チップス先生さようなら(1939)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チップス先生さようなら(1939)
 > (レビュー・クチコミ)

チップス先生さようなら(1939)

[チップスセンセイサヨウナラ]
Goodbye, Mr. Chips
1939年【英】 上映時間:114分
平均点:8.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものモノクロ映画ファミリー学園ものロマンス小説の映画化
新規登録(2004-07-14)【A.O.D】さん
タイトル情報更新(2022-01-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ウッド
助監督E・M・スメドリー=アストン(ノンクレジット)
キャストロバート・ドーナット(男優)チッピング先生‘チップス先生’/Mr. Chipping 'Mr. Chips'
グリア・ガーソン(女優)キャサリン・チッピング/Katherine Chipping
テリー・キルバーン(男優)ジョン・コリー/ペーター・コリーⅠⅡⅢ/John Colley/Peter ColleyⅠⅡⅢ
ジョン・ミルズ(男優)大人になったコリー/Peter Colley as a young man
ポール・ヘンリード(男優)マックス・ステュフェル/Staefel
ジュディス・ファース(女優)フローラ/Flora
リン・ハーディング(男優)ウィザビー/Wetherby
ミルトン・ロズマー(男優)チャタリス/Chatteris
フレデリック・レイスター(男優)マーシャム/Marsham
ルイズ・ハンプトン(女優)ウィケット婦人/Mrs. Wickett
オースティン・トレヴァー(男優)ラルストン/Ralston
デヴィッド・ツリー(男優)ジャクソン/Jackson
エドモンド・ブレオン(男優)モーガン大佐/Col. Morgan
ジル・ファース(女優)ヘレン・コリー/Helen Colley
スコット・サンダーランド(男優)ジョン・コリー/Sir John Colley
レオナルド・バウチャー(男優)(ノンクレジット)
デイヴィッド・クロフト(男優)青果商の少年/Greengrocer's boy(ノンクレジット)
マーティタ・ハント(女優)自転車に乗った英国人旅行者(ノンクレジット)
サイモン・ラック(男優)ワインライト/Wainwright(ノンクレジット)
ジャック・ランバート〔男優・1899年生〕(男優)(ノンクレジット)
ジョン・ロングデン(男優)(ノンクレジット)
パトリック・ラドゥロウ(男優)(ノンクレジット)
ガイ・ミドルトン(男優)マッカロク/McCulloch(ノンクレジット)
フィリス・モリス(女優)(ノンクレジット)
シリル・レイモンド(男優)(ノンクレジット)
ナイジェル・ストック(男優)ジョン・フォレスター/John Forrester(ノンクレジット)
ロナルド・ウォード(男優)(ノンクレジット)
カヴェン・ワトソン(男優)(ノンクレジット)
原作ジェームズ・ヒルトン邦題:「チップス先生さようなら」原題:「Goodbye, Mr. Chips!」
脚本クローディン・ウェスト
R・C・シェリフ
エリック・マスクウィッツ
音楽リチャード・アディンセル
ルイス・レヴィ(音楽監督)
作曲ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル挿入曲"The Cuckoo and the Nightingale"(ノンクレジット)
ヨハン・シュトラウス2世挿入曲"The Blue Danube"(ノンクレジット)
撮影フレデリック・A・ヤング
製作ヴィクター・サヴィル
MGM(Metro-Goldwyn-Mayer British Studios)
美術アルフレッド・ジュネ
編集チャールズ・フレンド
録音C・C・スティーブンス
A・W・ワトキンス
その他ハロルド・ボクサル(プロダクションマネージャー)
シドニー・フランクリン〔監督〕(special acknowledgement)
アーヴィング・サルバーグ(Acknowledgement)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 教師ってただ単に勉強だけ教えてれば良いものではないてことをこの映画は語っている。チップス先生みたいな先生がいれば子供達は真っ直ぐな大人になり、世の中もっと平和になると思わせる力がある。チップス先生の一言一言が子供達にも伝わってくるのが見ていても解る。全く説教臭さなくユーモアを交えて見せてくれるのが良い。生徒達は皆、息子だというチップス先生の言葉を世界中の教師は見て知るべきだ。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2014-02-11 11:43:21)
7.《ネタバレ》 私も「ドナウの水面は青く美しい」と言えるような生き方が、したい。今の私が見ても、たぶん茶色く見えるんだろうなぁ。
aksweetさん [DVD(字幕)] 8点(2011-12-04 06:43:55)
6.《ネタバレ》 内気で堅物だったチップス先生が、長年の積み重ねにより、ユーモアのある親しまれる先生へと変化していく様子が実によい。ロバート・ドーナットの演じるチップス先生は、青年時代と老年時代とではまったく別の役者さんであるかのような変わり方だ。
老チップス先生は、その姿を見るだけで暖かく深い愛情で包まれていることが一目でわかる。このような先生になれたのも、ひとえに奥さんのおかげだと思う。早死にしたのは実に残念だが、チップス先生の最後の言葉は胸にしみる。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2011-10-22 23:13:39)
5.学校赴任から引退まで、チップス先生の半生が描かれており、
115分という短い時間ながらも、かなりうまくまとめているといった印象。
途中、本筋から話が逸れた時はどうなることかと思ったが、
それもチップス先生のキャラ描写には、なくてはならない必要不可欠なエピソードだった。
とにかくチップス役の役者さんが素晴らしい。
彼一人で青年期から老人期まで演じているわけだが、最初は全く気づかず、
よくこんな似ている役者さんを選んだきたものだ、と勘違いしてしまったほど。
モノクロでメークがわかりづらいということもあるが、老人の時は老人、中年の時は中年と、
どこから見てもとても若い人が演じているとは思えない。
彼の演技を観るだけでも価値はあるが、お話の方もほのぼのとした感動作品に仕上がっていた。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 7点(2011-08-13 10:35:32)
4.《ネタバレ》 チップス先生の赴任から学校の生き字引となっての大往生までの生涯。キャサリンという伴侶を得て生真面目な堅物にユーモア精神、教師である誇りが加味されて歳を重ねる先生は生徒にとっては一生の師であるようです。妻子との別離、教え子の戦死。先生の胸中が声高に描かれていない演出にかえって悲しみが染み入ります。代々途切れる事無くチップス先生が現れる事が国家の存続の重要事項なのではと思わされた、名作と呼ばれるに相応しい作品でした。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 9点(2009-07-04 04:29:28)
3.《ネタバレ》 やはりこういう教師がいつの時代でも求められるんだな。いつまでもユーモアを絶やさず、生徒への愛情を持ち、生きていく。速い展開だが、そこまで不足もなく描かれており、良い映画を観たという感じに浸れる。ただ、奥さんとの出会いの描写が微妙。あれぐらいならもっと短くしても良かったのではないかと思った。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2008-04-29 22:49:44)
2.時代は移ろいゆくも「教育」「人間」には変わらない本質的なものがあることを、チップス先生と生徒たちとの交流を中心に描かれる本作は、ドーナットの好演に支えられ金八的な説教がましさが全くない静かな感動に包んでくれます。エイプリルフールに服と服を結び付ける悪戯に「変わらない」ものを見せたり、きれいに平らげたお皿に人間の成長を見せたりといった映像的演出も小粋です。船中シーンでチップスからカメラがそのままガースン演じるキャシーのいる上階へと移動し両者を「美しく青きドナウ」のエピソードと演奏する楽団で繋げるところなんかもいいですね~。戦争の勃発や大切な人の死の哀しみをじわりとフィルムに滲ませながらもユーモアとウィットとフィーバーに富んだチップス先生、ラストの一言は素晴らしいです。さようならの向こう側でチップス先生はいつまでも穏やかな表情で笑っているのでしょう。
彦馬さん [DVD(字幕)] 9点(2005-07-03 22:33:07)(良:2票)
1.一人の老教師の愛に満ちた波乱万丈の人生を描いた名作ファミリー・ヒューマンドラマ。とにかく言いたいことは"素晴らしい"の一言なのだが、それだけでは物足りないのでもう少し書きます。「チップス先生さようなら」はジェームズ・ヒルトン原作で、1969年にもリメイクされているが(ドラマもあわせれば3回。しかしドラマは未見)、どちらかを選べと言われたら個人的にはこちらを選ぶ。それはなぜかと言うと、まず、こちらのほうが原作に近いということがある。キャサリンとの出会いからの恋愛部分をあまり濃くしないことによって、原作で伝えたかったことが焦点がぶれることなくダイレクトに伝わってくる。それともう一つは、ロバート・ドーナットの味のある素晴らしい演技。1939年といえば、「風と共に去りぬ」を始め、多くの良作に恵まれた年、そんな年に全ての作品を抑えて「チップス先生さようなら」のロバート・ドーナットが主演男優賞を受賞したのだ。とにかくチップス先生役はこの人しかいない(と、個人的には思っている)。時代の波に押し流されそうになっても、頑固者と言われたとしても自分の信念を貫き通し、伝統と美しいものを見て素直に感動する豊かな心"情操"を教え続けたチップス先生。今の時代にもこういう先生が必要だと思う。
A.O.Dさん 8点(2005-02-04 20:57:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 8.12点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7225.00%
8337.50%
9337.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1939年 12回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ロバート・ドーナット受賞 
主演女優賞グリア・ガーソン候補(ノミネート) 
監督賞サム・ウッド候補(ノミネート) 
脚色賞R・C・シェリフ候補(ノミネート) 
脚色賞クローディン・ウェスト候補(ノミネート) 
脚色賞エリック・マスクウィッツ候補(ノミネート) 
編集賞チャールズ・フレンド候補(ノミネート) 
録音賞A・W・ワトキンス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS