Menu
 >
 >
 > 刑事ジョン・ブック/目撃者

刑事ジョン・ブック/目撃者

Witness
1985年【米】 上映時間:112分
平均点: / 10(Review 120人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスラブストーリー刑事ものロマンス
[ケイジジョンブックモクゲキシャ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-20)【イニシャルK】さん
公開開始日(1985-06-22
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ウィアー
演出グレン・R・ワイルダー(スタント・コーディネーター)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)刑事 ジョン・ブック
ケリー・マクギリス(女優)レイチェル・ラップ
ジョセフ・ソマー(男優)警察本部長 ポール・シェイファー
ルーカス・ハース(男優)レイチェルの息子 サミュエル
アレクサンダー・ゴドノフ(男優)ダニエル・ホッフライトナー
ダニー・グローヴァー(男優)麻薬課刑事 マクフィー
ヴィゴ・モーテンセン(男優)モーゼス・ホッフライトナー
ティモシー・カーハート(男優)
リチャード・チェイヴス(男優)殺害される刑事
ロバート・アール・ジョーンズ(男優)駅での事件目撃者 ポップ
パティ・ルポーン(女優)ブックの姉 エレイン
磯部勉ジョン・ブック(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
戸田恵子レイチェル・ラップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
間宮くるみサミュエル(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
池田勝マクフィー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
阪脩イーライ・ラップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)/ポール・シェイファー(〃【フジテレビ】)
小林勝彦ポール・シェイファー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
佐々木勝彦ポール・シェイファー(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
牛山茂ダニエル・ホッフライトナー(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
富山敬カーター(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
横尾まりジョン・ブックの姉(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
佐々木敏(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
有本欽隆(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
上田敏也(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
前田敏子(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
松本梨香(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
加藤正之(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
石井敏郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
石森達幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
さとうあい(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
高宮俊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
岡本富士太ジョン・ブック(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
檀ふみレイチェル・ラップ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
浪川大輔サミュエル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
内海賢二マクフィー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大木民夫イーライ・ラップ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀勝之祐ダニエル・ホッフライトナー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
吉田理保子ジョン・ブックの姉(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
麦人(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
北村弘一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鳳芳野(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
巴菁子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
西村知道(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
深見梨加(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田和宏(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ウィリアム・ケリー(原案)
アール・W・ウォレス(原案)
脚本ウィリアム・ケリー
アール・W・ウォレス
音楽モーリス・ジャール
撮影ジョン・シール
製作エドワード・S・フェルドマン
パラマウント・ピクチャーズ
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【テレビ朝日/DVD】)
配給UIP
美術スタン・ジョリー(プロダクション・デザイン)
ジョン・H・アンダーソン(セット装飾)
編集トム・ノーブル
録音ロバート・ニュードスン
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳額田やえ子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
スタントヴィク・アームストロングハリソン・フォードのスタントダブル(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
120.《ネタバレ》 この映画でアーミッシュのことを初めて知った。完全に俗世とは違う世界に住む人々。
事件で身内の敵に追われるジョンと並行して、アーミッシュのレイチェルとのラブストーリー。
一度はアーミッシュを象徴する白い帽子を脱ぎ捨ててジョンと抱擁したレイチェルだが、ラストの別れでは帽子をかぶった姿。
そこに言葉はなかったけれど、二人が違う世界に住むことを象徴して切なさがにじみ出ていた。
事件そのものはよくある類のものなので、そういった事件以外のことのほうが印象に残った。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2017-12-02 00:26:24)
119.初見だと思っていたら片隅にこびりついていた記憶が蘇ります。却って身を危うくしてしまうような逃亡劇やクライマックスでの銃撃戦のあっけない幕切れに違和感を抱きますが、盛り上げるためにはやむを得ないのでしょう。随所に光るハラハラドキドキ感はありますが、印象が薄いのはオスカーを貰ったご都合主義的シナリオのせいでしょうか。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2017-11-18 22:07:36)
118.これもおそらく二度目の観賞。
思ったより地味ではあるが、良い映画という雰囲気が満載で、こういう作品は存在価値があると思う。最後は多少切ないが現実的なのもいい。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2017-07-15 14:59:48)
117.《ネタバレ》 ストーリーとしてはよくありそうな刑事モノだけど、アーミッシュという環境と主人公と彼を取り巻く登場人物の丁寧な心理描写(セリフではなく言動や視線での)が秀逸!「なんだかんだで最後はジョンとヒロインがくっつくんだろうな」と思っていたのに、ジョン・ブックは去り、ダニエルがヒロインのもとへ向かうシーンで終わる…切ないけどリアルでより心に残る作品になりました。ジョンはアーミッシュに来てどんどん魅力的な人物になっていき、そんな彼に惹かれていくヒロイン、牧歌的な風景や生活、そして最も印象的なのはカーラジオからの音楽にあわせたダンスシーン。キスをしそうでしない、二人が心から笑顔で楽しそうに踊る、でも一瞬ドキっとするような視線の交差があったり…別にハリソンフォードのファンではなかったのですが、惚れそうになりました。神経が磨り減るような緊張感のある日々の中、二人の心が通じ合った名シーンだと思います。やりすぎない、リアルさのあるヒューマンドラマの名作です。
forestcrownさん [地上波(字幕)] 8点(2016-05-27 02:05:56)
116.《ネタバレ》 だいぶ以前に観た時「良い映画だ」と思ったが、今回放映を観て新たに「良い映画だった」と感じた。主人公が違う世界に行き、また戻ってくるというロードムービーの形式を踏襲していて定石を踏んだストーリーだ。前半と後半は現代社会、中間は別の世界に入り、違う人間と交流して自分を見直し元に戻る。中間のゆったりしたストーリー展開の最中にも「いつ奴らが?」という緊迫感があってすばらしいと思う。ハリソン・フォードも良いがアレクサンダー・ゴドノフも良い。至る所で観ている観客に古き昔の良い道徳感を教えてくれる。この映画に関しては「俳優が映画を光らせた」のではなく「映画が俳優を光らせた」といえる映画だと思う。フォードには悪いが、後に有名になる俳優がゴロゴロ出演している事実がそれを証明している。

2015年11月17日追記)
字幕版が放映されたので改めて観た。最近の鑑賞2回目という事で色々小言を言いたくなってきた。
1.最後のサイロのシーンは残酷すぎる。それも悪党のマクフィーの方ではない。というのがちょっと引っかかる。
2.最初はアーミッシュの村の中でロケをしたのだろう?と単純に思っていたのだが、これは全員エキストラなんだ、という事に気が付いた。
3.最後のシーンが印象的。フォードが車で去る。一方でゴドノフがコッチに来る。というのが良いね。
アマデウスga好きさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2015-11-09 02:14:32)
115.《ネタバレ》 昔観て面白かったなぁと思っていたので今回もう一度見直してみました。以前同様とても良い映画だと思いました。警察署内で子供が殺人犯の写真を見つける一連のシーン、何度見ても見入ってしまいます。ハリソンフォードもいい演技してます。若い中にも渋みがあって、真顔でユーモアのあるセリフをはいたり、演技を超えた彼自身の味が出ていると思います。アーミッシュのあの女性も意志が強そうでかっこいいです。ジョンのちょっとしたジョークに控えめに笑ったり、ジョンが旦那の服を着たところをみて思わず大笑いしてしまったり、子供にとっては優しいお母さんであり、とても魅力的な女性でした。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 10点(2015-08-26 08:45:37)
114.現代において時代錯誤なアーミッシュの暮らしが凄くいい感じで雰囲気出て映像的にも素敵なサスペンス映画。ルーカス君がめっちゃ可愛い。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2015-02-20 17:33:43)
113.ハリソン・フォードの役柄が最初『ブレードランナー』のデッカードとかぶって見えた。単独で捜査して陰謀に巻き込まれて行くストーリー。捜査の途中で恋に落ちる展開(ヒロインの名前もレイチェル!)。しかし、アーミッシュの村に匿われてからはジョン・ブックの人間臭い部分が丁寧に描かれるので、全く別の新しいキャラクターであり安心した。
序盤の緊迫感溢れる展開から一転、中盤はほのぼのゆったりした展開で、中だるみともとれる演出なのだが、最近の退屈する暇を与えず目まぐるしく展開する映画ばかりに飽きている自分としては逆にそれが心地好く、落ち着いて見れたので良かった。子供に銃の危険性を教える場面とか、そういう子供にも配慮したシーンが多いので好印象。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-09 20:20:25)
112.《ネタバレ》 ただただ好きだ、こういう映画が。映像の美しさ、ストーリー展開、役者の使い方、うまい!アーミッシュにひかれる自分であることも理由の一つだ。納屋を建てるシーン、キルティングのシーンは、映像にも音楽にも心が洗われる。
ガレージでジョンとレイチェルのダンスシーンでは、ハリソンフォードの魅力が爆発する。
刑事ものを期待する人にとっては物足りないだろう。これは文明に背を向けようとするアーミシュと腐敗するアメリカ社会との中で葛藤する、二人のラブストーリーなのだから。
丸腰のアーミッシュに対して、悪党が何もできなかったという、あり得ない結末には目をつぶる。何度となく観て、そのたびにその美しさと面白さに感嘆するのだから。アメリカ映画のすごさに乾杯。
LOISさん [DVD(字幕)] 10点(2014-05-15 11:31:28)
111.初めて観たのは高校の頃、視聴覚教室にて。当時、聞いたこともない映画だったもんで、どマイナーな映画なんだろう、それにしても静かでのどかな映画だわい、と思ってたら、突然殺人事件がおこりビックリ、続いてハリソン・フォードが登場し二度ビックリ。それはともかく、この映画って要するに「風と共に去りぬ」なんですね、いや実際には風と共に去りはしないのですが。強い女性のお話です。そりゃま、アーミッシュの村を舞台にしてることで、文明批判的な文脈で作品が捉えられたりもするかも知れないけれど、それ以上に、村の掟と都会から来た男性との間で揺れ動く、ケリー・マクギリス演じるおっかさんの姿に主眼が置かれてます。彼女を村の掟で縛ろうとする爺さんが暗闇に立つとき、彼女は家の灯を背景に光に包まれながら、それに対峙する。はたまた、彼女にオッパイに睨まれりゃ、さすがのハリソン氏もタジタジになっちゃう。田舎が良いとか都会がダメだとかじゃなくて、彼女の強さと揺らぎ、それがこの作品の魅力。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-12-11 22:52:05)
110.《ネタバレ》 おいおい、結局ハリウッドお得意の恋愛展開かよ…と思ったが、ちゃんとストーリーに必要な恋愛描写で一安心(笑)
田舎の風景と子役の少年の可愛さに癒された。あと、文明的な暮らしを「できない」のではなく「しない」アーミッシュという存在が良いアクセントに。

警察という権力を持つ組織で上司が信じられないのは辛いよなぁ…と、アメリカという国を憂った作品(笑)
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-11 23:10:50)
109.一面に広がる麦畑と緑の草原、この美しい風景はとても刑事が出てくるサスペンスには見えない。どこからかベートーヴェンの交響曲「田園」が聞こえてくるような気分になるくらいだ。しかしこの町から離れたところで事件が起き、小さな男の子がたまたま目撃したことにより、波紋が広がっていく。このあたりの展開がおもしろいし、あれだけ強引だった刑事ジョン・ブックの変わりようも良い。そしてまたアーミッシュと呼ばれる人たちの描き方が何ともすばらしい。いつも大活躍するハリソン・フォードだけど、こんなのもいいんじゃないだろうか。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-29 17:55:00)(良:1票)
108.《ネタバレ》 サミュエルが殺しを目撃するところからアーミッシュの村に避難するまでが凄く面白かったから、その後のまったりした感じに少々戸惑う。中だるみというか、納屋を建てる場面なんてもう別の映画かと思ったくらいだけど、後から考えてみれば、そういうところも印象的ではある。そして最後は団結力の勝利と。本部長もマクフィー同様撃ち殺してくれれば痛快だけど、この映画のテーマとしてはこちらの方がふさわしいのかな。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-11 14:04:29)
107.《ネタバレ》 “二種類の表情だけで演技する男”ハリソン・フォードなんですが、もうこのジョン・ブックの様な好演は観られないでしょうね。でも不思議なことに、この映画でもいつものように“二種類の表情”なんですけど、ピーター・ウィアーの様な腕の良い演出家がつくとやっぱり違うんですねえ。アーミッシュの集落にだんだん溶け込んでゆくところが実に自然で清々しいんです。 プロット自体は『リーサル・ウェポン』や『ビヴァリーヒルズ・コップ』シリーズなどの一作としても違和感ないのですが、観終わってみるとハリウッド製刑事映画では決して味わえないような不思議な爽やかさが残るんです。ラストのロング・ショットは映画史に残るような素晴らしいシーンじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2012-05-17 23:37:33)
106.普通の刑事サスペンス物と思ったら、途中からロマンスを含んだ人間ドラマへと変化する、
一風変わった作りの作品。その流れがとても自然で、設定にも妙味があって面白い。
都会暮らしの主人公が、片田舎の村の人々と心を通い合わせる様がよく描かれていた。
呑気すぎるのではという感もなきにしもあらずだが、ついほっくりとしてしまう。映像もきれい。
役者の前に大工さんをしていたハリソン・フォードは、その片鱗を見せてくれるシーンもあり、
生き生きとしていて、いかにも楽しそう。嫌みのない爽やかなラストがいい、お薦め作品。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-12-18 11:32:37)
105.《ネタバレ》 「アーミッシュ」を題材にした心温まるドラマを、ハラハラドキドキのサスペンスでサンドイッチしてあります。ラブストーリーも盛り込んでみました。
 個人的には前半のサスペンスが良いです。
 サミュエル少年がトイレで機転を利かすシーン、警察署でマクフィーの写真を見つけるまでのシーン、最高です。ここまでで、映画への期待がいっきに高まります。高まりすぎて、
映画のテイスト勘違いして、アーミッシュ村に入ってからは完全に中だるみ。
 でもみんなで納屋作りするシーンは良かった。
 ラストで、お待ちかねのサスペンスモードに突入してくれましたが、前半に比べるとずいぶん雑な感じになっちゃってますね。そこは少し残念でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2011-11-03 03:13:42)
104.20年ほど前に鑑賞。この映画を見るまでアーミッシュを知らなかったのを覚えています。
HRM36さん [地上波(吹替)] 7点(2011-06-07 11:29:00)
103.異文化ラブストーリー。もう少しサスペンス要素にもこだわって欲しかった。
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-07 18:55:13)
102.《ネタバレ》 ヒューマンドラマとしては高く評価できる作品だと思います。異文化人が距離を縮めていくというストーリーは単純に感動できるし、またアーミッシュという素材も興味深い。ただ、タイトルや前半の流れから刑事ものという意識がどうしてもあって、満足した気持ちが得られなかった。もっと取っ掛かりを単純にしてヒューマンドラマを全面に出せば良かったと思いました。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-01-14 21:25:36)
101.この映画を語る時、公衆トイレでの殺人事件目撃シーンとハリソン&ケリー・マクギリスのダンスシーンは忘れられない。サスペンスの中に、アーミッシュとの許されぬ恋と友情をうまく絡めた秀作。公開当時はタイトルからして、またハリソン主演のシリーズが加わるのかと思っていましたが、「刑事ジョン・ブック」は「目撃者」だけでしたね。
きーとんさん [映画館(字幕)] 6点(2010-09-21 02:08:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 120人
平均点数 7.23点
000.00%
100.00%
200.00%
332.50%
432.50%
543.33%
63025.00%
72823.33%
82420.00%
92117.50%
1075.83%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.40点 Review5人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.40点 Review5人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 6.50点 Review2人

【アカデミー賞 情報】

1985年 58回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ハリソン・フォード〔1942年生〕候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・ウィアー候補(ノミネート) 
脚本賞ウィリアム・ケリー受賞 
撮影賞ジョン・シール候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)モーリス・ジャール候補(ノミネート) 
美術賞スタン・ジョリー候補(ノミネート) 
美術賞ジョン・H・アンダーソン候補(ノミネート) 
編集賞トム・ノーブル受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS