プリデスティネーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プリデスティネーション
 > (レビュー・クチコミ)

プリデスティネーション

[プリデスティネーション]
Predestination
2014年【豪】 上映時間:97分
平均点:7.10 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-02-28)
サスペンスSF犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(2015-03-15)【ポトフ】さん
タイトル情報更新(2015-10-22)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・スピエリッグ
ピーター・スピエリッグ
キャストイーサン・ホーク(男優)バーテンダー
サラ・スヌーク(女優)ジョン
ノア・テイラー(男優)ロバートソン
クリストファー・カービイ(男優)マイルズ
井上倫宏バーテンダー(日本語吹き替え版)
斎賀みつきジョン(日本語吹き替え版)
佐々木睦ロバートソン(日本語吹き替え版)
原作ロバート・A・ハインライン「輪廻の蛇」(早川書房刊)
脚本マイケル・スピエリッグ
ピーター・スピエリッグ
音楽ピーター・スピエリッグ
製作マイケル・スピエリッグ
配給プレシディオ
特殊メイクスティーヴン・ボイル
あらすじ
爆弾魔「フィズル・ボマー」がNYを震撼させた1970年代。NYのとあるバーにやって来たジョン(セーラ・スヌーク)は、1本のボトルを賭けて自らの数奇な半生をバーテンダー(イーサン・ホーク)に語り始める。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 シンプルに面白かったです。前半の得体の知れないジェーンの話も、サラ・スヌークの不気味な雰囲気が好いのと、お話も中々高度に奇妙なもんで(前半から)かなり引き込まれて観れました。唐突にタイムトラベルの話になって以降は、トリックの切れ味を最大限に生かした勢いのある展開運びが見事でしたね。いくつものドンデン返しの連続も非常にゴージャスですし、それでいてラストの「してやられた」感もそこそこで、まずまず痛快に観終われた、というか。普通にだいぶん出来の好いSFだと思います。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-04-07 23:45:45)
39.《ネタバレ》 前半のジェーンの半生も魅せ方が上手い。
後半もちょっと難解だったけど面白かった。
よくこんな話を思いついたもんだ。
後半の少しずつネタばらしされていく過程はサスペンス的で引き込まれた。

ただ冒頭の顔の皮膚移植された場面はどうみてもデッドプールで
もしかしてマーベル系かと思った。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 8点(2020-07-27 00:07:49)
38.《ネタバレ》 全く予備知識なし、あんまり得意じゃないSFと言う文字が解説にあったのでイーサン・ホークが主演じゃなかったら観てないと思う。
年代を整理するために2回観ました、だって頻繁にジャンプするんでそのうちワケがわからなくなってくるんです。
まずですね、バーでのジョンなんですが本人が告白するまでわからなかったです。なんか爬虫類っぽい顔してるなとは思ったんですが、疑いもしなかったわけでこれがこの作品の最も凄いとこだと思う次第です。
以降かなりネタバレです

イーサン・ホークは爆発で負傷してあの顔になってバーテンダー
最初の爆発シーンで映しだされた「目」、ジェーンが登場した時に同じ「目」だと気付く
ジェーンはジョンで爆弾処理してた?だからジョン=バーテンダーは確定
しかし同じ年代同じ場所、同時刻に存在するというのが個人的にはどうにも腑に落ちずモヤモヤ

他の方も仰るように、顔の手術のシーンを最初に持ってこないほうがよかったんじゃないかなとも思えます。
目が同じだと気付いた時点で同一人物だとわかっちゃったとこがなんか悔しいんですよね、もっと後になってから知りたかったです。
どこからが始まりなのかどこで終わりなのか、それとも終わりのない輪廻でしかも自分ひとりという。
しかし子供の誕生までそういうことにするのはキツイんじゃないですかね、いくら他人と極力関わるわけにはいかないとしてもですよ、ちょっと無理があるんじゃないかと感じます。この点はどうにか話を横へ持っていけなかったのかなあと。
でも観る前の予想を遥かに凌ぐ面白さだったことは確かです、タイムスリップする装置がバイオリンケースみたいなのがよかった。3回目も観てみるつもりです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-07-07 23:12:13)
37.へえー、タイムトラベルものかあ…ぐらいの意識で見始めてしまって後悔。
疲れてるから気楽に観られる映画にしよっと……って思ったのに、途中でやめられない面白さはあるものの、思考を鍛えられてかえって疲れちゃう羽目に。
ということで、鑑賞前にこのレビューをご覧の方にご忠告。
絶好調の時に気合い入れて観るべき映画。
二度三度繰り返し観るのは構わないぜ!って方に最適。
面白くて頭こんがらがることを覚悟の上ご覧ください。
まあ、そういうのを楽しむ映画なんだろうね。私は残念ながらはまらず…
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-01-20 22:22:38)
36.《ネタバレ》 7.5点
前半パートのバーでの話の流れから過去の回想への展開の仕方が見事で引きつけられます。
後半パートのタイムトラベルと分かった瞬間、ある程度展開が読めてしまいますが、ここからの展開の仕方もこれまた見事で
一度、回想で見ているジョンパートは重要なところだけ押さえおざなりに、イーサンホーク視点での物語進行に切り替わります。

バーでのジョークや他愛もない会話中にもたくさんの伏線が張られており、
真相が明らかになった時に、全ての伏線が回収されていて、見事です。
なんといってもこれ!二人の演技力が素晴らしいです。(特にサラ・スヌーク)

唯一腑に落ちないこと・・・タイムトラベルをする際の場所の設定
観ている限り、飛んだ場所と出てきた場所が明らかにおかしい所もいくつか
極力影響を与えないように人がいない所 等になっている設計上、その辺の設定もしっかりしてほしかった。

結局全ての黒幕であるロバートソン視点で考えてもおもしろく、スピンオフを作ってもいいのではと思えるほど
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-10-05 00:30:58)
35.《ネタバレ》 これも宣伝というかパッケージに騙される作品ですね~。
まさかそう来るか
バーでの回想シーンで半分使いきってしまう構成は個人的には大ハマり。
物語にグイグイ引き込まれました。
にしても時間ってなんなんだろう~と暫く考えさせられるSF映画です。
南雲しのぶさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-09-25 03:10:11)
34.《ネタバレ》 *ネタばれしてます。未見の方は御注意。や、あまりに予測不可な話だったので、もっと説明がほしくて「えっこれで終わり?」とエンドロールを眺めながらうろたえた。でも録画していたのを幸いに何度か観返してみるとちゃんと全部言い尽くしているんですよね。伏線もすっかり回収してて謎を残さない。
ぐるぐると還って始まりも終わりもない物語を巧みに整理できている構成力は満点です。
ちょっと物足りないのは仕組みの説明に終始していてドラマとしての広がりが無いこと。タイム・パラドックス系の他作品に見られるような、他者(両親とか殺し屋とか)が関わってきてそこから事件スタート、という展開じゃないので「ああ、そういうことだったんだ」で感想が終わっちゃう。登場人物がほぼ一人の話なのでそれも仕方ないのですが。
あとねえ、個人的に腑に落ちないのが「自分」に恋するかなあ~というところ。子供まで作るかなあ。わが身に置き換えるとどうにもキモチ悪くてちょっとそこはノレなかったです。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-07-26 00:15:26)(良:1票)
33.《ネタバレ》 もしかして、と想像しながら鑑賞しその通りの展開となっても、
それでも心が締め付けられる。

自分を愛し、自分を生み、自分を殺す。

終着点は分かっている。

しかし、自分を愛するのだ。
自分が自分を分かるだけに。

タイムパラドクスというのは、繊細だ。
ゆえに一つ一つの行動の意味が大きく、
その描き方がこの映画はとても素晴らしいと思った。
元祖さん [インターネット(字幕)] 9点(2019-01-04 23:36:46)
32.《ネタバレ》 内容は複雑ですが見応えがありました。皆さんも語っていますがジョン・ジェーン役の女優は場面場面で男性に見えたり女性に見えたり、さすがです。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-12-23 10:15:02)
31.《ネタバレ》 評価が高かったので鑑賞。SFとは思いませんでした。特にタイムマシーン物は字幕を追うだけでも大変でストーリーについて行くのが精一杯。奇想天外な展開にドキドキしたが、観賞後もいまいち理解できなない部分もあったりして。。。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-04-27 23:11:34)
30.《ネタバレ》 いきなり序盤から面白い。こういうグイグイくる映画はいいね~~。前半のBARでの大波乱の半生を語る場面からの、後半はタイムトラベルものになるというちょっと意表をつく展開も面白い。いやー、イーサン・ホークのベテランのシブさが炸裂しててとても良いんだけど、それにもましてのジェーン役のサラ・スヌークですよ、圧巻の演技とはこのことをいうのではないか、と大げさなことを言いたくなるほど本作のサラ・スヌークはすごい!  バーで話す男がまさかのジェーンとは!ほんとすごいよこの子は(ジョンのときはディカプリオにちょっと似てるね)。まぁタイムトラベル物のお決まりでやはりお話しが複雑になりがちだけど、比較的登場人物も少なめで話しが飲み込みやすいし、ストーリーも独特の深みがあって余韻が残るね。うん、なかなか良い映画でアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-02-14 18:43:03)
29.時間旅行ネタの合わせ技一本。よくもまあ、こういうこと考えるねえ、と感心しつつも・・・。
一人の人物が、物語の進行に伴い男性に見えたり女性に見えたりする、まるでだまし絵のような面白さがあるのですが、それだったらいっそ、時系列が入り乱れる中で、各場面そのものが物語の進行によって様々な意味を孕むような、映画自体がだまし絵の構成になってたら、さぞかし面白くなってただろうに、などと思ってしまいます。だけどなかなかそうはいかない。物語を複雑にしてしまった分、構成までも複雑にするわけにいかず、なるべくわかりやすく物語を提示しようとしてしまう制約。だもんで、段取りよく背景が解き明かされてゆき、多分そうなるだろう、ああやっぱりそうなるね、といった感じの繰り返し。意外な物語であるハズなのに、意外なほど、意外性が無いのです。
一本の映画に仕上げるにあたって、物語を「膨らませた」というより「引き延ばした」印象を受けてしまう、というのも、いただけません。冒頭、バーで二人が会話を交わす場面なども、物語の単なる助走部分に過ぎないような空疎な感じがしてしまって。
劇中何度も、タバコとその煙が登場するのが、危ういバランスの上に成立しているこの物語の不安を象徴しているようでもありますが・・・。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 6点(2017-11-26 08:49:44)
28.時間が歪み過ぎて難解だが実に味がある。
「ウロボロスの蛇」自分の尻尾を食べ続ける蛇は自らを食べ尽くす。
ネタバレ要素が多いけども引きずり込まれる、自分がタイムトリップしている不思議な感覚を覚えた。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-09-18 23:10:50)
27.《ネタバレ》 素直に面白かったですが、タイムパラドクス系は難解ですね。
いろんなサイトの考察を見て理解を深めないと、この作品の面白さは理解しにくいと思いますが、
わかった時には唸らされるような作りでとてもよかったです。
ローグさん [DVD(吹替)] 8点(2017-07-09 21:10:32)
26.《ネタバレ》 「お袋でも分からないな」

冒頭、顔面の大怪我により形成手術を受けた“男”が、鏡に映った自分自身を見ながら自嘲気味につぶやく。
あまりにもさりげなく発せられるこの台詞が孕む意味と闇の深さを知ったとき、全身が粟立った。

“タイムトラベル”とそれに伴う“タイムパラドックス”描いた映画としてすべての整合性が取れている作品だとは言わない。
綻びは当然あるし、独善的で強引なストーリーテリングだと言えばその通りだろう。
極めて“いびつ”な映画である。だが、その歪さこそがこのSF映画が持つ真価であり、揺るがない独自性だと思う。

普通の人間が無意識レベルで携えている倫理観や禁忌すらも大胆に超越して描きつけられる“SF”。
まるで見てはいけないものを見てしまったような驚きと当惑が堪らない。

「自分の尾を永遠に追い続ける蛇」というフレーズがまさに象徴的なストーリー展開は、明らかな「矛盾」を生む。
しかし、その「矛盾」そのものが堂々巡りとなり、物語の帰着を許さない。
一つの疑問に対する答えがまた別の疑問を生み、繰り返され、最初の疑問に戻ってくる。まさに時空の螺旋。観客も登場人物同様に時空の狭間に閉じ込められる。
と、これ以上の言及は未鑑賞者の興を冷めさせてしまうので控えなければならない。


初見の当惑のまま、すぐに観返したくなり、再鑑賞に至った。

「お前や私のような細身の顔」

「恋に溺れた経験は?」「一度だけ」「なら分かるだろ」

「不思議だよな この顔を見ると人生を壊した男を思い出す」

「娘もその父親も過去の亡霊だ」

「俺を爆弾魔かと?」「かもな」「お前かも」

冒頭の台詞を皮切りに、劇中で繰り広げられるあらゆる台詞にこの物語の真意が込められていた。


惜しむらくは、ただ一点。
主演のイーサン・ホークの初登場は、“バーテンダー”として現れるべきだったと思う。
“掴み”として、最初のシーンが必要だったことは理解できるが、あの時点で彼の「顔」までを晒す必要はなかった。

「俺たちには この職しかない」

というメインタイトル前の台詞を“リピート”させてラストシーンを締めたなら、この作品の特異な構造は更なるエモーションと共に際立ったのではないかと思う。

まあしかし、そんなことは些末なことだろう。
そういう鑑賞者個々人の考察も含めて、様々な感情が思い巡らされることが今作の最大の魅力だと思う。
サラ・スヌークという驚異的な才能、監督スピエリッグ兄弟の確かな映画的センス、綻びを補って余りあるストーリーテリングの力、このSF映画が掘り出したモノの価値は、極めて大きい。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 10点(2017-04-03 16:13:07)
25.《ネタバレ》 2017/5/20再鑑賞
冒頭のバーカウンターで会話する二人の間に必ずと言って良いほど、”LADIES”の文字が。
上手い!!
--------------------------------------------
鑑賞する前は半ば馬鹿にするつもりだった。
無駄に出演者が豪華なB級SF作品にありがちな感想、
"ちゃんと仕事選べや、イーサン・ホーク…" 程度の印象しか持たないのだろうなと考えていたが、
良い意味で見事に裏切られた。
タイムパラドックス物で良くある、拡げた風呂敷を後半無理やり収束させる展開では有るものの、
映画で無ければ表現出来ないエンタテイメント性を上手く活かした傑作だと思う。
前半で魅せるイーサン・ホークの胡散臭さは流石芸達者。
そして、数奇な運命(私だったら精神崩壊必至)を辿る主人公を巧みに演じた
サラ・スヌーク! お世辞抜きで本当に良い演技をしている。
本作でこの女優さんの事を初めて知ったが、
海外俳優陣の層の厚さに改めて感服させられた次第。
鑑賞した後の "なんか凄い作品観ちゃったぞ" 感や、
観た後で作品についてじっくり考えてしまう反芻度合いからしても、
現時点では2017年度個人的No.1。
私は傑作だと思います。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2017-03-19 08:31:44)(良:1票)
24.《ネタバレ》 何というか、途中からはあっけにとられるほどの自己完結ぶりなんだけど、終わっていろいろ回想してみると、その循環構造こそが、ある種の出口のない恐怖を煽り立てるという、なかなかタチの悪い(褒め言葉)作品なのです。自分という存在がどこまでも拡がって、重なったり分裂したりするんだけど、それはどこまでも自分・・・というような妄想状態を具現化した1つの実例がこれ、と考えると、ちょっとぞくっとします。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-02-20 22:04:04)
23.《ネタバレ》 映画を観ていて(彼女の過去話を聞いていて)すぐに、赤ん坊を盗んだのも本人で捨てられてた赤ん坊も本人で、相手の男も本人で…という事はたぶんこいつも本人で(顔変わったって言ってたし!)…じゃぁ当然爆弾犯も本人の究極の自作自演物だな、というところは観客は読めるわけで、じゃぁそこのループからどう抜け出すかが映画のキモかと思いきや、あれ種明かしだけで終わりなの?

いや、こっちはそこからどうなるかが知りたいわけで、「起承転結」の「起承」までで終わってしまってるとてもとても残念な映画。

そんな事は映画の途中でわかってる事なんだから、こっちはその先どうなるかが知りたいんだよ!オチを付けてくれよ!という欲求不満だけがひたすら残るという…

タイムパラドックス物はストーリーの始末を(独自ルールでもいいから)どう収集して唸らせるのがキモなのに、一番肝心なところを放り出してる時点で全く評価できません。
ハインラインが原作を書いた頃なら「おお、すごいアイディア!」と評価されたのかもしれませんが、なにしろ原作が出版されたのは1959年の事。60年近く前のSFを基本的に同じ設定で2010年代に作っては陳腐になるのは目に見えてます。映画独自のオチを用意する必要があったのは自明で、そこは非常に残念としか言いようがありません。駄作。

それから、ごく些細な事ですが、劇中のイーサンホーク(特にバーテンダーのとき)、派手めな服を着せてグラサンつけたらかなりのピコ太郎感があります。
あばれて万歳さん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2016-12-06 01:14:15)
22.《ネタバレ》 見た目以上にグロテスク。鑑賞後はジワジワ胸くそ悪くなる。特に、ジョンのジェーンへの気持ちが理解できない。実話本(告白本)チックな展開。でも、好きだ。輪廻転生の自作自演。
なたねさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-21 11:40:35)
21.退屈な映画だった。
最後の最後で点と点がすべて線で繋がったけど、だからどうしたという感想しか出てこなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2016-06-26 22:28:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 7.10点
000.00%
100.00%
200.00%
312.50%
412.50%
525.00%
6820.00%
71230.00%
81127.50%
937.50%
1025.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.40点 Review5人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS