トランス・ワールドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トランス・ワールド
 > (レビュー・クチコミ)

トランス・ワールド

[トランスワールド]
Enter Nowhere
2011年【米】 上映時間:90分
平均点:6.67 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
サスペンスSFミステリー
新規登録(2013-11-09)【8bit】さん
タイトル情報更新(2015-03-23)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストキャサリン・ウォーターストン(女優)サマンサ
スコット・イーストウッド(男優)トム
サラ・パクストン(女優)ジョディ
クリストファー・デナム〔1985年生〕(男優)ケヴィン
脚本ショーン・クリステンセン
製作総指揮ショーン・クリステンセン
あらすじ
とある森に迷い込んだ男一人と、2人の女。何故か森から出る事が出来ません。ハイ予備知識はココまで。DVDパッケージのあらすじなんて観たらいけません。酷いネタバレです。情報をシャットアウトしてご覧ください。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 出来れば、ドイツ兵と彼女らは最後まで言葉が通じないって体でやってほしかったかな 地球人と宇宙人みたく。日本人とブッシュマンみたく。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-03-20 23:55:17)(良:1票)
20.《ネタバレ》 退廃的な映像美はいい感じだし、森の奥にたたずむ廃屋のような山小屋の姿もとても雰囲気があります。まるでホラー映画みたい。もしかしてそっち系? と疑ってしまったほど。で、そこに迷い込んだサマンサの服装がまたよろしい。山歩きの服装とはほど遠い、きれいめカジュアルというのが、どうにも場違いな感じで不安感をあおります。いや、不安感というよりは、違和感、といいましょうか。この何かがおかしいという違和感、そして三人の関係という謎。私にとっては、これが本作の全てでしたね。謎が解き明かされてからは、もうすでに映画への興味が薄れたと言うか、、。誰かさんが犠牲になって誰かさんの未来を変える (救う) 、これも何かありがちだし。 個人的には、この監督にはホラー映画を撮ってもらいたい、と思いますが?
タケノコさん [DVD(字幕)] 6点(2020-02-11 15:43:59)
19.少し粗い感じの寒々しい映像も相まって、なにか夢を見ているかのよう。趣のある話だったのですが、いかんせん尺と合わない。60分以内で、スパッと見せられたら、語り継がれる作品になったのではないか。【追記】なぜ、こんな邦題にしたのか?
なたねさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-02-02 08:49:07)
18.これ好き!ほんと面白かった。台詞に込められた数々の伏線にも一切気付かなかったし、ロケットを皮切りに一気呵成に明かされてゆく全貌には圧倒されて口が開きっぱなしでした。
映画に求めるものは映像の凄さより話の面白さ。ストーリーテリング重視派を自認する身にとって、こういう脚本一本で勝負してくる野心作は心底シビれます。
きりっと短くまとめたセンス、その切れ味まるでサキの短編のよう。お見事でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-12-14 00:24:34)
17.《ネタバレ》 不可思議な小屋に引き寄せられた面識のない3人 連絡手段もなく、どうやっても周囲の森から出られない状況で
話の食い違いや、共通点から徐々に現状の把握へ

本筋への伏線はもちろんのこと
サスペンスホラーと勘違いさせるための伏線もチラホラとあり

「どうやって、あの時間軸に集合したのか」(ショップの金庫に秘密が?)明かされないこと
あんな何もないとこへの単独任務&爆撃の必要性
気になる点もいくつかありますが
尺も短くまとまっていて、適度な緊迫感が続いているので、飽きずに最後まで見れるいい映画でした。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-12-05 01:23:15)
16.《ネタバレ》 テンポがよく面白い。
kontikiさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-09-21 23:07:26)
15.腕の傷の変化とか、服装の話とか、小ネタが効いてて良い。結局何であそこに皆んなが集まったのかは結局のところわからないんだね。
nojiさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-08-25 16:41:52)
14.あらすじを見てありがちホラーを想像していたが、これは上手い。ホラーかと思ってたんで随所に散りばめられた伏線を「ふーん」でスルーしてましたわ。
真尋さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-07-18 20:20:01)
13.《ネタバレ》 これは素直に面白かった。
アイデア一発の、見せ場なしの低予算SF。序盤のサスペンスホラーの予感は見事にハズレ・・(笑
山小屋サバイバルが、微妙にアンリアルで気になったけど、問題ではない。
空爆シーンの日本ドラマ並みの安いCGも残念だけど、問題ではない。
話が進んで、場所が違うとか、時間が変だとか、段々面白くなってくる。
もう少し予算得て、リメイクされて欲しいかも。
見た人は結末知ってるから意味無いけど、未見の人の為にですね。
グルコサミンSさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-06-23 12:36:54)
12.《ネタバレ》 こういうのはネタバレするまでの期待感がすべてで、謎が解けてくると「あぁそういうオチね」とわりとがっかりする事がほとんどです。
本映画も謎が謎のままの途中まではなかなか興味深く観る事ができるんですが、しかし真相がわかってくると「なんだー」という肩透かし感がぬぐえません。
なんというありがち感。

まぁ途中までは面白かったのは確かなんですけどね。(だからこそありがちなオチに余計がっかりするわけですが…マッチとか服とか伏線わかりやすすぎだろ!)
細かいところもそれなりに考えられていて、たとえば途中で「エイリアンに誘拐されたんだ」的な話題で盛り上がるとこがありますが、アメリカでエイリアン誘拐が最初に話題になったのは1961年なんです。だから1962年の彼女にとっても旬な話題だったりするわけで、そういう細かい時代考証はなかなかなんですけどね。

こういう映画なのでツッコミどころだらけなのは当然なんですが、一番気になったのはあんな何もない森を爆撃する必然性。
燃料も爆弾も無駄ですし、ターゲットが何もないところを爆撃するってのは本当に難しいんです(何しろターゲットがない=どこ爆撃していいかわからないからね!)
あの空爆の意味は本当にわからないしあんなとこに防空壕があるのも意味不明です。

あと、化粧が変わると女は別人だな…と。
もう一つ、些細な事ですが、最後の(別の強盗の)女のケツはなかなかです。うん。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-06-19 15:12:52)
11.《ネタバレ》 1度観ただけでは、登場人物の関係が今一つ理解できず、2度観てしまいました。
低予算なので、空襲のシーンなど、チープな場面は仕方ありません。
しかし、相当に練りこんであろうと思われる秀逸なストーリー
予想し難い展開は見事でした。
監督を初めとする、制作陣の熱意を感じる映画で、無名時代のスピルバーグ「激突」を思い出しました。
こうした、低予算ながら良質な映画を観るのは、映画好きの冥利に尽きますね。
8点を付けます。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-06-18 01:20:58)
10.《ネタバレ》 ほんとーにたまたまインターネット配信で見ただけでした。そもそもジャンルも良く分からずに観始めて、こりゃホラーかなと最初は思いましたが3人がお互いに別々のところにいると思ってる?紙幣をみて時代がおかしい?という部分でこりゃどういう展開になるんだって思いました。そしてまさかの全員肉親と来た。ネタバレサイトとかを見ても最後までよく分からなかったのが、結局、強盗娘が強盗娘にならなくなったことで、ケヴィンとも結婚せず、つまりはトムは生まれなかったのか、、そこら辺誰か教えて下さい。。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-06-17 08:32:22)
9.ネタバレすると楽しめませんので、レビューを見ずに鑑賞することをお勧めします。若干TVドラマ風の安っぽさは感じますが、なかなかセンスの良いミステリ風の小品です。そもそも何なの?的な部分はありますが、全体的に整合性もよく考えられていて完成度は高めです。星新一的なショートSFが好きな方にはお勧めです!

個人的には、いつになったら人気のない山小屋でのハンサム男1人と若い女2人の密室の情事が始まるのかと、、そういう意味で非常にドキドキしていましたが・・ まさかの展開で、そういう話とは正反対のお話でした。(下世話でごめんなさい) まあとにかく、クリーンヒット的な拾いモン映画でありました!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-08-08 11:54:00)
8.謎解きものは全貌が見えてからの展開が見ものですよね。名作とまでは言いませんが、90分を費やす価値は十分にあると思いました。予備知識は可能な限り入れない方が良いです。
alianさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-07-07 16:10:21)
7.OPで想像と違う作品だと感じ、終盤にまた想像を裏切られる…良い意味で、予想外に進んでいく作品。
ご都合主義的な部分で少しマイナス。
Sugarbetterさん [DVD(字幕)] 6点(2015-08-17 20:37:57)
6.制作費を使わずアイディアのみで、また、「そもそも」を排除して頑張ったら
どうなるか。自分としては6点満点の6点です。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-17 15:02:52)
5.もしタモリがストーリーテラーで出てきても違和感を感じない。
なぜ三人が小屋に集まることになったのか、三人にどういうつながりがあるのか、そこは一体どこなのか。
ドイツ兵が現われ、それらの謎が次第に明らかになっていき、やがて訪れる悲劇を防ぐために過去を何とかして変えようとする。
そこにサスペンス性があったので退屈はしなかったが、これといって印象に残るものはなかった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-11-01 00:10:56)
4.《ネタバレ》 (ネタバレ厳禁映画です。鑑賞前の閲覧はご注意ください。) 予算規模、脚本・演出・演技のクオリティ、どれをとってもお馴染みフジ系TVドラマ『世にも奇妙な物語』のそれと寸分違いません。これで本作がどんな映画か、伝わる人には伝わると思いますが、言及したいポイントが1か所あります。それはトム(クリント・イーストウッドの息子)の扱い。過去を変えることで、女性2人の運命が好転するのは明白でした。彼女たちが父親(祖父)を助けたいと考えるのは当然です。ただしトムだけは違いました。母親の人生が変われば、彼は存在しなくなります。これもほぼ確定事項。そのことに気づきながら、トムは曾祖父の命を救おうとしました。これって凄い献身です。ほんと感動ポイントなんです。彼の決断と勇気にきちんとフォーカスした演出があれば、もうワンランク作品の完成度が上がったと思います。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-09 20:57:34)(良:2票)
3.《ネタバレ》 爆弾や格闘シーンはしょぼい超予算映画だけど面白い。
やっぱり家族の絆って素晴らしいんだね。
どうでも良いけど、スーパーマーケットのオヤジあ何者だったんだ?
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-03 13:57:56)
2.《ネタバレ》 よくできた2時間ドラマのような映画 プロットは非常に優秀だ しかし前半にちりばめられた伏線が判りやす過ぎて先が読めてしまう 以下、かなりのネタバレなので見てない人は読まないほうが絶対おもしろいです 2011年の新聞 クラシックカー ライター等 少なくとも育った時代が違う3人が集まったんだろうなと言う所までは簡単に読める なので三人が肉親である事がわかってもさほど驚きが無かった このわかりやすい伏線をくどくどと演出してしまうところがテレビドラマ的で残念だった ナチの父親が爆撃で死ななければ、サマンサの母親が再婚しない そうすればサマンサが出産で緊急事態に落ち入った時に、彼女の母親が近くにいるので死なないですむという理屈が今ひとつうまく理解できなかった サマンサが生きてれば、娘のジョディが真っ当に育って、彼女の息子のトムが母親を失わず、孤児院へ行く事も無いと言う理屈はわかるが、ナチのひいじいちゃんが生きてれば3人の人生が良い方向に変わるという理屈はなんとなく納得した しかし爆撃とかアクションの部分が2時間ドラマ以下のちゃちさで、もうちょっとそこに金かけろよって思った 冒頭のコンビニ強盗の直前を繰り返すオチも結構しゃれてて、幸せなサマンサとジョディの親子が砂浜を歩くエンディングはなかなか良かった やはり自分はハッピーエンドが好きだ 閉じられた山小屋でのみのワンシチュエーションの映画は時々見るが良い物が多く、その中でも拾い物の良品である
にょろぞうさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-04 20:12:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
529.52%
6733.33%
7942.86%
829.52%
914.76%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS