髪結いの亭主のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 髪結いの亭主
 > (レビュー・クチコミ)

髪結いの亭主

[カミユイノテイシュ]
The Hairdresser's Husband
(Le Mari De La Coiffeuse)
1990年【仏】 上映時間:80分
平均点:7.09 / 10(Review 136人) (点数分布表示)
ドラマコメディロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-11-28)【レイン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督パトリス・ルコント
キャストジャン・ロシュフォール(男優)アントワーヌ( 大人)
アンナ・ガリエナ(女優)マチルド
ローラン・ベルタン(男優)アントワーヌの父
ティッキー・オルガド(男優)モルヴォワシューの婿
ミシェル・ラロック(女優)養子の母
脚本パトリス・ルコント
音楽マイケル・ナイマン〔音楽〕
撮影エドゥアルド・セラ
配給テレビ東京
字幕翻訳寺尾次郎
あらすじ
ある夏の日、少年アントワーヌは初恋を体験する。髪は赤毛、服の隙間から覗く豊満な胸、香水、そして甘い体臭が彼の心を捉えた。彼女は床屋の女主人、シェーファー夫人。彼は将来、髪結いの亭主になることを決意する。大人になったアントワーヌ(ジャン・ロシュフォール)は、ある床屋で彼の理想の女性マチルダ(アンナ・ガリエナ)と出会う。はやる心を抑えきれない彼は、唐突に「結婚してください。」と切り出す。3週間後、再び髪を切りに訪れたアントワーヌに、マチルダは承諾の返答をする。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
136.《ネタバレ》 こーいうのも何だが、床屋で流れる時間って単調で退屈で、それでいて理髪師との距離感は近いから、それが男と女ならある意味凄くフェティッシュな空間だし、そこからこういう物語を捻り出したってのが、実に面白い着眼点だと思うのですね。

何ごとも無い毎日、何ごとも無い店、何も無い人生。そこに在るのはただ、唐突にもたらされた愛だけ。手に入れた喜びよりも、失う恐怖が心を覆い尽くす。シンプルな内容だからこそ、前述の状況設定の絶妙さが際立っていたかと。

フランスの恋愛映画なら不可欠と言える性愛描写も、フェティッシュな側面を活かして程良く艶やかに、かつコミカルさも兼ね備えて中々に観ていて楽しかった。仄かに、しかし確実に、残された者の悲哀と絶望を醸しつつも、どこかこれも温かみを感じる様なラストも、私にはとても心地良かった。良作。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 7点(2020-05-13 01:26:30)
135.《ネタバレ》 (結末については目を瞑るといたしまして)究極の 
二人の愛の世界に浸りきった素敵なファンタジー。
だらしなく言えば、髪結いの紐。
でもそこは信頼関係で成り立っているわけであって そこをどうのこうのとは言えない。素敵な関係であって憧れる。
友達要らない 旅行なんてしたくない ただあの空間で二人ずっと一緒に居られさえばいいという甘いラブ。

ただ彼が、このような人生に辿り着いたのは そもそもが少年時代にバニラ味のレモンの匂いがする(ぽっちゃり系の)髪結いさんとめぐり合ったこと。
でも彼は、マチルドと出会って彼女の匂いをこのような表現で例えてくれてはいない。そこが残念。
マチルドの匂いとはどんなだったのか バニラ色のストロベリーであったのか はたまた、ストロベリー色のブルーベリーであったのか 是非ともその匂い、伝えて欲しかったのですがね そこに無念さを感じる 非情に残念だ。 
3737さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-01-05 21:41:02)
134.《ネタバレ》 日本の民話「天女の羽衣」や、デンマークの「あざらしのお母さん」を思い出す。男が異形の女に惚れて結婚し、相思相愛にもかかわらず妻は夫の元を去っていく。天女もあざらしも、天や海に帰るために必要なアイテム、羽衣や毛皮を見つけてしまうのがきっかけだが、マチルドの場合は、夫との些細な喧嘩がそれにあたる。幸いすぐに仲直りができたからよかったものの、今後、どんなトラブルに見舞われて夫婦生活に亀裂が入るかわからない。仲の良い夫婦生活をずっと続けていきたかった彼女は、大きな不安に襲われたのだろう。アントワーヌと同じくマチルドも彼に一目ぼれしたのだと思う。容姿の好みや性的嗜好も完全に一致した夫婦は、はた目から見ると羨ましい限りの幸せぶりだ。それなのに、妻は入水してしまう。映画では多くは語られなかったが、結婚するまで孤独を愛してきたマチルドは、過去に悲惨な性的虐待を受けた、あるいは愛する男の子供を堕した経験があったのかもしれない。膨らみようのない腹という言葉からも、不妊のにおいがする。彼女の寂しそうな笑顔は、常に秘密を抱えているせいだ。過去を一切語らない妻を、夫アントワーヌは丸ごと愛して子供すらも欲しがらなかった。マチルドは、そんなアントワーヌにいつか愛想をつかされることに、死ぬほどおびえていたのだろう。民話の哀しい妻のイメージが、どうしても彼女について離れない。アントワーヌも、マチルドも、深く心にしみこんだ。
tonyさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-04-13 22:46:31)(良:1票)
133.《ネタバレ》 フランス映画ですが私にはイタリア映画の「マレーナ」を思い出させました。
最後にヒロインが、幸せがこのまま続かないのであれば…と自殺してしまうところは唐突すぎて理解不能でしたが何となく楽しめた作品でした。
見るタイミングを間違うと失敗しそうですね。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-10-14 23:06:47)
132.《ネタバレ》 公開当時、この手のヨーロッパ映画にしては結構話題になり、ヒットしました。
この作品のヒットが日本でもルコントの名が広く知られるきっかけにもなりました。
それにしても、官能的でいてシュールすぎるこの世界観、独特です。
少年時代の妄想が現実のものになった大人のおとぎ話、いや、男のおとぎ話か。
シュールではあるのですが、艶やかでしっとり感のある作品の質感がいい。
これはもうアンナ・ガリエナの醸し出す雰囲気につきるのではないかと思います。
唐突な結末には驚きましたが、この行動に出ざるを得ないほど今が満たされていて、
今のこの幸せな状態のまま、人生を完結させたかったということなのでしょうか。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-26 17:15:05)
131.「エロはアートだ!」と思う人は高く評価できるのかもしれませんが、芸術音痴の私は特に心を動かされることはありませんでした。むしろ、妄想的な話ならばもっと妄想できるような描写にしてほしい。直接的すぎます。それもあの結末には必要だったんでしょうけど。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-01-19 22:09:27)
130.《ネタバレ》 髪結いの亭主は私の願望ですね(笑)それは兎も角美人でグラマーで仕事が出来る女性は理想ですが
最後に彼女が自殺してしまうのは非常に嫌で残念でしたね、最後はハッピーエンドでないとね。
マロウさん [地上波(字幕)] 7点(2015-11-29 21:30:47)
129.これは男ならある程度わかる女性への憧れですね。独特なエロさと可笑しさでインパクトあり。床屋に行きたくなりました。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-10-14 23:05:20)
128.《ネタバレ》 ひどく醒めた見方をすれば、大人になりきれない(幻想の女しか愛せない)幼稚な男と、共依存タイプの女が出会ってしまった話でしょうか。男の求める世界、女を演じつつも、裏返せばマチルドという個人ではなく、髪結いの女という甘ったるい幻想しか求められていない。それがどれほど苦しく虚しいことか。それでも男に捨てられないために幻想の女を演じ続ける。孤独な女にとって、男に愛されることこそがすべてだから。しかし時は冷酷に女から幻想のベールを剥ぎ取っていく。男が現実のマチルドを受け入れていればまた結果も違ったものになったのでしょうが、幼稚な男にはそのような気持ちのかけらすらない。マチルドは男の幻想が醒めて、別の幻想を求めて捨てられるよりも、永遠の幻想になるために死ぬことを選んだような気がしました。
kirieさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-09-17 19:44:24)
127. 床屋や歯医者に行って、女性の方が極度に接近してきて、その体臭に興奮したり頭にあたる胸に興奮したり。気持ちわかるなあ(笑)。
 悲しくて涙がでてくらあ。
JFさん [DVD(字幕)] 6点(2015-07-03 21:48:42)(笑:1票)
126.《ネタバレ》 あ~なんて初恋って強烈なんだろう。髪結いのお嫁さんも、どうあっても亭主を取り戻せないと分かった時、もう死ぬしかなかった。この抜け殻の欲望男は、その風貌通りの「アレ」しかない男。そりゃ~、女性もまともなら、こういうラストしかないよね。だって死んだ人には敵わないんだもん。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2015-04-05 02:55:28)
125.《ネタバレ》 少年の初恋は、美容室に勤める太った大人の女性でした。汗ばむ女性の匂いや、どこかエロティックな雰囲気は、少年にとって性的な魅力に溢れていたのです。時がたち、少年は初老の男性となりました。ふと立ち寄った美容院で昔の記憶が甦ったのか、そこで働く若い女性に恋をしたのである。フランス人らしい語り口で口説き、結婚することになります。男は店で何をするわけでもありません。妻の働く姿をただ見つめるだけである。でも妻は夫がそこにいてくれるだけで幸せなのだ。日本でこんなことをすれば、どやされるのがオチである。一週間でいいので、こんな夫婦生活を体験してみたい。閉店後は二人だけの時間。毎晩激しく愛し合います。ある嵐の夜、いつものようにセックスに耽っていたが妻はふとこの愛が終わるときのことが頭をよぎります。恐ろしくなったのか、家を飛び出しそのまま命を絶ってしまいました。悲しい思いをするくらいなら死んでしまった方がまし。これは日本人には到底理解できない、究極の愛の形である。ラストも重い雰囲気になることなく、爽やかに終わらせるところはさすがフランス映画。日本の周りの迷惑を考えず、二人でセックスしながら毒を飲んで心中を図る某不倫映画とは大違いですね。
スノーモンキーさん [DVD(字幕)] 8点(2015-01-14 23:37:16)
124.自分には合いませんでした。こういう淡々としたロマンス映画はやっぱり苦手。
Mighty Guardさん [ビデオ(字幕)] 3点(2014-09-07 02:12:06)
123.人間の深層に隠され、自分も知らないことを表現されたとき、面白く思える人と、そうでない人に分れるのでしょう。
cogitoさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-02 09:21:47)
122.《ネタバレ》 冴えない容姿の無職の男が初対面でボソッとプロ―ポーズしたら結婚できた・・・う~ん、もはやファンタジー!(^^; 
この作品が妄想オチで終わらなかったことが意外なくらい。いや妄想オチだったのでしょうか?
最後の急展開はそれなりにインパクトがありましたし、ラストのコント的エンディングはどこか邦画的な感じがしました。
このため日本でリメイクしても面白いような気がしますが、忠実に再現しちゃうと成人映画扱いになってしまうかもしれません。
午若丸さん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-18 00:45:26)
121.あぁ。俺って、自分の求める愛なんて今まで知らなかった、形はどうであれ人生というものの琴線にも振れてなかったなんてこぼしたくなる映画だ。
minさん [DVD(字幕)] 8点(2013-09-17 21:35:36)
120.《ネタバレ》 出だしから良い映画の予感がし、その通り素晴らしい映画だった。
これ奥が深いよ、御主人の自己流ダンスは別として(素晴らしく笑える動きだったけど・・・)

孤独だった故にストレートな愛で迫るアントワーヌの愛を受け入れ、愛されるマチルド。
そして、この上なく幸せ過ぎる日々が余計に怖いが為にとった“あの行動”・・・
この辺は『ねぇ、約束してちょうだい 愛してる振りだけはしないで』というマチルドのセリフと常連客の段々背中が曲がっていくと感じた老いへの不安から見て取れる。

主人公アントワーヌは、子供の頃からの夢を実現し羨ましくもある(例え、それがどんな夢だとしても)
世間一般的にはダメ男ですけど、そんなことはマチルドには全く関係ない訳です。
愛し続けてくれさえすれば・・・

よく恋愛と結婚は違うというけど(事実、身をもってそう思う)、ひとつの理想形でもあると思えた・・・“あの行動”以外は。

そういった辺りが、いちいち私の琴線に触れ忘れられない映画になりそうです。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2013-06-23 05:34:49)(良:2票)
119.《ネタバレ》 これぞフランス!って感じの映画。
淡々と静かに進んでいく。
エロさは確かにあったけど、
いろいろとツッコミいれたくなるようなストーリーでなんだかなあと思いました。
最後の自殺はよく分かりませんね。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-22 22:09:45)
118.《ネタバレ》 まぁ独特の雰囲気は理解したけど、どーにも全てにおいて唐突だよなぁ。いきなり結婚してくれだし(苦笑)。というか仕事場で何してんだかまったく。おまけにオーデコロン飲んじゃうし(苦笑)ちょーっとここら辺は理解に苦しむとこですなぁ。まぁいろいろな愛のかたちがあるという事なのでショウネ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-04-11 08:29:23)
117.《ネタバレ》 これを封切で映画館で観た数十年前はアンナ・ガルシアの美しい笑み顔と音楽に説得された記憶がある。切ないわあとか思ったんだった。そして現在再び鑑賞したら一ミリも心が動かないのに自分でびっくり。中年男のエロ願望を延々描いているとしか思えない。おっぱい触りたいとか体臭がどうとか何が官能だあ。ヨメの仕事中に後ろから手を出す場面なんかAVかと見まごうよ。あれは無い。女の心理描写が一切無いあたり、フランス版失楽園といったところ。アンナみたいな若い美人がなんの躊躇なくおっさんと結婚する。何故。あげくあの意味不明なラストはもしかして女房が古狸になる前に死んでくれるというのが監督の理想なのかしらとも思ってしまう。昔の感動はどこへやら変わった私が悪いのか。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2013-01-11 12:10:21)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 136人
平均点数 7.09点
000.00%
121.47%
200.00%
332.21%
475.15%
596.62%
62014.71%
73525.74%
83223.53%
92115.44%
1075.15%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.75点 Review8人
2 ストーリー評価 7.45点 Review11人
3 鑑賞後の後味 6.76点 Review13人
4 音楽評価 7.12点 Review8人
5 感泣評価 6.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS