PLAN 75のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > PLAN 75
 > (レビュー・クチコミ)

PLAN 75

[プランナナジュウゴ]
PLAN 75
2022年【日・仏・フィリピン】 上映時間:112分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-06-17)
ドラマ
新規登録(2022-05-30)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2022-09-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督早川千絵
キャスト倍賞千恵子(女優)角谷ミチ
磯村勇斗(男優)岡部ヒロム
河合優実(女優)成宮瑶子
大方斐紗子(女優)牧稲子
串田和美(男優)藤丸釜足
脚本早川千絵
製作WOWOW(「PLAN 75」製作委員会)
ハピネットファントム・スタジオ(「PLAN 75」製作委員会)
配給ハピネットファントム・スタジオ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.藤子・F・不二雄の読切漫画「定年退食」1973年(昭和48年)がこの手のテーマをやり尽くしているので
映画館で観るほどでもないかなぁ、と思っていたのですが、
ボクもあと数年で年金のお世話になるお年頃ですし、実際のところどうなんだろう、
でも漫画よりもリアルだろうと思い、なにかの参考になればと思い鑑賞しました

結論から言いますと、まぁ、邦画独特の詰めは甘さがあるけれど倍賞千恵子はやっぱり上手いなぁ、といったところです
結構、年嵩も増してリアルな演技されると
「千恵子にドカジャン着せちゃダメだろ!」という気持ちになりました

で、参考になったか?と言うと、あんまり参考にはならなかったです
感動もないですし、ややどんよりとした気持ちで映画館をあとにしました
また、やはり「定年退食」越えはなりませんでした

駄目な映画じゃないですよ
諸手を挙げて「おもしろかった」と言えないというだけです
「邦画ってこんなかんじだよね」といったところです
ぐりこさん [映画館(邦画)] 7点(2022-11-24 21:11:12)
2.別に「全員・・」って言っているわけじゃなし、そんなに悪いことかな、と考えてしまう。
いろいろ考えることの多い映画だったけど、正直、後半の内容は納得がいかない。
海牛大夫さん [映画館(邦画)] 6点(2022-06-23 22:22:08)
1.《ネタバレ》 誤解を恐れずに言えば、ある面で非常に「日本的な」お話だなあ…とも思うのです。現実問題として、こんな「政策」てのが万が一にも実行される可能性が在るのか無いのかを考えると、日本以外の全ての国に関してはまず100%在り得ない!と言ってしまって好いかと思うのですね(フツーにホロコーストだ!と言われ兼ねないレベルなワケで)。そしてそのコト自体は日本についても基本的には同様かとも(やはり)思うのです…が、ソレでも何となく1%くらいは「もしかしたら…」という気がしなくもない…という意味で、やはり「ならではの」という映画かもな…と。少なくとも、こんな題材の映画をあくまでブラック・コメディではなくてココまで真面目で真摯でかつ「静かな」作品として製作し、そして皆が鑑賞できるという社会的(・映画産業的)土壌とゆーのは、やはりごく日本的で独特なモノだとは確実にそー思うトコロでありまして。

とは言え、この特殊な状況下にあるコトを脇に置けば、今作の登場人物たちが陥るシチュエーションの本質的な側面てのはそれでもごく一般的・普遍的なモノかとも(やはり)思うのですよね。ごく極端な例としても、私の実家の近隣でも(おそらくは家庭の環境に依るものとして)自らその人生に幕を引くという決断に至った高齢の方は実際にいらっしゃいましたし、或いは高齢者の孤独死などは(残念ながら)近年それこそごく一般的なコトになってしまったものかとも思います。そーいうある種普遍的な社会的課題をヴィヴィッドに提起しつつ、本作ではそれに対するゼネラルな解決策は疎か、登場人物個々人の問題としてもその解決・答えに辿り着いた…というトコロには(最後まで)至らなかった様にも思えました。その意味では結構「投げっぱなし」な映画だとも思いますし、そーいった結果 or 過程の部分、またはそれらの描き方自体、或いはそもそものこの題材選定の是非、等々、非常に多くの側面について極めて多様な見方・評価の出来る作品ではないかと思うのですよね。評価自体の難しい or 評価が割れる、て映画だな…とゆーのは(コレも確実に)そー思うトコロでありますね。

私自身は、それでも比較的深く共感しまた考えさせられた(身につまされた)=心動かされたコトの一種の心地好さと、そして肝心な(謂わば主人公たる)その「決断」をする高齢の俳優2人(倍賞千恵子・たかお鷹)の演技がまた素晴らしいモノに感じられたコトを鑑みて、ワリと文句無しにこの評価とさせて頂こうかと思います。娯楽映画では決してない作品ですが、興味の有る方は是非。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 8点(2022-06-23 21:22:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7133.33%
8133.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS