Menu
 >
 >
 > 理由(2004)

理由(2004)

2004年【日】 上映時間:160分
平均点: / 10(Review 29人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス小説の映画化
[リユウ]
新規登録(2004-10-08)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2015-01-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(2004-12-18
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督大林宣彦
キャスト村田雄浩(男優)石川幸司
岸部一徳(男優)佐野利明
大和田伸也(男優)佐藤義男
久本雅美(女優)葛西美枝子
松田洋治(男優)資産家の若い夫
宝生舞(女優)資産家の若い妻
松田美由紀(女優)佐藤秋江
綾田俊樹(男優)砂川信夫
古手川祐子(女優)秋吉勝子
利根はる恵(女優)三田ハツエ
赤座美代子(女優)小糸貴子
風吹ジュン(女優)小糸静子
渡辺裕之(男優)田嶋稔
河原さぶ(男優)吉田達夫
柄本明(男優)片倉義文
渡辺えり子(女優)片倉幸恵
菅井きん(女優)片倉たえ子
小林聡美(女優)北畠敦子
風見章子(女優)北畠智恵子
左時枝(女優)宝井敏子
ベンガル(男優)宝井睦夫
伊藤歩(女優)宝井綾子
立川談志(男優)宝井辰雄
山田辰夫(男優)小糸信冶
南田洋子(女優)石田キヌ江
石橋蓮司(男優)早川一起
麿赤兒(男優)Aさん
東郷晴子(女優)Aさんの妻
柳沢慎吾(男優)占有屋の男
島崎和歌子(女優)占有屋の女
小林稔侍(男優)戸村六郎
高橋かおり(女優)事務局の女性
宮崎将(男優)石田直巳
宮崎あおい(女優)石田由香利
勝野洋(男優)石田直澄
加瀬亮(男優)八代祐司
峰岸徹(男優)秋吉克之
裕木奈江(女優)B子
片岡鶴太郎(男優)石田直隆
中江有里(女優)取材する作家
細山田隆人(男優)宝井康隆
嶋田久作(男優)老人ホーム職員
根岸季衣(女優)砂川里子
大山のぶ代(女優)すれ違うおばさん
永六輔(男優)有吉房雄
多部未華子(女優)篠田いずみ
入江若葉(女優)
厚木拓郎(男優)小糸孝弘
山本晋也(男優)
寺島咲(女優)片倉信子
小林かおり(女優)
柴山智加(女優)
横山あきお(男優)金井晃良
花澤香菜(女優)
原作宮部みゆき「理由」
脚本大林宣彦
石森史郎
音楽山下康介
學草太郎
編曲大林宣彦
撮影加藤雄大
製作大林恭子
WOWOW
プロデューサー大林恭子
配給アスミック・エース
特撮大屋哲男(VFXプロデューサー)
美術竹内公一
衣装千代田圭介
編集大林宣彦
照明佐野武治
あらすじ
東京の下町の交番に一人の少女が現れる。家の宿泊所に泊まっている指名手配者に警察を呼んで来るよう頼まれたというのだ。半信半疑のまま向かう警察官。これで数ヶ月前に起きた不可解な忌わしい殺人事件が解決されるとでもいうのだろうか?事件を一から辿り始めたとき、少しずつ「理由」が見えてくるのだったが…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.《ネタバレ》 こういう形式の映画は初めてだったのでとりあえず楽しく見れた。
ただ劇中劇である必要性とオチでゴーストを前面に出すのは蛇足のような気がして萎えた。
あの社会的なメッセージを入れたいからゴーストを持ちだしたのなら、賞を意識し過ぎだろう。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-12-25 22:13:15)
28.《ネタバレ》 宮部みゆきさんの原作を先に読みました。あの長~い群像劇をどうやって映像化するのか興味津々でしたが、その出来栄えは全体のバランスが悪く、長い話をうまくまとめきれなかった印象です。役者のキャスティングミスにはミスキャストという言葉がありますが、「理由」の映画監督はノスタルジーな作風を得意とする大林監督が仕事をするべきではなかったような気がします。(じゃあ誰が撮ったらよかった?と言われると困りますが)原作は現代ミステリーの名作なだけに惜しい気持ちです。
タケノコさん [DVD(邦画)] 4点(2014-01-04 20:07:34)
27.集中力がまったく続かない映画だった。
事件そのもののプロットは悪くないと思う。ただ様々な人間の証言が入ってくるので、
ドラマ性がしっかりと描き切れず、全体的にぼんやりとした印象を受けてしまう。
こういった演出は斬新で面白いのかもしれないが、この作品では成功だったとは思えない。
果たして映画向きなのかな? 機会があれば、原作のほうを読んでみたいと思う。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 3点(2011-08-11 15:09:00)
26. 大林宣彦監督の作品を見るのもうやめようと思います。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2011-08-06 22:38:09)
25.《ネタバレ》 凡作。もともと大林宣彦監督の落ち着きのない映像は苦手である。それは好き嫌いの問題ではあるのだが、これなら小説を読めばよいのではないか、とは感じてしまう。話がつまらないわけではないが、消化不良な点は否めない。【ネタバレ注意】そもそも“映画化”までネタにする必要があったのだろうか。なぜ雨の中で傘も差さずに赤ん坊を抱きかかえて現場に行くのか。自分はよくても赤ん坊が病気になったらどうするのか。犯人は病気だったのか。どうして落ちたのか。なんだかスッキリしないまま終わってしまった。
mohnoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-04-24 21:43:50)
24.《ネタバレ》 これだけ原作通りなら、普通に原作読んだほうが良いでしょう。音楽がかなりセンス悪くて、「なんでこんなのでOKでたんだろう?」と思っていましたが、特典映像を見て監督が音楽制作にかかわっていることが判明。それじゃ誰も「こんなの止めましょう」って言えないな。監督は原作通りに撮ることを、「冒険であり、実験」と言っていましたが、納得できません。
紫電さん [DVD(邦画)] 1点(2011-02-17 23:37:35)
23.全体的な薄暗い雰囲気。怖すぎる歌。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(邦画)] 3点(2010-12-16 16:34:08)
22.ドキュメンタリー形式で関係者の証言によって事件の真相や背景を浮かび上がらせていく手法は興味深いが、多数の事件関係者が次々に登場して証言していくストーリーが延々と続く2時間半ははっきりいって退屈です。画面上で語らせるだけなら別に映画じゃなくても原作を読めば済む話ですから。宮部みゆきの作品って原作の評判が高くてこれまでに多数ドラマ化や映画化されていますが何気に鬼門ですね。映像的な作品原作が必ずしも映画向きとは限らないということじゃないでしょうか?
時計仕掛けの俺んちさん [DVD(邦画)] 3点(2010-04-01 03:37:19)
21.《ネタバレ》 極めて異常で凄惨な殺人事件を題材に扱っているにも関わらず、なんとなく爽やかで且つファンタジックな後味が残るのは、この一種独特の大林監督の演出手腕ゆえという事なんでしょうか。多くの手練れ役者がひしめくこの映画でも、僅かな出演場面にも関わらず「大人になる前の少女たち」が、誰も彼も皆魅力的に描かれていますね~。かつてヒロインを演じた小林聡美・中江有里・宝生舞なんかを差し置いて。実はそこが一番大林監督作品らしいなあと自分は思いましたが(笑)
放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 6点(2010-01-25 15:47:21)
20.《ネタバレ》 原作との「違い」に関してレビューします。ストーリーの流れはほぼ原作の通りでした。あの情感を極力排した原作を大林監督が映画にすることには先入観として違和感があったけれど、淡々としたドキュメントタッチで撮ろうとした意図は感じました。しかし、原作者っぽい人間を劇中に出してドキュメンタリーを気取った段階で黄色い信号が灯り、最後の八代祐司の扱いで、ある意味、ぶち壊しになりました。原作を読んでから随分と時間が経つので確信は無いけれど、この事件に関わった人たち全てに色々な「理由」があったということがメッセージであって、その総体として起こった事件だったはずです。今作のように八代祐司を時代を見渡す代表選手として着地させたらテーマが変化します。原作のエンディングにも確かに八代の幽霊話は出てきますが、自分に言わせると彼の「理由」が実は最も単純で分かりやすい。そこにフォーカスすると薄っぺらな不幸ものに見えます。犯行が起こる社会背景を、多くの人の「理由」を積み重ねることで薄く広くそして重く仄めかすことが原作の味わいでしたが、映画にはそれが無い。活字では、それぞれの人物の「理由」をもう少し吟味する時間があるのだけど、映画ではとても拾いきれない。あたかも犯人に行き着く為に次々とインタビューをこなして時間が過ぎて行く印象。ここに原作との決定的な「違い」が生じます。結論として、この原作は映画にすべき作品じゃなかったと思う。演出の手腕とか脚本の精度というレベルではなく、活字と映像の表現特性の違いが顕著になる題材で、原作が持つテーマ自体が映像化によって損なわれるからです。八代裕司役の加瀬亮の偏執的演技と、ちょい役だったけど多部未華子の存在感は光っていました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-01-21 16:02:45)(良:1票)
19.何とそれにしてもよくぞこれだけ多くの出演者を使いながらもきちんと一本の映画として完成させてしまう辺り流石は大林宣彦監督である。今の日本映画でこれだけ多くの人に出てもらうようお願いしても出てもらえる監督は他にはいないだろう!これも大林宣彦監督の人脈あってこそ、東京の下町で起こったある殺人事件の背景にあるのは家族の絆、大林宣彦監督らしいどこか優しさ、温かさを感じる作りに共感出来る反面、やはり少し長いのと説明過ぎるのも気になった。それでも観ていて退屈とは感じない。下手な監督が撮るとこうはならない。それと東京の下町の映像のリアルさ、人が生活しているという感じがして、その辺は同じ東京を描いてる「三丁目の夕日」とは全くもって対照的!何のリアリティも感じない「三丁目の夕日」より断然、リアリテイを感じる。そして、この映画の中で語られる一つの殺人事件から生まれる人間愛、伊藤歩が赤ん坊を抱いてる姿がとても印象的な上に悲しくもある。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2007-09-08 17:20:11)
18.物語としては面白い。
殺人事件の真相を知りたいという気にさせてくれる。
ただ残念なことに一部の役者の演技が酷すぎる。
下手というよりは、演出でそうさせられてるんだろうけど、
気持ち悪いとしか言いようが無かった。
そういった苦難を乗り越えてようやく迎えたラストがまた酷い。
映像的にしょぼいシーンがあると途端に作品全体がしょぼく感じる。
無駄なシーンをカットして編集し直せば、もっと良い作品になりそうな気はする。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2007-05-25 07:17:18)
17.ミステリーではあるけれども、謎解きよりも、事件周辺の人間関係を丁寧に描くのが『火車』あたり以降の宮部作品の魅力だと思うけど、その点は原作に忠実に作られている。たくさんの登場人物が語るそれぞれの人生が、個々の身勝手だけれどもちょっぴり優しい思いの積み重ねで成立する「人間社会」なるものの輪郭を浮かび上がらせる。でも、それも、映画というよりは原作の魅力なわけで、逆に大林監督が「映画的に」撮ろうとした部分には違和感を感じた。とくに、棒読みの台詞回しと、小説家→映画化という妙な楽屋落ちは、それがこの映画の表現方法として効果的だったのかよくわからない。少なくとも、こういう奇抜な手法を使うのなら、映画全体の時間は短くするべきだったんじゃないかな。さすがに、あの色のトーン、台詞回しで160分はキツかった。
ころりさんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-11-03 08:01:08)
16.インタビューや証言を積み重ねて物語を構築するルポルタージュ形式の脚本を、ドキュメンタリー・タッチではなく、極めて舞台劇的な芝居と不自然な劇映画風カメラワークで演出するという、一種の実験作。もちろんこの無謀な実験は失敗に終わりました。俳優にわざとらしい芝居をさせることにかけては、大林宣彦は晩年の黒澤明をも凌ぐ。だから「証言」が下手な一人芝居にしか見えなくて、映画的な臨場感は皆無(元々はWOWOWのドラマだったんですね)。話自体も終わってみれば、奇抜なトリックの仕掛けられたミステリーではなかったので、何とも中途半端な印象しか残りません。この余りにも長い上映時間を飽きずに観せてくれたのは、偏に、現れては消えていく総勢107名の豪華キャスト達。従って107人に、5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2006-10-04 00:02:50)
15. のっけから能書きが長すぎだった。これはいかんのちがうか、と思うと、案の定、映画になっていなかった。能書きと字幕と台詞によりかからなければ伝えられない。これはつまり脚本段階で消化不良、それをそのまま撮るのは監督の指導責任。それもこんなに早口で台詞をこなさなければならんようなものは、はっきりいって映画とちがう。この監督は映画とはなにか、本当にわかっているのか、疑問に感じないわけにはゆかなかった。『青春デンデケデケデケ』はたしかに良かった。おそらくこの映画作家は、身近で身近な領域を描くのに才能ある作家で、そこから一歩出ると、とたんに駄作を連発する作家なのだ。
 インタビュー形式の構成は、まず往年の名作『市民ケーン』だが、一方、これは観客を置いてきぼりにするだけ。形式も演出しだい、ということを教えてもらった。  いや、これはインタビュー形式というより、むしろワイドショー形式というべきか。音楽も、うすっぺらな調子のものが始終流れる。タイトルはMJQ風ジャズ、はじめはサスペンス調、途中ヒューマンドラマ調をしばしばはさんで、後半はもっぱらお涙もの調。安易で軽すぎる。それならそれで、もっとするどくワイドショーそのもので描いたほうが現代的だった。
goroさん [DVD(邦画)] 2点(2006-06-14 22:08:57)(良:1票)
14.正直おもしろくなかった。もともとの小説ではきっと素晴らしくよくできた作品だったんやろうな…っていうのは分かるけど、映像化に意味を見出せなかった。すばらしく複雑なストーリーなので、160分ストーリー説明のために演者がしゃべりっぱなし。正直きついし、演者の個性も結果的に殺してしまってる。こんな事ならやめとけばよかった~っていう監督の顔と、撮りあげた事への安堵の顔が目に浮かぶ。
ハッシーふりかけさん [DVD(邦画)] 1点(2006-04-18 03:29:08)(良:1票)
13.なかなか面白いのですが、いかんせん長すぎます。原作に忠実なのですが、なにかと鼻につく役者達の演技満載で、若干興ざめ気味・・・。そして最後のエピローグ・・・全く必要ないのでは。原作のパワーか監督の力量か、長い割には退屈しない作品です。
タマクロさん [DVD(字幕)] 5点(2006-01-29 17:52:35)
12.真っ先に思ったことはベストセラーだし原作は面白いんだろうという事か。気になることはインタビュー形式で徐々に浮き彫りにされていく真実という事より、インタビュー形式であるため必要以上に不自然に映る芝居がかった演技。演技や台詞回しのためか昭和と現在が入り混じっているのかと錯覚した。それが昭和的家族像をもった下町の家族と今の時代を現すマンションの偽装家族との対比であるとしても上手くいっているとは思えない。偽装家族の中に芽生える家族性をもう少し描いても良かったのではないでしょうか。
亜流派 十五郎さん [DVD(字幕)] 5点(2005-11-19 22:09:38)
11.とりあえず、日本の俳優の層の薄さを感じた2時間半だった。
kさん [DVD(字幕)] 7点(2005-10-24 22:50:51)
10.《ネタバレ》 事件の当事者たちにインタビューするという形式でストーリーの全貌が明かされていく。その原作を巧く映像化している独特な表現スタイルは面白い。ただ、内容的にはミステリーではなく、あくまで「社会派サスペンス」。

「空洞化した家族像」とか、「浮遊する不安定な個人」といった現代社会の問題に焦点を絞っているようだが、そういうテーマ自体、今やありがちで、インタビューと言う表現スタイル以外、特に新しい切り口も無く、作品を通しての訴求性や具体的代案にも乏しい。

物語の進行はバラバラで整理されていない関係各位の背景事情を、関係者の口から視聴者に対して説明(開示)していくだけなので非常に作業的だし、映画としての面白みに欠ける。

単に事件の関係者が多いために全体像が複雑になっているだけで、意外な繋がりから新たな謎が浮上したり、「謎が謎を呼ぶ」といった展開が少ないため、序盤の謎に対する因果関係や動機といった、文字通りの「理由」が明らかになるにつれ、ストーリー的にはどんどん盛り下がっていく。正直、中盤以降は退屈で見ているのが辛かった。ちょっと時間的に長すぎるのもネック。この程度の内容なら二時間以内に収めて、テンポで見せて欲しい。

各出演者の演技も「素人にインタビューしている」という設定だからなのか、妙に棒読みで下手クソ。ワザとなのか素なのか微妙なところですっきりしない。

結局、ワイドショーに出てくるような程度の事件をちょっと分割して謎めかしてあるだけで、本格ミステリーのような面白い謎解きが出て来るわけでもないので、その辺での娯楽性や意外性を期待すると肩透かしを喰らう。
FSSさん [DVD(字幕)] 4点(2005-08-03 19:52:46)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 4.93点
000.00%
126.90%
213.45%
3620.69%
426.90%
5724.14%
6310.34%
7620.69%
813.45%
900.00%
1013.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 2.50点 Review2人

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS