Menu
 >
 >
 > 北の零年

北の零年

Year One in the North
2004年【日】 上映時間:169分
平均点: / 10(Review 47人) (点数分布表示)
ドラマ時代劇
[キタノゼロネン]
新規登録(2004-06-20)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2017-03-18)【イニシャルK】さん
公開開始日(2005-01-15
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督行定勲
キャスト吉永小百合(女優)小松原志乃
渡辺謙(男優)小松原英明
豊川悦司(男優)アシリカ
柳葉敏郎(男優)馬宮伝蔵
石田ゆり子(女優)馬宮加代
香川照之(男優)持田倉蔵
石原さとみ(女優)小松原多恵
大後寿々花(女優)小松原多恵(少女時代)
吹越満(男優)長谷慶一郎
奥貫薫(女優)長谷さと
阿部サダヲ(男優)中野又十郎
金井勇太(男優)川久保平太
モロ師岡(男優)窪平
榊英雄(男優)高岡
寺島進(男優)花村完爾
忍成修吾(男優)殿
中原丈雄(男優)内田
馬渕晴子(女優)長谷すえ
藤木悠(男優)中野亀次郎
平田満(男優)川久保栄吉
鶴田真由(女優)おつる
石橋蓮司(男優)堀部賀兵衛
山田明郷(男優)警官隊隊長
脚本那須真知子
音楽大島ミチル
津島玄一(音楽プロデューサー)
撮影北信康
製作黒澤満
東映(「北の零年」製作委員会)
テレビ朝日(「北の零年」製作委員会)
朝日放送(「北の零年」製作委員会)
朝日新聞社(「北の零年」製作委員会)
杉山登(製作委員会)
製作総指揮岡田裕介
企画木村純一
遠藤茂行
プロデューサー早河洋(エグゼクティブプロデューサー)
坂上順(エグゼクティブプロデューサー)
配給東映
特撮尾上克郎(VFXプロデューサー)
美術部谷京子
大庭信正(装飾)
武田双雲(題字)
衣装宮本まさ江
編集今井剛
録音伊藤裕規
照明中村裕樹
その他文化庁(支援)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.《ネタバレ》  演出、脚本、配役、演技、映像、音楽、CGなど映画における殆どの要素が良くなかったです。これらの良くない要素を一つ一つ積み重ね、繋ぎ合わせれば駄作になるのは火を見るよりも明らかです。

 業界を代表するような大物の役者さんなども出演しています。
 制作は主に全国紙の新聞社です。系列の全国ネットのキー局なども勿論含まれています。役者の方々は脚本を確認したとしても大手マスメディア制作のオファーを断るのは、後々の事を考えると難しかったと思います。
 しかし、映画のテーマは新政府の横暴な権力には屈せず厳しい北海道の大地に自分たちの国をゼロから作っていこうと言うものでしょうか。
 全く以て笑ってしまう程に皮肉です。

 この駄作(勿論、個人的な見解)のラストシーンは、徴兵や馬の徴用の問題が解決していないのに、取り敢えず現実から目を逸らし、みんなでニコニコしながら荒野を適当に耕してハッピーエンドです。
 役者というプライドを捨て、長いものには巻かれても、取り敢えず目先の日銭は稼げたので「まあ、いいか」という彼ら自身を見せられているようでした。

 こんなことをしていると本作の中では馬(命を懸けて守ろうとした大切なもの)は帰ってきましたが、制作スタッフや役者に取っての本当に大切なものは、何時か何処かに行ってしまうように感じました。

しってるねこのちさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2015-04-12 13:16:39)
46.《ネタバレ》 邦画の悪い部分を煮詰めて作ったような酷い作品です。なにをどうやればこのような映画が出来るのか、追求したくなる気にもならず。ひとつ言っておきたいこと。そろそろサユリストたちも目を覚まして欲しい。年齢的、立場的に無理のある配役は崇拝する吉永小百合を滑稽に見せているだけです。年相応の役を割り当てましょうよ。目を背けたくなるほど痛々しいです。
kirieさん [ビデオ(邦画)] 2点(2014-09-03 00:05:21)(良:3票)
45.《ネタバレ》 DVDの時間表示で02:48:58にも及ぶ長大な映画であり、物理的な大作感は十分である。欠点と思われることはここまでの間にほとんど書かれているが、特に自分としてはわざとらしく芝居がかった感じの人の動きや事件や展開が気に障る。序盤はまだしも後になるほど違和感が拡大して、終盤に至るともう嫌悪すら覚える。また、最初はさんざん嫌な奴に見せておきながら実はそれぞれ事情があり真心もあり愛もあって、最後は全員が都合よく”本当はいい人”の範疇に取り込まれていくような展開は、全ての人に暖かく優しい目を向けています、というようなことかも知れないが、個人的には安っぽく幼稚に感じられる。 

一方、この映画で感動的だったのは何といっても中盤の「夢を見ているようだ」であり、これは具体的にそういう経験がないにもかかわらず激しく共感する。堰を切ったように号泣するなどというのでなく、娘を膝に抱いて微笑みかけようとしながらも感情があふれ出てしまうのが奥ゆかしい。「どうして泣いているの」と尋ねるこの子がかわいいから泣くのである。
しかし、そういったプラス評価を完全に覆してしまうのが終盤の展開である。この映画は男が生命を棄てて正義を回復し、妻子のために殉じようとするのを無益なものとして否定するのか。それだけの決意をした男を「死なないで」で泣き落とそうと思う発想が気に食わず、また「生きてください」という発言も“とにかく人は死んではなりませぬ”という程度の観念的かつ無責任な綺麗事のようにしか聞こえない。“下郎”の妻のように生物学的に生きて繁殖するのが第一義というなら随意にすればいいだろうが、個人のプライドなど全く頓着なく自分のペースに巻き込まなければ気が済まないというのはどれだけ能天気で傲慢であることか。

そういうわけで激しい憤りを覚えたので、当然ながら零点である。 
なお知り合いの淡路島関係者が、劇中の稲田家当主の扱いが変だといって怒っていたのでついでに書いておく。それからどうでもいいことだが、見ているとまず戸を閉めろと言いたくなる場面が目立つ。北海道は冬でも温暖なのか。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 0点(2013-11-18 19:54:46)(良:2票)
44.《ネタバレ》 予備知識なしで鑑賞、冒頭の状況説明のテロップと吉永さんと渡辺さんの夫婦設定に違和感を覚える、個々の演技やカットごとのシーンは良いと思うのですが、なんだかツギハギっぽい印象でした。ふーんといった具合に感動できる点は無い感じでした。
ないとれいんさん [ビデオ(邦画)] 4点(2013-10-15 08:20:35)
43.《ネタバレ》 妻投稿。この映画は40度の熱があるとき、大量の酒を飲まされて死にそうな時、下痢や生理で頭が真っ白になったときに見るのがお勧め。意識が混濁した某財務大臣みたいな状況下だと、吉永小百合さんが雪の中で「あなた・・・あなた・・・」というシーンや変な商人に迫られるシーン、お馬さんがたくさんやってくるシーンに物凄いカオスを感じる。この自分の体が得体のしれない猫じゃらしに蹂躙されるような感覚。このまま魂が抜けていくような快感、げえええええええ。一度試してみてください(責任は持ちません)。
はち-ご=さん [DVD(邦画)] 5点(2009-02-22 23:35:14)
42.《ネタバレ》 吉永小百合が撃たれてから永かったなあ。普通は、すぐに医者に見せるのでは?ぐだぐだしたあとで、いきなり鍬で畑を耕し始めたりなんかして、なんかリアリティに欠けるなあ。
馬を差し出せといっていた戸長が、いなごに襲われたから馬が人間以上に必要になったという理屈がわからん。
そもそも馬ってそんなに重要?そこが描かれてないから、モヤモヤが残る。
いなごに襲われて絶望したからといって、油をかぶって火達磨になる人っている?
命を粗末にしすぎだよね。
百姓やるんなら凶作や蝗害くらいは想定しておかないとね。
豊川悦司は、あそこで切死にするつもりだったんだけど、何故だろうね?
吉永小百合一家を守ることにはならないと思うけど。
小百合が撃たれてすぐにこころ変わりっていうのも、なんだかなあって感じです。
馬が逃げ出したから馬の徴用をあきらめて帰っていく役人てなに?
馬で追いかければいいし、ほうっておいてもいずれ帰ってくるよね。
結局、馬は徴用されずに済んだのかなあ。
その代わりに大勢の村人が徴用されて辛苦を味わったのかなあ。
これだけ疑問が残るのは、人間が描けてないってことだなあ。
やっぱ、映画は脚本が重要ということを再認識させられる映画で、ある意味貴重です。
よしのぶさん [地上波(邦画)] 2点(2008-01-20 17:50:41)
41.時代に翻弄された人々を安易な美談でまとめただけの内容。
カラバ侯爵さん [地上波(邦画)] 2点(2008-01-20 14:12:49)
40.豊川悦司さん格好良いですね~。汚れ役の石田ゆり子さん悲しいですね~。香川照之さん演技が上手いのか本当にむかつきますね~。思っていたよりも楽しめました。
クロさん [地上波(邦画)] 7点(2008-01-19 19:16:42)
39.映画を愛し映画に酔ってしまった人達のオナニー映画。
最初から最後まで興醒めです。
sting★IGGYさん [地上波(邦画)] 3点(2008-01-19 14:46:19)
38.《ネタバレ》 悪い作品ではない。吉永小百合さんに迫るシーンとかには違和感を覚えたが、別に感動するためではなく、石原さとみと、時代背景と登場人物がどうなるのかを見届けたいというのがあったので、最終的に結構良くまとまっていたという感じだった。アリシカさんが個人的にはベストキャラ。彼だけはきっちしカタルシスではない感動を与えてくれた。
ヤブラシ・ガイカンさん [DVD(邦画)] 8点(2007-09-23 23:42:57)
37.どこを切っても突っ込みどころで分かりやすい。絶えず大袈裟でやかましい音楽、「我々は捨てられた!」等といちいち状況説明してくれるセリフ、偶然だらけのベタ展開、オーバーで暑苦しい芝居……。そもそも小百合と渡辺謙を夫婦にキャスティングした時点で興醒め。序盤のキスシーンなんか強烈で、掴みのギャグか新手の嫌がらせにしか思えない。叔母と甥みたいな夫婦に違和感抱くなという方が無理な話だ。まぁ、こういう無茶さが全編に横溢しているので、最後までどこで感動するのか図りかねたが、間違っても「大感動巨編」と謳わず最初から「史上初の開拓コント映画」として喧伝していれば、少しは罪も浅かったのではないだろうか。
丹羽飄逸さん [地上波(邦画)] 3点(2007-08-11 08:16:25)
36.ストーリーは当事者を侮辱してるほどの内容だが。出演者の出来は良かった。
あるまーぬさん [地上波(邦画)] 7点(2007-07-28 08:05:07)
35.かなり前に録っていたのを見た。皆様のおっしゃる通りあまりにもヒドイ。ストーリは壮大で深刻なハズなのに、観ているうちにバカバカしくて頭が痛くなって来るは、若作りの主人公に気持ち悪くなり吐き気を催してくるは…。海外に恥を撒き散らかさないよう警告の上封印すべき作品、と言っても万事手遅れか…。
lafishさん [地上波(邦画)] 1点(2007-07-08 18:40:26)
34.《ネタバレ》 大勢の人たちが汗水たらして鍬を振るう。序盤とラストで象徴的に使われるシーンです。画的な華やかさがあります。ただどうも引っかかる。経験がないので、的外れな指摘だったらゴメンナサイなのですが、あんなふうにやるものでしょうか。右を向く人、左を向く人。四方八方に散らばって鍬を振り上げるのは危険です。それに無駄も出る。一列に並んで耕すのが普通では。(そのほうが連帯感も感じられますし、画面手前から奥にかけてずらりと並んで鍬を振る姿は壮観ではないかと。)ここで自分が指摘したいのは、作業方法の問題ではありません。この場面に集約されている“雰囲気重視”の姿勢が気になるのです。大仰な音楽が多用されることにもそれが言えます。“感動”を安易に考えている気がしました。主人公の人物像。どこまでも清らかで、耐える姿は美しいです。でも“正し過ぎて”近寄りがたい。本作は開拓の物語。切り開くのには、途方も無い労力を要します。もがき、苦しみ、絶望することもあるでしょう。でも成果の喜びは、何物にも代え難いはず。苦労は存分に描かれていますが、喜びの描写がほとんど無いのは何故でしょう。それは感動を生むロジックを、画一的に捉えているからではないかと思いました。ですから感動ポイントが決まっています。でも優れた作品の場合はどうでしょう。不意をつかれて涙を流したことはないでしょうか。厚みのある作品は、点で心を捉えようとしません。雰囲気重視の一面的な描写で得られる感動は、やはり“それなり”である気がします。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2007-05-17 18:07:03)(良:2票)
33.《ネタバレ》 いくらなんでも配役に無理がありすぎ・・ストーリーはささいな事を大きく見せようとして失敗・・結局つまらない。
映画を単純に見る男さん [DVD(邦画)] 4点(2007-05-02 17:13:33)
32.吉永小百合は無理ありすぎ。キスシーンとか特に。
たろささん [地上波(邦画)] 2点(2007-02-12 15:40:11)
31.《ネタバレ》 暗い雰囲気だが予想以上に惹かれました。前半は生きるために新天地の北海道を切り開いていく力強さが伝わってきました。後半は人間ドラマで意外な展開が待ってました。年配向けのシブい作品。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 8点(2007-01-14 00:29:25)
30.とても素晴らしい題材だと思いますし、豪華キャストで期待してしまいましたが、面白くなかったです。ほんと映画は脚本が一番大事ですね。
アキラさん [地上波(邦画)] 4点(2007-01-06 22:39:00)
29.もンのすごい肩透かしを食らった感じ。話がちっちゃい。ちっちゃすぎる! 宣伝では『壮大なスケールで描く』とか何とか言ってなかったか? だって話が開拓中の村から出ないんだもん。中央の動きが描かれてないから時代の流れが分からない。よってそれに翻弄される開拓民の悲哀が伝わらない。ただ「冬寒いんだって? 大変だねぇ」、「食べ物無いの? そりゃツラいねぇ」、「馬、取られちゃうの? そりゃ理不尽だねぇ」で終わっちゃう。しかもホントその3つで話は終わり。べつに北海道じゃなくても、そんな苦労話どこにでもあるんじゃね? 渡辺謙のエピも、なんかどこかで聞いた事あるような話で新鮮味も無いしさ。本当は点数的には2.5点と言いたいんだが、まあ無いからオマケして3点入れときます。
TERRAさん [地上波(邦画)] 3点(2007-01-06 18:38:59)
28.身近な淡路島からの北海道開拓移民、藩の話で、しかも明治の時代の幕開け時期。
結構面白く観賞も、筋に一部無理があり興をそがれた。
ご自由さんさん [地上波(字幕)] 6点(2006-12-27 21:17:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 3.94点
024.26%
1510.64%
2817.02%
3714.89%
4612.77%
5510.64%
6714.89%
748.51%
836.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 1.33点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS