ドミノ(2023)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ト行
 > ドミノ(2023)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ドミノ(2023)

[ドミノ]
HYPNOTIC
2023年上映時間:94分
平均点:6.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-10-27)
アクションサスペンスSFミステリー刑事もの
新規登録(2023-10-13)【Сакурай Тосио】さん
タイトル情報更新(2024-02-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ロドリゲス
キャストベン・アフレック(男優)ダニー・ローク
アリシー・ブラガ(女優)ダイアナ・クルス
ジェフ・フェイヒー(男優)
ジャッキー・アール・ヘイリー(男優)
ウィリアム・フィクトナー(男優)
森川智之(日本語吹き替え版)
永宝千晶(日本語吹き替え版)
山路和弘(日本語吹き替え版)
郷田ほづみ(日本語吹き替え版)
原作ロバート・ロドリゲス(原案)
脚本ロバート・ロドリゲス
マックス・ボレンスタイン
撮影ロバート・ロドリゲス
製作ロバート・ロドリゲス
リサ・エルジー
配給ギャガ
ワーナー・ブラザース
衣装ニナ・プロクター
編集ロバート・ロドリゲス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 その昔、娘が誘拐された刑事が、銀行を襲う犯人を追いつめたら、そいつがなんと、言葉で人を自由自在に操る催眠術師で、ってゆう、え?これからどーなっていくの?とゆうワクワク感と、なんかがありそうってゆう違和感で始まるサスペンス映画。テンポがよく、退屈感もなく、適度なアクション、適度な謎と、僕的にはかなり楽しめた映画でした。
なにわ君さん [インターネット(吹替)] 10点(2024-02-22 19:48:38)《新規》
4.予備知識ゼロでみましたが、とにかく壮大でスケールの大きさは感じましたが、内容がとても複雑でぜんぶを理解できませんでした。ベン・アフレックは相変わらずの安定感のある演技でした。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2024-01-29 00:33:59)
3.《ネタバレ》 これ面白かったですよ。邦題がぱっと見意味分かんないのも、話を予想できなくて良かった。
序盤~中盤までの流れからは全然思ってたんと違う所へ着地。この驚きが快感なタイプ(わたしです)は必見。
プロットの全体像(国家VS個人の超能力バトル)は昔っからよくあるものだけど、見せ方がぐっと洗練されて巧い。画像加工の技術はもちろん、逃走劇を引っ張って引っ張って、ついに主人公が気づいた場面はその鮮やかさに「えええ」と声が出そうになりました。
配役も良かった。ベン・アフレックは安定感あるし、敵方W・フォクナーは風貌からして手強いし、娘ちゃんハラ・フィンリーもラスボス感漂ってて頼もしい。
尺が短いので頭も疲れない。ノーランが畳みに畳んだ何層もの折りパイだとしたら、こちらは手軽な練りパイといった感じ。どっちも好きです。
tottokoさん [映画館(字幕)] 8点(2023-11-10 21:17:12)
2.《ネタバレ》 もっとなんかこう、斬新なもの、あるいは驚くべき世界観などを見せてくれるものかと期待していたんですが・・・
謎に満ちた感じの冒頭の銀行襲撃のシーンはまずまずで期待させてくれます。しかしその肝心の謎は大したものではなく(というか、私は後で知ったのですが、実はタイトルで壮大にネタバレしているし)、話が進むにつれて少しずつ明かされていくのですが、そこで驚き・衝撃・感動を与えてくれることはなく、ひたすらガッカリ感が増していくという、残念な出来でした。
おまけに全く余計なエピローグが加わり、さらに2点は減点です。もう矛盾だらけ。
これは邦題タイトルを本題とはほとんど関係ない「ドミノ」にしておいてよかったですね。原題をそのまま翻訳したら、観客動員は悲惨なことになったことでしょう。

結果的に10代の少女が××を犯す話だし、途中では人の頭を銃撃したりとか結構惨いシーンがあるのだけど、よくこれでG指定だな・・・
Northwoodさん [映画館(字幕)] 3点(2023-11-01 00:34:51)
1.《ネタバレ》 うーん、コレはちょっと、モ~完全に全くナニも前提を入れずに観に行って+かつあまり深く考えずに本当に単なる娯楽として(気楽に)観る方が絶対に好いヤツだと思いますかね。だから正直、レビューで言えるコトはほぼ無いな…とも思います⇒ので内容については触れないコトにしよーかと。あくまで私個人としては、ワリと結構楽しめてしまいました…とダケは言っておきたく。。

ただね~、迷いに迷った挙句に一つダケ言ってしまうなら、ナニを措いてもまず今作は内容的には「B級映画」だ…ってゆうコトですよね(⇒監督とか主演とかの名前に騙されてはいけません!)。分かる人にしか分からない様な言い方でもう一つダケ付け加えるならば、冒頭から謎の敵として出てくるウィリアム・フィクナーが(私なんか途中からモ~完全に)嘗てのクリストファー・ウォーケンにしか見えなくなっていった…とでも言いましょーかね。重ねて、分かる人には分かると思うのですがそーいうヤツです。以上。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 7点(2023-10-29 20:52:53)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
500.00%
6120.00%
7120.00%
8120.00%
900.00%
10120.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS