麦秋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 麦秋
 > (レビュー・クチコミ)

麦秋

[バクシュウ]
(麥秋)
Early Summer
1951年【日】 上映時間:124分
平均点:7.77 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画
新規登録(2003-10-07)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-03-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督小津安二郎
助監督今村昌平
キャスト原節子(女優)間宮紀子
笠智衆(男優)間宮康一
三宅邦子(女優)間宮史子
東山千栄子(女優)間宮しげ
菅井一郎(男優)間宮周吉
高堂国典(男優)間宮茂吉
杉村春子(女優)矢部たみ
二本柳寛(男優)矢部謙吉
淡島千景(女優)田村アヤ
井川邦子(女優)安田高子
高橋豊子(女優)田村のぶ
山本多美(女優)西脇富子
谷よしの(女優)喜多川の女中
宮口精二(男優)西脇宏三
佐野周二(男優)佐竹宗太郎
脚本小津安二郎
野田高梧
音楽伊藤宣二
撮影厚田雄春
川又昂(撮影助手)
製作山本武
配給松竹
美術浜田辰雄
衣装斎藤耐三
編集浜村義康
録音妹尾芳三郎
その他川又昂(デジタル修復版 監修)
近森眞史(デジタル修復版 監修)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.《ネタバレ》 東京物語に続いて2作品目の小津映画鑑賞。少しずつ小津安二郎の良さが分かってきた気がします。彼は日本人が持つ普遍的な感覚を表象しようとしているのではないか。例えば「女がエチケットを悪用してますます図々しくなってきていることは確かだね」「今まで男が図々し過ぎたのよ」みたいなやり取りがあるが、似たような会話は現代でもよくある。恐らくこの映画の随所に散りばめられた(当時生まれていなかった僕ですら感じる)ノスタルジーは、外国人には理解出来ないものだろう。

ミクロで見ると、杉村春子さんが恐ろしいくらい上手かった。淡島千景さんは現代でいうとギャルみたいな顔立ちですね、かわいかった。視点低めのカメラワークも、エネルギー抑え目の映像も、ちょっと好きになってきました。結婚したくなりました。あと時折出てくるご飯の描写で日本食が恋しくなった。展開は遅いので時間はもう少し短くてよいかな(当時と時間のスピード感が違うから仕方ないだろうが)。
なすさん [インターネット(邦画)] 8点(2019-03-11 14:50:43)
43.《ネタバレ》 微笑ましいシーンは笑っちゃうほど微笑ましく、間宮家最後のシーンはやはり切ない。
淡々とほのぼとしたトーンだからこそですかね。
背中で語る父の寂しさ。あのショットを見ると、これが小津作品の魅力なのだなと感じさせられる。
あろえりーなさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2018-05-07 18:55:20)
42.《ネタバレ》 3度目の鑑賞。5年に一度観ている。
そしてやっと分かった、この映画は喜劇だ。
michellさん [DVD(邦画)] 8点(2017-09-18 22:47:19)
41.戦後間もない結婚感みたいなものは伝わってくるけど、紀子の矢部との結婚の決意に、もう少しなるほど感を込めてもらいたかった。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-07-17 19:19:48)
40.ひたすら平坦な空気感と、説明的な会話。さっぱり心が動き出さない各登場人物。どこが良いのか分かりませんでした。小生意気な態度のでかい子供らの存在がさらにマイナスです。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-04-29 04:11:03)
39.両親の姿に感動した。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-04-23 20:08:01)
38.麦秋や嫁にかたづく二十七
火蛾さん [DVD(邦画)] 10点(2015-04-28 15:17:22)
37.《ネタバレ》 紀子三部作の中では「麥秋」が一番面白いと思った。
「麥秋」は誰も死なないコメディ調で原節子のノーブラ乳首。これが戦前なら偉そうなクソ検閲官どもがカットしろだの上映禁止だのイチャモン付けてくる場合もあっただろうけど、戦後は誰がどうしようが自由。今まで抑圧されてきた時代が、戦後の原節子のノーブラによって終焉を意味してもいると思う。ましてアメリカではまだヘイズ・コードやプレ・コードが幅を利かせていた時代である。
黒澤も「わが青春に悔いなし(1946)」で原節子がビーチク(ry
いやあ良い時代になったなあ(意味不明)。

本作は小津映画でも珍しくラストのクレーン・ショットで田園風景を捉えたシーンが小津らしくなくて凄い好き。
このシーンを含め美味そうに飯を飲み食いする食事シーンの多さ(ケーキが物凄い食べたくなる)、浜辺の開放的なショットや港でショボくれる子供たちの姿、空に天高く飛んでいく風船の様子など見ていて気持ちの良い場面ばかり。
他の紀子三部作で感じた人工的な人物造詣の気持ち悪さもこの作品はそれほど強くない。
そりゃあ、冒頭は子守唄みたいに音楽が響くし会話の不自然さも時折あったが、ギャグをかます場面はその不自然さが逆にプラスになっていたと思う。
なんせ配役でアレとコレが兄妹というのも無理がありすぎてギャグでやっているとしか思えない(原節子と並ぶ笠智衆が黒髪というのも謎の違和感)。
この映画の原節子はすげえ呑気だし、女性陣の掛け合いは思わず噴出してしまう。どんだけ「ねーねーねー」と言うんじゃ。クッソ、こんなしょうもないやり取りで笑ってしまうとは・・・w
他の作品に比べると祖父や孫、家族の仲は凄く良い感じ。「大嫌いだよ」もただのツンデレに聞こえる。からかわれるのをちょっと楽しんでいるようにも見える。
戦後の小津映画で最も女優が色っぽい小津作品の一つじゃないだろうか。
自然なメイクの原節子は元より(他の小津映画にあった気味悪さをこの作品では余り感じなかった)、三宅邦子の豊満な尻や淡島千景の可愛らしさもそそ(ry ゲフンゲフンッ
つうかローアングルのショットに盗撮めいた執念を感じる。変態カメラマンが(褒め言葉)。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 8点(2015-01-15 16:54:38)
36.映画を採点する基準はいつも同じで、その当時どうだったとかいう補正は一切せずに、自分が見たときに初めて新作公開されたとして見るので、そこまで高評価の映画だとは思わない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-24 01:21:53)
35.《ネタバレ》 人生の節目である結婚を題材として、本人、友人、親、親戚の生き様を表わした映画。
小津の映画表現、描写のスタイルとして、一つの極みに達している。

動と静の映像の巧みさ。動の映像から静の映像へ、静の映像からカメラワークで静を動かす。
父が歩き、遮断機がおり、父が座る(動)、座って考える(静)、
電車が通り過ぎ遮断機が上がる(動)、祖父は座ったまま動かず(静)、いわし雲を映す(静)

縁側の映像、今まであった鳥篭がない(静)、その後に、父母が大和に移る話が展開、
紀子が自身の嫁入りが自分自身だけの問題でないことに気づく

最後は大和の家と山、風になびく麦の穂波。
cogitoさん [DVD(邦画)] 9点(2014-08-15 00:21:32)
34.約2年の間隔を隔ててFilm Forumにて再鑑賞。いやはや、ありがたい街だ。

前回鑑賞時は同時期に読んでいた妹尾河童氏の「少年H」や、鶴見俊輔氏による著「戦後日本の大衆文化史」のお陰でハッとするような気付きを与えてもらっていたことが当時の書き残したものを読み返してみて鮮明に蘇ってきた。今回の鑑賞においてはまた別の側面がいろいろみえてきたのであるが、それは多くの部分においてその間に鑑賞した昭和期作品群のフィルターを通してのものであった。

小津作品になれない頃は似たようなタイトル、似たようなキャストに惑わされたまま終わっていた感もあったが、ひと通り再鑑賞してみるとその中でも世に名高い「紀子三部作」の中では自分はやはりこの脚本が気に入っていることがより明確になった。なかでも原節子と杉村春子のシーンが抜群で、この杉村という人も多彩な役どころを演じ分けられる人だけに、彼女の演じる「いい人」にみてる側の心があっさり奪っていかれるのを感じる瞬間があるのである。「東京物語」で香川京子も嫌がる人とはまるで別人なのだ(笑)

また本作においてはあくまで脇役の菅井一郎については木下惠介監督作品「肖像」を通して、東山千栄子に関してはむしろ「東京物語」ではなく黒澤明監督作品の「白痴」を通して、印象が二倍にも三倍にも増幅されていたので全く違った楽しみ方が出来た次第。本作鑑賞直前に楽しんだ「早春」で主演女優姿を拝ませていただいた淡島千景様はいうまでもなく。

そういやこの二年の間に本作に対するリリー・フランキー氏の評論も読んだことを思い出した(笑) 世の中にはいろんな小津評があって良いと思われ。
keiさん [映画館(邦画)] 8点(2014-04-07 07:17:14)
33.小津安二郎監督作品の不思議なところは内容は一見平凡そうではあるが、観終わった後に良かったと思えるものが多い。この作品もそうだ。
原節子が演じる紀子の結婚に対する彼女自身の心境の変化の描き方が本当に素晴らしいし、登場人物の中でもさり気なくきらりと輝かく演技をするのが、たみを演じた杉村春子。
他にも三宅邦子や笠智衆といった名俳優、名女優たちが輝かしい演技を見せている映画なので必見です。
結婚観に関しては、現代に通じるものがあるのかも知れない。純粋に面白い作品です。
功聖良さん [DVD(邦画)] 10点(2014-04-04 23:16:26)
32.《ネタバレ》 小津安二郎監督と原節子のコンビによる「晩春」、「東京物語」と合わせて「紀子三部作」と呼ばれる作品群の2作目。「晩春」と同じく原節子演じる娘・紀子が結婚するまでを描いていて、最初は「晩春」と同じような感じ(冒頭に登場する海は「晩春」のいちばん最後のシーンと重なる。)なのだが、あくまで父と娘の話に絞ったストーリーだった「晩春」と違ってこの映画では大所帯の家族が描かれていて、この家族のドラマとしても一級品。「晩春」同様にとても味わい深さのある映画になっていて素直に名作だと思った。原節子演じるヒロインの人物像は「晩春」と比べるととっつきやすいし、小津監督らしいユーモラスな会話も「晩春」より多く、楽しめる。とくに原節子が友達(井川邦子)の結婚をほかの友達(淡島千景)とからかうシーンは下手に描けば嫌味になって笑えないところを実にうまくユーモラスに描いていてあざとさを感じさせず、これだけで小津監督の喜劇のセンスの良さが分かるし、会話の歯切れの良さも現代の映画では感じることができないものだろう。子供の描き方が実にイキイキとしているのも小津監督らしい。それに黒澤明監督の映画でお馴染みの俳優である高堂国典もコミカルで面白かった。見る前は「晩春」や「東京物語」のイメージからかこの映画でもヒロインの父親役は笠智衆が演じていると思っていたが、実はヒロインの兄役だったのはちょっと意外に感じた。(でもこれで年相応の役というからさらに驚き。)終盤近く、みんな離れ離れに暮らすことになった後のヒロインの父親(菅井一郎)のセリフが耳に残る。家族で写真を撮るシーンも印象的だ。「晩春」では結婚による親子の別離が描かれていたが、この映画で描かれているのは結婚による家族の別離で、核家族が当たり前となった現代を予見したかのような結末になっているのは小津監督の先見の明を感じるし、実際それは原節子が次に出演する小津作品である「東京物語」で切実さをもって描かれることになるのだなあと思わずにはいられない。今見ると多少時代を感じる部分もなくはないが、本作も「晩春」に劣らない名作だと思う。それにしても劇中に出てきた900円(←当時としてはえらく高価。)のケーキがとってもおいしそうだった。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2013-11-07 16:36:52)
31.北鎌倉を舞台にした、小津作品では定番の父親と娘のお話。
登場人物達の日常生活を中心に描く内容は、当時の世相が垣間みれて非常に興味深いが、
鎌倉の落ち着いた風景も情緒たっぷり。役者陣たちのセリフ回しは、相変わらず面白い。
ストーリー面においては物語の起伏があまりなく、ラストも割とあっさりめ。
こういうパターンもあったのかなという点では、いい意味で時代を感じさせてくれる。
ストーリーよりも、主人公たちのキャラと家族間のペーソスに狙いを絞った構成で、
小津らしいほんわかとさせてくれる作品だった。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 6点(2012-03-14 06:27:56)
30.「晩春」と似たところがあるが、私はこちらの方が明るくユーモアがあって好き。紀子さんの結婚話は唐突だったけど、一番身近にいる人の良さなんて気づかなかったことが突然わかるものらしい。
杉村さんというと口うるさいおばさんぽくって今まで好きでなかったのだけど、「本当に来てくれるの?」と何度も念を押したり、素直に喜ぶところがすてきだ。
淡島さんの友人役良いし、笠さんは今度はお兄さんか、本当は若いんだ・・・。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 8点(2011-10-01 14:21:18)
29.《ネタバレ》 「家族の幸せ」と「自分の幸せ」。言い換えると、「共同体の幸せ」と「個の幸せ」。この関係の作りが上手いな~と思いました。共同体は個の事を心配し、個は共同体の事を心配している。お互いがお互いを心配している状態。この状態だと、物事がなかなか進展しないんです。でも、この進展が鈍い状態こそ、実は、共同体と個共に、一番幸福な時間帯なのではないかな、と思います。それは儚くも尊い時間。その尊さは、進展が始まった時にようやく気付くんです。
VNTSさん [DVD(邦画)] 8点(2011-08-26 23:19:39)
28.例によって例のごとく、嫁に行けとかまだ行かないワとかいうオハナシですが、本作、原節子の思わぬ選択の、そのあまりの唐突さには、誰しもつい「なんでやねーーーーん」と叫びたくなるところですが、その気持ちは登場人物たちも同じ。波紋、動揺、そして受容。笠智衆は珍しくも、相手との衝突を避けることなく、大いに吠えまくる(しかし、バカ息子2人は、遠慮せずにもっと叱り飛ばしてやってよろしい)。そういう会話上の衝突があることと関係があるのか無いのか、恒例の(?)「コマ切れカット対話」は抑え気味、カメラは引き気味。母親役の東山千栄子は、『男はつらいよ』シリーズの“オバチャン”の原型とも言うべきでしょうかね、『東京物語』に負けず劣らずの、愚かしいまでの無垢さ、これには心打たれずにはおられません。これはまさに生き仏です。合掌。ラストは、“家族みなバラバラになっちゃったけど、いつかまた会えるだろう”ってのが何だか『日本沈没』みたいで、良いですね、全然違うけど。この麦穂が揺れる奈良の風景、おいおいいくら奈良でもここまで田舎じゃないよ、本当は一体どこでロケしたんだよ~と思ったら、あ、耳成山みたいですね、これは奈良ですね、すみません。昔々はこんなのどかな風景だったんですね。え、今も大差無いってか。 (この麦が揺れるシーンですかね、何テイクか撮影されたうち、OKテイクとは異なるフィルムをスタッフが誤って用いたのを、小津監督が一目で見破ったというのは。)
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-06-12 23:50:40)
27.《ネタバレ》 「晩春」と設定(鎌倉が舞台とか、出てくる俳優さんが同じとか)がそっくりで観始めた時は、あれぇなんて思いましたが、いやいや、実に味わい深い映画でした。当時の映画では普通だったのかもしれませんが、今、これを観ると、歯切れの良い会話の面白さ、子どもの仕草の面白さ(ズボンをしゃくりあげるとこや大人が話してる時ぐるぐる回ったり)、実に良い!この頃に戻りたい!と思うくらいの人々の情感の豊かさ。「晩春」でもそうでしたけど、結婚してる人たちの、結婚してない人への無神経さは実によく描かれてます。小津さんは結婚前の女性を描くのが巧いですね。原節子さん、素敵だわぁ。特に秋田弁を友だちと話すとこなんか、うわぁこりゃ素敵過ぎる、と思いました。でも現代の女性にもいると思います、こういう人。今は知的な晩婚の女性も多いし、何で今の映画はこういうの描かないんだろう?と思ったくらいです。
トントさん [ビデオ(邦画)] 8点(2011-05-08 15:44:42)
26.この映画を見ているうちに昔の日本人の嫌な面を思い出した。
内向的ですぐ感傷に浸ろうとし、真面目な顔をして後ろ向きに物事を考える人たち。
始終オーバーなニヤニヤ顔の原節子、威圧的で話を聞こうとしない笠智衆、
躾のなっていないわがままな子供たち、「幸せだ」といいながらちっとも幸せそうに見えない両親。
こんな時代のこんな人にうんざりして、何とか抜け出せないものかと思っていたころを思い出した。
たくましさを感じさせる淡島千景とのやりとりさえもユーモラスに思えず、流れる音楽も過剰に感じ、
今の時代との違和感ばかりが頭によぎった作品だった。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-01-26 14:10:56)
25.《ネタバレ》 「ヘップバーンってなんだい?」、「アメリカの女優よ」
おお!この時代にオードリーはすでにメジャーだったのか?いやいやキャサリンを忘れていた・・・
それはともかく、小津作品の中ではとても好きな作品です。
きーとんさん [ビデオ(邦画)] 8点(2010-07-19 18:42:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 7.77点
000.00%
100.00%
200.00%
312.27%
412.27%
524.55%
6818.18%
712.27%
81738.64%
9613.64%
10818.18%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 9.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 9.60点 Review5人
4 音楽評価 8.50点 Review4人
5 感泣評価 9.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS