釈迦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 釈迦
 > (レビュー・クチコミ)

釈迦

[シャカ]
1961年【日】 上映時間:156分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1961-11-01)
アクションドラマ時代劇特撮もの歴史もの
新規登録(2004-07-17)【ドラえもん】さん
タイトル情報更新(2020-06-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三隅研次
助監督井上昭
黒田義之(特撮スタッフ)
キャスト本郷功次郎(男優)シッダ太子
勝新太郎(男優)ダイバ・ダッタ
市川雷蔵(男優)クナラ王子
川崎敬三(男優)ウパリ
川口浩(男優)アジヤセ王
山本富士子(女優)ウシヤナ
中村玉緒(女優)オータミー
京マチ子(女優)ヤサ
叶順子〔1936年生〕(女優)マータンガ
北原義郎(男優)コンダンニヤ
根上淳(男優)マハーツサバ
中村鴈治郎(二代目)(男優)アショカ王
千葉敏郎(男優)グリハ
石井竜一(男優)バンダ
舟木洋一(男優)モツガラーナ
花布辰男(男優)陶物師の翁
寺島貢(男優)侍従長
阿部脩(男優)番人
寺島雄作(男優)占者
荒木忍(男優)行者
清水元(男優)キツショー
千田是也(男優)スッドーダナ
東野英治郎(男優)シュラダ
見明凡太朗(男優)チャンナ
滝沢修〔男優〕(男優)アシユダ仙人
南部彰三(男優)老門番
葛木香一(男優)スッパプッダ
東良之助(男優)ワッパ
南条新太郎(男優)マハーナーマ
水原浩一(男優)牢番甲
浅尾奥山(男優)老人
市川謹也(男優)チュンダ
原聖四郎(男優)バッディヤ
伊達三郎(男優)アッサジ
藤川準(男優)牢番乙
堀北幸夫(男優)番兵
横山文彦(男優)群集甲
菊野昌代士(男優)群集丙
越川一(男優)群集丁
玉置一恵(男優)群集乙
沖時男(男優)物見
浜田雄史(男優)番兵
丹羽又三郎(男優)ソーナ
島田竜三(男優)武将ブタイ
鶴見丈二(男優)アーラーマ
大辻伺郎(男優)カルダイ
近藤美恵子(女優)アマン
藤原礼子(女優)母親
阿井美千子(女優)キリコ
山田五十鈴(女優)カリティー
月丘夢路(女優)タクシラー
北林谷栄(女優)スミイ
細川ちか子(女優)マーヤ
杉村春子(女優)イダイケ
金剛麗子(女優)サバ
橘公子(女優)アミター
小林勝彦(男優)アナン
市田ひろみ(女優)ナジヤ
三田村元(男優)サリーブッタ
前田敏子ヤショダラー(吹き替え)
脚本八尋不二
音楽伊福部昭
東京交響楽団(演奏)
撮影今井ひろし
宮川一夫
製作永田雅一
配給大映
特撮相坂操一(特殊技術)
牧浦地志(進行)
美術内藤昭
渡辺竹三郎(特撮スタッフ)
伊藤熹朔(美術監督)
編集菅沼完二
録音大角正夫
照明岡本健一[照明]
島崎一二(特撮スタッフ)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 一応史劇になるのでしょうが、『ベン・ハー』や『十戒』のようなものを思い浮かべたら、失望します。あまりスペクタクルではありません。最後にスペクタクルなところはありますが、あまりにも短い。それよりもドラマ重視に作られています。

また、題名が『釈迦』なのでお釈迦様が話の中心だと思ったら、それも違う。お釈迦様が主人公なのは、悟りを開く序盤まで。悟りを開いて仏陀となってからは、影だけ映すか、ロングではっきりとはわからない姿で撮るか。とりあえず本郷功次郎さんは「シッダ太子」時代しかまともに演じていません(それ以降は声のみ)。ではその後はどうなるのかというと、仏教説話的なエピソードが続いて、仏を信じることのすばらしさを説いています。これはこれで楽しめます。日本の古典に登場する説話と同じように捉えればいいでしょう。仏陀も要所要所で活躍します。『釈迦』という題名からすると、ちょっと違うかも、と思いますが。

序盤は相当説明的なセリフが多く、出演者のお芝居は大げさで舞台的。あまり映画向きではありません。しかし考えてみると、登場人物は全員日本人ではありません。それを日本人が演じるのですから、あまりリアルな芝居をするとかえって不自然になるかもしれません。舞台で外国産の演劇を見るのと同じように考えれば、大仰な芝居も納得できます。

特撮も要所要所で使われていますが、クライマックスの天変地異よりは、太子誕生の時庭で次々に花が開くところや、最後の仏陀入滅の場面など、美しいシーンで使われていたのが印象的でした。派手さはないものの、作品を盛り上げる効果は大きかったと思います。この作品全体として、地味ながらていねいに作られていたと思います。なにより、これだけのオールスター・キャストを拝めるのは、嬉しくなってしまいます。
アングロファイルさん [地上波(邦画)] 6点(2012-12-11 20:27:48)
1.《ネタバレ》  ウィキペディアによれば当時の大映のスターを集めて映画化した日本初の70ミリ超大作映画ということだ。

 たしかに、当時の日本映画の中では群を抜いて頑張って、お金もかけてることはわかる。70ミリカラーの画面の緻密さとワイド画面を意識した映像作りもよく頑張っている。セットやスペクタクルシーンの現実感、スケール感は、その後の日本の怪獣特撮物より充分上回っている。

 しかし、日本初ということで仕方ないことかもしれないが、ハリウッドのお金のかけ方やその技術力には、追いついていない。チャレンジ精神は充分感じられるのだが、ストーリー的にも、ベン・ハー(1958)や十戒(1956)の劣化コピー感が拭えない。

 で、そのストーリー、シナリオだが、「釈迦」を題材にした時点で失敗だったかなあと感じてしまう。 
 日本では、普段から「釈迦」との接点は気づかないくらい多く、多かれ少なかれ「釈迦」に対するイメージを持ってるはずだから、単純にフィクションとして見ることもできず、しかし、信心深い人も少数なので宗教的に感銘を受けることもできず、中途半端になってしまったのではないだろうか。

 もっとベン・ハーみたいに人間ドラマを中心に持ってくればもう少し良かったのではないだろうか。

 日本初の超大作なのに、これまでテレビ放送もリバイバル上映もあまりなく、私自身、今回CSで放送されるまで全く知らなかったのも、一般的な日本人の感性としてストーリーが受け入れ難いのが原因かもしれない。
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-04-29 20:02:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS