カーマ・スートラ/愛の教科書のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カーマ・スートラ/愛の教科書
 > (レビュー・クチコミ)

カーマ・スートラ/愛の教科書

[カーマスートラアイノキョウカショ]
Kama Sutra: A Tale of Love
1996年【英・インド・日】 上映時間:115分
平均点:4.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-04-19)
ドラマ犯罪もの歴史ものロマンスエロティック
新規登録(2004-06-12)【sayzin】さん
タイトル情報更新(2012-09-07)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミーラー・ナーイル
キャストインディラ・ヴァルマ(女優)マヤ
サリタ・チョウドリー(女優)タラ
ラモン・ティカラム(男優)ジャイ・クマール
レカー(女優)ラサ・デヴィ
ナヴィーン・アンドリュース(男優)国王ラジャ・シン
脚本ミーラー・ナーイル
音楽マイケル・ダナ
撮影デクラン・クイン
製作ミーラー・ナーイル
配給日本ヘラルド
美術ランドール・バルスマイヤータイトルデザイン
マーク・フリードバーグプロダクションデザイン
字幕翻訳古田由紀子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.カーマ・スートラとは性の奥義書らしいが、この映画はその要素は少ない。それよりも"A Tale of Love(愛の物語)"という感じが強い。これを愛の教科書という邦題にしたのはいかがなものか。いかにも女性監督らしいイメージの映画だ。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-29 15:43:48)
3.《ネタバレ》 モンスーン・ウェディングを観て、とても気に入ったので同じ監督ということで勇気?を出してレンタルしましたが・・・。全然ポルノ?っぽくもなく、まぁまぁおもしろく観られました。どのエピソードもちょっと中途半端だったので点数も中途半端。象に踏まれるという処刑ってホントにあったのかなぁ。それだけがちょっと怖かったです。この作品をレンタルショップで「エロティック」というところに置くのはふさわしくないと思います!ジャケットもしかり。ジャケットで変な?期待をすると裏切られたという人もいるはず。普通の「アジア映画」や「ラブストーリー(?これもどうかなと思うけど)」あたりに置くべき。沐浴のシーンやダンスのシーン、結婚式などはとても美しかったです。
longsleeper21さん [DVD(字幕)] 6点(2006-06-23 20:36:55)
2.ジャケットはかなり詐欺です。女優さんはいと美し。エキゾチックでエロチック、女の確執が生むメロドラマでして、私は大好きですが、オススメはできません。1度きりなら楽しめるかな(って、女性向きポルノってことかな・・でもありがとう)。
どうすれば女は男を魅了できるか?という講習=「愛の教科書」はとても参考になりました。30年くらい前に見たかったな。


かーすけさん 4点(2004-10-19 22:05:33)
1.監督がミーラー・ナイールということなので、本作も純粋なインド映画ではありません。そして、スタイルが西洋的なのはいつも通り(と言っても、他には「モンスーン・ウェディング」しか観てませんが…)だとして、本作は何と完全英語劇になってます。また、カーマ・スートラによって成り上がったり身を持ち崩したりといったことがテーマではなく、ストーリーはもの凄くありふれた時代物のメロドラマ。そこにインド風の装飾を施し、「カーマ・スートラ」という、人(主に男)が興味をそそりそうなタイトルを付けただけの代物でした。とにかく人間の描き方が弱過ぎて全く面白くありません、4点献上。
sayzinさん 4点(2004-06-17 23:04:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4250.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS