激突!<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ケ行
 > 激突!<TVM>の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

激突!<TVM>

[ゲキトツ]
Duel
1971年上映時間:89分
平均点:7.62 / 10(Review 309人) (点数分布表示)
アクションサスペンスTV映画犯罪もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2024-03-31)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
助監督ジェームズ・ファーゴ
演出キャリー・ロフティン(スタント・コーディネーター)
左近允洋(日本語吹き替え版【テレビ朝日/日本テレビ】)
キャストデニス・ウィーヴァー(男優)デイヴィッド・マン
キャリー・ロフティン(男優)タンクローリーの運転手
アレクサンダー・ロックウッド(男優)車に乗った老人男性
エイミー・ダグラス(女優)車に乗った老人女性
ジャクリーン・スコット(女優)
原康義デイヴィッド・マン(日本語吹き替え版【ソフト】)
日下由美妻(日本語吹き替え版【ソフト】)
後藤敦バー店主(日本語吹き替え版【ソフト】)
石住昭彦(日本語吹き替え版【ソフト】)
前田敏子(日本語吹き替え版【ソフト】)
穂積隆信デイヴィッド・マン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
沢田敏子妻(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
白石冬美ラジオパーソナリティー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野沢那智ラジオパーソナリティー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
加藤正之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
緑川稔(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石森達幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野田圭一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
槐柳二(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
沼波輝枝(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
横尾まり妻(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
池田勝(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
千田光男(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
屋良有作(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
中田和宏(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沢木郁也(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
さとうあい(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮内幸平(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
麻生美代子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宍戸錠デイヴィッド・マン(日本語吹き替え版【劇場公開版】)
北浜晴子妻(日本語吹き替え版【劇場公開版】)
原作リチャード・マシスン(原案)
脚本リチャード・マシスン
音楽ビリー・ゴールデンバーグ
撮影ジャック・マータ
プロデューサー奥田誠治(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
制作ACクリエイト(日本語吹き替え版【ソフト】)
配給CIC
松竹(リバイバル)
編集フランク・モリス〔編集〕
日本語翻訳進藤光太(テレビ朝日/日本テレビ/劇場公開版)
スタントキャリー・ロフティン(ノンクレジット)
あらすじ
砂漠の道で何気なく追い越した巨大なタンクローリー。そしたら追ってくる。逃げても逃げても追ってくる。苛立ちはやがて恐怖に変わる。俺が悪かった。もう止めてくれえ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
309.「いや激突しとらんやないかい!」というのが定番のツッコミであるこの映画。
まあ原題は決闘とか一騎討ちの意味だから、この場合の「激突」っていうのはスポーツ興行でいうところの「激突!因縁のなんとか対なんとか戦」みたいなノリでつけたんでしょう。
当時の映画配給会社はそういう感じの人が多かったってことなんですかね。
原作は数十ページの短編。
それをテレフィーチャーとは言え一時間半近くに伸ばしているので少々間延びした所が感じられるのは仕方がない。
しかもCMをところどころまたぐことを前提にして作られていると考えればサスペンスを維持するのは難しいと思うのは普通でしょう。
日曜洋画劇場で放映したときは二時間枠だったのでCM明けごとに数分ぶん巻き戻していたくらいだし。
しかし見てる側が少しだれそうになると姿を見せない相手が異常な行動をエスカレートさせたり、主人公の心理が追い詰められるアクシデントが次々と発生したりして緊張がますます膨れ上がるようにつくられています。
まさに緊張と緩和。
敵役の強さをインフレさせて読ませるバトルマンガの論理ですね。この辺りはうまいです。
だからご家庭のテレビでも最後までハラハラしながら見られたのです。
スピルバーグはこの作品の成功を元手についに劇場用映画「ジョーズ」で大ヒットをとばし、以後の大活躍につなげます。
ハリウッド映画が斜陽と言われた時期にこういう人が現れてくるというところ、歴史の巡り合わせの面白いところですね。
ネタバレはしたくないので(いやしてないか?)内容については触れないでおきますが、どんな異常者が出る映画を見ても「いや、こんな人間は本当はいないから」と言っていた父親もこの映画だけは「うーん」と唸って見ていました。
父は仕事で自動車を毎日使っている人間でしたから。
脇道へ逸れることができない高速道路で煽り運転にあったことがある人だったら本当に恐怖の感じられる映画だと思います。
日頃自動車を使っていない人にとってはちょっとピンとこないところがあるかもしれないですが。
何人もの人が死ぬけれども「実際はこんなことないよね」と思って見てられるホラー映画ではなく、明日現実に自分に降りかかってくるかもしれない恐怖を描いた映画です。
しかもそれを啓蒙や注意喚起みたいな交通安全特集みたいなものにせず、純粋な恐怖映画として作ったところ。
スピルバーグさんブレないですね。
かずくんさん [地上波(吹替)] 8点(2024-02-19 21:49:32)
308.《ネタバレ》  こーゆーシンプルイズベストなスリラーは大好き。それをスティーヴン・スピルバーグが撮ったっていうんだから期待値Max。だったのですが・・・、う~ん、悪くはないんだけどって感じです。
 なんか結構いらいらしちゃいました。そのイライラはトラックではなく、主人公のおっちゃんに。
 他の車がときどき走っているんだから、その車の後につけるなり、前につけるなりすれば、トラックは手出しできないでしょ。
 それにラジエーターホースは自分の責任でしょ。整備不良は自業自得。それでパニックになられても、うるさいだけ。そもそも長距離移動するんだったら、出発前にラジエーターホースくらい替えとけよ。
 こーゆー理不尽ものっていうのは、被害者側に原因がないのがミソなんです。被害者側に落ち度があると、ハラハラよりイライラが勝っちゃう。
 そんななか、個人的に出色のシーンだったのがバス。似たようなシチュエーションを、他の映画では見たことがありません。
 このトラックが、主人公のおっちゃん以外には、いたって好意的なのが逆に怖い。トラックの、『お前だけは許さねーぜ』っていう無言の圧が凄い。
 そしてこんなことをされると、主人公は途端に孤独に陥ってしまいます。どれだけトラックが危険でも、それは自分に対してだけ。周りの人にはまるで理解されない恐怖。まるで不良から、自分ひとりがターゲットにされてしまったような、そんな恐怖を感じるのです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2023-07-25 02:54:33)
307.《ネタバレ》 -Duel- “(1対1の)決闘”。 
確か初めて観たスピルバーグ監督作品だったと思う。日常よくある『路上での追い越し』から始まる、身も凍る恐怖。執拗な追跡。あまりにシンプルなストーリーに目が話せなくなった。どんな奴が運転しているんだろう?なんでここまでしつこく追いかけるんだろう?…どうなれば終わるんだろう?
決闘というタイトルだけど、主人公の車はあまりに非力だ。単純に大きさも馬力も違うし、ラジエーターに欠陥を抱えている。助けてくれる警察も呼べない。どう考えても勝ち目のない闘い。
結局、トレーラーの運転手の人相や目的を知ることなく映画は終わるが、幼いながらも不思議な満足感を得られた。この迫力ある映画が、ジョーズやE.T.を創った天才スピルバーグが、僅か25歳で初監督(厳密には違うかもだけど)した、しかもテレビ映画だというから、本当に天才っているモンだな…って感心してしまった。

この映画を観てスゴいって思う気持ちは今も変わらない。この映画の何が怖いって、トレーラーが怖かった。25歳の青年監督は自身の最初のオリジナル作品で、動物でも宇宙人でもロボットでも恐竜でもなく、トレーラーを恐怖の対象にした。'71年に。
最後まで姿を表さない運転手にでなく、人間の道具でしか無い貨物車両の方が怖い。幼い頃の私はどうして運転手の正体が気になったのか?それは『人間なら話せばわかる』とか『トレーラーには勝てないけど人間同士のケンカなら勝てるかも?』と思ったからかもしれない。

スクールバスを押すデイヴィッド。暗いトンネルの出口で静かに待つトレーラー。目があったかのように光るあの無機質な丸いヘッドライト。後のジョーズの目に感じたのと同じ恐怖。錆びついてレトロな車種のチョイスも秀逸だ。踏切でデイヴィッドの車を押す時の、絶望を感じる列車の長さ(助かる!)。上り坂でオーバーヒートしてぐんぐん落ちるスピードメーター(間に合う!)。観せ方が下手だと突っ込まれるところだけど、手に汗握ってソレどころじゃなかった。そして最後、運転手を出すことなくデイヴィッドが“トレーラーに”勝つのも秀逸。
トレーラーは映画開始5分で登場し、崖から落ちてすぐ映画は終わる。最初から最後までトレーラーに追いかけられる怖さで一本の映画にしてしまう才能。
初めてでコレ。
恐怖。
K&Kさん [地上波(吹替)] 10点(2022-03-31 22:54:04)(良:1票)
306.《ネタバレ》 タンクローリーの顔と背中がだんだん気味悪く思えてきて、こいつは一体何なんだ!という気持ちがある一方で、主人公が精神的におかしくなって幻覚を見ているのではというオチを想像したりもしながらで惹きつけられて最後まで見ました。
結局タンクローリーは何だったのか。想像を上回るものを期待してしまったので消化不良でした。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2022-02-13 07:01:01)
305.逃げ場のない一本道で、狂ったようなトレーラーに追われるカーアクションを、ダイナミックな映像で描いている。
こういうスリラーは、登場人物が不自然な行動を取るとしらけてしまうものだけど、この作品ではそういう印象を与えないために
緻密に練られていると思う。
aoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-02-02 16:14:03)
304.《ネタバレ》 この映画の存在はずっと以前から知っていたけど、あらすじ
は単純なものだと分かっていたので、わざわざ見るまでもないと食わず
嫌いを決めていたのですが、いざ観てみると意外と面白かったです。
もっと過剰演出で荒唐無稽な展開だと思っていたけども、かなりリアリティ
に徹していて、現実でも十分起こりうる話だと思えて引き込まれました。

トラックの下から見えた相手の男の靴とレストランにいた男たちの靴を比べ
て主人公が疑心暗鬼になるシーンはヒッチコックを彷彿とさせていました。
(ヒッチコックならさらにサスペンスを盛り上げる一工夫を加えていたと
思いますので、そこいら辺が若いスピルバーグの限界だったでしょうか)

クリミナルマインドなんかを見ればこの程度のサイコパスはアメリカにごろ
ごろいそうだし、最近では日本でも煽り運転による事件が多発しているよ
うですので、遠出のドライブの際はせいぜい気を付けたいと思います。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2020-03-15 11:16:43)
303.1971年製作、スティーヴン・スピルバーグの名を世に知らしめた作品として有名..当時としては、斬新だったのかな..って感じ..今観ると、う~ん 5点...
コナンが一番さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2019-03-09 08:54:01)
302.《ネタバレ》 運転手の顔を出さないアイデアは凄い。
ただワンシチュエーションだけってのは流石に観ていて飽きた。
序盤は不気味だった運転手も途中からは唯の粘着質のオッサンって感じで恐怖性が薄れていった。
流石スピルバーグ、しかしまだ若い。
Nigさん [DVD(字幕)] 5点(2018-09-04 04:40:40)
301.《ネタバレ》 このシンプルさ!1971年に作られた、ってことがすごいことだと思います。 
映像も古めかしいし、構図がシンプルだし、若い世代には退屈だろうなぁ。もっと短くていいかんじ。
年季組にとっては、警部マクロードでありスピルバーグであり話題作であり、良くこういう映画を作れましたね、尊敬!と言いたいです。
最後勝ったと思ったら実はまだ……。とはならなかった。最後の無き笑いがちょっと受け入れにくかったです。
LOISさん [地上波(吹替)] 7点(2017-02-15 22:44:52)
300.《ネタバレ》 テレビで放送されたのを何度観て楽しんだことだろう。
主人公のおっさんと、不気味なトレーラーの一騎打ち。
他にも登場人物はいるが、中心は二人だけでの90分。
個人的に、こんなに好きな映画はない。

主人公はずっと、トレーラーの男に圧迫を受ける。
そしてラストに倒す! 主人公が頑張って倒す。
相手は死んだか大怪我だろう。

こんな見事なラストはない。
一度観たら忘れないし、私にとっては何度でも観たくなる映画。
って、この十年で一度くらいしか観ていないけどね。
激辛カレーライスさん [地上波(吹替)] 10点(2016-09-24 19:33:40)
299.《ネタバレ》 小さい頃、何故か学校で観に行って衝撃を受けた映画。あれから何度も観てますが、誰が観ても判りやすい、面白い。ちょっとクルマ乗ってたらトラウマになりそうな要素がありますが、面白い。スピルバーグって、やっぱし凄い。
SUPISUTAさん [映画館(字幕)] 9点(2016-04-24 12:18:42)
298.日常的に車の運転している者ならわかる。煽られる恐怖。
mighty guardさん [地上波(吹替)] 7点(2016-02-08 22:18:16)
297.これが本当にTV映画なのか? 劇場映画並みの迫力じゃないか。
スピルバーグは監督2作目ですでに天才ぶりを発揮しているのがわかる。
低予算でも劇場映画並みの傑作が作れるのだ。
ガブ:ポッシブルさん [地上波(吹替)] 10点(2016-01-12 22:38:28)(良:1票)
296.普通の日常に、普通に簡単に突然起こり得る恐怖。実話を元にしてますか?否、そうじゃないにしろリアリティ十分な恐怖。そしてそれを映画としてストーリーに仕立てたスタッフの手腕に脱帽です。やはりスピルバーグは大化けする大物の資質があったということですね。誰がみても怖く、いろんな意味で心に残る作品です。こういう、【カネはともかく知恵とウデと熱意で工夫を重ねて仕上げました】みたいな作品は映画に限らず大好きです。誰にでもおススメできる…と言うと恐怖映画の褒め言葉としては変ですが(笑)、とにかく観ていただきたい。 でも、この邦題の付け方はセンス無い。
役者の魂さん [地上波(吹替)] 9点(2015-03-24 06:55:20)
295.《ネタバレ》 ずっと見たかった映画です。凄いサスペンスでした。
スリリングさとウザさがハンパないです。
この映画のトラックの運ちゃんマジ基地。
トラックはまるで怪物です。
そして主人公の運転する乗用車は怪物に狙われる小動物のようです。
トラックの運転手の顔がよく分からないところが死神めいて不気味です。
実際に車で煽られたことのある人は見てるとイライラして不快だと思います。
とくにクラクションが嫌です。
最初こそ不気味で嫌だけどトラックの嫌がらせが限度を超えてくると恐怖心ではなく闘争心に代わります。
スクールバスの悪ガキどもがまたイライラ感を増幅させます。
最後の場面で思い出しましたが小さいころに自分はこの映画を見たことがありました。
ジョーズでもそうですがスピルバーグはパニック系の恐怖映画を撮らせたら天才かもと思います。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 9点(2015-01-23 22:30:11)
294.幼い頃に初めてテレビで観た時に凄く不気味で少しの期間、大型トラックが怖かった記憶がある。大人になってからも観てみたが遜色なく面白かった。これ向こうではテレビドラマだったんですね!
movie海馬さん [地上波(吹替)] 7点(2014-12-04 20:25:05)
293.シンプルなテーマで変化に乏しく退屈でした。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2014-11-09 14:40:59)
292.2度目ですが初観と変わらぬ緊張感を味わえました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-30 20:26:25)
291.《ネタバレ》 運転手の姿が見えないので、あたかもトラックに命が宿っているような怖さがあった。精神的にも肉体的にも徐々に追い詰められていく主人公同様に見ているこちら側も最後まで気が抜けない展開ですばらしかったです。
civiさん [地上波(吹替)] 7点(2014-08-18 15:31:04)
290.トラックに顔があるみたい。
脚本がいい。
aimihcimuimさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-15 11:00:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 309人
平均点数 7.62点
000.00%
110.32%
200.00%
330.97%
4103.24%
5175.50%
63411.00%
77423.95%
87524.27%
95216.83%
104313.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.10点 Review20人
2 ストーリー評価 7.65点 Review23人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review24人
4 音楽評価 6.11点 Review18人
5 感泣評価 4.40点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS