恋は嵐のようにのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋は嵐のように
 > (レビュー・クチコミ)

恋は嵐のように

[コイハアラシノヨウニ]
FORCES OF NATURE
1998年【米】 上映時間:105分
平均点:5.47 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-02-22)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブロンウェン・ヒューズ
助監督アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
キャストサンドラ・ブロック(女優)サラ
ベン・アフレック(男優)ベン
モーラ・ティアニー(女優)ブリジット
スティーヴ・ザーン(男優)アラン
ブライス・ダナー(女優)ヴァージニア
ロニー・コックス(男優)ハドリー
リチャード・シフ(男優)ジョー
ジャネット・キャロル(女優)バーバラ
ジョー・パントリアーノ(男優)(ノンクレジット)
脚本マーク・ローレンス〔脚本〕
音楽ジョン・パウエル
主題歌U2"Everlasting Love"
撮影エリオット・デイヴィス
アレクサンダー・ウィット(第二班撮影監督)
製作イアン・ブライス
スティーヴン・P・シータ(製作補)
美術カイル・クーパー(タイトルデザイン)
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.《ネタバレ》 結婚を間近に控えた真面目男(ベン・アフレック)。結婚式のため旅に出発までは良かったのですが、
飛行機が離陸時にトラブル。急遽、陸路目的地に向かうのですが、
ひょんなことから一緒に旅をすることになったあまりにも自由奔放すぎる女(サンドラ・ブロック)に振り回され続けます。
アメリカ映画らしいコメディ・ロードムービー。
列車が停車したからといって、景色がいいからと列車の屋根に上って大声張り上げるような人がいますか・・・?
でも、この役にサンドラ・ブロックがピタリとはまっている。他の人がこの役を演じることが考えられないくらいに。
列車、クルマ、どの手段を使ってもことごとくトラブルが待ち受けていますが、
雨降って地固まるというか、最後は現実的な落としドコロに落ち着きました。
途中は2人にこのまま突っ走ってもらってもいいかな?と思ったりもしましたけどね。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2016-02-18 23:05:21)
42.雨のCGがキレイでした。ベンの両親の話も良かったです。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2008-01-05 21:44:27)
41.《ネタバレ》 マリッジブルー?の男性が婚約者と結婚するまでを描いた作品なんでしょうが、3人の人物が描き込まれていないし、旅の途中で起こる事件もメリハリ無く退屈で滑ってます。モチーフはよくわかるし、一つ一つのエピソードも面白いのに残念です。コメディにするかシリアスにするか(表現をね)、スタンスをはっきり決めて作って欲しかったと思います。
ひよりんさん [DVD(吹替)] 3点(2006-12-07 21:45:10)
40.
楽しめたが、鉄橋上の汽車の天井の場面、ゲイバーでのストリップ場面など、

かなり強引な展開が多すぎる。私は主人公とほぼ同じ性格で、正反対に近い女

性に、おおいな魅力を感じ、引かれる所は同感。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-15 19:51:16)
39.サラの奔放さには惹かれます、間違いがあっても不思議じゃないけど、満足な結末で良かった。
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 6点(2006-01-15 03:00:47)
38.いかにもなハリウッドな駄作だと思います。ストーリーがおもしろいわけでもないし、時折ある幻想的な映像も、無機質すぎて素直に見れなくて鼻につく。この映画って起承転=結みたいなつくりだけど、承のところでサンドラ・ブロックの奔放さだけが際立ってて
内容があまりないから、ラストでテーマが伝わらない。挿入曲も気に入らない。
アンダルシアさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-01-15 02:59:47)
37.空港のアクシデントで呉越同舟することになってしまった、マリッジ・ブルーの男と奔放な美女の珍道中と心の移り変わりを描く、サンドラ・ブロック十八番のロマンティック・コメディ(ホント空港って多いよな…。私も空港に出没してれば恋に出会えるか?)。私的なこの映画のポイントは三点。まず、こんな作品にまで旅客機の本格的ディザスター・シーンを入れてしまうハリウッド映画の贅沢さ。そして、くだらないかもしれませんけど、何とかして二人を目的地に近づけまいと頭を捻ったハリウッドらしい脚本。最後に、絶対サンドラとは勝負にならないと思わせるモーラ・ティアニーを、ベン・アフレックの婚約者に配したセンス。それで【ちずぺ】さんの仰る、嵐が過ぎ去った後に残される「愛」が活きたと思います。そういうことで、5点献上。
sayzinさん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-04-10 02:14:02)
36.《ネタバレ》 まあサンドラとベンが上手くいってたら、確実にケツあごの子供が生まれる訳で・・・
このラストでいいっす。
マミゴスチンさん 3点(2005-03-27 13:09:46)(笑:1票)
35.サンドラ・ブロックが好きになれないんですよね・・・グィネスと組んだ「偶然の恋人」の方が面白かったです.
マー君さん 4点(2004-06-08 23:14:59)
34.サンドラ・ブロックがよかった!
ギニューさん 6点(2004-05-18 00:29:39)
33.個人的にサンドラ・ブロックの役柄のような人大好きなんで物凄く感情移入してしまいました。自分が婚約者とサンドラを選ぶ立場なら間違いなくサンドラを選ぶだろう。
モチキチさん 7点(2004-03-08 12:49:50)
32.《ネタバレ》 サンドラブロックの魅力がたっぷりで大満足。結婚ってなんだろうなんて考えてしまった。ベンアフレックの決断はありだと思うけど、自分なら多分婚約者を選ぶ。
ぷりんぐるしゅさん 6点(2004-01-21 20:05:03)
31.テンポがよいので飽きずに最後まで見られた。
東京50km圏道路地図さん 6点(2004-01-07 04:36:56)
30.なんとなくストーリーの流れに張りを感じなかった。雨の描写がきれいだったし汽車の雄叫びシーンは好き。最後はこの人が好きだという気持ちを改めて再認識して揺らぎない決意ができたから結婚すると決めたんだろうからそれでいいんじゃないかな?直前まで揺れてたけど…。
日向夏さん 5点(2003-12-04 18:11:44)
29.《ネタバレ》 最後が変
かさぶたさん 3点(2003-11-05 13:48:03)
28.サンドラ・ブロックはすごい好き。この映画もすごくいい味出してるし、美人だし。映画そのものもテンポが良くて、音楽も良くて、終盤のあらしのシーンなんかは映像もキレイで。結構いいと思うな。
ブンさん 6点(2003-10-22 18:16:05)
27.設定がすごい。アメリカ的だなぁと。この映画も、日本人には絶対真似できないような内容ですよね。テンポが良くて好きだけど。
ひなたさん 6点(2003-08-30 01:06:15)
26.いいんですか?あれで。納得いくの?二人とも。映画の題名、そのまんまです。電車のシーン綺麗でした。キャラの特徴をあのシーンだけで説明できるし、素敵だと思いましたよ。ま、二人がいいならいいんだけど。私なら嫌だけど(笑)。
もちもちばさん 4点(2003-08-04 22:08:43)
25.《ネタバレ》 ホント嵐でしたね。 双方それぞれ地が固まることを願いましょ。 サンドラが何を買ってんだろうと最初思ってました、、そうかぁ。 ベンの婚約者、ドタキャンをつきつけにくい顔の彼女にキャスティングしてるわなあ。(ERで出て来たら「今日は何があったんや? 言うてみ」と聞いてあげたくなる。) 結果オーライ~、楽しい嵐でした。
かーすけさん 6点(2003-07-25 13:23:57)
24.サンドラの魅力でカバーされている気がする。そんな気持ちで結婚していいの!?
さん 6点(2003-07-06 00:04:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 5.47点
000.00%
100.00%
200.00%
3511.63%
449.30%
51125.58%
61432.56%
7716.28%
824.65%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS