アナザーウェイ D機関情報のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アナザーウェイ D機関情報
 > (レビュー・クチコミ)

アナザーウェイ D機関情報

[アナザーウェイディーキカンジョウホウ]
1988年【日】 上映時間:114分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
サスペンス戦争もの小説の映画化スパイもの
新規登録(2004-10-12)【リーム555】さん
タイトル情報更新(2017-03-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下耕作
川北紘一(特技監督)
キャスト役所広司(男優)関谷直人
いしだあゆみ(女優)日下佳子
高橋英樹(男優)(男優)天宮剛士
永島敏行(男優)矢部将幸
平幹二朗(男優)川瀬
井川比佐志(男優)笠井
戸浦六宏(男優)大竹
仲代達矢(男優)島村
藤谷美紀(女優)軍令部次長秘書官
芦田伸介(男優)北原
丹阿弥谷津子(女優)関谷房江
野口貴史(男優)山野
平泉成(男優)神崎
ウド・キア(男優)フリードリッヒ・ハンスマン
ロバート・ヴォーン(男優)ダレス「D」
シドニー・ローム(女優)リタ・ガーネット
原作西村京太郎「D機関情報」
音楽ジョルジオ・モロダー(音楽監督)
主題歌チープ・トリック
撮影赤塚滋
江口憲一(特技撮影)
製作東宝(製作協力)
配給東宝東和
美術間野重雄
井上泰幸(特技美術)
編集黒岩義民
録音西崎英雄
照明中山治雄
あらすじ
太平洋戦争末期、海軍中佐の関谷は密命を帯びてスイスに向かった。思わしくない戦況を打開するための新型爆弾に必要なウランを第三国から買い付けるためであった。現地で戦争の実情を知るにつれて、主戦派であった関谷の心は変化してゆく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 原作の「D機関情報」(西村京太郎の初期の頃の作品には結構良い物があります)に感動して、都内のビデオ店を探しまわってようやく観ることができましたが、やはり原作には遠く及ばなかったというところです。折角の豪華キャストの割には深みに欠けていて、感情移入もままなりませんでした。映画としての時間的制約があるのは致し方ないところではありますが、それならば、前半の潜水艦のシーンは全てカットしてその分人物描写に時間をあて、スイスでの主人公の心の変化や必死の和平工作をもっと丁寧に描くべきではなかったのでしょうか。
ちなみに、映画では設定が1945年になっていましたが(原作は1944年)、この頃既にドイツは崩壊寸前で制海権を完全に失っており、潜水艦でのドイツ入国は不可能であったので、時代設定を1945年にするのには無理があると思います。
キムリンさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-04-29 09:17:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS