メル・ブルックス/珍説世界史PART Iのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メル・ブルックス/珍説世界史PART I
 > (レビュー・クチコミ)

メル・ブルックス/珍説世界史PART I

[メルブルックスチンセツセカイシパートワン]
History of the World: Part I
(Mel Brooks' History of the World: Part 1)
1981年【米】 上映時間:92分
平均点:5.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
コメディアドベンチャー歴史もの
新規登録(2004-08-31)【_】さん
タイトル情報更新(2011-11-18)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督メル・ブルックス
キャストメル・ブルックス(男優)
ドム・デルイーズ(男優)
マデリーン・カーン(女優)
グレゴリー・ハインズ(男優)
シド・シーザー(男優)
クロリス・リーチマン(女優)
ルディ・デ・ルカ(男優)
ポール・マザースキー(男優)
ヒュー・ヘフナー(男優)
バリー・レヴィンソン〔1942年生〕(男優)
ジョン・ハート(男優)
ロン・クラーク〔脚本〕(男優)
スパイク・ミリガン(男優)
ナイジェル・ホーソーン(男優)
アルバート・ホイットロック(男優)(ノンクレジット)
オーソン・ウェルズナレーション
音楽ジョン・モリス[音楽]
作詞メル・ブルックス"The Inquisition", "Jews In Space"
作曲メル・ブルックス"The Inquisition", "Jews In Space"
編曲ラルフ・バーンズ
ジャック・ヘイズ〔編曲〕
撮影ウディ・オーメンズ
製作メル・ブルックス
アラン・ジョンソン(製作補)
スチュアート・コーンフェルド(製作補)
配給20世紀フォックス
特撮アルバート・ホイットロック(特殊視覚効果)
美術ロバート・カートライト(フランス革命篇美術監督)
ハリー・コードウェル(フランス革命篇セット装飾)
スチュアート・クレイグ[美術](フランス革命篇プロダクション・デザイン)
振付アラン・ジョンソン
衣装パトリシア・ノリス[衣装]
編集ジョン・C・ハワード
ダンフォード・B・グリーン(追加編集)
その他ラルフ・S・シングルトン(プロダクション・マネージャー)
ビル・ボーデン(ロケーション・マネージャー[ノンクレジット])
テリー・ニーダム(フランス革命篇ロケーション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 オープニングで「2001年宇宙の旅」のオープニングをパロって人類の誕生を描くのはいいとしてそのすぐあとからねぇ・・・、うん、全編に渡って笑うに笑えない下ネタを挟んでくるのが大分ツライ。メル・ブルックスの自作自演なので好き勝手にやってるのはいつも通りでユダヤジョークも相変わらず、モーゼの扱い方なんか最高に面白しジュリアス・シーザーのグダグダっぷりもいいんだけど下ネタだけがね、ほんと自分には合わなかった。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 5点(2019-03-14 01:56:01)
3.《ネタバレ》 非常に馬鹿馬鹿しくて笑える作品でした。しかし、よくもまあこれだけのネタを揃えたなと感心しますね。モーゼが十五戒を十戒にしてしまうわ、ローマ時代に現れて強盗に遭うわ大活躍だし、宗教裁判のミュージカルは妙に良く出来てるし・・・・・。まあ、何よりもスケートをするヒトラーや宇宙で活躍するユダヤ人が出てくるパートⅡが観てみたいですね!
TMさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-09-15 11:37:12)
2.《ネタバレ》 いやぁ・・ラストのすぐあとの予告編(続編はないんだけれどね)を見るまでは、

正直3点が限度みたいに思ってたんだけれども、

ものすごいおかしいぞ・・宇宙のユダヤ人!

あまりにも面白いので歌詞を覚えようとしたくらい・・

宇宙へ飛んだユダヤ人、彼らの種族を守るため~♪、

SW調の歌にのせて「SW」のようなエンドロール(出演・製作者名が流れてくやつ)・・

・・まあなんてシュールな。
本編はたいしたことはなかったけれど、まんま創世記は「2001年宇宙の旅」、

ナレーターがまた「天地創造」のような語りだから期待したら、(なんとオーソン・ウェルズ)

やはり「旧約聖書」ネタは「十戒」は実は十五戒であったとかで・・

ぶっ飛びモーゼはまたその後にも登場して例の術を使う。

そして「ローマ帝国」いきなりデブのシーザーが現れここらからあやしく、

下ネタ満載ズッコケ三昧で(私の好きな時代が・・)笑えなかった。

このあと急に時代が飛び、宗教弾圧になるとミュージカルです・・

尼さんがシンクロ踊るしここらは引いた。

で、ルイ王朝ってかなり飛びますが、あらゆる時代で助けに来るのは、

「ベン・ハー」の白馬ミラクルでありこれは笑えるかも・・
かなり有名で誰でも知ってる名画や歴史がパロられていますので、

笑えなくてもヒマだから予告編は見てみたい??という方、

まあレンタル屋で見つけたら100円の日にでもどうでしょうか!?

本編中一番面白かったのはやはりこれも宗教ネタ。

「最後の晩餐」イエスが裏切り者は誰だろうと見回すシーンで、

(わりかんですかぁ?)と注文を受けた給仕が現れる。

(あ、ユダさん)ギクリとするユダ(ええとワインでした?)イエスは気づかない。

あの間の取りかたは最高におかしい。


アルメイダさん [DVD(字幕)] 4点(2005-07-01 09:48:10)
1.《ネタバレ》 ありゃっ、これいつからレビューページ出来たんだろう!?vvというワケで第二号の投稿です。んー、確かにローマ時代は長くてカナーリダレましたね~。「十戒」の石版のシーンは爆笑したのでこの点で。私もPARTⅡすごく気になります。。。予告編でヒトラーがフィギュアスケートしてたのが妙に印象に残ってます。作ってくんないかなぁ…。
Ronnyさん 6点(2004-12-18 01:33:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
5125.00%
6125.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS