ピカソ-天才の秘密のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヒ行
 > ピカソ-天才の秘密の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ピカソ-天才の秘密

[ピカソテンサイノヒミツ]
Le Mystère Picasso
ビデオタイトル : ミステリアス ピカソ 天才の秘密
1956年上映時間:78分
平均点:8.45 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
ドキュメンタリー
新規登録(2004-11-26)【あまみ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
出演パブロ・ピカソ
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー(ノンクレジット)
クロード・ルノワール(ノンクレジット)
脚本アンリ=ジョルジュ・クルーゾー(ノンクレジット)
パブロ・ピカソ(ノンクレジット)
音楽ジョルジュ・オーリック
撮影クロード・ルノワール
製作アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
美術パブロ・ピカソ(ノンクレジット)
編集アンリ・コルピ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 ピカソが作品を作る様子をひたすら裏側からとり続ける作品。数分で出来る作品もあれば、かなり長い時間をかけて作ったものをカットしてつないだ作品もある。様々な作品が作られていく。
途中まで何なのか分からないような線が最後に作品に結実していったり、リアルに描いていた牛が最後に消されてキュビズム的な牛に描き替えられたり、あるいは途中で方針転換したりと、こういう風に絵は描かれているのかと感じさせられる。

■解説もなし、ナレーションもなし、ピカソの姿や声もたまに出てくるだけ、というストイックな構成で、この氏後では絶賛されているが、見る人をすごく選ぶ作品だと思う。退屈な人にはとことん退屈だろうが、はまる人にはすごく刺さるはず。
θさん [インターネット(字幕)] 8点(2020-09-17 10:43:46)
10.《ネタバレ》 期待せず見に行って、たまげた作品。裏側から撮っているシーンはゾクゾクする。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-21 13:48:22)
9.《ネタバレ》 何?ピカソの映画だと?ただ絵を書いてるだけだろ!と思うかもしれないけど凄いぞ!一瞬足りとも眼が離せない。絵が一つ一つ違って見えてくるその画き方も凄いし、出来上がったかと思ったらその絵がこれまた別の形として現れてくるあたりの凄さ、面白さ、ピカソが描いている所を裏から撮影しているカメラワークの巧みさ、色んな意味で何だか凄い作品を見てしまったような錯覚に陥る。ただ絵を書いているだけなのに何故これほどスリリングなんだ?恐るべし!クルーゾー監督!この監督、全くと言って良いほどハズレがない。しかもどの作品も傑作ばかりだ。これまた凄いドキュメンタリー映画を見てしまった。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2011-01-12 22:37:10)
8.ピカソが身近に感じられるという点だけでも、あまりに貴重な作品。
しかも、ピカソ自身が「ひどい、失敗だ」ともらしたりと、人間らしい一面をのぞかせたりするのが面白い。

もう少しピカソのおしゃべりを聞きたかった気もするが、ピカソがどのように画を創り上げていくかが徹底的に描かれていて、それはそれで良かったように思う。

それにしても、ピカソの背景の描き方が鮮烈に印象に残った!
さらりと簡潔に背景画を挿入したりするのだが、これが実にシンプルでいて、何を現しているかが分かってしまうところが凄い。

裸で去るラストのピカソはカッコよすぎた。
ところで、終始、裸なのはピカソのこだわりなのだろうか。
裸で描くと、何が変わるのだろうか?

私にはその“秘密”が最後まで分からなかった。
にじばぶさん [インターネット(字幕)] 8点(2010-02-21 15:29:21)
7.《ネタバレ》 「この映画は、ストーリーはあってないようなもの・・・」というレビューを過去にいくつも書いたことのあるこの自分でもこの映画にだけは馴染めませんでした。
ストーリーを語る意思がないというような映画にはよくお目にかかりますが、この映画はとにかく単調すぎる。デッサンそのものに興味がある人ならば垂涎ものの映画ですが、自分にはデッサンの過程をただひたすら繰り返すというのが決定的にだめなんです。
途中からいきなり、スコープサイズの画面になってそれに伴い劇場のカーテンも広がり、終盤への盛り上がりも出てきて、最後の絵も映画を締めるに相応しいような壮絶な(!)デッサンだったのに、ただただデッサンを繰り返すだけという余りにも単調すぎるストーリーのみが低い評価をするに至っただけです。
一番最初のインターバルでピカソが「楽しい!寝ないで朝まで描ける」と、楽しそうな表情を見せていたところが唯一の救いのポイント。もっとインターバルが多ければもっと面白く感じられたと思います。
もっつぁれらさん [映画館(字幕)] 6点(2008-08-10 02:32:35)
6.正直に言ってしまえば、キュービズムに走って以降のパブロ・ピカソの前衛絵画は全く理解出来ないし好きでも何でもなかった。しかし、本作の撮影に対し鷹揚な態度で全面協力したピカソの旺盛なサービス精神にはほとほと敬服した。と同時に好感度が一気に急上昇した。撮るのが鬼才クルーゾーなればこその全面協力と持ち上げたいところだが、矢張りここは創作現場にズカズカ乗り込んで来た本作スタッフの挑戦を余裕綽々で受けて立ったピカソの度量を褒めるべきだろう。具象から抽象への変移が刻一刻とフィルムに込められていくプロセスは、並みのフィクション映画なんぞ比較にならないくらいスリリングで面白い、余りに面白過ぎる。本物の映画監督が撮影した本物の芸術家ドキュメンタリーのマスターピースへ限りない敬意を込めて10点満点しかありえない!
へちょちょさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2007-05-25 04:09:59)
5.《ネタバレ》 主役であるピカソとキャンバスにこめられた情熱がこの映画の眼目であることは間違いないけど、監督クルーゾーの映像テクニックに酔いしれる。ワンショット撮影やコマ落とし、フィルムの残量を確認しつつ絵の完成まで撮りきれるか(編集等で何とかなってしまうのはわかっているが)、というのはドキュメンタリーというよりサスペンス映画の巨匠が取り上げた必見の一本というところか。これは面白い。
Nbu2さん [DVD(字幕)] 9点(2006-06-24 18:00:54)
4.こりゃ凄い。目が釘付けとはこのこと。所々にほんの少しだけ撮影風景が入るだけで、後はピカソの絵が出来ていく様子を1時間20分、延々と映してるだけなのに、体感的には20分位にしか感じられなかった。最初の方は一般的なデッサンの素描風。続いてピカソらしいキュービズム風作品の行程になる。幾何学的な数本の線が徐々に作品になっていくスペクタクル。やがて色使いも鮮やかな作品が登場し、クライマックスはシネスコ画面で展開する「海辺の風景」(命名私)の試行錯誤。このフィルムはフランスの国宝に指定されてるそうですけど、それもむべなるかな。本作はピカソの絵画と同等の価値がある。何故ならこの映画には、作品とその「秘密」と共に、ピカソのエネルギーが封じ込められているからです、9点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2006-05-29 00:23:52)
3.ピカソさん大好きなのでCSで放送されて嬉しい。
早速観てみました。
(私の観た作品は題名が「ミステリアスピカソ 天才の秘密」となっていました。)
ミステリアスと言う題名ですが、この映画では気さくな雰囲気で出演。
それなのでピカソさんをとても身近に感じました。
こういう順番でこういう風に画いていたんだ~(感心)
とても興味深かったです。
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-05-18 22:08:19)
2.これって本当に超一流のサスペンス映画だと思います。凡人の発想としてはインタビューや作品解説を入れてみたくなるところですが、そうした余計な「言葉」が一切無いので、これは闘牛場だろうか?とか画家自身の姿だろうか?とか、作品を自由に鑑賞することができます。何回観ても飽きません。ピカソは70歳を超えていると思われますが、元気のかたまりですね。
あまみさん [ビデオ(字幕)] 10点(2005-04-29 00:32:19)(良:1票)
1.ピカソの絵画制作過程が、特殊キャンパスの裏面を通して直に画面上に描写される。

モノクロの簡素な描画(スタンダード画面)から始まり、
最後には大掛かりな油彩(シネスコサイズ)にスケールアップして
変幻自在に絵筆が展開される様が非常に圧巻であり、劇的な構成も工夫されている。

中盤では、色鮮やかなキャンパスと対比して色を落とした硬質な画面で
撮影風景が挿入されその手法の種明かしをしてくれると共に、
フィルム残量を示しながらの時間制限のサスペンス要素を取り入れたりと、
『恐怖の報酬』の監督らしい趣向が凝らされている。

最後の油彩制作過程は裏面からのリアルタイムの撮影は当然出来ない為、
表面側からコマを割っての撮影となり必然的に画家の試行錯誤の「間」は
省略されてしまっているのが残念だが、
このクライマックスの画面変化は凄まじい。

完成品の内側に込められた膨大な下書きと手直しの過程。
絵がまさに躍動する。
モーション・ピクチュア=映画である。
ユーカラさん [DVD(字幕)] 9点(2005-03-05 17:52:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 8.45点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
619.09%
719.09%
8327.27%
9436.36%
10218.18%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS