レベッカ(1940)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レベッカ(1940)
 > (レビュー・クチコミ)

レベッカ(1940)

[レベッカ]
Rebecca
1940年【米】 上映時間:130分
平均点:7.03 / 10(Review 77人) (点数分布表示)
公開開始日(1951-04-07)
ドラマサスペンスモノクロ映画犯罪ものミステリーロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-01-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフレッド・ヒッチコック
キャストジョーン・フォンテイン(女優)わたし(マキシム・ド・ウィンターの二度目の妻)
ローレンス・オリヴィエ(男優)マキシム・ド・ウィンター
ジョージ・サンダース〔男優〕(男優)ジャック・ファヴェル
ジュディス・アンダーソン(女優)家政婦 ダンヴァース夫人
ナイジェル・ブルース(男優)ベアトリスの夫 ジャイルズ・レイシー
グラディス・クーパー(女優)ベアトリス・レイシー
メルヴィル・クーパー(男優)検死官
レオ・G・キャロル(男優)ベイカー医師
ジーノ・コラード(男優)ホテル支配人(ノンクレジット)
C・オーブリー・スミス(男優)ジュリアン大佐
レジナルド・デニー(男優)フランク・クローリー
フローレンス・ベイツ(女優)ホッパー夫人
アルフレッド・ヒッチコック(男優)(ノンクレジット)
本田貴子わたし(マキシム・ド・ウィンターの二度目の妻)(日本語吹き替え版【PDDVD】)
小山力也マキシム・ド・ウィンター(日本語吹き替え版【PDDVD】)
後藤敦ジャック・ファヴェル(日本語吹き替え版【PDDVD】)
竹口安芸子ホッパー夫人(日本語吹き替え版【PDDVD】)
紗ゆり家政婦 ダンヴァース夫人(日本語吹き替え版【PDDVD】)
佐々木睦(日本語吹き替え版【PDDVD】)
武藤礼子わたし(マキシム・ド・ウィンターの二度目の妻)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家弓家正マキシム・ド・ウィンター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
川久保潔ジャック・ファヴェル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島宇志夫フランク・クローリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
槐柳二(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
緑川稔(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
北村弘一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
早見沙織わたし(マキシム・ド・ウィンターの二度目の妻)(日本語吹き替え版【NEM】)
三木眞一郎マキシム・ド・ウィンター(日本語吹き替え版【NEM】)
宮村優子【声優】家政婦 ダンヴァース夫人(日本語吹き替え版【NEM】)
原作ダフネ・デュ・モーリア「レベッカ」(新潮社)
脚本ロバート・E・シャーウッド
ジョーン・ハリソン〔製作&脚本〕
音楽フランツ・ワックスマン
編曲ロバート・ラッセル・ベネット(ノンクレジット)
ヒューゴ・フリードホーファー(ノンクレジット)
撮影ジョージ・バーンズ(撮影)
アーチー・スタウト(第2班撮影監督)(ノンクレジット)
ジョン・F・ウォーレン(アシスタント・カメラマン)(ノンクレジット)
ハリー・L・ウルフ(アシスタント・カメラマン)(ノンクレジット)
製作デヴィッド・O・セルズニック
配給東宝東和
美術ライル・R・ウィーラー
ハワード・ブリストル(インテリア・デコレーター)
その他デヴィッド・O・セルズニック(presenter)(ノンクレジット)
あらすじ
叔母の付き人としてモンテカルロのホテルにやってきた女性は、そこでイギリスの大金持ちであるマキシムに見初められて後妻となり、彼の大邸宅(マンダレー)にやってきた。多くの使用人がいるマンダレーの女主人として、控えめながらやっていこうとする後妻だが、1年前にヨット事故で亡くなった前妻、レベッカづきの使用人でマンダレーを取り仕切るダンバース夫人には受け入れてもらえない。レベッカの話を耳にするにつれ、美しく教養があったと評判の彼女と比べられるような気がして、精神的に追いつめられていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
77.《ネタバレ》 最初の主人公によるナレーションが効果的で、一気にストーリーに入り込みます。
何十年か前に2回ぐらい観たことがありますが、一番覚えているのが、レベッカの部屋で女中頭が主人公に窓から飛び降りを迫るシーンで、今回見返しても強烈なインパクトがある。それゆえに、そのあとのシーンがほとんど記憶にありませんでした。
レベッカの人物像が終盤あきらかになるが、サイコの女中頭があれほどレベッカに入れ込む理由がわからなくなる。
全体的に甘いメロドラマ調で、随所に心理サスペンスを入れてくる、バランス感が絶妙です。
とれびやんさん [インターネット(吹替)] 8点(2021-05-04 19:34:18)《更新》
76.《ネタバレ》 原作ファンとして、良かったところ。
・ヒロインがイメージどおりのキャスティングだったこと。初めのうちはおどおどした小娘だったのが、徐々に強さを身につけてマキシムを支えるようになってゆく。その表情の変わり方も巧くてジョーン・フォンティン、ダンヴァース夫人のジュディス・アンダーソンにもっと押されるかと思いましたがヒロインとしての存在感は存分に発揮しています。
・マンダレイの壮麗なことは思い描いていた以上。これこそは映像の力。外観からレベッカの部屋から書斎までゴシック美の凝縮、うっとりしますね。この装置は本作には欠かせない要素ですから。
・目には見えないレベッカの存在感を表出できていること。偏執的ダンヴァース夫人を通して、またレベッカのイニシャル入りの小物を優美に拵えて至る所で目につかせる。上手いと思いました。
 残念なところ。
 レベッカの本性が露になり、マキシムがピンチに陥ったあとから真実による形勢逆転までの流れが手短なうえ、平凡な演出でタメがありません。誰も予期せぬレベッカの真実に至るココは最大の山場。本ではもっとじりじりぐいぐいと引っ張られたものです。
ラストも原作通りマキシムとヒロインの二人の眼前に、突如として炎上するマンダレイが現れる方がドラマチックだったのでは。ヒロインが犬を連れて走ってくるとは、つまらん絵面にしたものだなあ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-03-17 23:27:39)(良:2票)
75.《ネタバレ》 タイトルにもなっていながら、回想でも一度も出てこないレベッカ。どんな人だったのか、想像を掻き立てる。
影のあるマキシムと私の、身分を超えた恋愛。「サテンと真珠は身につけるな。36歳にもなるな。」なんて名セリフ。
居心地の良いモンテカルロから息が詰まりそうなマンダレーへ。
闇深いマンダレーを象徴しているようなダンバース夫人の怖さ。癇癪が出るマキシム。孤立無援の私。
身分の違いを思い知らされての、自殺寸前まで追い込まれてからの、レベッカのヨット発見、マキシムの告白からの逆転劇が痛快。

オープニング、セルズニック・スタジオがバババーン!!と出てから、悲劇の舞台マンダレーの森。
荘厳な音楽のあと、タイトル登場。なぜかヒッチコックの名前と共に音楽は悲しいパートに…
可愛そうな主人公は名前がなく“私”…まぁ原作アリの作品だけど、ヒッチコックは、よっっっっっっぽど、セルズニックが嫌いだったんだろう。この作品が彼唯一のアカデミー作品賞を取ってしまう辺り、何とも皮肉な結果だけど、彼の才能の凄さでもある。
K&Kさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-03-13 10:35:54)
74.《ネタバレ》 以前そこにいた誰かと比べられるのって、ヤだよねえ、という映画。悪くすると、パワハラ。そしてそれをやって見せるのが、ヒッチコック。
冒頭から霧が立ち込め、陰鬱な雰囲気が漂う。最初はローレンス・オリビエと知り合って何だかトントン拍子、だけど、結婚して大邸宅に住むとなると、ヤな感じになってくる。居心地の悪さ。大邸宅までもが彼女をイジメているかのような。
結局のところ、ローレンス・オリビエのダメさ加減というか、胡散臭さというか、いかにも(主人公にとって)役に立たない感じが、この作品では陰の立役者、になってますな。終盤で、意外に使える人(?)というのが発覚するワケですが。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-02-25 18:37:25)
73.オドロオドロしく始まったものの、サスペンスらしい兆候はなかなか見えず、前半はずっとモヤモヤします。しかしごく一般の女性がいきなり寒々しい大豪邸の「奥様」に収まったら、とりあえずは恐れおののきますよね。そういう意味でおおいに共感できました。
で、だんだん「レベッカ」の存在感が増していってヒロインは本格的に恐れおののくわけですが、このあたりの展開は見事としか言いようがありません。当然ながら「レベッカ」はまったく登場しませんが、さながら「死せる孔明~」のヒッチコック版といったところでしょうか。
ちなみにこのヒロインの方、えらく美人さんですが、wikiによれば日本生まれとのこと。では他の作品も見てみようかとも思ったのですが、当然ながらカビの生えたような古典ばかり。「仲達を走らす」までには至らないかな。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2021-02-13 04:02:34)(良:1票)
72.《ネタバレ》 ところどころ異様に怖いんですよね。それはもちろんダンヴァース夫人の貢献が大で、ほとんどは彼女絡みの箇所なんですけど。しかし一方では、イニシャルハンカチやら手紙やらそれっぽいアイテムがいろいろ出ていながら使いこなせていなかったり、導入部はやたら緩慢だったりと、アラの方が目につくのです。そもそも130分というのが長すぎですね。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-01-25 01:33:38)
71.結婚してから…というよりダンバース夫人が登場してからぐんぐん面白くなっていく。マンダレーの怪しげな雰囲気と、不安、怯えといった感情表現が抜群のジョーン・フォンテインに引き込まれ気がつけば終盤だ。事件の真相と物語の結末は驚きもあり、最後まで楽しませてもらった。1940年時点で既に監督として15年ほどのキャリアがあったヒッチコック、その安定感、さらに貫禄に近いものも感じることができる。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-01-21 20:06:04)
70.予告編から想像していた展開からどんどん発展していき、面白かったです。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-10-31 18:03:23)
69.ストーリーの進行が絶妙。飽きさせずに最後まで引っ張る演出と脚本はさすが。主役も脇役もキャラの作り方が完璧。ただ音楽がベタ過ぎてちょっと興ざめしたのでマイナス1点。
ブッキングパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2020-06-22 18:17:55)
68.《ネタバレ》 前半は退屈。いつのまにか、レベッカが出てきていない事に不信が出て、レベッカの刺繍のあるハンカチーフが、画面に出てきてからは、そのサスペンスに心を掴まれている。傑作。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2019-01-26 22:46:54)
67.最初の30分は もう見るのは止めようかというぐらい くだらないメロドラマかと思ったら、その後徐々に雲行きが怪しくなり、どんでん返しのようなことも起こってきて すごく引き込まれました。ヒロインの美しさも華を添えています。
車中の合成映像など 技術的にかなり古さを感じさせるところもあるけれど、名画と呼べる作品になっていると思います。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-01-07 22:21:07)
66.亡き妻レベッカの名残りに悩まされる前中盤がこの映画の本質だが、後半も普通の出来ではある。
二重構造も想定内と想定外があり、まあ満足出来る作品。
simpleさん [地上波(字幕)] 7点(2019-01-06 15:34:17)
65.《ネタバレ》 一度も可視化されないレベッカに見られている気がしてならないヒロインと観客は同一化し、ヒロインが恐怖を味わえば味わうほど観客もまた恐怖に陥るという、とても怖い映画なのでした
カニばさみさん [DVD(字幕)] 7点(2016-11-05 03:11:05)
64.《ネタバレ》 存在しない人物によって精神的に追い詰められていくまでの展開はよかったが、死体が発見されてからのネタバレの展開は3流サスペンスかな。旦那と愛するお手伝いさんが犯人で、後妻を追い詰めていたという展開の方がよかったのかも。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-04-24 12:00:24)
63.《ネタバレ》 サスペンスの巨匠ヒッチコックが手がけた作品に唯一ゴシック映画があるというので当時観てみた記憶があります。
今回が2度目の鑑賞です。
ゴシックの観点でいうと怪奇といえるものはないにしても、
ヒッチコックの作風にしては幻想性がとても高いです。
狂おしい退廃ロマンです。
登場人物の心は闇にとらわれ、
亡きレベッカの因縁は強く館にあり続けます(まるで生きているかのように)。
霧と荒波に覆われた舞台。
不気味な小間使いなど、怪奇幻想映画のシチュエーションをほぼ満たしてる模様。
まさしくゴシック・ミステリーの傑作でした。
「レベッカ」「マンダレー」という単語の響きにさえなにか幻想性を感じてしまうのはちょっといきすぎでしょうか。
ただ現存するフィルムが質の悪いせいか、映像が鮮明でなくこもってるのが残念です。
それもこの物語の幻想性に拍車をかけているともいえなくないのですが。
出来ればこの美しい物語を鮮明な映像で見てみたいものです。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2014-04-30 23:50:39)
62.最初の3分の1くらいは退屈でしたが、それをしのいだあとはグイグイ引き込まれました。
家政婦の表情といいラストの燃え盛る炎といい、モノクロは恐怖感を増幅させることを改めて思い知らされました。
「わたし」という立場なだけに、この華奢で清楚な主演女優がほぼ出ずっぱりで、少し不純な理由ながらそれだけでかなり満足です。
それだけに終盤の大事なところにきて主人公が登場しないところで話が進んだことがちょっと残念に思いました。
午の若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-01 06:47:37)
61.《ネタバレ》 ダフネ・デュ・モーリアの原作を映画化した本作。
ヒッチコックがイギリスにいた時代から原作の映画化を熱望していたヒッチコックだが、本作はヒッチコックにとって大いに不本意な作品となった。

「キングコング」をプロデュースして名乗りをあげていたセルズニックがアメリカに来たばかりのヒッチコックを援助。
ところが単なる援助に留まらず、脚本や演出にまで乗り出してきてしまう。
「そこまで頼んでないよ」と流石のヒッチコックも涙目。

ヒッチコックも負けずに「わたし」役のジョーン・フォンテインをしごきにかかる。
相手役のローレンス・オリヴィエはヴィヴィアン・リーにゾッコン。
フォンテインなんかどうでもいいと言っても良かった。
そこにヒッチコックが目を付けてフォンテインに冷たくあたり、本編でのヒロインの冷遇が迫真を増す事となった。
フォンテインも負けてなるものかと、ドジを重ねつつも次第に一人の女として成長していくヒロインを熱演。
貴族のボンボンながら誰にも打ち明けられない過去を引きずるマキシム役のオリヴィエに引けを取らない演技を魅せつける。

本作のヒッチコック色といえばやはりダンヴァース夫人。
ヒッチコック映画は「怖い」んじゃない。
一瞬背筋が「ゾクッ」とするような寒気がすればそれでいいのだ。
その一瞬の寒気を何層にも重ねて恐怖を作り上げる。
それがヒッチコック映画であろう。
原作でも突然ふっと現れる亡霊のような不気味さがある彼女。
誰の夫人なのか?
どうしてそこまで執拗にヒロインを追い詰めるのか?
もしかして百合なのか?
好きだけどついつい虐めてしまうタイプなのか?
何て生易しい考えが及ばない、得体の知れない女性だ。
自由に出入りする放し飼いの犬のような可愛気、そこに潜む獰猛な執着。
じわりじわりとヒロインを追い詰めていく姿はおっかないね。
まるでセルズニックがふんぞり返る「レベッカ」を、じわりじわりと自分の色をほうぼうに塗りたくるヒッチコックのような執念だ。

ジョージ・サンダース演じる小悪党ジャック・ファヴェルも面白いキャラだ。
お目当ては「ダンヴァース夫人」か「ヒロイン」か。
ベンじいさんも良い顔してますな。

二重、三重のどんでん返しを楽しめる傑作。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-03 00:48:53)(良:1票)
60.《ネタバレ》 アイデンティティを脅かされる若い後妻には役名がないのにしばらく気付かなかった。存在を否定される細工の効いた設定ですな。なんでもオリヴィエがフォンテインを気に入っておらず、彼女がおびえているのを見たヒッチコックはスタッフにつらく当たるよう指示してさらにおびえさせたという。あんたは鬼か(笑)。確かにあの四肢が縮こまったひるんだ感じは向こうの人が演技だけでやるのは難しいのかもしれない。大胆不敵で饒舌な亡妻のいとこ兼情夫のジョージ・サンダース、おお「海外特派員」のフォーリットじゃないか。敵でも味方でも常に怪しくて、かつ憎めない。重苦しい展開にいい風吹かせに来てくれます。強烈なダンヴァース夫人に隠れてますが執事や使用人、警部や小屋の男(?)に至るまでみんないい味出してる。個人的に前半の重苦しさが苦手なのでこの点数。
tubirdさん [DVD(字幕)] 6点(2013-10-20 01:11:37)
59.なんといっても、レベッカの陰におびえるジョーン・フォンテインと、彼女を追い詰めるダンヴァース役のジュディス・アンダーソンです。この2人の存在と演技が、この映画を支えています。この2人を見るだけでも価値があります。
shoukanさん [映画館(字幕)] 8点(2012-09-21 23:35:30)
58.《ネタバレ》 実際に姿が見えずとも、ここではRの文字だけで物語を支配していく展開は見事。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-07 23:11:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 77人
平均点数 7.03点
000.00%
100.00%
211.30%
311.30%
445.19%
579.09%
61114.29%
72228.57%
81519.48%
91519.48%
1011.30%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.75点 Review4人
2 ストーリー評価 6.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.16点 Review6人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1940年 13回
作品賞 受賞 
主演男優賞ローレンス・オリヴィエ候補(ノミネート) 
主演女優賞ジョーン・フォンテイン候補(ノミネート) 
助演女優賞ジュディス・アンダーソン候補(ノミネート) 
監督賞アルフレッド・ヒッチコック候補(ノミネート) 
撮影賞ジョージ・バーンズ(撮影)受賞白黒
作曲賞(ドラマ)フランツ・ワックスマン候補(ノミネート) 
視覚効果賞 候補(ノミネート)(特殊効果賞<撮影> として)
音響効果賞 候補(ノミネート)(特殊効果賞<音響> として)
美術賞(白黒)ライル・R・ウィーラー候補(ノミネート)(室内装置賞 として)
脚色賞ジョーン・ハリソン〔製作&脚本〕候補(ノミネート) 
脚色賞ロバート・E・シャーウッド候補(ノミネート) 
編集賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS