いま、会いにゆきますのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > いま、会いにゆきます
 > (レビュー・クチコミ)

いま、会いにゆきます

[イマアイニユキマス]
2004年【日】 上映時間:119分
平均点:7.50 / 10(Review 234人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-10-30)
ドラマラブストーリーファンタジーロマンス小説の映画化
新規登録(2004-08-15)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2020-10-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督土井裕泰
キャスト竹内結子(女優)秋穂澪
中村獅童(男優)秋穂巧
武井証(男優)秋穂佑司
美山加恋(女優)アヤ(小学生の佑司の同級生)
浅利陽介(男優)高校時代の巧
大塚ちひろ(女優)高校時代の澪
平岡祐太(男優)高校生の佑司
松尾スズキ(男優)洋菓子店・店主
中村嘉葎雄(男優)荻原(巧の上司)
市川実日子(女優)永瀬みどり(巧の同僚)
YOU(女優)浜中晶子(佑司の担任教師)
小日向文世(男優)野口(医師)
田中圭(男優)澪の大学の友人
小清水一揮(男優)
森田正光(男優)お天気キャスター
原作市川拓司『いま、会いにゆきます』
脚本岡田惠和
音楽松谷卓
北原京子(音楽プロデューサー)
作詞ORANGE RANGE『花』
作曲ORANGE RANGE『花』
主題歌ORANGE RANGE『花』
撮影柴主高秀
製作細野義朗
島谷能成
近藤邦勝
亀井修
東宝(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
TBS(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
小学館(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
毎日放送(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
鈴木謙一(「いま、会いにゆきます」製作委員会)
東宝映画
企画濱名一哉
プロデューサー市川南〔製作〕
配給東宝
特撮曽利文彦(CG)
美術種田陽平
録音鶴巻仁
照明上田なりゆき
その他東京現像所(現像)
あらすじ
秋穂巧(中村獅童)は妻の澪(竹内結子)に先立たれ、1人息子の佑司(武井証)とつつましく暮らしていた。ある雨の日、妻にそっくりの女性が現れるが、彼女は記憶喪失だという。それから家族の生活がまた始まるが・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
234.(2005年、テレビ録画視聴時のレビュー)

竹内結子と中村獅童の「できちゃった婚」の報道があった後なので、ちょっとシラケ気味の気分で観始めたのですが、シラケ気分は早々にぶっ飛びました。

徹底的に静謐な世界が描かれていて、とても好ましい作品でした。
自分の実生活を省みても、なかなかこういう静謐で穏やかな夫婦関係というのはありえないだろうと正直思いますが、だからこそこういう夫婦関係に涙してしまうのかもしれませんね。

現実のこの二人(竹内結子&中村獅童)が「できちゃった婚」をしていることが象徴的と言っていいかもしれませんが、現実の男女関係と、この映画で描かれる男女関係は、完全に乖離しています。
まるで戦前の映画を観ているかのような錯覚すら覚える純愛映画であり、リアリズムとはかけ離れています。
しかし、そもそも「死んだ妻が生き返る」というファンタジー映画でもあるので、この二人の純愛ぶりもファンタジーとして、素直に受け入れられるのです。

だから、手を触れるだけでドキドキしてみたり照れ笑いをしてみたりという「ありえない夫婦関係」を、「美しく尊いもの」として観ていられました。
竹内結子も中村獅童も、少なくともこの作品中ではとても美しかったです。

終盤でファンタジーの種明かしがされるのですが、これもなかなか秀逸。ただしエンドロールでかかるオレンジレンジの曲はカンベンです。
せっかく形成された静謐な世界がぶち壊しです。

世界の中心とやらで何か妙なこと叫んだりするよりも、こういった静謐な純愛モノのほうが日本映画らしくていいのではないかと思います。
りょうちさん [地上波(邦画)] 8点(2021-02-02 01:18:36)(良:1票)★《新規》★
233.《ネタバレ》 自分にとっては間違いなく思い出の作品の一つです。原作は読書という趣味を与えてくれました。初めて映画館で鑑賞した時はタイトルロゴが映し出されただけで、鳥肌が立ちました。それから月日が流れ再度の鑑賞です。やっぱり良いものは良いのですが、主演のお二人のプライベートが頭をよぎり、残念な気持ちになります。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2020-07-24 23:41:57)(良:1票)
232.正直言って前半は退屈。でも、後半から終盤にかけては秀逸。
純粋な愛情に触れることが出来る映画かもしれない。
simpleさん [インターネット(邦画)] 7点(2018-10-13 22:18:28)
231.受け付けることのできないファンタジーだった。
森の中にある、廃工場?も現実離れしたファンタジーな雰囲気もだめだ。
これは、落ちを知って観ればよかったなってレベル。
へまちさん [インターネット(邦画)] 5点(2018-02-03 11:56:19)
230.3回目の観賞。
3回観て3回泣けたということは、自分がこの映画の琴線に触れたのだろう。
最初は死んだ人が現れ普通に生活していき、意味がわからず不条理系の映画なのかなと思ったが、ラスト付近で謎が解けファンタージーとして成り立つお話だった。
伏線も要所や何気ないところ多方に張ってあり、伏線厨な私も満足。
そしてストーリーだけでなく役者の演技も素晴らしい。
そりゃ後に結婚したくなるね。
これが単なるアイドル女優とイケメン若手男優が演じていたら陳腐な話に思えたかもしれない。
たんたかたんさん [インターネット(邦画)] 9点(2017-05-30 13:09:38)
229.森のシーン等、田舎で美しいシーンが多くあったが、あんまり感動も何もなかったです。あ、竹内結子が非常に美しいのでプラス1点。評価が良かったので、期待し過ぎたのかも。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 5点(2016-09-19 17:55:18)
228.《ネタバレ》 ベストセラーの映画化という鬼門。ここでの高評価をいぶかしく思っていたモノです。観てみてなるほど。よかった時の大林宣彦チック。ワタシは、なによりも巧の高校時代を演じた浅利陽介が良かったと思っています。登場するたびに放つ、田舎くさくていたいけでひたむきな輝き(なんだそれ)に目を奪われました。大塚ちひろと一緒の、小さなケツ持ちがいるおかげで、主演の二人がこの映画は面白くなるという自信を持って役を演じている。鬼門をくぐり抜けたポイントだと思います。
なたねさん [DVD(邦画)] 8点(2016-01-17 14:01:11)
227.《ネタバレ》 なかなかいい邦画が出てこなかった2000年代前半に
突如でてきたいい映画
自然とファンタジーが紛れ込む脚本の秀逸さ
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-05 00:14:27)
226.《ネタバレ》 竹内結子が可愛いのは言わずもがな、この映画では中村獅童が凄く良いと思いました(今まで意味もなく鼻につく奴と思っていたが・・・)

まぁ、あり得ない話と思いつつも、構成の妙で確り感動させられました。
何かもう勝負がついているのに、ダメ押しのホームランを打たれた感じ。

私は2度結婚したことあるけど、こんな純愛してみたい(ごめんよ、過去の2人)。
そして、いま、会いにゆきたい・・・
どこにその相手が居るか知らんが・・・
もう、おらんか・・・

てな具合に不純な気持ちでいる私には、心洗われるファンタジーでした。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2013-08-04 20:14:01)
225.《ネタバレ》 この頃の竹内結子が一番いいかも。
どんな男でも落ちそうなくらいの魅力がある。
記憶を失っている澪が、巧の回想をなぞってもう一度好きになっていく過程が新鮮でキュート。
どうせセカチューと同じ程度のものだろうと思ってなめていたら、こちらのほうがずっといい。
純愛ファンタジーとして泣けてくるものがあった。
途中いろいろ引っかかった点もあったが、澪の日記ですべての謎がとけてスッキリ。
お互いにたった一人の相手だった二人の姿に感動。
ところが、ここで世間を騒がせた離婚劇が頭に浮かんでしまった。
作品世界に浸っていたのに現実は違ったんだよなと水を差された格好だけど、こればっかりは仕方ないし…。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 9点(2013-06-24 00:09:43)
224.《ネタバレ》 まず竹内結子サンきれいですね~とてつもなくカワイイですね~~(イヤー中村獅童氏うらやましい!) 全体的なやわらかく優しい雰囲気はすごくいい 雨や土の質感 日本の原風景ともいえるものが美しく描かれてますね   現実には不可能なことを「かなえる」ことができる  それが映画のチカラであり 人が人を想う気持ちを 最大級に表現出来ていたとおもいます  まぁ最後ちと説明的で長いかなぁ とかラストの中村獅童歳とった感ないなぁ とか 若干気になったけど、まぁささいな事ですがね  いやーしかし両想いとはうらやましい!!(そればっか、苦笑)
Kanameさん [DVD(邦画)] 8点(2012-09-18 09:55:02)
223.とても良かった。けど竹内結子さんの演技がどうも苦手で-1点。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 7点(2012-07-29 20:38:30)
222.《ネタバレ》  10時間以上仕事した後、嫌がるのを無理矢理連れて行かれて見た映画です。
 しかも当時邦画にほとんど興味がなく、付き合いで見たわけですが、ものすごい感動したのを覚えています。まず映画館にあれほど人がいるのを初めて見ました。
 「え?何々?みんなこんな遅い時間に、この映画を見に来ているの?」
 それでもまだ気分は乗りません。惰性で見ます。そして・・・次第にその雰囲気に飲みこまれます。
 これは完全にスロースターター映画です。
 個人的には、一番盛り上がったのは澪がいなくなった後の澪目線の回想シーン。
 いやね、正直あの回想シーンだけで、「もう一回中学生(もしくは高校生)に戻りたい」と思った男子諸君は100人以上いるはず・・・!いや、戻ったところで同じ体験は絶対できないんですけど。でもそう思わせるくらいの良い回想シーン。最高の疑似体験させてもらいました。
 ただ「未来にジャンプした。」だけが何故かぴんときませんでした。
 もちろんあれがあるから、「今、会いにゆきます。」につながるわけですが。
 それでもやっぱり、なんかぴんとこんかった。
 あ、ちなみに映画館で見たときは「花」、良かったですよ。感動を助長してくれて良い感じでした。
たきたてさん [映画館(邦画)] 9点(2012-05-27 16:22:55)
221.見ているときは、突っ込みどころがたくさんあるような映画に思えた。しかし見終わった後はそれがすべて消えていた。それは決して理屈で解消されたわけではなかったのに・・・。
後半どんどん感情が高まっていって最後は涙ぼろぼろだった。でもそれは切ないとか悲しいという涙ではなかった。究極の愛というか、何か心に響くものを感じたからだった。
結子さんに惚れてしまった。佑司くんがとてもかわいかった。獅童さんがとてもうらやましかった。
自分でもまさか10点をつけるとは信じられない映画だった。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 10点(2012-05-25 16:25:40)
220.期待せずに観たら号泣しちゃいました。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 7点(2011-11-18 22:28:12)
219.映像は美しいし、総体的に演出も決して悪くはないんだけどね。
ちょっと不思議な状況設定も、この物語の核になっているのだから仕方がない。
だがラストのラストで、不覚にも大爆笑してしまった。あまりにも漫画的すぎちゃって。
ラブコメ風の流れなら、それほど気にはならなかったのかもしれないけど、
シリアスな展開だったため、ギャップがあまりにも大きかった。
小説で読むならいいのかもしれないけど、これは映像で表現するのはちょっとキツいのでは?
キャスティングは・・・内容が内容なだけに、今となっては虚しさを感じるね。
昔の映画俳優さんたちは、意識してプライベートを表に出さない人が多かったらしいけど、
今の時代ではちょっと無理なのかな。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 3点(2011-07-19 04:19:34)
218.《ネタバレ》 全体的な雰囲気がいい!!タイムスリップというファンタジーも許せる。
ドンマイさん [映画館(邦画)] 8点(2011-05-11 00:50:50)
217.公開最初の土曜日、映画館に入ると9割9分が女性。それだけで泣けました。
SODOMOJOさん [映画館(邦画)] 9点(2011-05-10 23:20:22)
216.《ネタバレ》 
話はいい。主役の2人がよくない。
単なるラブストーリーかと思っていたので、タイムスリップSFものでちょっとびっくりした。
紫電さん [DVD(邦画)] 8点(2011-03-07 08:39:25)
215.みんな良いと言いますが、やっぱり良いですねぇ。
j-hitchさん [地上波(邦画)] 7点(2010-08-17 22:04:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 234人
平均点数 7.50点
000.00%
110.43%
262.56%
331.28%
4104.27%
5135.56%
6208.55%
74720.09%
86025.64%
94217.95%
103213.68%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.37点 Review43人
2 ストーリー評価 8.38点 Review55人
3 鑑賞後の後味 8.52点 Review59人
4 音楽評価 7.17点 Review52人
5 感泣評価 8.63点 Review61人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS