オペレッタ狸御殿のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オペレッタ狸御殿
 > (レビュー・クチコミ)

オペレッタ狸御殿

[オペレッタタヌキゴテン]
PRINCESS RACCOON
2005年【日】 上映時間:111分
平均点:5.22 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-05-28)
コメディファンタジー時代劇ミュージカルシリーズもの動物ものリメイクロマンス
新規登録(2004-09-07)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2021-01-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鈴木清順
キャストチャン・ツィイー(女優)狸姫
オダギリジョー(男優)雨千代
薬師丸ひろ子(女優)お萩の局
高橋元太郎(男優)家老狸
山本太郎(男優)駝鳥導士
篠井英介(男優)弥助
市川実和子(女優)コメ
パパイヤ鈴木(男優)次郎狸
尾上紫(女優)腰元狸 きなこ
椎名法子(女優)腰元狸 もなか
浦嶋りんこ(女優)腰元狸 すあま
石川伸一郎(男優)団三郎狸
南州太郎(男優)御殿医狸
山崎樹範(男優)奴狸頭
南川ある(女優)豆狸
永瀬正敏(男優)狸楽団(特別出演)
白井良明(男優)狸楽団
田中要次(男優)狸楽団
谷中敦(男優)狸楽団
廣田朋菜(女優)小姓
由紀さおり(女優)びるぜん婆々
平幹二朗(男優)安土桃山
出演美空ひばり光の女人/雨千代の母(デジタル出演)
原作木村恵吾(原案)
脚本浦沢義雄
音楽北原京子(音楽プロデューサー)
大島ミチル
白井良明
作詞浦沢義雄(挿入曲作詞)
挿入曲チャン・ツィイー「恋する炭酸水」「古今和歌」「いつか王子様と・・・」「お好きな髪は?」
オダギリジョー「恋する炭酸水」「古今和歌」「霊峰・快羅須山のララバイ」
平幹二朗「月光浴のノクターン」「私は神になりたい」
由紀さおり「私は神になりたい」「びるぜん婆々のマイウェイ」
薬師丸ひろ子「人は病」「思い下りますな」
パパイヤ鈴木「狸の事情、人の事情」
高橋元太郎「快羅須山の極楽蛙」
美空ひばり「極楽蛙の観音力」(デジタル音声)
東京スカパラダイスオーケストラ「狸御殿はパラダイス (Rudie's Calypso)」
撮影前田米造
製作坂上直行
中川滋弘
ジェネオンエンタテインメント(「オペレッタ狸御殿」製作委員会)
電通(「オペレッタ狸御殿」製作委員会)
日本ヘラルド(「オペレッタ狸御殿」製作委員会)
松竹(「オペレッタ狸御殿」製作委員会)
企画遠谷信幸
プロデューサー小椋悟
片嶋一貴
配給日本ヘラルド
松竹
特撮石井教雄(視覚効果)
美術木村威夫(プロダクションデザイナー)
安宅紀史
振付滝沢充子
衣装伊藤佐智子(衣裳デザイン)
ヘアメイク柘植伊佐夫(ビューティー・ディレクター)
編集伊藤伸行
録音山方浩
照明矢部一男
その他内田絢子(スクリプター)
荒戸源次郎(特別協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.《ネタバレ》 好きな監督なのだけれど、さすがに力不足を感じる。筋がむちゃくちゃなのは、いいのだけれど、見ていてワクワク感がない。オペレッタ=ミュージカルのもつ躍動感も不足。美空ひばりが歌ってもなあ。薬師丸ひろ子と由紀さおりが、たぬきらしい。
にけさん [映画館(邦画)] 5点(2018-12-22 21:11:45)
35.この監督の映画は安っぽさを何か肯定的なものに変えてしまうところが面白いんだけど、でもこれはただ安っぽいだけに見えるところも多く、あと何かギクシャクした感じを肯定的なものに変えてしまう面白さについても、以下同文なの。もしかするとこっちが安っぽさなりギクシャクなりを感じると、それを面白さなんだと思い込ませる回路がいつのまにか組み立てられていて、そういうのをそっと作らせてしまう才能が、名監督と呼ばれる条件なのかも知れない。なんてことをこのピカピカの狸御殿見ながら思ってた。そこまで思っても全否定は出来ないんだよね。琳派の美的雰囲気を全然その味わいを生かさないように使ってるあたり、やはりタダモノではなく、でもあれで美空ひばり出演って言っていいのかな。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 5点(2013-11-12 09:37:00)
34.わけのわからないストーリーというか奇抜な展開も多々あるが、私はとても好き。ファンタジックな舞台劇、オペレッタもまた良し。豆狸がかわいくてたまらない。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2013-11-02 23:26:29)
33.歌も踊りも詩も曲も、ギャグもセットも振り付けも、全てがお寒い二流半。お正月のかくし芸大会の寸劇のほうがまだマシ。鈴木清純ファン以外には苦痛の2時間。我ながらよく我慢したよ。
Q兵衛さん [DVD(邦画)] 2点(2010-08-13 16:16:11)
32.《ネタバレ》  アヴァンギャルドに暴走する清順ワールドを、ただ口をポカーンとあけて見送ることしかできませんでしたね・・・・。ストーリー自体は比較的シンプルなんですが、とにかく独特で摩訶不思議な映像美と展開が非常に印象的でした。ただ、凄さは感じましたが面白かったかと言われると・・・・。
 まあ、まさに狸に化かされたような気分にさせてくれる映画でしたね
TMさん [地上波(邦画)] 5点(2008-03-12 17:25:50)
31.面白いけど、ね・・・。チグハグでバラバラで相当なマニア向けかと思う。と、つぶやきながらチャンチーの足の美しさに見惚れてしまった自分がいる。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(邦画)] 4点(2008-01-14 22:29:01)
30.この破天荒な出来映えの映画を作り上げた清順監督はあっぱれです。しかし、もっと、しっかり歌って踊れる俳優を主演二人にすえるべきだったと思います。確かにチャン・ツィイー、オダギリジョーだから注目されたのも事実ですが。強烈なインパクトはあるものの、残念ながら語り継がれるほどの名画とはなりませんでした。
ジャッカルの目さん [DVD(邦画)] 4点(2007-09-22 15:45:55)
29.《ネタバレ》 いろんな意味で予想と違いました。まさに“狸にばかされた”って感じです。
かつての大正から昭和初期(戦前)を舞台にした清順作品と同様、美と享楽のためには暴力を愛することも厭わない「安土桃山」という時代設定は、やっぱりファシズムの臭いをそこはかとなく漂わせてたし、オダギリジョーの美しさを引き出すためにも、この耽美的な時代設定は正解だろうと思った。けれど、実際には、オダギリジョーは期待したほど美しくない。色気にも乏しい。それどころか、終盤になって美空ひばりが登場するやいなや、物語は、戦後=昭和的なヒューマニズムによって救済されて、前半部のファシズムの臭いなんてキレイさっぱり洗い流されてしまう。そして人の良い「狸ばかり」が巣食う戦後日本の、平和かつ人情にあふれた価値観が、高らかに肯定されつつ謳いあげられて、すっかりハッピーエンドなんですから、もう鈴木清順のことを「大正時代の人」なんて呼ぶことはできません。チャン・ツィイーの美しさがこんなにも「狸っぽい」なんて驚きです。まあ、キツネにばかされる陰鬱さに比べたら、狸にばかされるバカっぽさのほうが人情味もあって楽しいし、キライじゃありません。狸のおかげで、まるで日中戦争なんて無かったかのように思えました。それから、唐突過ぎるカットの割り方、羞恥心のないズームアップなどをあらためて見てたら、清順の映像感覚って、もともとポルトガルっぽいところがあるんだな、なんてことも思った。
まいかさん [DVD(邦画)] 7点(2007-08-29 04:21:26)
28.《ネタバレ》 ミュージカルは好きだけど・・・こりゃキツイ(´Д⊂グスン  頭を空にしてもハチャメチャでどの年齢をターゲットにしてるやら意味不明。舞台っぽく見えたり、教育TVに出てきそうなお子様番組ぽかったりと・・・ついてけませんでした。チャンツィーとオダギリ出なかったら観ることはなかったかも(・_・A;)
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 2点(2007-05-31 17:02:02)
27.ジジイの妄想が炸裂した、問答無用の映画。オペレッタと言うにはちょっと音楽(というより「音」自体)が少なめか。しかし、もう誰にも止められないハチャメチャ世界に、つい笑っちゃいます。オダギリ・ジョーは、これって「歌がうまい」と言ってよいのだろうか? 何か、男前を貶めようという悪意が感じられないでもないでもない。どっちやねん。あはは。ただ、こうやって無邪気に笑ってられるのもDVDで観てるからであって、何も知らずに劇場に観に行ったりしてたら、冷静ではいられないかもしれない。あなたはこのデタラメ世界に耐えられるか? こういう、いわば高踏的なおバカ映画って、かえって何かとケチがつきやすいもの。色々気になっちゃったりします。セットを無闇に照明で明るくすると、安っぽい部分はどうしても目立っちゃう。あのカエルさん、いかにもソフビか何かで作られてそうで、安っぽかったなあ。スタジオなのに移動カメラが手持ちでガタついたりする場面もあり、ちょっと「?」と思っちゃいました。
鱗歌さん [DVD(邦画)] 7点(2007-01-08 14:45:20)
26.つまらーん。オダギリの映画に当たりなし!何をどう切り取って楽しめばいいのか全く理解不能な作品でした。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2006-11-28 19:55:57)
25.鈴木清順監督の色の世界を楽しむのだ。チャン・ツィイーが素敵でしょ。昔の歌謡映画の世界を今に甦らせる、この絢爛たる世界。「白雪姫」や「不思議の国のアリス」などなど、元ネタ探しが色々できそう。ほらほら、大島ミチルのサウンド好きでしょ? 現代に甦った美空ひばりの姿を見よ! ビジュアルイフェクツはどうよ、この和の美、二次元の美を凝らした意匠は。桜だよ、桜、やっぱり桜の花びらが舞ってこそなんだよ!・・・・・・なんて、いくら自分をごまかしても、つまんないモノはつまんなぃょ・・・。
あにやん‍🌈さん [DVD(邦画)] 1点(2006-09-15 00:45:05)
24.えっと。鈴木清順監督ぽくてね、色とかね、個人的にはウンウンとうなづきながら観てたんですが。とにかく、「もうやってらんないわ!」とか言って途中で降板せず、最後までつきあってくれたチャン・ツィーに感謝。よくあのゴクラクガエルと共演してくれたなぁ、と。
エムラ兄妹さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2006-08-21 04:39:33)
23.おじいちゃんの監督が作った世界とは思えないほど美しかった。そして斬新。。すぎた。。小星もついていけず撃沈。チーン‥。思ったより、オダジョとチャンさんがお似合いぢゃなかったのが、残念でした↓
小星さん [DVD(邦画)] 4点(2006-08-20 01:40:55)
22.《ネタバレ》 あ・・・あまりにも独創的過ぎて置いてかれました。映画?果たしてこれは映画なの?と、そこからまず。確かにおらはどちらかっつうと保守的な人間ですよ、だから実験的なアーティスティックな映画はただただ目ぇまん丸くするだけです。あそこが斬新的で素晴らしいとか全く分からんので。スクリーン上に甦った不死鳥美空ひばりにギャッと思っただけなので。最後まで「何でパパイヤ鈴木?」と思っていたワケで。オダジョー出てるわぁいと見に行ったイチゲンさんを見事に跳ね返す芸術映画でした。
小三馬さんに化粧をしてもらいたいHAWAIIAN610さん [映画館(字幕)] 3点(2006-06-06 00:09:47)
21.意味がわからない。
明るいから1点あげるけど、ストーリーがないし、もー、わけわかんないよ!!!!
チャンツィイーがこころなしかあんまり可愛く見えなかった。彼女はあと100倍くらいかわいいと思う。
凛々さん [DVD(邦画)] 1点(2006-04-12 22:40:52)
20.なんじゃこりゃあ??チャンツィイーのファンなので見ました。期待せずに見たけどやっぱり訳わからんかった。ミュージカル好きじゃない人は見ないほうがいいかも。
MARTEL1906さん [DVD(邦画)] 2点(2006-03-28 14:45:50)
19.《ネタバレ》 相変わらずすごい美学に貫かれているなぁ。期待通りの美しさ、痛快さだった。主立った出演女優がみんな狸顔なのは、やっぱり意図されたものなんだろうけど、中でも由紀さおりが、あんなにユーモアセンスあふれる人だとは知らなかった(美空ひばりの「復活」よりも感動的だった、あたしにとっては)。老いてますます過激な清順翁は、やっぱりすごい監督だ。
黒蜥蜴さん [DVD(邦画)] 9点(2006-03-21 13:21:03)
18.まあまあ面白い作品。ただ、エンターテイメントとしてもアートとしても中途半端な感じがする。もっとエンターテイメントに徹してほしいと感じるところが多かったです。ストーリーはハチャメチャだけどわかりやすくていいですね。チャン・ツィーも美人でいて、尚且つタヌキが化けてるって感じがしてグー。
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 6点(2006-03-14 22:16:46)
17.もうこれは清順ワールド全開という感じですね。この人の作品は何でもありだから面白いのでしょう。突然、チャン・ツィイーが巨大化する所とか、意味はわからないけど面白い(笑) 一番面白かったのは、お萩と対決するびるぜん婆々が、「ええいめんどくさい!けんで勝負をつけよう」と言って、じゃんけんで勝負して負けて人生を終えるところですね、しかも歌いながら。なんてあっぱれな散り際!(笑) すいません文章で書いてもこの面白さは伝わらないですね。とにかく実際に見てみましょう。狸御殿で全員揃って踊りまくるお祭り騒ぎの場面とか、パワーに圧倒されます。それから最後に一つだけ言わせて下さい。パパイア鈴木の歌と踊りが酷すぎる・・・。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2006-02-18 23:52:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 5.22点
000.00%
138.33%
2411.11%
338.33%
4513.89%
5411.11%
625.56%
7925.00%
825.56%
938.33%
1012.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.33点 Review3人
4 音楽評価 3.66点 Review3人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS