シャレード(2002)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シャレード(2002)
 > (レビュー・クチコミ)

シャレード(2002)

[シャレード]
The Truth About Charlie
2002年【米・独】 上映時間:104分
平均点:4.43 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
サスペンスミステリーリメイクロマンス
新規登録(2004-12-15)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2018-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・デミ
キャストマーク・ウォールバーグ(男優)ジョシュア・ピータース
タンディ・ニュートン(女優)レジーナ・ランバート
ティム・ロビンス(男優)ルイス・バーソロミュー
アンナ・カリーナ(女優)本人役〈女優として〉
テッド・レヴィン(男優)エミール・ザドペック
スティーヴン・ディレイン(男優)レジーナの夫 チャーリー
シャルル・アズナヴール(男優)本人役〈歌手として〉
マガリ・ノエル(女優)黒服の謎めいた女性
アニエス・ヴァルダ(女優)未亡人
リサ・ゲイ・ハミルトン(女優)ローラ・ジャンスコウ
パク・チュンフン(男優)イ・イルサン
森田順平ジョシュア・ピータース(日本語吹き替え版)
佐々木優子レジーナ・ランバート(日本語吹き替え版)
内田直哉ルイス・バーソロミュー(日本語吹き替え版)
咲野俊介(日本語吹き替え版)
廣田行生(日本語吹き替え版)
弥永和子(日本語吹き替え版)
斎藤昌(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
松岡洋子(日本語吹き替え版)
飯島肇(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・ストーン(オリジナル脚本&脚本)
ジョナサン・デミ
ジェシカ・ベンディンガー
音楽レイチェル・ポートマン
作詞アンナ・カリーナ"Charade d'amour"
挿入曲アンナ・カリーナ"Charade d'amour" and "Sous le Solei exactement"
撮影タク・フジモト
製作エドワード・サクソン
ジョナサン・デミ
ユニバーサル・ピクチャーズ(共同製作)
製作総指揮イロナ・ハーツバーグ
美術アリーヌ・ボネット(セット装飾)
編集キャロル・リトルトン
その他スタンリー・ドーネン(スペシャル・サンクス)
アンナ・カリーナ(スペシャル・サンクス)
ポール・トーマス・アンダーソン(スペシャル・サンクス)
リュック・ベッソン(スペシャル・サンクス)
デヴィッド・バーン〔音楽・1952年生〕(スペシャル・サンクス)
エレン・クラス(スペシャル・サンクス)
ナンシー・サヴォカ(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.ジョナサン・デミ作品には同業の監督を俳優として出演させていることがよくあって、おそらくはヌーヴェルヴァーグ諸作品の影響だろうと思っていたのですが、フランス・パリを舞台とするこの作品はそのことを証明するかのようにヌーヴェルヴァーグの足跡をそこかしこに記してゆきます。劇中、『ピアニストを撃て』に言及するシーンがあってシャルル・アズナールの歌が流れます。するとアズナール本人が歌っている姿が映し出される。『サムシング・ワイルド』のシスター・キャロルと同じパターンです。ここは思わず嬉しくなっちゃうシーンでしょう。ミュージカル映画のような非現実的なダンスパートナー交代シーンや演者が観客に向かって笑顔を振りまいたりするのも、手持ちカメラ(?)風で見せるパリの街並みもいかにもヌーヴェルヴァーグだし、アニエス・ヴァルダやアンナ・カリーナの登場も嬉しい。ヌーヴェルヴァーグなんて知らないよと言われればそれまでなんですが、個人的にはけっこう好きです、これ。ああ、あんたも好きね。って感じでしょうか。オリジナルの『シャレード』は見てなくてもいいですが、ヌーヴェルヴァーグ諸作品はいくつか見ておいたほうが確実に楽しめます。 多国籍感溢れる面子はデミならでは。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2010-04-16 17:48:55)
6.なんかイマイチ話に乗っていけません。展開が不自然だし。
nojiさん [地上波(吹替)] 4点(2009-12-19 22:03:17)
5.意味不明なまま物語が進んでいき、意味不明なまま終了した。

評価が低くて見てる人少ないのも分かる
ラスウェルさん [DVD(吹替)] 3点(2009-11-02 13:02:00)
4.《ネタバレ》 オードリー・ヘップバーン・・・。美しく、気品に溢れ、コケティッシュでチャーミング。彼女の映画をリメイクするに当たって、誰をキャスティングするのか、そりゃあ難しかったでしょうなぁ。だからいっそ、きれいどころではない女優を連れてきたんだろうか。あの女優では説得力がなさすぎる。それに、意味の分からない事、理解しがたいことが多すぎる。悪者3人組と、そいつらと結託してるかどうか、あの時点では定かではないM
・ウォールバーグとなぜ一緒にお茶してるのか、あのタンゴを踊るシーンは必要なのか、何であそこで警察まで一緒になって踊っているのか、「レジーナ」のことをなぜあえて「レジー」と呼び続けるのか、そもそもあの3人は、悪者なのか、それともM・ウォールバーグと共にアメリカ政府のために働いているいい人なのか、あの意味ありげなプレゼントの包みはなんなのか、などなど、数えだしたらキリがない。あのミュージカル風の演出もしらけるし。必要ないよね。頭の中から「なんで?なんで?」が消えない100分間でした。
あやりんさん [DVD(字幕)] 4点(2008-06-20 21:57:57)
3.すぐに怪しい人を信用してしまうレジーナが馬鹿っぽいですが、最後まで飽きずに楽しめました。出来ることなら、レジーナ役が美人だったらもっと良かったのに・・・。
クロさん [地上波(吹替)] 7点(2007-03-07 16:05:20)
2.《ネタバレ》 「フィラデルフィア」以来長い間裏方に徹し1本しか監督しなかったジョナサン・デミがいまだA級俳優になれないサル顔マーク・ウォールバーグが主演で「隣人と静かに笑う」以降イマイチぱっとしないティム・ロビンスが脇役の映画作っちゃったね。オリジナルは見てないから比べることはできないけどこれだけは言える。サスペンスとは言えない映画なのでリメイクではないリメイクだなこれ。オリジナルを潰してるような気がする。とりあえず韓国人が出てるのは不思議に思いますが。襲ってきた敵らと仲良くなってるのもこれまた不思議。むしろオードリーの役を黒人女優が演じているのが一番の不思議。妙にツッコミ所があるので暇つぶしにはどうぞ。
M・R・サイケデリコンさん 3点(2005-01-04 22:00:40)
1.《ネタバレ》 まったくワケがわからないのは、米大使のバーソロミューを信頼?しているはずのレジーナが例の3人と仲良くなっているところ。そして仏警察がレジーナをチャーリー殺しの容疑者からはずした理由もなく、どーしてそーなったのかが理解できませんでした。例の切手にしたって、いつの間に??といった状態。そもそもサスペンス要素の高い映画に、ミュージカルや寓話、物語のような「理由はないけれど、そういうことになっている理論」を持ってきていいのかなぁ。あと、ストーリーには全然関係ないんだけれど、バーソロミューが川縁でミッション内容をレジーナに知らせる場面のBGMがヘンリー・マンシーニの『シャレード』テーマ音楽です。ハーモニカか何かの音ですっごいかすかに流れるだけなので気付かないかも。
元みかんさん 3点(2004-12-25 13:22:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 4.43点
000.00%
100.00%
200.00%
3342.86%
4228.57%
500.00%
600.00%
7228.57%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS