天国の口、終りの楽園。のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 天国の口、終りの楽園。
 > (レビュー・クチコミ)

天国の口、終りの楽園。

[テンゴクノクチオワリノラクエン]
And Your Mother Too[米]
(Y Tu Mamá También)
2001年【メキシコ】 上映時間:106分
平均点:5.69 / 10(Review 71人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-08-10)
ドラマ青春ものロマンスエロティックロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフォンソ・キュアロン
キャストガエル・ガルシア・ベルナル(男優)フリオ・サパタ
ディエゴ・ルナ(男優)テノッチ・イトゥルビデ
マリベル・ヴェルドゥ(女優)ルイサ・コルテ
エミリオ・エチェバリア(男優)テノッチの父
脚本アルフォンソ・キュアロン
カルロス・キュアロン
撮影エマニュエル・ルベツキ
製作アルフォンソ・キュアロン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
編集アルフォンソ・キュアロン
アレックス・ロドリゲス〔編集〕
録音フィリップ・ストックトン
字幕翻訳松浦美奈
その他アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(スペシャル・サンクス)
ティモシー・J・セクストン(スペシャル・サンクス)
ギレルモ・デル・トロ(サンクス)
あらすじ
テノッチとフリオは17歳。ガールフレンド達は欧州旅行に出かけてしまい、冴えない夏を過ごしていた。ある日二人は、テノッチの従姉妹の妻である美しいスペイン人女性、ルイサと出会う。二人は彼女を誘う為に、「天国の口」という海岸に一緒に行こうと誘う。しかしそこは伝説の海岸で、実在するのかどうかも判らない。それでも三人は、出発した・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
71.《ネタバレ》 途中までは空の描写がうまいなーくらいにしか思ってなかったが、どうやら自分は旅と別れと人生というテーマに弱いようだ。エンディングの音楽も相まって、ブエノスアイレスを観たときに近い、何とも言えないジーンとした気持ちになった。

ルイザが最後に2人に向けた言葉、"Life is like foam, so give yourself away like the sea"にグッと来た。どうして2人の少年がその後会わなくなったのか。人生なんてそんなものだからだ。まさにLife is like foam。
なすさん [インターネット(字幕)] 9点(2019-02-28 13:15:05)
70.《ネタバレ》 多感な年頃の男の子2人の青春ロードムービーかと思いきや、実は結構ところどころに出生や政治にも触れられている。どうしてもラテン系特有の性に対する貪欲さのような表現が目につくけれど、結構面白かった。
lalalaさん [DVD(字幕)] 5点(2015-06-22 01:26:16)
69.《ネタバレ》 テノッチは発狂した(すごく)  
テノッチは恋人を寝取られた事を知らされ発狂した(すごく) 
テノッチはおいたをした悪いフリオを寝かすことなく一晩中拷問し続けた(すごく) 
そしてテノッチは彼からどんな些細なことでも聞き出し パズルのピースを無理やり はめようとした 

そして最終的にはフリオに 土・下・座・を・さ・せ・た (ということになっていた) 
だがしかし・・・   

ちょっと待ってよ
テノッチおまえまでもが同罪だったとは。
だったら同じ身分だったくせして 
なんでフリオに土下座を させた?・・・  (^w^)  

まるで後先考えていない すごい自己チュウさんでしたね テノッチは。 これぞ若さってことかしら?。。。

だとしたなら
フリオ反撃がんばれ 君は悪くないww
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-05-07 21:25:22)
68.《ネタバレ》 青春ロードムービーという響き自体に魅力を感じる。

だが、ヒロインの見た目に魅力を感じず、そこからして乗り切れず。
得てして青春ロードムービーなんてものは、そこはかとない虚無感が漂うことが多いが、本作は、ヒロインがガンにおかされていて、後に死亡、という展開があり、虚無感を超えた残酷さが見え隠れする。

甘酸っぱいどころでなく、単に苦い。
そんな青春ロードムービー。

でも、やっぱり、メキシコ映画は良い。
乾いていて虚しさもあるが、どこか叙情的。
他にもたくさん、色んなメキシコ映画を観てみたい。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2015-03-01 02:21:33)
67.アモーレスペロスがすごく良かっただけに、期待したのに全く面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-09-29 21:55:37)
66.ガエル目当てで見ました。ルイサ役の人がもうちょっと美しい人だったらよかった・・!後半は慣れてきたせいか、あまり気になりませんでしたが。メキシコの風景を楽しみつつガエルを鑑賞する目的があるなら、なかなかおもしろい作品かもしれません。
はちまろさん [DVD(字幕)] 4点(2012-10-14 17:33:32)
65.序盤からして心が折れ気味でしたが、やっぱり駄目でした。俳優目当て以外では成立しにくいなぁ。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 2点(2009-03-21 23:29:06)
64.自分の若かりし頃を思い出すと、フリオとテノッチの言動は多少過剰だが共感できるところがあった。みんないろんなことを経験して学んで大人になっていくんだね。。良い青春映画でした。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-13 15:50:38)
63.タイトルにひかれて見てみましたが、結構エロくてドロドロで爽やかさはほとんどありません。キャラクターもイマイチ感情移入できません。でも、見終わったあとせつなくなりました。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 4点(2008-06-18 18:31:08)
62.《ネタバレ》 ガエル君に会いたくて観ました。なんかいまいちだった。価値観が違うというより世界観が自分に合わないのかもしれない。まぁ基本的にセックスばっかりなので途中で飽きたというのもある。大事なことを伝えようとする熱さはあるけど、そこが逆にあざといんかな。それにしてもガエル君はロードムービー似合う。
ぷりんぐるしゅさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-14 22:17:33)
61.深夜のテレビ放送で見ました。
ここのレビューを見る限り、僕の見たテレビ版はかなりカットされてたんだろうな。
人妻と2人の若い男が酒とドラッグに溺れつつ、ひと夏のバカンスを満喫する。
こんな明らかに如何わしいシチュエーションでありながら、性描写がほとんどないという斬新な構成には感心したけど、肝心の物語の方が薄すぎる。
もう少し何かハプニングのようなものがあっても良かったんじゃないかと思うのだけど、とにかく淡々と物語は進んでいく。
あるはずのない天国の口に到着した時もそんなに感動らしきものはなくて、なんだか拍子抜けしてしまった。
とりあえず収穫だったのは『歯科衛生士は美人』の法則が世界共通だということがわかったことかな。
もとやさん [地上波(吹替)] 4点(2007-08-27 14:44:30)
60.最後がちょっと安易すぎる。もっと最後の方を詰めて欲しかった。全体的には好感が持てなくはなかった。全体的に(全体を通して)△。
Leannán-Sídheさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-02 02:36:07)
59.《ネタバレ》 どいつもこいつもやりたがる。乱れまくりの世界。結局みんな猿なんだ、ということでそれなりに納得だったが、最後の最後で、あの女性が実は癌で一ヵ月後に死にましたというオチにがっくり。説得力ゼロ。そんなものを付け足して、あれらの行為に別の意味を持たそうとするのはあざというというか、間抜けっぽい。そういう嘘くささははいらないのです。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-07-18 20:07:32)
58.《ネタバレ》 少年2人の派手な言動に目を奪われがちですが、真の主役はルイサでした。それは衝撃の結末で明らかになります。彼女が置かれていた状況を知ると、今までの出来事に対する捉え方が劇的に変化します。ルイサの心情を慮ると心が締め付けられる。同姓の観客ならば尚更でしょう。それは深い余韻を伴います。それにしても人生は無常なもの。しかし情緒的に捉えることも出来ます。彼女が「終わりの楽園」に辿り着いたのには、意味があるのではないか。存在するはずのないビーチ「天国の口」。もしかしたら、彼女は誰かに導かれたのかも。ルイサにとってハノは、夫である前に恩人でした。孤独から救ってくれた人。でも愛情とは、少し違うかもしれない。彼女が生涯のうちで最も愛したのは、元彼だったような気がします。ちょうどテノッチやフリオと同じくらいの歳に事故で死んだ彼。前歯が欠けた、ポニーテールの彼です。彼の話をするルイサは楽しそうでした。顔すら分からない彼の姿が頭をよぎります。ラスト、少し大人になったフリオの髪は伸びていました。頭の後ろで髪を縛れるほどに。この事から、死んだ元彼の霊的な介在を主張する気はありません。でも、ものは考えよう。全ての事に意味がある。理由がある。そんなふうに考えることで、救われることもあります。この夏の出来事が、2人を成長させたとは思いません。この出来事がなくても、テノッチとフリオは別れたと思います。2人の関係は、成長期の少年に多い、特殊な結びつきでしたから。彼らにとって彼女は、甘いような苦いような思い出の一つでしかないと思います。彼女の死を知ってもなお、それは変わらないと思う。少なくとも今のところは。ただ、ずっとずっと経ってから、ふと思い出して涙を流す日が来て欲しいと願います。それはたぶん精神的に彼女に追いついた時。その時、この経験は彼らをいい男に変えてくれる気がする。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-06-14 19:00:05)
57.この旅を経験したことによって、少年2人の人生観が変わってしまいました。それを考えると、すごく切なくなります。イルサは何を伝えたかったのでしょう。まだ見ぬ楽園を求めるための、道先案内人の役だけを望んでいたのでしょうか。日本人にとっては過激なシーンが多いので、目を引きつけられますが、何をこちらに伝えたいのかが判りませんでした。
shoukanさん [DVD(字幕)] 5点(2006-10-09 00:13:17)
56.いやぁーあまりに良かったのでDVD購入しちゃいました(笑)初観賞では完全に最初のシーンからドン引きでしたが、メキシコの風景、3人の何気ない感じがたまらない。こういう映画大好きです。そして最後の2人の成長が寂しくもあり理解もできて、たまらなくなります。個人的にハッピーエンドよりもこういう方が好きなので。
おっちょさん [DVD(字幕)] 10点(2006-08-25 00:31:21)(良:1票)
55.レビューが結構低いのがビックリです!!私は素直にこの作品を楽しいと思いました、sexシーンは無くてもあってもいいような・・・。ストーリーはメチャクチャだけどそれがまた面白いです♪
愛しのエリザさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-08-12 15:22:52)
54.メキシコの現実はわからない。ただ、日本よりは貧困で治安も悪くそして、
とにかく暑いのだろう。
作品の中でも車移動中に出てくる警官隊の数や地方での暮らしぶりからわかる。
主人公の2人はまだ子供。現実が見えてない。とにかくわがままで自己中心的。
少なくともメキシコの子供たちの半分くらいは早くから親の仕事を手伝いまたは社会人に
なり彼らより先に大人になっている。
そんな人がこの映画を見たらきっと羨ましくてほほえましい光景なのかもしれない。
ひでさん 7点(2004-09-25 13:27:57)
53.男2女1・・・そらあんな展開になるわ。乾いた空気と朽ちる命を性欲がリカバー。ん~どうなんやろねー。
モチキチさん 4点(2004-09-10 04:29:39)
52.ルイサの腰のくびればっかりに目が行きました。くびれくびれくびれくびれくびれくびれくびれくびれ・・・・・・・・・・・
マミゴスチンさん 6点(2004-08-29 04:16:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 71人
平均点数 5.69点
000.00%
111.41%
257.04%
379.86%
41216.90%
579.86%
61318.31%
71014.08%
879.86%
957.04%
1045.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.42点 Review7人
2 ストーリー評価 4.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2002年 75回
脚本賞アルフォンソ・キュアロン候補(ノミネート) 
脚本賞カルロス・キュアロン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS