ショムニのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ショムニ
 > (レビュー・クチコミ)

ショムニ

[ショムニ]
1998年【日】 上映時間:93分
平均点:4.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-11-28)
コメディ漫画の映画化
新規登録(2004-06-20)【あにやん‍🌈】さん
タイトル情報更新(2019-09-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督渡邊孝好
助監督橋本光二郎
キャスト遠藤久美子(女優)塚原佐和子
高島礼子(女優)坪井千夏
河合美智子(女優)宮下カナ
松重豊(男優)穴崎始
袴田吉彦(男優)謎の絵描き
佐藤允(男優)社長
小松政夫(男優)井上課長
上田耕一(男優)総務部長
渡辺いっけい(男優)経理課長
阿部サダヲ(男優)政夫さん
桜金造(男優)ホテルのマネージャー
徳井優(男優)TAFの作業員
田中要次(男優)AVのオカマのメイク
濱田マリ(女優)徳永佳代子
木下ほうか(男優)ナカちゃん
脚本一色伸幸
撮影渡部眞
製作野村芳樹
松竹
プロデューサー榎望
深澤宏
配給松竹
美術部谷京子
編集冨田功
照明高坂俊秀
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.これはひどい。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 1点(2008-04-26 18:10:59)
2.原作を見たことはないが、この映画はそこそこ面白い感じでした。見所は、最近影の薄いエンクミと、あのドM社長ですね。
A.O.Dさん 5点(2005-01-04 16:40:02)
1.実はこの映画、原作マンガの精神にはドラマ版よりもずっと忠実なのです。原作の基本は塚原の成長物語なので、ドラマ版の千夏メインな展開(しかも本来ボケな千夏がツッコまれずにカッコいい、ってどーゆー事よ?)は「こんなの『ショムニ』じゃない!」なんて思ったのですが(3話くらい見て、これはこれでアリ、とも思いましたが)、映画はダメOLが悪を糾す、なんて展開じゃなくて、ダメOLなりのドラマを綴ってゆくワケで、それこそが原作の持ち味だし、魅力。遠藤久美子の塚原はイメージこそ違うものの、ショムニのメンバーに翻弄されつつ成長してゆく、という役どころを好演していました。だけど、あくまで人気が出たのはドラマの「ショムニ」だったワケで、そのキャストも使わなければ、会社を舞台にした物語ですらない(メインになるのはアフター5、夜の物語)「ショムニ」が、一体誰のために存在しているのだろう?というのが正直なところ。原作の精神には忠実でも物語は全くオリジナルな状態なので、原作ファン向き、という訳でもないですし。高島礼子の千夏はアクティブさが不足してるし、河合美智子のカナさんはその設定に説得力を与えてくれません。千夏のライバル杉田や、塚原の恋の相手右京を出さない、狭い世界で終わってしまうこの映画、それでもドタバタ喜劇として楽しめはするのですが、誰が望んだのやら存在意味不明、というのはとっても不幸な状態でした。
あにやん‍🌈さん 6点(2004-06-21 01:13:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.00点
000.00%
1133.33%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
6133.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS