感染のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 感染
 > (レビュー・クチコミ)

感染

[カンセン]
Infection
2004年【日】 上映時間:98分
平均点:5.61 / 10(Review 54人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-10-02)
ホラー医学ものリメイクオカルト映画TVの映画化
新規登録(2004-08-22)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2020-06-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督落合正幸
キャスト佐藤浩市(男優)外科医・秋葉清一
高嶋政伸(男優)内科医・魚住晴哉
星野真里(女優)新人看護婦・安積まどか
真木よう子(女優)看護婦・桐野優子
木村多江(女優)看護婦・立花七恵
羽田美智子(女優)精神科医・中園雪乃
モロ師岡(男優)外科医・岸田考
山崎樹範(男優)新人外科医・平田俊一
草村礼子(女優)鏡の老女
南果歩(女優)婦長・塩崎君江
佐野史郎(男優)赤井潔
須賀健太(男優)キツネ面の小児患者
谷津勲(男優)患者
前田昌明(男優)
原作君塚良一(原案)
脚本落合正幸
音楽配島邦明
主題歌奥田美和子『夢』
製作一瀬隆重(「感染」製作委員会)
近藤邦勝(「感染」製作委員会)
島谷能成(「感染」製作委員会)
市川南〔製作〕
東宝
日活
TBS
プロデューサー一瀬隆重
濱名一哉(エクゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
特撮松本肇(視覚効果)
美術松井祐一(特殊造形)
録音志田博英(サウンドデザイナー)
あらすじ
舞台は郊外の病院。 改築工事は打ち切られ、給料は未払い、人手不足で医師、看護師の疲労もピーク。 その夜もいつものように夜勤が始まった。違うのは、原因不明の奇病に冒された、救急患者がやってきたこと・・・ Jホラー第一弾、同時上映作品は「予言」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
54.《ネタバレ》 キャストが豪華ですね。演技にも力が入っていました。

中身は支離滅裂ですが、お医者さんがお化け屋敷に入った感じ。

大雑把な終わり方にしておいて、

包帯でぐるぐるの人が意識あったり、

違うよ、塩化カリウムだよって佐野さんが言ってたり、

あのロッカーの中には誰が入ってたのかな。

腕時計だけじゃ、もう一回見ないとわかんないよ~。

でもあんなテンポ遅い映画、もう見たくないな。


私生活でもよく感じるんだけど、「一度口に出した言葉は、消すことができない」

この新人ナースのセリフ、この世のみんなにわかってほしいな。
新しい生物さん [インターネット(字幕)] 3点(2016-09-22 05:02:50)
53.雰囲気とか演出とか演技とかは不気味で良い感じでしたがオチがなあ…。意味分からなすぎてちょっと。解説も読みましたけど読んだら読んだでなんだそれ…ってゲンナリしちゃう感じ。1から10まで何もかも言葉で説明しちゃうのも問題だけど説明されなさすぎるのも問題なんです。怖さや不可解さ不気味さよりもハテナマークが頭に真っ先に浮上しちゃあ意味がないでしょう。この手の「観客の皆さんでご想像ください^^」って感じの映画は嫌いですね。 良い感じのホラー映画だとは思いますがこの意味分からなさ加減が大きなマイナスポイント
ケ66軍曹さん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-24 05:56:43)
52.病院に「4号室」があったりする時点で、まあ、リアリティを追求するタイプの映画ではないワケで、どちらかと言えば不条理モノ、これが意外に面白かった。この映画の舞台である「病院」ってのが、ひとつの「世界」であって、その中に集まった、屈託を持った人たちの中に、ヘンテコなウィルスが感染していく、というホラーで、この病気を表現するのに「緑のドロドロ」ってのが、チト古臭いような気がしないでもないのだけど、それでも、何といいますかね、今の「格差社会」における「負け組」という“病”、こいつを何だか予言したような内容で。「勝ち組」「負け組」とは言うけれど、実際には「負け組の人々」と、「負け組にいつ入るかとおびえる人々」ばかりが存在しているような、何とも知れぬ閉塞感が蔓延する現代社会、そういう雰囲気が、この映画と重なっているように感じるのです。
鱗歌さん [地上波(邦画)] 7点(2008-07-13 22:59:32)
51.《ネタバレ》 豪華出演陣もさることながら、病院内という密室劇というのが面白い。
ホラーではあるがサスペンス要素が強く怖いシーンはないに等しい。
Sway N Linさん [DVD(邦画)] 8点(2008-03-09 12:26:57)
50.《ネタバレ》 「恐怖」について誠に的を得た説明をされていたのはザ・チャンバラさんだったと思うが、日常の中に潜む非日常が徐々に日常を侵食していくさま、というのがやっぱりホラーの醍醐味かなあ、と私なんかも思う。多くのホラー作品も、それを心得て作られるのが常である。
でこの「感染」というやつは、いきなり「非日常」から始まっちまう。「平和で健全な病院ライフ」というのが、もう、最初っから存在してないとこにもって、もうひとつの「非日常」をぶち込む、という離れ業に出るのだ。ある意味すごいのかもしれないし、「実験」という言葉も浮かぶ。
院長が逃げて、病院経営が立ち行かなくなり、もう明日をも知れない、という低空飛行から始まって、「もっともっと」低いところまで観客を引き摺っていかなければいけないのである。「落差」が作りにくい状況なのである。
まあ、最初から低空飛行しなければいけなかった理由は、医療ミスの発生し易い状況を作りたかったとか、なおかつそれを隠匿しなければならない状況にしたかったから、というふうに考えられるが、しかし、「平和で健全な病院ライフ」からスタートしたとしても、別の演出でそれは可能だったんじゃないかな…と私は思う。…「明」から「暗」ではなく、「暗」から「特暗」へ、という、作り手の目途したところは「通好み」というか、なんというのか。そのへんに特殊なものを感じた。
ホラー映画としては、急に後ろに人が立っているとかを何回も使うのはもう勘弁してほしいと思うが、全体としては話の省略の仕方とか、秋葉医師の時計など小物の使い方は悪くない。俳優陣も高嶋弟以外はまずまずの出来と思う。私は南果歩のブキミさが結構気に入った。
オチへの突然の持って行き方も、悪くない。「アザーズ」と似ているな、と思ったけども。
なんというか邦画ホラーのレベルアップを感じた作品。
パブロン中毒さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-08-13 17:53:41)
49.《ネタバレ》 おもしろい! こういう映画としてはめずらしく、オチがしっかりとしていて、バランスが良い。よく練られたストーリーに納得です。 意味がよくわからなかったという人は、何度も見てください。ちゃんと作られてますよ、これ。 展開もドキドキワクワクで、飽きさせません。 あ、でも、時々挿入されるブランコのシーンだけは意味不明。 ちなみに同時上映の「予言」も面白いです。が、同じJホラーシリーズの「輪廻」はくだらないです。
コウモリさん [DVD(邦画)] 8点(2007-07-11 01:02:08)
48.《ネタバレ》 俳優は有名どころがいっぱい出演してて豪華でした。背景が病院ってのも無条件に怖さが引き出されて病院器具って不気味ですね(・ω・A;) 演技は良かったですが、ストーリーのオチが「心に感染する」っていうのはなんか釈然としないような。。残念な終わり方かなぁ。
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 5点(2007-04-23 16:16:25)
47.《ネタバレ》 佐野史郎が出てきた時点で雲行きが怪しくなってきたのは事実です。
ゆきむらさん [DVD(吹替)] 6点(2007-03-25 22:36:00)
46. ホラー映画って怖ければなんでもいいのか、って思いました。エクソシストみたいなストーリーを期待するのは邦画ホラーでは無理なんでしょうか。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2007-01-01 22:27:47)
45.《ネタバレ》 とりあえず、天井のパイプが剥き出しになっていて、床が汚くて、鏡が多い病院には行かないことにする。
鳥居甲斐守さん [DVD(邦画)] 5点(2006-12-24 22:46:33)(笑:1票)
44.《ネタバレ》 サイコホラーとしての出来は悪くないと思います。罪悪感の意識に感染するという発想は面白い。キャストも豪華で、芸達者揃い。観ていて安心感がありました。ただ、面白いかと問われれば「普通」、好きかと聞かれれば「別に」と答えてしまいます。理解していない部分が結構あるのですが、そのままでもいいかなと。リンチや黒沢清監督作品の場合、難解でも「理解したい」と思います。“答え”を見つけたいと思う。それが作品の魅力。でも本作の場合、見つけても結果ガッカリする、あるいは答えが用意されていないような気がしてしまいます。何故そう思うのかは分かりません。なので、いつか急に本作を好きになる可能性もあります。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2006-10-07 18:14:00)
43.《ネタバレ》 ホラー映画の定番的な「怖がらせ演出」はたくさん散りばめられてる。
が、それだけに終わってしまっている。
数多くのジャパニーズホラーで使い古された恐怖の演出にはもう食傷気味だが、
しかし、分かっていても怖い展開、同じ手法でも騙されてしまうなど、
巧に演出するホラー映画はたくさんある。
よってこの映画は単に見せ方が下手なだけだろう。

「これはどんな前フリなんだろう…」と過剰に期待させるシーンがいくつもあるのに、
どれも放置したまま中途半端にスルーして終わり。
オチが左程悪くなかっただけに、それまでの引っ張りをもう少し捻って欲しかったが、
冗長で稚拙な内容は、恐怖感を煽りたい気持ちが強すぎたための当然の結果と言える。

役者陣は芸達者の方々ばかりなのに勿体無い。

ただ、本当にこんな病院があったらイヤです。
絶対行きたくないです。
港のリョーコ横浜横須賀さん [DVD(字幕)] 4点(2006-07-27 10:38:01)
42.《ネタバレ》 久々に邦画を見たせいか、ゾクリと背筋に寒気を憶えつつそれなりに楽しめました。
やはりオチが安直というか、それが不満でならない。
展開が緩いので、途中退屈した。
もう少しゴチャゴチャせずにスッキリとまとめてくれればなぁ・・。
キャストは手堅く、そして雰囲気たっぷりに、と頑張ってたのに残念。
仮眠した外科医が新人に「お前は人を縫ってみたいだけだ」と言う。
コレでは先が読める、縫って下さいと言っているようなものだ。
この二人は感染の外に居たのか内に居たのかはイマイチわからないが、
もう少し上手く使えたのでは?と思う。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-07-03 12:08:36)
41.こういう素直に来ない映画はけっこう好きです。思わせぶりにグロい映像を振っときながら実はそれはそんなに気にしなくても良かったのかって。だいたい佐野史朗が出て来る時点で普通の作品ではないわけですよ。あの人ほど直立不動ってだけで怖さを演出できる役者はいないんじゃないですかね。基本的に出演陣がしっかり見せてくれる。
カーマインTypeⅡさん [DVD(邦画)] 8点(2006-06-27 21:09:54)
40.中々面白かったです。特に「患者」が運ばれてくるまでの病院内の息苦しさが秀逸であると共に、現在の病院の実情を巧みに取り入れてあって、これはある種の社会派作品とも呼べる仕上がりです。「患者」が運ばれてきてからは、一人、また一人と犠牲になっていく王道な展開で、これまたゾッとさせて貰いました。1セットモノの貧乏臭さを感じさせない演出も良かったです(俳優陣のお陰かな?)。ま、確かに縫合医とラストの羽田美智子には合点がいきませんが、ホラー映画の展開なんてこんなもんでしょう。全てに説明がついたら逆に面白くありません。そんなことで、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2006-06-09 00:01:43)
39.《ネタバレ》 暗い、気持ち悪い、後味の悪い作品でした。怖いというのでなく、センスが悪いどう
しようもない作品だなと思います。せっかくいい役者さん揃っているのに残念です。
そもそもあれは一体何だったのかという謎解きがなければ見終わってすっきりしませ
んよね。最後の方で救急隊員は患者を別の病院へ搬送したって言ってるみたいだけど
・・・。じゃぁあの患者はそもそも??なんじゃい??
たかちゃんさん [DVD(字幕)] 1点(2006-02-13 21:34:12)
38.なかなか面白い。佐藤こーいちが渋い。演技が光ってる。高島まさのぶもいい演技してる。伏線と、オチがあって、あーこーゆーことかと落としておいて、また裏切る、という展開。
エンボさん [DVD(字幕)] 7点(2006-02-12 01:58:23)
37.何となく怖そうな画(え)を寄せ集めただけ。
kさん [DVD(字幕)] 4点(2006-01-28 02:03:29)
36.雰囲気だけで作りました感が否めない映画。感染の理由のオチが上手かったらよかったのですがそれもいまいち曖昧で終わり。夢か現実かみたいな話はもうおなかいっぱい。
とまさん [地上波(吹替)] 5点(2006-01-25 14:37:51)
35.ノイローゼが感染しそうな病院ですね(>_<)ダークな雰囲気はいいし、鏡の老女がウザいのも妙な雰囲気をかもし出していて最高。出演者は概ねいい演技だったし、ちょっと緑の液体がしつこい気もしたが全体のトーンは日本のホラーらしくて良かった。ただ意識に感染するというヲチと締めが弱い。シナリオの問題だと思うけどもう少し驚かせて欲しかったです。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-16 12:41:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 54人
平均点数 5.61点
000.00%
123.70%
211.85%
335.56%
4814.81%
51018.52%
61222.22%
7916.67%
8814.81%
911.85%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.28点 Review7人
2 ストーリー評価 5.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 3.80点 Review10人
4 音楽評価 5.60点 Review5人
5 感泣評価 2.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS