シェイクスピアの庭のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シェイクスピアの庭
 > (レビュー・クチコミ)

シェイクスピアの庭

[シェイクスピアノニワ]
ALL IS TRUE
2018年【英】 上映時間:101分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-03-06)
ドラマ
新規登録(2020-03-15)【envy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケネス・ブラナー
キャストケネス・ブラナー(男優)ウィリアム・シェイクスピア
ジュディ・デンチ(女優)アン・シェイクスピア
イアン・マッケラン(男優)サウサンプトン伯
音楽パトリック・ドイル〔音楽〕
撮影ザック・ニコルソン
製作ケネス・ブラナー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.シェイクスピアの晩年と、家族の話。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-05-02 17:10:03)
1.《ネタバレ》 シェイクスピア俳優ケネス・ブラナーがついにシェイクスピア本人を演じる。
現役バリバリじゃなく晩年のシェイクスピアでして、ストラトフォード=アポン=エイヴォンの妻子のいる家に帰るわけです。
しかし、生活費だけ送って20年帰らなかったわけですから、諸手を挙げて帰郷を歓待されるはずもなく。
つまりシェイクスピアの家族問題、家族再生のはなしでした。

作品では人間のあらゆる喜怒哀楽、業とか心理描写に長けていたシェイクスピアも、自分と自分の家族となると
「誰が食わしてやったんだ」に「知らなかったのはお父さんだけ」状態、シェイクスピアならではということではなく、どの時代にも誰にでも当てはまるんじゃないかと思われることなんです。シェイクスピアをこういうテーマで描くケネス・ブラナーに感心してしまいました。

シェイクスピアに特に詳しくなくても戸惑うことなく観られる映画になっていると思います。
とにかく映像がいいんです、室内のろうそくの炎、構図にカメラワーク、陰影、風景、どこをとっても素晴らしい。
美しく芸術的な映像だと思います。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-03-17 14:41:38)(良:1票)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS