Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004)
 > (レビュー・クチコミ)

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004)

[シャルウィダンス]
Shall We Dance?
2004年【米】 上映時間:106分
平均点:6.55 / 10(Review 106人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-04-23)
ドラマラブストーリーコメディリメイク音楽ものロマンス
新規登録(2004-12-03)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2020-08-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・チェルソム
キャストリチャード・ギア(男優)ジョン・クラーク
ジェニファー・ロペス(女優)ポリーナ
スーザン・サランドン(女優)ビヴァリー・クラーク
リサ・アン・ウォルター(女優)ボビー
スタンリー・トゥッチ(男優)リンク・ピーターソン
アニタ・ジレット(女優)ミス・ミッツィー
ボビー・カナヴェイル(男優)チック
オマー・ベンソン・ミラー(男優)ヴァーン
タマラ・ホープ(女優)ジェナ・クラーク
スターク・サンズ(男優)エヴァン・クラーク
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ディバイン探偵
ニック・キャノン(男優)スコット
ジョン・オコネル〔振付〕(男優)審査員
ジャ・ルール(男優)
津嘉山正種ジョン・クラーク(日本語吹き替え版【DVD】)
田中敦子〔声優〕ポリーナ(日本語吹き替え版【DVD】)
弥永和子ビヴァリー・クラーク(日本語吹き替え版【DVD】)
岩崎ひろしリンク・ピーターソン(日本語吹き替え版【DVD】)
小宮和枝ボビー(日本語吹き替え版【DVD/日本テレビ】)
翠準子ミス・ミッツィ(日本語吹き替え版【DVD】)
檀臣幸チック(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木敏ディバイン探偵(日本語吹き替え版【DVD】)
木下浩之ジョン・クラーク(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
岡寛恵ポリーナ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤田淑子ビヴァリー・クラーク(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
仲野裕リンク・ピーターソン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
京田尚子ミス・ミッツィー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
土師孝也ディバイン探偵(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
桜井敏治ヴァーン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高木渉チック(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本オードリー・ウェルズ
周防正行(オリジナル脚本)
音楽ガブリエル・ヤレド
ジョン・アルトマン[音楽]
作詞オスカー・ハマースタイン二世"Shall We Dance?"
ジョニー・マーサー"Moon River"
作曲リチャード・ロジャース"Shall We Dance?"
ヘンリー・マンシーニ"Moon River"
編曲ジョン・アルトマン[音楽]
ニック・イングマン
ジェフ・アトマジアン
主題歌久保田利伸日本語吹き替え版テーマソング 「a love story」
挿入曲ピーター・ガブリエル"The Book of Love"
撮影ジョン・デ・ボーマン
製作ミラマックス
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
振付ジョン・オコネル〔振付〕
衣装ソフィー・カーボネル
編集ロバート・レイトン〔編集〕
字幕翻訳戸田奈津子
その他ギャガ・コミュニケーションズ(提供)
ジョン・アルトマン[音楽](指揮)
メリル・ポスター(スペシャル・サンクス)
あらすじ
シカゴ郊外の一軒家に、キャリア・ウーマンの妻と素直でかわいい娘と息子と暮らすクラーク氏の日常は、幸せだけどちょっと退屈。いつもと同じように仕事を終え、いつもと同じように電車に乗り、いつもと同じようにふと外に目をやると、そこにはいつもと違う憂いを帯びた美女が。 始まりは、恋より淡い恋心。しかし彼女に導かれるように電車を飛び降りた彼に、人生を変える出会いが待っていた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
106.社交ダンスのイメージ 日本=入門するのにちょっと恥ずかしい アメリカ=やってる奴はゲイ。文化の違いが見れて面白かったです。内容もハートウォーミング。
カップリさん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-10 14:38:07)
105.日本版より、よりスタイリッシュでコメディ要素は減少。うまくリメイクしてる。
nojiさん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-12 19:23:40)
104.《ネタバレ》 オリジナルの邦画バージョンを観たのがずいぶんと昔のことで、ほとんど記憶に残ってないので比較の術もないのだけれど、もっとコメディ色が強かったイメージがあります。本バージョンは夫婦の絆がメインとなっているようです。観終わった後は暖かい気持ちに包まれます。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 7点(2013-02-05 19:21:18)
103.2012.12/30 鑑賞。何といってもリチャード・ギアが良い。ジェニファー・ロペスは草刈民代のイメージと違うが、でも・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-06 13:28:59)
102.何かあんまり面白くなかった。やっぱリチャード・ギアの奥さんがイマイチ女としての魅力に欠ける。先生はナイスバディでいい女だから口説き文句もスラスラ出てくるけどあの奥さんに「愛してる」とは正直言いづらいわなぁ~(苦笑)そんなわけで感情移入ができませんでした。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 4点(2012-12-23 16:45:29)
101.《ネタバレ》 オリジナルを見たのがずいぶん前なもんで実はあんまり覚えてないんだけど…結末は違ったのね? 竹中直人の役とか、えらい忠実にリメイクしたのねーとか思って見てたんだけど…ラストだけはアメリカ人にウケがいいようにハッピーエンドに変更ってことなのかしら?? 今回アタシがこのハリウッド版を見るにいたったのは、アメリカ人の友達に「オリジナルのほうが絶対イイ!」って力説されたからなんだけど…オリジナルを覚えてないんじゃ比較のしようがないわね。 ホホ。 アタシがこの映画で一番興味を惹かれたのは、実は奥さんの気持ちだったりするのよね。 別に浮気してるわけじゃなし、ダンナが熱中できる健全な趣味を見つけてイキイキしてるのは、奥さんにとっても喜ばしいことなはずだし、そういう意味では奥さんがキレるのは理不尽な気もするわけだけど、自分だけ蚊帳の外ってのがなんか不満っていうか…。 自分にも見せたことないような幸せそうな表情を、自分の知らないところで赤の他人に見せてたってのがなんかムカついて、自分でも大人気ないってわかってるけど、つい不貞腐れちゃうみたいな。 これまで何十年と続けてきた「幸せな」日常に、実はダンナは空虚感を抱いてて、しかもそれを自分のまったく知らない世界で、自分には秘密で埋めてたってのが…ある意味、奥さんからしたら一夜かぎりのアバンチュールよりショックかも。 ま、ダンナの「社交ダンスしてるなんてこっ恥ずかしくて言えねーよ」って気持ちもわかるんだけどさ。 その点、ジョン・クラークが最後にとった行動は、奥さん目線で見ればパーフェクト! そりゃ冷めかけた恋の情熱ももう一度燃え上がるわってなもんで。 で杉山さんは最後どうしたんだっけ? …早いうちにオリジナル再見しなきゃ。
梅桃さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-10-14 11:40:03)
100.《ネタバレ》 結末はこちらの方が断然好きです。
最後は奥さんとダンスをしてハッピーエンドで終わってますが、日本版の終わり方はきっと離婚まで行くだろうなあと思います。
ウルフィーさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-09-22 21:08:57)
99.途中までは、「日本版とよく似た俳優探してきたなあ」とか「ここの演出は日本版の方がいいかも」と、比較しながら見ていましたが、見れば見るほど、この話はやはり日本で生まれた話で、アメリカ版にするには無理があると思い始め、ラストは腹が立つほど違和感を覚えました。和食にマヨネーズやケチャップをかけて食べたら、一瞬面白かったけど所詮はゲテモノ・・・そんな感じでした。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2012-06-21 15:53:38)
98.見てて幸せな気分になれる良い映画。雰囲気に飲まれたのか途中からずっと感動
しっぱなしでした。オリジナル版と比べてこっちの方がハッピーな感じで
重さがなくバランスが良いのですごく見やすかったです。HACHIといい日本に縁が
あるリチャード・ギアが主演だったのでそれも高評価の一因です。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2012-02-05 11:21:20)
97.《ネタバレ》 リチャード・ギアの純粋な瞳と表情は見る人の心を癒す力がありましたね。ジェニファー・ロペスの美しいボディラインには圧巻され、個人的には堪らなかったです。この二人の出演だけでも、作品の魅力が上がります。となると、彼の妻がスーザン・サランドンでは・・・ちょっとキツいです。その他オマー・ベンソン・ミラー等、コミカルな出演陣で脇役を固め、大人から子供まで気軽に楽しめる娯楽映画に仕上っていて好感がもてます。幸せな家庭の中で暮らし、何の趣味のない主人公が些細なきっかけを機に、ダンスにのめり込み、人生の楽しみ方を知る。こんな素晴らしいことはないでしょう。私は多趣味ですが、人生をかけてみるところまでは進展してません。「私の生きがいはこれだ!!」というのを見つけたいと思います。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2011-04-30 18:14:52)
96. この映画を見ながら、自分は逆説的にいかに竹中が嫌いかはっきり分かった。
スタンリー・トゥッチが特に上手かったわけではない。ただ忠実に役柄をこなそうとしてるだけで。しかし、その分、つまりどんな役柄でも自分の奇矯な個性で染めなければ気がすまない役者が出てない分、こちらを上品に感じた。
rhforeverさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2011-04-30 12:14:54)
95.いや、まあネタ不足のハリウッドにいい題材を提供してあげたなあ、と思いましたね~。いい出来です。アメリカじゃだめだよ、もともとあっちの文化だからさあ、あの気恥ずかしさみたいなのがあの映画の醍醐味なのに、と思ってたけど、妻に隠れてダンス教室に通う、主人公のそういう行為にちゃんと説得力があって、上手に料理されてました。キャスティングもオリジナルの主要なキャラは似たようなのを調達し?て殆ど出してましたね。しかし、渡辺えり子役のおばちゃんはかっこよすぎ、妻役のスーザン・サランドンはピキピキしたキャリア・ウーマンで、原日出子とは似ても似付かんキャラになってました。まあ、太ってても白人さんはドレスなんか決まっちゃうし、オリジナルの妻みたいな妻はアメリカではほとんどいないだろうから、それでいいんだろうケドね。ただ竹中直人役の人は絶対オリジナル観てるよな、やはり本家にはかないませんが、まあ頑張ってて結構好感が持てました。
でも比較でいうとやっぱりオリジナルに軍配ですね。実はオリジナル、本当は高い点をつけたかったのですが、草刈さんの棒読みに(台詞回し以外は文句なしなのですが)どうしてもテンポよく見れず、6点なのです。でもこれは松嶋奈々子よりナオミ・ワッツが優れてたからとリメイクの方を高評価したリングと違い、こっちを高くする気になれませんね。確かに台詞回しは草刈さんよりジェニロペ嬢がずっと上だし、ダンスも遜色ないくらい上手だけど、どうも品が足りない。それに唯一草刈さんが決めたセリフ、Shall we dance?が全く決まってなかった。まああの部分演出も悪いんだな、あれって映画の正にハイライトなのに。
ということで、こっちも良かったけど、オリジナルの良さも再認識させられたので、そうだな、あっちを1点あげときます(笑)。
あっかっかさん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-02-27 13:27:40)
94.誰が見たって役所さんのほうがいい男でセクシーでしょう。比べようと思った時点で失敗でした。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 3点(2009-02-11 17:58:41)
93.《ネタバレ》 周防監督作品と、どうしても比べてしまうわけで。なんとか竹中直人を探そうとするが見あたらず、しまいにはハゲを捜して…。それなりに楽しめます。全編見終わって思うのは、リチャードギアと役所さんって、めちゃ似てます。しかも紳士度は役所さんのほうがやや上回っているようにも感じられます。ジェニファーはラテンやチャチャを踊らせるとピッタリ感ありますが、ソシアル向きでは無かったように見受けられたのでマイナス2で、この点数→
成田とうこさん [試写会(字幕)] 5点(2008-04-24 06:31:26)
92.アメリカでの社交ダンスの認識がどういう立場なのか知りませんが、日本人よりは馴染みがあるに決まっている。

日本人とダンスという取り合わせ自体が狙い所でもあるので、向こうではいたって普通のホームコメディって感じになるのでしょうか。

とりあえず自分の評価はオリジナル版と同じに。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 6点(2007-10-14 12:32:30)
91.ハリウッドがリメイクするとまさにこうなることは予想できる。
あるまーぬさん [DVD(字幕)] 6点(2007-07-24 20:56:35)
90.「どうしても日本版と比べながら観てアラを探しちゃうんだろうなぁ~」と思って鑑賞しましたが、なかなか良いリメイクでした。確かに日本版特有のワビサビや「ダンスを習うことの気恥ずかしさ」というものはさすがにお国柄の違いか演出することはできなかったんでしょうが、逆に日本版で物足りなかったラスト近くの「妻を同伴して先生のお別れパーティーに行く」経緯が(たとえアメリカ的、ハリウッド的と言われても)すごく良かったです。役者さんもそれぞれの元キャラの雰囲気を損ねていなかったのも好印象(ただ、スタンリー・トゥッチは竹中直人の物マネしてる?みたいなシーンがありましたが(笑))。リメイク映画も料理次第ではイケる!と思った次第です。
ライヒマンさん [地上波(吹替)] 8点(2007-03-18 22:45:31)
89.オリジナルにはかなわないが、リメイクもそれなりの味が出ていると思う特にあのラストはオリジナルよりもよかった
甘口おすぎさん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-15 19:20:31)
88.日本版も面白かったけど、個人的にはこちらの方が好みかも。リチャード・ギアめっちゃカッコイイです!
バイオレットさん [地上波(吹替)] 7点(2007-02-15 15:58:17)
87.邦画は観てません。エスカレータを上ってくるギヤ夫,カッコ良すぎ。
マー君さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2007-02-11 14:29:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 106人
平均点数 6.55点
000.00%
110.94%
200.00%
332.83%
421.89%
51413.21%
63028.30%
73331.13%
81615.09%
932.83%
1043.77%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.90点 Review10人
2 ストーリー評価 7.82点 Review17人
3 鑑賞後の後味 7.93点 Review16人
4 音楽評価 7.94点 Review18人
5 感泣評価 5.66点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS