ゴースト&ダークネスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴースト&ダークネス
 > (レビュー・クチコミ)

ゴースト&ダークネス

[ゴーストアンドダークネス]
The Ghost And the Darkness
1996年【米】 上映時間:110分
平均点:4.85 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスアドベンチャーパニックもの動物もの実話ものモンスター映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ホプキンス
助監督リー・クリアリー(第二班助監督)
ジョシュ・マクラグレン(第二班監督)
キャストヴァル・キルマー(男優)
マイケル・ダグラス(男優)
トム・ウィルキンソン(男優)
バーナード・ヒル(男優)
エミリー・モーティマー(女優)
オム・プリ(男優)
ブライアン・マッカーディー(男優)Angus Starling
磯部勉(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版)
納谷六朗(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
長島雄一(日本語吹き替え版)
佐々木梅治(日本語吹き替え版)
深見梨加(日本語吹き替え版)
稲葉実(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
荒川太郎(日本語吹き替え版)
脚本ウィリアム・ゴールドマン
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アレクサンダー・カレッジ
撮影ヴィルモス・ジグモンド
ガブリエル・ベリスタイン(第二班撮影監督)
製作ゲイル・アン・ハード
A・キットマン・ホー
パラマウント・ピクチャーズ
グラント・ヒル〔製作〕(共同製作)
製作総指揮マイケル・ダグラス
スティーヴン・ルーサー
配給UIP
特撮スタン・ウィンストン(特殊効果)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
美術スチュアート・ワーツェル(プロダクション・デザイン)
衣装エレン・マイロニック
編集スティーヴ・ミルコヴィッチ
ロバート・ブラウン[編集]
録音サイモン・ケイ
字幕翻訳岡枝慎二
その他グラント・ヒル〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ケビン・デ・ラ・ノイ(ロケーション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.精悍なヴァル・キルマーはヤバイくらいにかっこいいし(本作でラジー賞にノミネートとかウソでしょ?)、エキセントリックなハンター役のマイケル・ダグラスもハマっています。アフリカの大自然や橋梁建設場面のスペクタクルを捉えるヴィルモス・ジグモンドによる撮影、ジェリー・ゴールドスミスによる音楽も素晴らしく、この映画なかなか弾は揃っています。しかし、監督の無能によってこれらすべてが台無しに。この企画には並外れた演出力が必要であり、スティーブン・ホプキンスのような凡庸な監督には荷が重すぎました。見せ場における緊張感のなさは異常であり、作品のハイライトであるハントシーンよりも、つなぎのドラマパートの方が面白いというあんまりな状態となっています。技術的な制約によりタイトルロールである「ゴースト」と「ダークネス」の全身像をほとんど写せなかったというハンデは確かにあったのですが、写せないことを逆手にとって動物を動物以上のモンスターとして見せた「ジョーズ」という先例があるのですから、演出にはもっと頑張って欲しいところでした。
ザ・チャンバラさん [レーザーディスク(字幕)] 3点(2011-01-17 21:38:20)
39.《ネタバレ》 凡作。前半は多少期待させてくれるものの、後半の展開があっさりしすぎ。実話ベースだそうだが、だとしたら「実話の限界」がそのまま出てしまっているのかもしれない。映像からは、ライオンの恐怖も、あまり伝わってこない。
mohnoさん [DVD(字幕)] 5点(2008-10-26 01:01:26)
38.予告編が秀逸で、気になっていたところビデオ化されたので鑑賞しました。古典的な冒険活劇風ハンティング映画でした。面白いところも随所にあるのですが、出来としては傑作の域には残念ながらいたらず、です。
ジャッカルの目さん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-03 17:15:58)
37.マイケル・ダグラスが画面に映った瞬間に母が一言「あら、カーク・ダグラス老けたわね」実の息子が腰痛で苦しんでる時に笑わせるな!!
一番星☆桃太郎さん [地上波(吹替)] 5点(2006-03-22 15:13:38)(笑:1票)
36.マイケルダグラス健在!!ってところでしょうか。。
彼の存在感はさすがです。
このお話は19世紀末ってことですが、あのころは人種偏見すごかったと思うんですが、その辺はさらっと流していますね。
にしても、2頭のライオンの憎憎しいこと。。でも、あれって狡猾で残忍なライオンを通して人間の残酷さと狡猾さを描いてたと思うんですが、、おいらの考えすぎでしょうかね^^;
ぐっきいさん [ビデオ(吹替)] 6点(2006-03-05 14:57:26)
35.なんともまあアッサリした展開に拍子抜けの部分もあり、もうちょっと勿体をつけて盛り上げてくれたってバチ当たらんだろうに。「えっ今ので死んじゃったの?」みたいなツッコミを何度も入れてしまうこのアッサリ感・・・。しかしそれを差し引いても、なかなか面白かったと思いますよ。自然の猛威との闘いというテーマそのものに、シートン動物記でも読んでるようなワクワク感があります。ちょっとシャレたセリフなどもあり、脚本がなかなか魅力的。最初の方でパターソンと助手が木の上でライオンを待ち伏せするシーン、助手が腹痛を訴えるのはこりゃ明らかに仮病なんだけど、わざわざセリフではっきり示したりはしない(セリフで説明しちゃうと映画がどんどん薄っぺらくなる)。こういうのも「観る」楽しみだったりする訳で、割とこの映画は楽しめましたよ(まだ足りないという声はあるかもしれませんが)。しっかし結局、観ててどうしても、「何でヴァル・キルマーやねん!」「何でマイケル・ダグラスやねん!」という根源的な疑問(というかツッコミ)は払拭されませんでした。ミスキャストと呼ぶだけでは済まされない何か異様なものがありますな、わっはっは。マイケル・ダグラスのキャラにはもう少しアクがあってもよかったですかね。
鱗歌さん [地上波(字幕)] 7点(2005-05-22 01:52:33)
34.Ummmmm.....かなり暇な映画でした-_-;。。もっと神秘的というかもっと現実離れしてるようなことを期待してたのに意外と現実的。
A.O.Dさん 3点(2005-02-08 00:52:35)
33.いくらそのライオンが悪魔的とか残虐とか口で説明されても、肝心の映像表現が伴っていないのだからまったく意味がない。単に2人の狩人が狩をしてますというだけの話。ヴァル・キルマーの演技力の欠如がつまらなさに拍車をかけている。
Oliasさん 4点(2005-02-02 03:26:17)
32.もう少し工夫すれば名作になったという感じでしょうか。まぁ、実話だからしょうがないんでしょうけど。例えば、主人公がだんだんと強くように描くとか。
山椒の実さん 5点(2005-02-01 21:32:30)
31.展開が単調なのが残念。実話だから我慢するが・・・
ボバンさん 5点(2005-02-01 18:09:06)
30.ライオンが怖かった~。でも、かっこよかった~。題名から、ホラーもんだと思って観始めたときは、あれ?と思っちゃいましたけど。。。
海賊さん 5点(2004-10-30 23:27:50)
29.アイタタ、ライオンかぁ。実話、ねぇ。うーん、期待が大き過ぎたのかな。
マックロウさん 4点(2004-06-09 13:45:43)
28.自分の知り合いに、飼い猫に「ゴースト」と「ダークネス」と名づけたバカ者がいます。
永遠さん 2点(2004-05-18 20:00:02)
27.アフリカの雄大な自然も良かったし、ライオンも「ジョーズ」バリの恐怖感があってなかなか良かったです。単純に楽しめると思います。実話というのも驚きです。
東京50km圏道路地図さん 6点(2004-02-08 05:03:49)
26.意味がわからないモンスターを恐怖とするより、我々がよく知っており、もう恐怖と認識している者を題材にするのが一番良いと感じました。
000さん 8点(2004-01-06 13:59:08)
25.あまり印象にもこらないですね。ライオンの怖さは伝わったけど。
腸炎さん 6点(2003-12-26 21:36:07)
24.設定的にすごくおもしろうそうなのに期待はずれ。普通のライオンじゃん。つまんない。ハラハラ全然しない。
とまさん 3点(2003-12-09 18:48:03)
23.どこか物足りない。小さくまとまりすぎた感じがする。
ディーゼルさん 4点(2003-11-30 18:56:29)
22.ぬいぐるみ?かわいいじゃない。イヤでも実話だと思うとほんと怖い話だな。しかしながらバルキルマーの顔がなぜか観ていてムカつくので減点。…。音楽は良かったな、今でも大自然ドキュメント的番組のBGMでよく聴くよね。
らいぜんさん 3点(2003-11-28 21:19:46)
21.宣伝だとまるで未開の地に鉄道を敷く苦労物語、みたいに思えるのに、実際の中身は「ジョーズ」の流れを汲む映画でした。宣伝ミス?「ジョーズ」タイプとしては良く出来てる方、って感じで楽しめました。もう少しライオンが怪物っぽさ爆発!(全長8メートルのライオンとか、口が裂けてて牙が100本くらい並んでるとか)な方がいいんだけどな、とも思いましたが、実話の映画化ですから、そうもいかないんでしょうね。
あにやん‍🌈さん 6点(2003-11-22 16:31:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 4.85点
000.00%
125.00%
212.50%
3615.00%
4717.50%
5820.00%
61025.00%
7410.00%
825.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review4人
4 音楽評価 4.25点 Review4人
5 感泣評価 3.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
音響効果賞 受賞 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1996年 17回
最低主演男優賞ヴァル・キルマー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS