああもラストで泥沼の展開になろうとは。悪い意味で裏切られました。
RIOさん 3点(2001-06-30 05:51:16)
6.ラストがどうもすっきりしなくて私には消化不良気味な作品でした。息子の将来は大丈夫なんでしょうか。
雪うさぎさん 5点(2001-03-14 23:56:39)
5.あのようなドロドロ展開になるとは・・・。でも現実的というところかな。
ねこやなぎさん 5点(2001-02-13 18:07:04)
4.これで終わり?って感じ。何ともすっきりしない
にゃん♪さん 5点(2001-02-12 00:01:51)
3.「私の愛情の対象」の逆パターン。終わり方も逆。ゲイの男の執念はこのようなところに!!!
masaoさん 4点(2000-07-08 15:22:58)
2.ソープ・オペラ(昼メロ)みたいな内容。マドンナの良いところがちっとも出ていない。
まめさん 6点(2000-06-25 13:15:28)
1.(試写会)納得いかない尻切れトンボな終わり方がね~・・・。
ひよこさん 6点(2000-06-12 14:59:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3211.11%
4316.67%
5422.22%
6527.78%
7422.22%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2000年 21回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞ジョン・シュレシンジャー候補(ノミネート) 
最低主演女優賞マドンナ受賞 
最低スクリーンカップル賞ルパート・エヴェレット候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞マドンナ候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞ベンジャミン・ブラット候補(ノミネート) 
最低脚本賞トム・ロペールスキー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS