ウルフハウンド ~天空の門と魔法の鍵〜のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウルフハウンド ~天空の門と魔法の鍵〜
 > (レビュー・クチコミ)

ウルフハウンド ~天空の門と魔法の鍵〜

[ウルフハウンドテンクウノモントマホウノカギ]
WOLFHOUND FROM THE TRIBE OF GREY DOGS
(VOLKODAV IZ RODA SERYKH PSOV)
ビデオタイトル : ウルフハウンド ~天空の門と魔法の鍵〜
2005年【露】 上映時間:136分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションアドベンチャーファンタジー
新規登録(2020-01-04)【真尋】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコライ・レベデフニコライ・レベデフ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 ロシア製のかなり重厚なファンタジー。貫徹された寒々しく薄汚れた質感は、生存の厳しい古代の世界観と登場人物の野卑な力強さをいやが上にも高めている。この手の大作としてはやや短尺なようにも思うが、適度にシンプルで分り易いシナリオと、要所を押さえた巧みな展開運びで、重厚さを損なうことなくテンポ良くコンパクトに楽しく観れる。アクションは非常に力強い上にかなり分量が多く、大きな見所になっている。あくまで「人間」の物語としてファンタジックな超越的要素はかなり控えめに(ただ適度にファンタジックな雰囲気は醸す程度に)使って進行するが、最終盤は「神」対「神」の取っておきのド派手な展開で見応えもド派手。やや画質が古臭く2000年代より前の映画に見えなくもないが、面白さは不変。掘り出し物な良作。

なんか話が「ドラクエⅤ」に少し似てるようにも思うのだが、15分オーバーとは言え2時間の映画でこんだけ面白いファンタジーはつくれるのである。例の凡作の製作陣は、この映画をまず観てほしい。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 8点(2020-01-14 23:33:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS