レット・イット・ビーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レット・イット・ビー
 > (レビュー・クチコミ)

レット・イット・ビー

[レットイットビー]
LET IT BE
1970年【英】 上映時間:80分
平均点:8.86 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドキュメンタリー音楽もの
新規登録(2005-10-29)【こわだりのインテリア】さん
タイトル情報更新(2011-04-04)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストジョン・レノン(男優)
ポール・マッカートニー(男優)
ジョージ・ハリソン(男優)
リンゴ・スター(男優)
ジョージ・マーティン[音楽](男優)
ビリー・プレストン(男優)
オノ・ヨーコ(女優)
音楽ザ・ビートルズ
配給ユナイテッド・アーチスツ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 高校1年の時の映画です。
当時、この映画は時期を変え、映画館を変えて、幾度も上映されていましたから、多分10回位は観たと思います。
この映画、どうしても解散前夜の暗いイメージが付きまといます。

それにしても、音楽はとても素晴らしいものでした。
ポールが歌う「ベサメムーチョ」や「アイブ・ガット・ア・フィーリング」の歌唱力の凄さには圧倒されましたし、ジョンの「ドント・レット・ミー・ダウン」は、彼らしい哀愁を感じました。
ジョンとジョージの「ユーブ・リアリィ・ガット・ホールド・オン・ミー」も良かったですねぇ‥‥‥
ただ、ジョージとリンゴは、どうしてもジョンとポールに遠慮がちの様に見えました。
特にジョージは、ポールとジョンに対して劣等感が有ったようにも思います。
歌唱力については、二人よりもかなり落ちるし
ギターの演奏力もそれほどのモノではなく、親友のクラプトンの方が遥かに上手いし

個人的には、ジョンのファンなのですが、映画はポール中心でした。
既に、ジョンの心の中でビートルズの活動自体が惰性になっていたのでしょうか。
ポール中心に作られたこの映画が、解散の原因の一つになったような気がします。
それにしても、チョコチョコ出て来るヨーコの存在が、鬱陶しかったです。
TerenParenさん [映画館(字幕)] 9点(2019-07-21 01:06:15)★《更新》★
6.《ネタバレ》  「ザ・ビートルズ」という奇跡とその終焉を記録した貴重な映像作品です。伝説のアップル本社屋上ライブは鳥肌が立つくらい格好よかったです。20世紀を代表するミュージシャンの華やかな舞台の裏の地味さも非常に人間くささが出ていて興味深かったです。

TMさん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-06-30 22:13:55)
5.《ネタバレ》 60年代の地球上を熱狂の渦に巻き込んだビートルズだがこの頃には4人、特にジョンとポールの不仲は決定的なものになっていた、なんて事がよく言われるしそんな風に書かれている本を読んだ事もある。しかし本作を見る限り彼らは確かにビートルズという1つのチームだし、実際にジョンとポールは笑顔で、ノリノリで息ぴったりの素晴らしいプレイを何度も見せてくれる。楽しそうに談笑したりふざけている様子や、そしてポールがジョンにジョージの事を相談するシーンがある。ポールの本音の相談に真剣に耳を傾けるジョン。こんなとても素敵で感動的ですらある4人の姿がいっぱいあります。この作品を観ると4人のビートルズへの思いや友情は変わらないものであったと思えるのです。しかしアップルの事、マネジメントの事、4人のプライベートの事など彼らの周囲には様々な問題があったのでしょう。このフィルムを見ていると、解散が避けられそうもなかったこの時期に作られた曲の歌詞には彼らのどうしようもないという思いが溢れ出ていて胸を打つものがある。有名なアップルの屋上での最後のライブの彼らの姿からは今のビートルズの姿をファンに残したいという彼らの熱い思いが伝わってきます。実に感動的なドキュメンタリー・フィルムでした。
とらやさん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-05-15 20:03:17)
4.《ネタバレ》 ロック史上最大の天才アーティスト、ビートルズ。なんと解散のリアルタイム・ドキュメンタリーとラスト・ライヴがここにある。それ以上なんの説明が必要だろうか?後世まで残すべき奇跡の映像。
チョッパーさん [地上波(字幕)] 10点(2008-10-31 20:28:54)
3.《ネタバレ》 リアルタイムでみました。とにかく初めて観る生のセッションという感じ。
後年、いろんな本で当時は仲が最悪だったなどというのを読みましたが、本当だろうか?と思いました。
確かにジョージとポールが言い合いする場面もありますよ。しかし、メンバー同士お互い顔を見合わせながら
ふざけながら楽しく演奏するシーンもあるんです。
この映画はとんでもないくらい長く行われたセッションのほんの一部です。
その時の音源はいろんな形で聴くことも可能ですが、和気あいあいのシーンもものすごく多いんです。
ほんとに仲が最悪だったら何十時間もいられないですよ。
特にアップル屋上ライブのかっこよさは筆舌につくしがたいです。
ジョンのギターと左利きのポールのベースが扇形に開くような下からのショットのかっこよさ!
警官がはいってきたとき
ゲットバックでジョージとジョンの演奏が一度止まるのですが、
再びジョージがアンプのボリュームをぐいっと上げて!演奏再開するシーンにはしびれます。
ポールのアドリブのセリフ!ジョンの最後のジョークもいいですねえ。
うさぎさん [映画館(字幕)] 9点(2008-10-30 08:44:22)(良:1票)
2.レット・イット・ビーはそのタイトルがポールの代表曲のものであることが示すように、彼が主役のドキュメント・フィルムである。「一度原点に帰ってライブバンドとしてのビートルズを世間に知らしめてやろう」。もともとこの企画自体が、かような思いを持ったポールが主導して進められたものらしい。その経緯をそのまま表すように「真面目にやれ」とメンバーに檄を飛ばすポール。確かに作曲家、マルチプレイヤーとしての才能には絶大なものを感じる。素晴らしい喉も披露してくれる。しかしジョンはカメラの前でわざとらしく張り切ってみせる彼に当惑しているように見える。ポール作の「トゥ・オブ・アス」「ロング・アンド・ワインディングロード」「レット・イッ・トビー」等は名曲とはいえ歌詞はオフコースもかくやというほどの通俗。そのうえこのえげつないとも言える張り切り様はヨーコと知り合って浮世離れが加速しつつあった当時のジョンには耐え難いものがあったのではないだろうか。すでに作曲者としてのピークを過ぎてしまったジョンが絶好調のポールになんとかかんとか付き合っている様子が窺えて興味深い。他にも見所はいろいろある。ジョージが自作「アイ・ミー・マイン」をメンバーの前で初披露するのだが、照れてしまいなかなか始めないところをリンゴに強く促されてしまう。ポールとは真逆の奥ゆかしさが可愛い。ジョージのリンゴに対するコード指南のシーンなども二軍同士仲良しっぽくて実にほほえましい。そのジョージにも容赦なくギターの指図をして「はいはい、あなたの仰せの通りに弾きますよ」と言わしめてしまうポール。お山の大将状態が止まらない。スタジオ内では重苦しい空気が漂うシーンが多いせいもあって最後のルーフトップセッションでの開放的な、和気藹々としたプレイに何か救われる思いがしてしまう。ここらへんの構成の妙がこの無計画なドキュメンタリーの救いかな、とも思うがいずれにせよビートルズのファン以外は全く楽しめない作品なのだろう。
皮マンさん [映画館(字幕)] 8点(2008-06-17 14:41:12)
1. 「I me mine」をバックにヨーコとワルツを踊るジョン。ポールに変わる新たなパートナーを見つけ、世界最高のソングライターコンビ、レノン=マッカートニーの崩壊を象徴しているようで、もの悲しさを感じた。メンバーはこの映画の撮影のことを後に「ずっと撮られていて、ストレスが溜まった」と語っていますが、そんなことを感じさせず、楽しそうにセッションする4人の姿に、なんだか自然と涙が・・・・。初期のアルバムに収録されてる懐かしのカヴァー、「You've really got hold on me」や「Kansas City」の演奏も嬉しい。「Octopus garden」をジョージとリンゴが作曲するシーンも見られ、この翌年に解散してしまうなんてとても信じられないくらいの結束を見せます。特にジョンとポールがかつてのライブのように一つのマイクに向かって「Two of us」を歌うシーンは感涙モノ。この時は二人の友情がまだ続いていたということを確信させられる(涙) そしてこの映画の一番の見せ場は今や伝説と化したアップル本社でのルーフトップライブ。観客はただ偶然居合わせた通りすがりの人々・・・・ジョンに向けて歌うポールの「Get back」、ヨーコに向けて歌うジョンの「Don't let me down」、ジョンとポール二人でみんなに歌う「I've got a feeling」・・・・。ビートルズに興味のない人にとっては、ただのドキュメントだろうけど、彼らを愛する自分にとっては伝説の4人の最後の輝きであり、貴重な記録とも呼べる至宝の映画。当然10点献上。
こわだりのインテリアさん [ビデオ(字幕)] 10点(2005-10-29 21:26:49)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 8.86点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8342.86%
9228.57%
10228.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1970年 43回
作曲賞(ドラマ)ザ・ビートルズ受賞歌曲・編曲賞

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS