男と女 人生最良の日々のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 男と女 人生最良の日々
 > (レビュー・クチコミ)

男と女 人生最良の日々

[オトコトオンナジンセイサイリョウノヒビ]
The Best Years of a Life
(Les plus belles années d'une vie)
2019年【仏】 上映時間:90分
平均点:8.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-01-31)
ドラマラブストーリーシリーズものロマンス
新規登録(2020-07-25)【The Grey Heron】さん
タイトル情報更新(2020-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クロード・ルルーシュ
キャストアヌーク・エーメ(女優)アンヌ
ジャン=ルイ・トランティニャン(男優)ジャン・ルイ
モニカ・ベルッチ(女優)エレナ
マリアンヌ・ドニクール(女優)老人ホームマネージャー
沢田敏子アンヌ(日本語吹き替え版)
小林清志ジャン・ルイ(日本語吹き替え版)
脚本クロード・ルルーシュ
音楽フランシス・レイ
撮影ロベール・アラズラキ
製作サミュエル・ハディダ
クロード・ルルーシュ
配給ツイン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.どんなに時を経ても変わらないもの。そして時の流れと共に変わりゆくもの。
「不易流行」という言葉がありますが、本作を見ていて思い出した言葉です。
時は止まることなく流れてゆき、人間、誰もが年をとる。しかし、若い頃の鮮烈な思い出が心の中で色褪せることは無い。
名匠ルルーシュは既に80歳を超えている。そして1966年に男と女を演じた2人は90歳近くになっている。
ルルーシュの盟友であるフランシス・レイは既にこの世を去っていますが、
あのメロディもまた全く色褪せることなく、53年前と変わることなく本作を彩っています。
90歳近くなった男と女のロマンス。2人が出会った53年前の姿が時折あのメロディに乗せてフラッシュバックされる。
その53年前の2人を演じているのもまた本作の2人。そう、1966年の「男と女」です。
あの男と女の53年後の物語。本当に奇跡のような映画を見た思いです。
とらやさん [DVD(字幕)] 9点(2021-02-22 20:51:52)★《新規》★
2.《ネタバレ》 アヌーク・エーメ、トランティニャン、共に90歳近いにも関わらず、なんと若々しく、そして素敵な齢の重ね方をしていることか。これは決して「つくりもの」では無く、実際に2人がこーいう感じに「イカしてた」が故に撮ることになったという映画なのだろう。

永い人生を健気に生きていくと、いつしか種々の柵は全て融けて、本当に美しかったものだけが残る、とでもいう様な。それが真実の愛であり、その人のその人たる純粋な美しさ、なのであろうか。この2人の様に年齢を重ねてみたいものだと思う。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 8点(2020-07-30 21:10:43)(良:1票)★《更新》★
1.1作目から53年後の本作。クロード・ルルーシュ、フランシス・レイ、ジャン=ルイ・トランティニャン、アヌーク・エーメのみならず当時の子供二人も再登場しているというのが奇跡的。アヌーク・エーメの87歳とは到底思えない美しさが特筆もの。1作目の名場面をふんだんに盛り込んだ映像が感慨深い。老いる事が絶望ではないラストシーンに救われる思い。コロナ禍で劇場鑑賞を見送ったのが何とも残念です。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2020-07-27 12:09:57)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 8.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8266.67%
9133.33%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS