クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
 > (レビュー・クチコミ)

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃

[クレヨンシンチャンデンセツヲヨブブリブリサンプンポッキリダイシンゲキ]
2005年【日】 上映時間:92分
平均点:4.38 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-04-16)
SFコメディアニメシリーズものTVの映画化モンスター映画漫画の映画化パロディ
新規登録(2005-01-16)【リーム555】さん
タイトル情報更新(2018-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ムトウユージ
矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
藤原啓治ひろし
こおろぎさとみひまわり
村井国夫ミライマン
福圓美里プリティミサエス
真柴摩利シロ/風間くん
林玉緒ネネちゃん
佐藤智恵ボーちゃん
一龍斎貞友マサオくん
高田由美よしなが先生
納谷六朗園長先生
鈴木れい子となりのおばさん
郷里大輔部長
玄田哲章アクション仮面
大滝進矢カンタムロボ
大川透怪人カマキリン
小桜エツ子桜ミミ子
大西健晴カメラマン
中村千絵ホステス
坂井真紀TVレポーター
波田陽区ギター侍
原作臼井儀人
脚本ムトウユージ
きむらひでふみ
音楽荒川敏行
若草恵
作詞AI「CraYon Beats」
ムトウユージ「ユルユルで DE-O!」
作曲AI「CraYon Beats」
主題歌AI「CraYon Beats」
矢島晶子「ユルユルで DE-O!」(名義「のはらしんのすけ」)
撮影梅田俊之(撮影監督)
東京アニメーションフィルム
プロデューサー木村純一(チーフプロデューサー)
茂木仁史(チーフプロデューサー)
制作シンエイ動画
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ
配給東宝
特撮堤規至(CGI)
作画ムトウユージ(絵コンテ)
きむらひでふみ(絵コンテ)
原恵一(絵コンテ)
高倉佳彦(原画)
マッドハウス(原画)
Production I.G(原画)
タツノコプロ(原画)
末吉裕一郎(怪獣デザイン/原画)
金子志津枝(原画)
京都アニメーション(動画)
増井壮一(絵コンテ)
原勝徳(キャラクターデザイン/作画監督/原画)
湯浅政明(原画)
林静香(原画)
美術野中幸子(色彩設計)
川口正明(美術監督)
石田卓也〔クレイアニメ〕(ねんどアニメ)
京都アニメーション(仕上)
編集岡安肇
小島俊彦
録音大熊昭(音響監督)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
その他東京現像所(現像)
あらすじ
世界を救うために選ばれたのは普通の家族だった! 時空の歪みにより3分後の未来では怪獣が世界を破壊している。 そこで誰かが3分後の未来に赴き、現実の時間が追い付く前、 つまり3分以内に怪獣を倒さなければ世界は崩壊してしまう。 ひょんな事から未来へ赴くヒーローに選ばれたのが 我らがのはら一家は、未来から呼出のシグナルがなるたびに 未来へ赴く3分ヒーロー稼業が始まる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 無理矢理90分に伸ばした作品。ひたすら行われる尺稼ぎ。ストーリーは怪獣が出てきてただ倒すだけ。
たろささん [インターネット(邦画)] 1点(2017-01-23 21:39:58)
15.《ネタバレ》 つまらない。最大の欠点は怪獣を倒すことで時間を使いすぎて冗長になってる点(焼肉ロードと同じ失敗)。半分ぐらいでいいんじゃないだろうか。後半野原一家がどんどんボロボロになっていく展開にちょっと期待させられるが、それについて明確な解決がないまま映画は終わってしまうのも消化不良。最後のボスも意外ではあるけど馬鹿馬鹿しすぎて受け入れられないし、ぶりぶりざえもんが無言なのも奇妙でしかない(別の声優でいいからしゃべらせた方がいい)。
空耳さん [インターネット(字幕)] 3点(2016-05-31 01:50:26)
14.つまらなかった。
次に期待
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 4点(2014-09-17 00:41:07)
13.《ネタバレ》 異空間から転送されてくる怪獣。「パシフィック・リム」はこれをパクッたのか、なんて思ってワクワクしたんですが、そこからの展開が漫然としていました。特に中盤、ただ怪獣をやっつけるだけの展開にアクビが出ました。家が汚くなっても怪獣退治を「楽しむ」両親に、これはパチンコに執心して子供を駐車場の自動車に放置する親の話なのかと思ったけど、それは深読みでした。正義とは何か、みたいな命題を冒頭に掲げた割には、そこに着地した感がありません。世間に名を残さない3分間の献身の意義などはもっと突っ込んで良かったと思うんですけど、消化していません。最後は3分ルールも無視してました。ギャグにメッセージを込めるこのシリーズらしいキレが感じられなかったです。
野原家の朝の情景は面白かったです。日常のルーチンを客観的な視線で見たら、かなり楽しめるのだと思います。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2013-11-04 02:02:37)
12.《ネタバレ》 自分が観てきたクレヨンしんちゃん劇場版の中でワースト。初めの方で見られた野原家の朝(テキパキ動くみさえが中心となっている)以外には面白いと感じられるところがなく、非常に退屈だった。相手にならない怪獣を倒していくだけの日々になぜこれほどの時間を割くのか。ミライマンも何だかな~。CVに村井国夫を持ってくるセンスは好きだけど、キャラクターとしては面白みゼロ。全く心躍らされないアニメ映画であった。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 1点(2013-04-10 18:00:17)
11.設定がちゃちい。テンポが悪い。爽快感が無い。ラスボスがしょぼい。ぶりぶりざえもんの扱いが…。冒頭の早回しとエンドロールは好き。テレビで観たからよかったけど、レンタルだったら怒っている出来。
bolodyさん [地上波(邦画)] 3点(2010-08-07 00:29:35)
10.《ネタバレ》 前半のお気楽コスプレショーから感動シリアス路線へ転換するのは、しんのすけが男気を見せるシーン。「オラは弱い人をお助けするんだ」。でもこの台詞、家事を放棄したみさえが、しんのすけを自分の代わりに働かせるために使った詭弁と同じです。だから感動というより、ドキリとさせられる。口からでまかせだろうと、いい訳だろうと、親の言葉は子供にとって“絶対”なのだという事実にハッとさせられます。それはもう理屈じゃなくて。家で上司の悪口ばかり言っている親の子は、やっぱり悪口をいう子になるし、泣き言の多い親の子どもは、弱い子になってしまう。親の背中をみて子は育つもの。ラスボスの正体もその事を示唆しています。先に挙げたシーンは、感動を呼ぶ場面ではなく、世の親たちへ向けた皮肉の効いたメッセージだと感じました。ある意味、原作マンガに立ち戻ったといえるかもしれません。定番の「家族愛」を全面に押し出すのであれば、ミライマンとの別れのシーンをもっと感動的にすればいい。「怪獣をやっつけるのはたった3分間だ。だけど、子育ては何年も続く。毎日だ。これがどんなにスゴイことか。お父さんやお母さんはみんなヒーローだと私は気付いたよ。」こんな風にミライマンが語ったらきっと号泣したと思う。でも本作の場合はやらなくて正解。ひろしもみさえも、もちろん自分も、反省しなくちゃいけないから。もっとも、適当に手を抜かないとやってられないのが子育てというもの。情けない面を許してもらいながら、子供にとってヒーローであり続ける。そんな親になりたいと思いました。でもそれって考えてみれば野原ファミリーそのもの。やっぱりしんちゃん一家は素敵です。惜しいのは、前半のコスプレバトルシーンが冗長で、主題を描ききれていないこと。傑作になり損ねた作品だと思います。ミライマン村井国男の声優ぶりは満点でした。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 7点(2008-05-11 22:48:11)(良:1票)
9.《ネタバレ》 これ、元ネタは『エヴァ』の使徒ですかねぇ。で、怪獣ものでヒーローものでヒロインもの、と。「ちっとも3分じゃないじゃん」とか、「ひまわりを一人で行かせる神経が判らない」とか、「毎回リセットされるのに、何故世間がたった3分のヒーロー、ヒロインをちやほやできる?」とか、「そもそも野原一家も世間も異常事態を素直に受け入れ過ぎてて、切迫感が全然ない」とか、ひっかかる部分は多々ありました。延々と同じ事を繰り返すだけでドラマがなく、映画としての流れが生まれないままに、「これがクライマックス?」って状態に突入してしまいますし。でも、『クレヨンしんちゃん』らしい娯楽作品を提供する、って点では結構真っ当だった気がします。お下品ネタを随所にはさみ、アクション仮面やカンタムロボ、ぶりぶりざえもんにちゃんと花を持たせ、矢継ぎ早にエピソードを重ねる事で子供が飽きない作りになってますし、大きいお友達向けのネタもきっちり仕込んでありますし。みさえの豊富な変身パターンなんか、アレ、思わずキちゃう人、結構いるんでないかなぁ? 私はやられました。はい。
あにやん‍🌈さん [DVD(邦画)] 6点(2007-03-09 00:47:38)
8.なんですかこの映画は・・。オタクな雰囲気炸裂すぎて、中盤から萎えはじめた。波多陽区でドン引き。時事ネタにしては今までで一番イタイというか・・。あと、家がだんだん汚くなってく過程が不愉快だった。ストーリー的にそういう展開になるのはわかってるけど、他のしんちゃん映画の家族の団結が好きなので、個人的には微妙。あとまぁ・・最終的にこれ映画にしないでTVのスペシャル版くらいの話。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-27 21:24:35)
7.《ネタバレ》 「う~~ん」と考えるしかない映画だった。内容が劇場版にしては薄すぎ! たまにTV版である番外編となんら内容が変わりません。ミライマンはなにか重要なキャラだと思ったのですが、ただ居るだけのようなキャラでしたね・・・ てかラストしょぼすぎ!「踊れ!アミーゴ」が公開されるまでクレしん映画のワーストでした
のび太さん [DVD(邦画)] 2点(2006-08-07 21:30:53)
6.このシリーズは大好きなのですが、今作はいまいちという印象を受けます。最初の無声で語られる野原家の朝の物語、特にみさえの奮闘ぶりは笑えるし、良く分ります。テンポもあって、その苦労具合も観る者に上手に伝わってきます。しかし、みさえの苦労がクローズアップされている割には、スーパーヒロインになってうさを晴らすという展開に持っていくのは少しぎこちなさが。SFでもおとぎ話でも、何でもありのこのシリーズの魅力があまりにもこじんまりとしているので、勿体ないです。家族の結束、家族の大切さは、別にヒーロー、ヒロインを作らなくても充分に伝わるのでは。なんてったってしんちゃんそのものが、野原家のヒーローなんだから。
映画小僧さん [DVD(邦画)] 5点(2006-07-18 11:09:14)
5.またお決まりの家族大切物語となっております。映画ということで仕方ないのかもしれないけど、正直くどい。もう少し何とかならないものか。
雀返しさん [映画館(邦画)] 5点(2006-05-15 04:13:57)
4.テレビ放送見ましたが・・・ヒドイ出来だなぁと思っちゃいました。第三者の目で見ないと、こんなもの見ている自分が恥ずかしくなってしまいます。。。
はりねずみさん [地上波(邦画)] 3点(2006-04-01 21:07:45)
3.最近のしんちゃんは、「感動」を期待されすぎてると思います。もちろん、ギャグもあって、感動もできるのは、申し分ないですが、今回に関してはどっちも中途半端。もともとギャグマンガなんだし、そんなに感動路線に走らなくてもいいと思うんですよ。しんちゃんの魅力を出すのが最優先かと思います。
それに3分後の世界なんだけど、結局はずっと同じ場所で戦っているので、とっても狭く感じました。映画ならではのスケールのでかさが足りませんでした。
やいのやいのさん [映画館(字幕)] 5点(2005-04-26 00:07:30)
2.最近のクレしん映画は「子供向けの仮面を被った大人向け映画」
という感があり、それが良くも悪くもあったのだが、
今作は子供には子供への、大人には大人へと見事にボールを投げ分けている。
子供にはヒーロー物としての、大人には家族を問いかけるテーマ+時代がかったパロディという具合に見る人によっておもしろさが変わってくるハズだ。
また、シリアスで押したと思ったら直後にギャグで落とすバランスも絶妙で
文字通り、笑いあり涙ありの作品になっている。また、映画の尺自体も90分弱なのでテンポが良く、最後までだれることなく一気に鑑賞できた。
10点という評価はちょっと甘いかもしれないが、「万人が楽しめるクレしん映画」としては間違いなく最高峰なのでこの点を献上したい。
BAN/さん [映画館(字幕)] 10点(2005-04-18 13:13:32)
1.説教がましいところもあるが、野原一家は本当にいい家族なんだということが再確認できる映画でした。深く考えるとどこまでも深くなっていきそうな怪獣の仕組みとか、正義についての捉え方など、映画館でしんちゃんのおしりにきゃーきゃー騒ぐお子様にはわかんねえような難しいところもありつつ、それなりに感動的にまとめて楽しめました。
no_the_warさん [映画館(吹替)] 7点(2005-04-18 01:22:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 4.38点
000.00%
1212.50%
216.25%
3425.00%
416.25%
5425.00%
616.25%
7212.50%
800.00%
900.00%
1016.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 3.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS