ホーム・アローン2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ホーム・アローン2
 > (レビュー・クチコミ)

ホーム・アローン2

[ホームアローンツー]
Home Alone 2:Lost in New York
1992年【米】 上映時間:120分
平均点:5.97 / 10(Review 145人) (点数分布表示)
公開開始日(1992-12-19)
コメディシリーズもの犯罪ものファミリークリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・コロンバス
キャストマコーレー・カルキン(男優)ケヴィン
ジョー・ペシ(男優)ハリー
ダニエル・スターン(男優)マーブ
ジョン・ハード(男優)ピーター(パパ)
キャサリン・オハラ(女優)ケイト(ママ)
ブレンダ・フリッカー(女優)ハトのおばさん
ティム・カリー(男優)ホテルの接客係
ダナ・アイヴィ(女優)ストーン
ロブ・シュナイダー(男優)セドリック
キーラン・カルキン(男優)フラー
ヒラリー・ウルフ(女優)メイガン
ロン・カナダ(男優)タイムズ・スクエアの警官
アリー・シーディ(女優)チケットの代理人
クリス・コロンバス(男優)おもちゃ屋さんの男(ノンクレジット)
デヴィン・ラトレイ(男優)バズ
ドナルド・トランプ(男優)プラザホテルのオーナー
折笠愛ケビン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
青野武ハリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD/フジテレビ】)
安原義人マーヴ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富山敬ピーター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
武藤礼子ケイト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
此島愛子ハトのおばさん(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝ヘクター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
難波圭一セドリック/ロッド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
京田尚子ストーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮内幸平E・F・ダンカン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
草尾毅バズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆フランク(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ピーター(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
さとうあいレスリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
川田妙子リニ-(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
篠原恵美ミーガン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
真地勇志ジェフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊藤美紀〔声優〕トレーシー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
冬馬由美ソンドラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仁内建之(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
掛川裕彦(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
矢島晶子フラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ケビン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
林勇ケビン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
樋浦勉ハリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山寺宏一マーヴ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野島昭生ピーター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅ケイト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
来宮良子ハトのおばさん(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
玄田哲章ヘクター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村正[声優]E・F・ダンカン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫フランク(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
氷上恭子リニー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池澤春菜ミーガン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
桑島法子ヘザー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
森川智之バズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮寺智子レスリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島田敏セドリック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
岡野浩介ロッド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
清川元夢クリフ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
稲葉実(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村秀利(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊藤栄次(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
沢海陽子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江川央生(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
一柳みる(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
多田野曜平ハリー(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
江原正士マーヴ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
菅生隆之ピーター(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
鈴木弘子ケイト(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
高木渉バズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生フランク(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
神代知衣リニー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
ならはしみきミーガン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
雨蘭咲木子フラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
伊倉一恵ジェフ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦ヘクター(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
三ツ矢雄二セドリック(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
久米明E・F・ダンカン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤波京子ハトのおばさん(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
星野充昭(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
亀井三郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鈴鹿千春(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ジョン・ヒューズ〔脚本〕(キャラクター創造)
脚本ジョン・ヒューズ〔脚本〕
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
主題歌アンディ・ウィリアムス[1927年生]"The Most Wonderful Time of the Year"
撮影ジュリオ・マカット
アナスタス・N・ミコス(カメラ・オペレーター)
製作ジョン・ヒューズ〔脚本〕
20世紀フォックス
製作総指揮ダンカン・ヘンダーソン
マーク・ラドクリフ[製作]
リチャード・ヴェイン
配給20世紀フォックス
美術マーヴィン・マーチ(セット装飾)
編集ラージャ・ゴスネル
録音ロン・ベンダー
字幕翻訳戸田奈津子
その他ダンカン・ヘンダーソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
ジェーン・ジェンキンス(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
145.《ネタバレ》  前作と立て続けに観賞したのですが「バズ君、キャラ変わってない?」と、その事が真っ先に気になっちゃいましたね。
 作中で一年経過しているので、思春期の盛りを迎えてより狡猾で気障っぽい性格になったとも考えられますが、主人公のケビンが殆ど変っていないように思えただけに、ちょっと違和感がありました。

 とはいえ、そんな「前作と続けて観たからこその違和感」もあった一方で……

1:今度はケビンが置いてけぼりを食らわずに、無事に車に乗り込む。
2:バールをワイングラスの乾杯のようにぶつけ合う泥棒二人組。
3:既に通報した後なのに「警察を呼ぶよ」と挑発するケビン。

 などの「前作を観ていればニヤリとする部分」も沢山あったりしたもんだから、やっぱり続けて観て正解だったなと、嬉しくなっちゃいましたね。
 ビデオカメラやロケット花火などの小道具を「これ、後で使いますから」とばかりに、序盤にて分かり易く登場させている点も好印象。
 たとえ舞台が豪邸から高級ホテルに変わったとしても「映画を観ながらアイスを頬張るシーン」は、しっかり用意されていた辺りも、自分としては大いに評価したいです。

 また、前作には無かった本作独自の面白さもプラスされており、中でも空港での「ケビンはいない」という伝言ゲームの件なんかは、かなり好きですね。
 カメラワークの巧みさと、大人数のキャストが揃っているからこその、映画的な面白さがある。
 ニューヨークを一人で観光する楽しさも描かれていたし、高級リムジンでピザとコーラを味わう場面なんかも、凄く印象的。
 中盤には「夜のニューヨークの怖さ」が伝わってくる場面も用意されており、観ているこっちまでケビンと同じように不安になり、ケビンが襲われたり攫われたりしないかと心配になってしまったんだから、この辺の「子供が主役だからこその緊迫感の出し方」は、やはり上手かったと思います。

 前作のシャベルおじさん同様「主人公と心温まる交流をする大人」枠もしっかり用意されており、個人的には、その鳩おばさんとの会話シーンが本作の白眉だった気がしますね。
 「ハートもローラースケートと同じ。仕舞い込んでいないで使わないと」の例え話には感心させられたし「人間っていうのは誰でも、自分を認めてもらいたいと願っている」というおばさんの言葉が、ラストにて家族の皆から認められるケビンというオチに繋がっている辺りも、凄く綺麗な流れでした。

 一度は彼女と別れ「もう二度と会えないかも知れない」と言わせていたくせに、土壇場で彼女が助けてくれたり、最後に再び出会ったりと、二回もサプライズを与えてくれた点も良かったですね。
 結果としては前回と同じような展開になった訳ですが、ここは(前回と同じ展開にはすまい)と観客に思わせる誘導の仕方が上手くて、見事に驚かされちゃいました。
 シャベルおじさんと違って、鳩おばさんは武器を持ってないから助けてくれる場面が想像し難いってのも、良い煙幕になっていたんじゃないかと。

 そんな中「子供病院に寄付する為のお金を盗もうとしたので、懲らしめる」っていう大義名分があるせいか、前作より罠の威力がアップしており、泥棒達が可哀想で笑うに笑えなかったって部分は、欠点だと感じてしまうのですが……
 それよりも、長所の方がずっと多かったと思いますね。

 前作はひたすら可愛いだけだったケビンが、ちょっと成長して男の子らしい恰好良さを身に付けている辺りなんかも、成長を見守る親のような気分になれて、嬉しくなっちゃう。
 「第二次クリスマス大戦、開始」と宣言する姿には、少年兵士のような凛々しさすら漂っていた気がします。

 「ニューヨークで一人ぼっち」な寂しさを味わったケビンだからこそ、同じように一人ぼっちな鳩おばさんと友達になれて「もう一人じゃないよ」と伝える事が出来た……
 そんな素敵なハッピーエンドに至るまで、楽しい時間を過ごせました。
ゆきさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2018-12-25 23:59:55)
144.子供の頃は純粋に楽しめましたが、大人になると粗ばかり探してしまって駄目ですね。
基本的な構図は前作をなぞりすぎててワンパターンだし、テンポも悪いと思う。
泥棒は相変わらず間抜けだし、ケビンのいたずらもエスカレートしてて流石にちょっと可哀想に思えてくる。
ヴレアさん [地上波(吹替)] 4点(2018-12-22 20:15:26)
143.《ネタバレ》 またもやケビン1人が取り残されます。シリーズなので取り合えず見たのですが、二番煎じで。子供ウケはするでしょうね。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 4点(2018-05-02 13:34:06)
142.この映画の評価は結局は観た年齢による。大人にとってはやりすぎでも子どもにとってはただただ面白い。前作に引き続き大人に咎められる事なくやりたい放題できる解放感と、対照的な孤独がよく描かれていて、ラストのママとの再会でウッキューン!ってなる。あと1・2共にサントラは最高のクリスマスアルバムになっているので、ケビン少年になった気分でガンガン聴いていただきたい。
けんじマンさん [映画館(吹替)] 7点(2016-08-05 18:36:49)
141.《ネタバレ》 前作の流れを引き継いだドタバタコメディだが、笑うに笑えない。その理由は2つ。

第1に、終盤でケビンが911に電話して警察を呼んでいたが、それくらいの知恵があるなら、ニューヨークに着いた時点で空港の係員に迷子であることを話すとか、ダンカンのおもちゃ屋に泥棒が入ると知った時点、または脱獄した泥棒を発見した時点で警察に連絡できただろう。そうしたらそもそもこの物語は成立しないので、無理やり作った感がある。

第2に、ケビンの仕掛けるイタズラがイタズラの域を超えている。日本の作品ならば、「子どもがマネしたらどうするのか」と論争になりそうだ。

まず、泥棒に対してやりすぎである。本当ならば、あの泥棒たちは何度も死んでいるか、重傷を負っているはずだ。正義のためにやったこととはいえ、おとがめなしでいいのだろうか。また、薬品まみれになった泥棒のからだにくっついたエサをハトが食べていたが、あのハトたちは後で大量死したのではないだろうか。

次に、ホテルの人たちへもやりすぎである。子ども一人で泊まっていることをばれないようにしたとはいえ、ホテルの人たちは泥棒とは違う。犯罪者はケビンのほうなのに、ホテルの人たちをおちょくるイタズラは不快きわまりない。それなのに全員ただで宿泊するなんて。ルームサービス代を払えば済むという問題ではない。

ケビンの母親はホテルの人たちがケビンをつかまえなかったと言ってキレていたが、悪いのはどっち?と言いたい。息子を忘れて飛行機で旅行に行っちまった母親(しかも2回も)、父親のカードを無断で使って嘘をついて高級ホテルで豪遊した息子、嘘を信じて息子を宿泊させたホテル、どう見ても悪いのは親子のほう、犯罪とすらいえる。それなのに、ホテルに責任を押し付けて逆ギレしてる母親は、たちの悪いモンペアである。

そういった意味で、私にとっては興ざめな映画だった。3と4もあるそうだが、主役が交替し、どんな映画になるのだろう。

この作品はやけに古くさく見える。ケビンがテープレコーダーを愛用していたり、空港の係員が搭乗券や家族の存在をよく確認せずに飛行機に乗せたり、ホテルの従業員がクレジットカードをその場で盗難確認をとらずに使わせたりなど。3と4はもうちょっと現代風になっているだろうか。ハイテクなイタズラだと、面白みに欠けるような気もするが。

3は2よりも残虐らしいと聞くと、息子は「3は見たくない」と言っています。お笑いでよく、誰かを痛めつけて笑うネタがありますよね。ああいうのを見て「おもしろい」と感じる人に向いている映画です。「見るに耐えない」と思う人は見ないほうがいいです。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 5点(2016-03-24 13:49:03)
140.《ネタバレ》 1を見た後だと、ややインパクトに欠ける。ケビンがしかける罠も、ちょっと子どもの考えるには・・・とリアリティに欠ける部分ありでそっちに気がまわってしまった。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 5点(2014-12-07 20:05:57)
139.小学生の時に採点すれば間違いなく10点だけど、
今採点すればこのくらい。大人がとやかく言う映画ではないと思う。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 6点(2014-08-31 19:17:21)
138.《ネタバレ》 今日テレビでやってましたね。
ヘラヘラ観てたらフト自分も留守番でホームアローンな事に気が付きました。
オトナでも独りは心細いですね。
ろにまささん [地上波(吹替)] 6点(2012-12-20 00:13:51)
137.娯楽作品としてはやはり素晴らしいです。くっつき泥棒も笑える。やはりジョーペシの憎めない感じがこの作品のキモだと思う。
話としては前回ほどのドンと来る感じはないが、大元は似ていて誰が見ても楽しめること間違いなしでしょう。
バトルコサックさん [DVD(吹替)] 6点(2012-04-20 13:42:24)
136.これはいくらヒットしても続編は難しいだろうと思っていたら、よく考えますなあ。一人になることを「楽しさ」として捉える視点は同じ。この大家族の鬱陶しさってのは、おそらく疎外がテーマになる今のアメリカ人の大多数にとっては過去の話だろうが、そうでもないのかな。前作と同じパターンでいきそうになって、でも空港までは大丈夫、ここで違う便に。ここらへん丁寧に出来ている。ニューヨークに来てしまう。リッチなホテルとプアな公園で光と影。それぞれが、一人でいられることの解放感と一人でいなければならないことの心細さにつながっていく。ビデオの声をつかったギャグは、この前もたしかあったけど、まあ笑える。で脱獄二人組におもちゃ屋へと話が広がって。おもちゃ屋でいろいろあるのかと思ってたけど、それはナシ。廃屋での闘争が見せ場だけどイマイチだった。トムとジェリーなんかのアニメのノリを実写でやられると浮いちゃう。サイレント時代だとこれでいいんだけど。鳩に花火にクリスマスツリーと祝福的気分、そういえばおもちゃ屋の主人はなんとなくフランク・キャプラ的だったなあ。病院の子どもと窓越しに見て手で合図しあうあたり丁寧。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2011-12-06 09:47:35)(良:1票)
135.《ネタバレ》  悪魔のトラップ・マスター・ケビンと鋼の心と体を持つ泥棒二人組が『活躍』する第二弾。
 『ホーム・アローン』ではないがまぁ面白いですし気にしない気にしない♪
 地上十数mから地面に叩きつけられ、さらに中身ビッチリのペンキ缶の雨を食らうハリーとマーヴ、小学生ながら『これは普通死ぬだろ!?』と思ったが、怪我すら無く闘志も衰えることなく立ち上がるその姿は相変わらず勇者。
 でもハトに負けちゃうのか・・・。
ムランさん [ビデオ(吹替)] 7点(2011-11-19 20:47:01)
134.1に引き続き見る羽目に・・・。今度は飛行機に乗ったもののまちがってニューヨークへ、泥棒2人組もやってくるし、夫婦の朝寝坊もしっかりと同じ。1がよかったと思う人は2も当然よかったと思うだろう。
鳩のおばさんブレンダ・フリッカーが良い味を出している。
ESPERANZAさん [地上波(吹替)] 4点(2011-06-14 20:45:54)
133.1のほうはクリスマスシーズンにはお馴染みですが、2は初めて観ました。「続編」が生かされていて面白かったです。
*まみこ*さん [地上波(吹替)] 7点(2010-12-28 01:37:13)
132.《ネタバレ》 ケヴィン少年の置いてけぼり大冒険第2弾。ストーリー仕立てが前作にほぼ相似のため展開が読めて新鮮味がなかったですね。愛すべきジョー・ペシの存在感健在。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-18 01:07:58)
131.《ネタバレ》 泥棒たちが主人公の罠によって、焼けただれた皮膚になったり、ペンキを頭から被ったり(目に入ったら失明する)・・・・。主人公の仕掛けた罠が残虐すぎて笑えなかった。笑う以前に「うわぁ痛そう。可哀想。」とは思わずにはいられなかった。
上上下下左右左右BAさん [地上波(吹替)] 3点(2009-02-16 02:50:11)
130.《ネタバレ》 鳩好きです
spputnさん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-13 21:29:37)
129.《ネタバレ》 今年も見てしまった。
あのケビン一家がまた帰ってきました!
シリーズ2作目も非常に楽しく心温まるクリスマス映画の良作です。
本作はケビン君が一人ニューヨークで大冒険!前作よりもスケールが大幅アップ。

危険なニューヨークですが、クリスマスの雰囲気は素晴らしいです。
クリスマスムードを盛り上げる音楽がまたいい。
リムジンでピザとコーラとか、おもちゃ屋の雰囲気とかすごくワクワクする。
非常に夢のあるファンタジーだと思うから好きだ。

クリスマスの天使ケビン君は今回は可愛らしい小悪魔というか残酷な天使だ。
前作よりも過剰と思えるトラップの数々は商業的な為と思われる。

ホテルのスタッフは愉快な人ばかりでおかしい。
とくにロッキーホラーショーの人はいい演技してると思う。
今回もグリンチみたいな泥棒コンビは大活躍ですが、
僕はノッポなマーブのほうが好き。
いいリアクションするから。

おもちゃ屋のダンカンさんという人物は素晴らしい。
ケビンとダンカンさんとの対話がなんか素敵だ。
鳩おばさんはファンタジーな存在感が良い。
見かけは怖いけどクリスマス愛の抽選に漏れた孤独感と哀しみがなんとも愛おしい。
哀れそうで怖そうな人が人間味を見せると心惹かれる。
しかしケビンの目で見た夜のニューヨークは怖すぎる。
実際はもっと怖いんだろうけど。
そんなニューヨークの孤独さがあったからだろうか、
母親とケビンとの再会は前作以上に感動するかも。
以前はホームアローンは家族愛をテーマにした作品だと思っていたけど、
たぶん母子愛の方が強いのかも。
それでも小さな子供と母親との母子愛って嫌いじゃない。
たぶん自分はそこに自身を投影して観てるんだろうか。

笑いは前作よりも上かも。とても痛快だ。
マーブが女性にビンタされるところが面白くて仕方ない。
あとケビンがいない事に気づいた時の母のリアクション、
フロントマンの男がケビンの母にビンタをくらったところなど、
好きなシーンは多い。

心温まるハートフルコメディの傑作。
このテンションで3作目もいけたと思うんだけど、これでケビン君一家ともお別れです。
ああ寂しい。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2008-12-24 01:50:54)
128.《ネタバレ》 前作と違い、確かに面白いのだがそれよりも「カタイ」「イタイ」というイメージが先行してしまう本作。その原因は…言わずとも、レンガとハンマーの所為。
j-hitchさん [地上波(吹替)] 6点(2008-12-14 19:44:31)
127.《ネタバレ》 流れは前作と殆ど変わりませんが、今回は敵(?)にホテルのボーイとかも加わってそこら辺の工夫は面白かった。大人達がケビンの色んな小細工に翻弄される様が観ていて楽しいです。
あの二人組には相変わらず実力行使でイタズラを仕掛けますが、まあ悪役にする事ですし、コメディなので多少オーバーな暴力もいいかなって自己完結しました。子どもがこの映画を観て実際に試すなんて殆ど有り得ないだろうし。
殆ど文句なしの八点。
民朗さん [地上波(吹替)] 8点(2008-08-22 14:27:19)
126.前作より好きです。というかあれ、ふつう死ぬでしょう。
eurekaさん [地上波(吹替)] 8点(2008-03-29 14:49:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 5.97点
010.69%
132.07%
242.76%
364.14%
4149.66%
52517.24%
63725.52%
72013.79%
82718.62%
921.38%
1064.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS