ジョーズ3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジョーズ3
 > (レビュー・クチコミ)

ジョーズ3

[ジョーズスリー]
Jaws 3
(Jaws 3-D)
1983年【米】 上映時間:98分
平均点:2.78 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-03-31)
サスペンスシリーズものパニックもの動物もの小説の映画化モンスター映画3D映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョー・アルヴス
キャストデニス・クエイド(男優)マイケル・ブロディ
ベス・アームストロング (女優)キャスリン・モーガン
ルイス・ゴセット・Jr(男優)カルヴィン・ボーチャード
サイモン・マッコーキンデル(男優)フィリップ・フィッツロイス
リー・トンプソン(女優)ケリー・アン・ブコウスキ
ジョン・パッチ(男優)ショーン・ブロディ
幸田直子キャスリン・モーガン(日本語吹き替え版)
小林清志カルヴィン・ボーチャード(日本語吹き替え版)
野島昭生フィリップ・フィッツロイス(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ショーン・ブロディ(日本語吹き替え版)
麻上洋子ケリー・アン・ブコウスキ(日本語吹き替え版)
高島雅羅(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
大木民夫(日本語吹き替え版)
中西妙子(日本語吹き替え版)
城山堅(日本語吹き替え版)
小室正幸(日本語吹き替え版)
横尾まり(日本語吹き替え版)
幹本雄之(日本語吹き替え版)
滝沢久美子(日本語吹き替え版)
西村知道(日本語吹き替え版)
原作ピーター・ベンチリー
脚本リチャード・マシスン
カール・ゴットリーブ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
撮影ジェームズ・A・コントナー
レックスフォード・メッツ(3D視覚効果撮影)
製作ユニバーサル・ピクチャーズ
制作東北新社(日本語版制作)
配給CIC
特撮チャック・コミスキー(視覚効果プロデューサー)
動物
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.《ネタバレ》  サメの造形については、前二作よりも明らかにレベルアップしています。

 それに伴い、ストーリーの方も進化している……と言いたいところなのですが、ちょっと厳しかったですね。
 主人公はブロディ署長の長男マイクであり、可愛い恋人もいたりして、前二作を観賞済みの身としては「立派な大人になったねぇ」と、ほのぼのさせられるのですが、正直マイクである必然性は薄かったように思えます。
 父親からサメ退治のコツを教わっているとか、前作で負ったトラウマを今回乗り越える事になるとか、そういう要素が無いんですよね。
 弟のショーンも登場するのですが、兄弟らしく絡んだのなんて最初の二十分程であり、以降は全く出番無しというのだから「何の為に出てきたの?」と呆れちゃいます。

 水中にある遊園地がサメに襲撃され、客達が園内に閉じ込められてしまうというプロットは、決して悪くなかったと思うんですけどね。
 いざ観てみると、どうもバランスが悪いというか、展開がチグハグに思えて「う~む」と首を傾げてしまう感じ。

 例えば、中盤にてシー・ワールドに客が訪れるシーンでの、楽し気な雰囲気なんかは良かったと思うんです。
 でも、事前にサメとの対決(=生け捕り)が描かれた後なので、その落差で今一つ楽しめないし、どうせ再びサメに襲われるのは分かっているんだから、どうしても「中弛み」に感じられてしまう。
 ベタな考えかも知れませんが、こういった「楽しい遊園地」という日常的なシーンは、やはり序盤で描いておくべきだったのではないでしょうか。
 そして、中盤にサメの襲来によって日常が崩壊し、後はクライマックスまで一直線……という作りにした方が、良かったのではないかと。

 それと、これは恐らくサメの模型を素早く動かす事が出来なかったという技術上の問題なのでしょうが、とにかく襲撃シーンのテンポが悪いんです。
 水中のガラス越しにサメが体当たりを行い、中の人々が悲鳴を上げるという、本作最大の見せ場においても「サメの動きが遅いので、仕方なくスローモーション演出にしました」という感じがして、観ていて興醒め。
 その後、五分程でサメを爆殺して終わりを迎えるというのも、こちらは逆に早過ぎるというか、アッサリ倒し過ぎに思えちゃいましたね。
 緩急のある演出と褒める事も出来そうですが、自分としては戸惑いが大きかったです。

 そんな本作で癒しとなるのは、イルカのサンディとシンディの存在。
 ただ単に可愛らしいというだけでなく、サメに体当たりして主人公達を助けたりと、しっかり活躍してくれるのが良かったですね。
 主人公とヒロインは生き残るも、イルカ達は死んでしまったかと思われたところで、水中から飛び跳ね、元気な姿を見せてくれて、ハッピーエンドに華を添える形になっているのも嬉しい。
 本作のMVPには、このイルカ達を選びたいところです。
ゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2017-08-03 20:28:02)
45.《ネタバレ》 なぜか「ジョーズ'87 復讐篇」→ 今作という順で観てしまった。3は独立した話だと思ってたが役名見ると主人公の兄弟はブロディ署長の息子たちなのね。一応シリーズは繋がっているのだ。名前だけで。

デニス・クエイド、ルイス・ゴセットJr.と当時は注目されそうなキャスト。リー・トンプソンも出てるし少々期待していたが…こりゃダメだ。全編褒めるところを探す方が難しいくらいの出来だがラストがひどい。突然仰天するキャスト(スローで)!何故か!サメが自分たちのいる海底王国に突撃してきたからだ!そりゃ仰天するのも無理は無い。しかし、こちらに向ってくるのはどう見ても合成で力なく浮遊してくるサメ…。当時は3D映画だったらしいが3Dだとしても問題がありそうな力弱さ。もうこのラストしか覚えてないよ。他で覚えているのは「浪花」水着くらい。

4作目を観た時は「酷い」と思ったが3もなかなかの酷さ。まさか4作目の方がマシという感想になるとは思いもしなかった。
さん [インターネット(字幕)] 2点(2016-01-15 02:36:52)
44.確か3Dで鑑賞した映画だと思う。冒頭のシーンしか浮き出てこなかったけどね。
シナリオの出来が、あまりにも悪すぎ。ブロディ一家も時代を感じる寂しい設定で、
舞台となる場所も変更しているのだが、どうにも緊張感のない展開。
肝心の鮫の方もやたら巨大化しており、あまりにも大き過ぎて、何とも動きが悪い。
まるでチープな怪獣映画のような印象しか受けず、このジョーズ・シリーズもこれで終わったな、
と思わせるような内容だった。
MAHITOさん [映画館(字幕なし「原語」)] 2点(2011-08-11 02:50:42)
43.ひどい。ジョーズの口の中からの視点は面白かった。
ストーリーがのっぺり。キャラも魅力に欠ける。
srprayerさん [DVD(字幕)] 3点(2009-11-22 12:40:55)
42.3作目なので3Dだったのかな。映画館で3Dで観たら評価が変わるかもしれないが、普通に観たらこれは駄作。つか、あの海底王国とかリアルに面白くなさそう。まぁ80年代のテーマパークなんてあんな物なんだろうけど…。
真尋さん [DVD(字幕)] 2点(2009-09-04 03:23:41)
41. 当時、最新の技術だった3Dは、家の普通のディスプレイで見れば単なるぼーっとした映像でした。無理に、前作までのつながりを作る必要はないような気がします。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-07-23 22:15:57)
40.小学生ん時にメガネかけて試ました。モリが飛んでくるシーンで「わー」ってよけた思い出に3点!
Junkerさん [映画館(字幕)] 3点(2009-02-14 01:48:27)
39.奇跡のような駄作。仮にもパニックモノなのに、スピード感が皆無。この時代の3D映画ってろくなのがないような…
j-hitchさん [ビデオ(字幕)] 0点(2008-12-11 01:54:23)
38.記念すべき初3D映画でした。アバターの30年近く前、技術的には可能だったことには驚く。ストーリーはほとんど覚えていないが、サメに食いちぎられた腕だか脚だかが海中に漂いながら目の前に浮かんでいたことは覚えている。遊園地のアトラクション的なキワモノ扱い。3Dメガネを付けたり外したりしながら、立体的に見えるカットの素のスクリーンはどんな絵になっているのかを確かめたりしていた。そんなことをしていたからか、乗物酔いのように気分が悪くなったことも良く覚えている。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 1点(2008-09-13 01:23:06)
37.《ネタバレ》 中学生の時、映画館で3Dメガネをかけて鑑賞しました。
オープニングで、ジョーズが食べ残した人の手が
ふわふわと劇場内を浮遊していたのと、メガネを外すとダブった映像がスクリーンに映っており、鑑賞に堪えないものであったこと「だけ」記憶してます。
なんかそんな映画でした。
りけいさん [映画館(字幕)] 4点(2008-08-03 16:48:32)
36.オープニングの魚もタイトルの字体もかっこ悪すぎる。。。
ジョーズじゃなくて、ドルフィンズにすればよかったのに。
2作までの大海から狭いテーマパーク内のラグーンに舞台を変えたのはいい設定だと思うけど、
ラグーンで人が全然死なないしなんとももったいない。
最後も都合よすぎるし、伏線がわかりやすすぎる。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 4点(2007-09-09 01:40:16)
35.ジョーズの続きとしてみなければそんなに悪くは無いとおもう。 ちゃんとした起承転結になっているしわかりやすい展開。 CGはいまさら言うまでも無い。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 5点(2007-08-26 10:55:43)
34.3Dで観ると印象が変わるのかもしれないが、あの特撮じゃダメだ!画面にサメの絵を張っただけのような映像に萎えた。そもそもジョーズにスピード感が無さ過ぎる。
みんてんさん [DVD(字幕)] 3点(2007-07-17 13:14:19)
33.《ネタバレ》 いいところがほとんどない海底王国編でした。やっぱりブロディがいないと…。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2007-06-22 17:08:36)
32.大きさを確認していないサメの捕獲に檻も無くそのまま潜るバカっぷり。海底水槽、司令室のガラスのショボさ、命綱のロープが極細。デニス・クエイドが若すぎてハン・ソロ船長に見える等、「バックトゥザフューチャー」のマーティーのお母さんの貴重な水着ショットが拝める他は割り切って見ないと偉い目に遭う作品です。普通シリーズって回を重ねると二番煎じの声に負けじとパワーアップするはずなのに大幅な予算カットに幻滅です。最後の爆発後の歯のアップとか5歳の子供でも苦笑モノ。つか中盤までのはサメじゃないよあれ。つかこれ、「ジョーズ3」って書いて「ジョーズスリー」って読むんじゃなく「ジョーズさん」と呼びたくなる程に小ぶりなサメ。オープニングがアンコウのカメラ目線だったのでかなり嫌な予感はしたんですけどねえ・・・。ジョーズさんはテレビで十分。
まさかずきゅーぶりっくさん [地上波(吹替)] 2点(2006-09-05 12:08:21)
31.題名がジョーズ3というだけで
名作ジョーズとは次元がかけ離れたショボい映画です。
観るなら2作目までにとどめておいたほうが良いです。

復讐編以下の作品です。
ネスさん [地上波(吹替)] 3点(2006-08-26 08:22:31)
30.記憶に残るのは水槽の気持ち悪い死体。
ネフェルタリさん 3点(2004-07-19 21:07:37)
29.《ネタバレ》 あんま記憶にない。そんな映画。
LYLYさん 1点(2004-06-14 15:28:55)
28. 
長尾 景虎さん 4点(2004-02-17 19:41:19)
27.《ネタバレ》 いきなり特撮のちゃっちさに萎えます。ガラス突き破るシーンに至っては...。そして爆発シーン...。ちゃっちさがどんどんエスカレートしていくんだもんなあ。あまりにも人をバカにしています。見れば見るほどひどくなっていきます。特撮以外にもパニック物で肝心の怖さ&スピード感がまったくありません。ダイバーの後を一緒にゆっくり泳いだりしていますから。唯一、鮫の口内カメラによる喰われるシーンだけはちょっと良かったかな。そこだけね。
tantanさん 1点(2004-02-14 22:14:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 2.78点
0510.87%
1715.22%
2817.39%
31021.74%
4817.39%
5613.04%
612.17%
712.17%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review3人
4 音楽評価 4.50点 Review4人
5 感泣評価 0.00点 Review2人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1983年 4回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞ジョー・アルヴス候補(ノミネート) 
最低助演男優賞ルイス・ゴセット・Jr候補(ノミネート) 
最低脚本賞リチャード・マシスン候補(ノミネート) 
最低脚本賞カール・ゴットリーブ候補(ノミネート) 
最低新人俳優賞 候補(ノミネート)イルカのシンディ&サンディ

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS