Menu
 >
 >
 > テレフォン

テレフォン

Telefon
(チャールズ・ブロンソンのテレフォン)
1977年【米】 上映時間:102分
平均点: / 10(Review 11人) (点数分布表示)
アクションサスペンス犯罪もの小説の映画化スパイもの
[テレフォン]
新規登録(2004-08-30)【mhiro】さん
タイトル情報更新(2014-12-01)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ドン・シーゲル
キャストチャールズ・ブロンソン(男優)ボルゾフ少佐 / グレッグ
リー・レミック(女優)バーバラ
ドナルド・プレザンス(男優)ニコライ・ダルチムスキー
タイン・デイリー(女優)CIAコンピューター技師 ドロシー
アラン・バデル(男優)KGB マルチェンコ大佐
パトリック・マギー(男優)KGB ストレルスキー将軍
ロイ・ジェンソン(男優)バーの経営者 ダグ・スターク
ジャクリーン・スコット(女優)カール・ハスラーの妻 ハスラー夫人
ジョン・ミッチャム(男優)自動車整備士 ハリー・バスコム
ハンク・ブラント(男優)ウィリアム・エンダース
レジス・コーディック(男優)医師
大塚周夫ボルゾフ少佐 / グレッグ(日本語吹き替え版)
武藤礼子バーバラ(日本語吹き替え版)
恒松あゆみバーバラ(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
大木民夫KGB ストレルスキー将軍(日本語吹き替え版)
家弓家正(日本語吹き替え版)
原作ウォルター・ウェイジャー「テレフォン指令」(ハヤカワ・ノヴェルズ)
脚本ピーター・ハイアムズ
スターリング・シリファント
音楽ラロ・シフリン
撮影マイケル・C・バトラー〔撮影〕
製作ジェームズ・B・ハリス
MGM
美術テッド・ハワース(プロダクション・デザイン)
ロバート・R・ベントン〔美術〕(セット装飾)
衣装ジェーン・ロビンソン[衣装](リー・レミック担当)
録音マイケル・J・コーハット
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 みなさんけっこう辛い評価ですけど、自分はけっこう好きなんですがね、この映画。まずこの原作者、『合衆国最後の日』や『ダイ・ハード2』を書いた人だけあってスリーパー・エージェントが全米に潜伏しているというプロットが秀逸です。それをピーター・ハイアムズやスターリング・シリファントが脚色しているので面白くないはずはないんだけど、彼らの作業自体はあまり上手く事が運ばなかったみたいで、けっこう癖のある脚本になっちゃったという感じです。だいたい何十年も前から爆薬を用意(それも身近なところに)しているなんてちょっとご都合主義もいいとこです。ドナルド・プレザンスの不気味なキャラは良いんだけど、彼の行動の動機や背景がすっぽり抜け落ちているので凄味が出てません。タイン・デイリーのキャラも、最後まで事件の本質に絡まないので全然必要のないキャラで終わってしまいました。ブロンソンとリー・レミックのカップル・エージェントもけっこう冷酷に殺人を実行しちゃうんで感情移入しにくいところです。 まあドン・シーゲルらしいB級スパイ・アクションとして観れば充分愉しめると思いますし、やはりラストのオチは粋ですよね、ここは得点が高いです。
S&Sさん [DVD(字幕)] 6点(2015-05-22 22:48:32)
10.《ネタバレ》 つまらないわけじゃないんだけど、どうにも盛り上がらない映画でした。なぜチャールズ・ブロンソンが主演を務めなければいけなかったのか、さっぱりわからない。ドン・シーゲルらしい盛り上げ方はあったものの、ただの追いかけっこじゃ地味すぎる。バーバラが優秀だとも思えなかったし…まあ、誰にでも凡作はあるということですね。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 4点(2015-04-09 14:53:34)
9.ブロンソンの魅力ゼロ!といいたい作品です。
私は大のチャールズ・ブロンソンファンです。
もし貴方がチャールズ・ブロンソンについて知りたいのなら「狼よさらば」や「ウェスタン」をご覧になってください。
決してブロンソン初心者が観る作品ではないと思います。
監督のドン・シーゲルにも期待していてのですが、作品の内容自体見事に裏切られました。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-08-20 00:50:55)
8.《ネタバレ》 これは収穫だった。ドンシーゲル作品は面白い!確かにサスペンスとしては物足りなかったし、まとまりから行くと、最近の映画の方がよく出来てる作品が多いが、彼の作品は、次どうなるのか?という引張りがあって、面白い。ワクワクドキドキする。コンピューターオタクの女性秘書とか、任務が終わったら相方を殺さなきゃいけないエージェントとか設定が面白い。ブロンソンの完全記憶とか、残された手帳とか、生かされてない設定が山盛りなのだ。彼の作品を観て、アイデアを真似して、創られた作品もあるんじゃないのかな?何せアイデアを出し惜しまないところがいい。これは2時間枠で収まる設定ではないですね。韓国ドラマみたいに丁寧にこの設定を生かせば、人気ドラマシリーズになったかもしれないなどと思うのだが・・・
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-03 02:19:45)
7.時代が時代なもんで、ネタで公衆電話やら黒電話やら昔懐かしいもんが出てきてややまったりしてるように見えるけどストーリー自体はそれなりに面白いんだけど、正直ブロンソン主演じゃなくてもよかった感がたっぷりで男臭さが溢れて野蛮な男にずーーーーーーっとスーツは見ててちょっとつまんない。何か彼の男臭さ以外のものを見せてほしかったなぁ。アクションは控えめ、ブロンソンが出てないシーンの方が派手でアクション・サスペンスというよりかはおもくそサスペンススリラーですがソ連がアメリカでのテロ行為を阻止する、だったり電話で催眠テロ誘導っていう発想がなかなか印象深いです。 普通だったら逆だもんね。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-16 23:48:59)
6.《ネタバレ》 ジョン・フランケンハイマー監督作「影なき狙撃者」を思い出すプロットですが、「影なき狙撃者」のような重苦しさはなく、その分緊張感は薄いですが見やすさのあるスパイ・サスペンスです。

アメリカに任務のため乗り込んだKGB少佐(ブロンソン)と手引きするKGBエージェントのアメリカ人の女。この女の背後にあるものも凝っていますが、男と女だけにこの結末は予測できる。この女の背後と真の任務もあり、この結末に向けての2人の葛藤や心理戦があるはずですが、そこが抜け落ちて何事も無かったかのように仲良くラストを迎えるのが惜しい。

ブロンソンvsドナルド・プレザンスの攻防戦も薄い。もっと一刻を争うサスペンスに出来たはずだと思うし、ドナルド・プレザンス演じるテロを誘発する男の冷酷さ、あるいは悲哀などの思いをもうちょっと感じさせて欲しかったです。
とらやさん [DVD(字幕)] 4点(2011-09-21 20:10:13)
5.《ネタバレ》 最後は女と一緒にMOTELかぁ…。ハッ!こんなとこにも“TEL”がっ!!
りりあさん [地上波(吹替)] 3点(2008-02-01 13:54:57)
4.《ネタバレ》 本作の要は、テロ実行の仕組みにあります。ただ、早々にネタバレ。というより最初からネタを隠そうという気がありません。ある意味潔い。でもその後の展開は退屈でした。催眠状態の演技も低調。“受話器を元に戻すことが出来ない”という一様の表現に閉口しました。“テロを行う場所の特定”という謎解き要素はあるものの、真相のしょぼさにガックリ。一気に物語がスケールダウンします。オチの台詞にしても気が利いているようで、単に品を下げているように感じました。アイデアは面白いです。でもアイデアのみに頼ってしまった気がします。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-02-10 11:03:55)
3.ガキの頃、CIAとかKGBとか出てくる作品が妙に好きだったのですが、今考えると米ソの冷戦から冷戦終結という時代背景の中で単にこの手の作品が多く作られていただけなのかもしれない。それでもこの当時の作品には共通の男臭さがあって、それってほとんどが個人的郷愁の念に支配されていることが前提にあるんだろうけども、確実にそそられるものがあります。私にとってドン・シーゲルといえば『ダーティ・ハリー』だしブロンソンといえば『狼よさらば』だし大好きなヒーローはブロンソンではなくマックィーンなんだけど、この作品の同時代他作品同様の寡黙なヒーローと抑えたアクションが紡ぎだす同じ空気はやっぱり良い。それでいて主人公が寡黙であることとアクションがおとなしいってことは、誤魔化しがきかず演出の力量が問われる設定でもあって、この独特の男臭さは演出の賜物なんだとあらためて思うのであります。
R&Aさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-03-10 11:55:50)
2.まぁどこかで見た感じ…もっとハイテクぽくして欲しかった…やってる事はハイテクなのになぜかアナログ感が漂う…別にブロンソンじゃなくても…
レスマッキャン・KSKさん 5点(2004-09-08 00:58:23)
1.スパイの発想が良かった。タイトルそのまんますぎ(笑)ラスト間際の酒場のシーンで蛇をわざと落として殺すシーンは強引すぎて笑えた。夢中になるほどじゃないけど、そこそこおもしろかった。ラストシーンはブロンソンの渋さを出してるのかもしれないけど、私にはただのオッサンにみえました。。
civiさん 5点(2004-09-03 11:30:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 4.91点
000.00%
100.00%
200.00%
319.09%
4436.36%
5218.18%
6327.27%
719.09%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS