Menu
 >
 >
 > 最後の恋のはじめ方

最後の恋のはじめ方

Hitch
2005年【米】 上映時間:119分
平均点: / 10(Review 48人) (点数分布表示)
ラブストーリーコメディロマンス
[サイゴノコイノハジメカタ]
新規登録(2005-02-24)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2015-04-05)【イニシャルK】さん
公開開始日(2005-06-04
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アンディ・テナント
助監督フランク・キャプラ三世(第二班監督)
キャストウィル・スミス(男優)アレックス・ヒッチ
エヴァ・メンデス(女優)サラ・ミラス
ケヴィン・ジェームズ(男優・1965生)(男優)アルバート・ブレナマン
アンバー・ヴァレッタ(女優)アレグラ・コール
アダム・アーキン(男優)マックス
マイケル・ラパポート(男優)ベン
ジェフリー・ドノヴァン(男優)ヴァンス・マンソン
フィリップ・ボスコ(男優)オブライアン
ジェナ・スターン(女優)ルイーズ
レイン・フェニックス(女優)ケイト
レベッカ・メイダー(女優)キム(ノンクレジット)
マット・マロイ〔男優〕(男優)
東地宏樹アレックス・ヒッチ(日本語吹き替え版)
瀬戸朝香サラ・ミラス(日本語吹き替え版)
長嶝高士アルバート・ブレナマン(日本語吹き替え版)
日野由利加アレグラ・コール(日本語吹き替え版)
石塚理恵ケイシー(日本語吹き替え版)
金尾哲夫マックス(日本語吹き替え版)
木下浩之ヴァンス(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
宮寺智子(日本語吹き替え版)
鈴木れい子(日本語吹き替え版)
松本大(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
大黒和広(日本語吹き替え版)
恒松あゆみ(日本語吹き替え版)
音楽ジョージ・フェントン
撮影アンドリュー・ダン
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(空中撮影監督)(ノンクレジット)
製作ウィル・スミス
ジェームズ・ラシター
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮ウィンク・モードーント
マイケル・タドロス[製作]
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
美術ジェーン・マスキー(プロダクション・デザイン)
パトリシア・ウッドブリッジ(美術監督)
衣装マルレーネ・スチュワート
編集トロイ・タカキ
トレイシー・ワドモア=スミス
録音ゲイリー・A・ヘッカー
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
学生時代につらい失恋を味わい、その経験から、恋愛下手な多くの男性たちに恋のきっかけを伝授することを志した、プロのデート・コンサルタントのアレックス。彼はファッションからキスの仕方にかけて、独自の恋愛基本ルールを顧客に伝授する。今回の依頼者は、ズングリムックリだけど人柄は良い、会計士のアルバート。彼は、なんと自分の雇い主の美貌の大富豪アレグラにぞっこんだという。一方、アレックスもまた、出逢った女性記者サラに対して、なぜか自分の恋愛テクニックが通じなくなっていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》  『デート・ドクター』という恋愛コンサルタント業は面白いですね。
 ただ単に女性をひっかけるというわけではありません。
 『本当に好きな女性とのデートを成功させる。』これが誠意が感じられて良いです。
 ウィル・スミス演じるアレックス・ヒッチは、おしゃれでありながら、誠意もあります。過去の苦い経験のエピソードが、彼の人柄に安心感を与えています。
 『真剣な想いを応援する。』という土台が既にあるので、アレックスがどんなにテクニックを使っても軽薄に感じることはありません。
 むしろ、女性を振り向かせたい男性たちにアレックスがアドバイスすればするほど、その一生懸命さを応援したくなります。
 これはキャラ紹介における演出と脚本が非常に上手なんでしょう。
 個人的には、導入部分が『恋愛コンサルタント』という仕事の一番面白い部分が見えた気がします。
 それ以降は、まあゆっても王道ラブコメの域を出るものではありません。『誤解』⇒『けんか』⇒『ハッピーエンド』という絶対外れないパターンを踏襲しているわけですから、あっと驚くような展開があるわけではありません。
 でもそれが良い。
 奇をてらわなくても、楽しい映画はいつみても楽しいものです。
 アレックス・ヒッチ、サラ・ミラス、アルバート・ブレナマン、それぞれに心境の変化が起こるのも良いですね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-04-23 22:20:30)(良:2票)
47.《ネタバレ》  デート・ドクターという設定が面白かったですね。
 女性目線なら、てんで的外れという可能性もあるかも知れませんが、その助言の数々には「なるほど」と思わされる事が多く、説得力を感じながら観賞する事が出来ました。

 恋に関しては百戦錬磨で怖いもの知らずと思いきや、実は心に傷を負っている二枚目主人公のヒッチと、根は善良なのに全くモテない肥満気味の依頼人アルバートという組み合わせが、もう見ているだけで楽しい。
 この二人がアレコレと苦戦しながら、お金持ち女性のアレグラとの恋を成就させようとしているパートが非常に好みだっただけに、途中からヒッチ本人の女性記者への恋が中心になっていったのは、少し残念でしたね。
 勿論後者のラブストーリーも面白かったのですが、前者の内容を芯に据えた映画も観てみたかったな、と感じてしまいました。
 それくらい、アルバートとアレグラとの恋模様には魅力があったと思います。

 終盤、主人公達の正体が暴露されてしまい「よくも騙したわね!」と女性側がお怒りになるという、ラブコメお約束の展開に突入する訳ですが、ここでヒッチとアルバートの関係性が逆転し「キミは自分が売っている商品が何なのか、まるで理解していない」と、恋を売り物にするヒッチの方が助言を受ける立場になる場面なんか、凄く良かったですね。
 ヒッチもヒッチで、秘密を暴いた女性記者サラに「アルバートは良い奴なんだ、あいつの恋を邪魔しないでくれ」といった形で怒ってみせるのには、もう参っちゃいます。
 こういった何気ない台詞で、主要人物に好感を抱かせてくれるのは本当に嬉しい。

 クライマックスにて
「実は助言は全く関係無くて、等身大の彼自身に彼女は恋していたのだ」
 と判明する件は、最高に痛快です。
 比較的序盤から
「ヒッチは、あくまでも依頼人に恋のキッカケを与えるだけ」
「アルバートは助言通りに行動している訳じゃないのに、結果的に彼女に好かれている」
 という事が示唆されていた為、裏切られたという衝撃も無く「あぁ、そうだったのか!」という、自然と笑みが浮かんでくるようなサプライズを味わえました。

 その後の主人公カップルの和解に関しても、微笑ましく見守る事が出来て、後味爽やかなハッピーエンドを満喫。
 気持ちの良い映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 8点(2016-04-21 17:46:01)(良:2票)
46.《ネタバレ》 序盤と終盤は惹きつけられたが、中盤はやや退屈。序盤の恋愛テクニックを紹介してゆくさまは、斬新で楽しめる。モーターボートのファーストデートなんかはインパクトあるなあ。ヒッチとサラの進展よりも、アルバート・ブレナマンとアレグラ・コールの恋愛の行方のほうが純粋に楽しめた。というのも、ヒッチの言動がどこかわざとらしさを感じさせ、「どこまで彼の言葉が本当なのか」ということが、大事な局面においても頭をよぎったためだ。登場人物の誰にも感情移入しづらかったのが残念。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-12 23:00:00)
45.マニュアルもある程度は必要でしょうけど、最後は勇気でしょうね。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2014-08-12 10:40:21)
44.《ネタバレ》 あまり期待しないでみると案外面白い。ウィル・スミス扮するデートドクターのアドバイスは結構意外と参考になるかもね。ドジなアルバートの恋のゆくえがすごーく気になって最後までみたけども、いやー良かったねアルバート^^。いかにもアメリカらしいラブコメである意味安心して観られます。しかし最後のおばあちゃん身体張ってたなぁ(笑)素?それとも演出?!そんなおばあちゃんにプラス1点!
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-03-30 10:12:35)
43.《ネタバレ》 1番の見所は
・ウィルとケヴィンのキスシーン
でしょうかね。

・アンバーバレッタ綺麗でした。

・エヴァメンデスの部屋のスタイリングが凄く素敵で
 参考にしてみた。

それくらい かな? 

うんまあ、アメリカのラブコメ好きなんで。
話はまあありがちだけど、エピソードそんなに
詰め込んでなくて良くまとまってたと思う。
尺もちょうど良くて観やすいのでは。

これくらいのスケールでこれくらいの尺で
これくらいの笑いとすこしほろっとさせられるシーンもある

という、なんか標準というか見本というか
そーゆー温度の映画でした。
Peccoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-07-25 01:11:16)
42.意外とおもしろかった。エヴァ・メンデスがきれい
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-07-06 13:11:35)
41.恋愛コンサルタントの恋愛を描いた映画です。お客の恋を助けつつ、自身も成長していくという展開。
恋愛映画の定石は外さず、小気味良いテンポで物語は進んで行きます。
吹き替え版を観たんですが、いい言葉がちょいちょい出てきます。
ぬーとんさん [地上波(吹替)] 8点(2009-09-23 01:27:58)
40.《ネタバレ》 プロのデート・コンサルタントって設定はなかなか面白かったです。アルバートの大富豪との恋愛がうまくいきすぎですが、コメディとして考えればまぁいいんじゃないの?って思います、ただ、主人公であるウィルスミスに隙がなさ過ぎて面白みに欠けていた気が・・・もっと、サラとの恋愛がうまくいかずアタフタなる話なのかと思っていました。が、ラブストーリーをほとんど見てないので、新鮮なため好評価。これからガツガツ見るぞ~。
六爺さん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-16 22:38:18)
39.その手のプロである筈のウィル・スミスがあたふたする様子が面白いです。あとヒロインのエヴァ・メンデスが結構可愛かったです。お似合いのカップルに見えましたねー。既婚者のウィルにそんなこと言ったらダメなんでしょうけど。
民朗さん [DVD(字幕)] 5点(2008-09-24 21:43:59)
38.《ネタバレ》 最初、ダサくない恋愛の仕方をウィルスミスが指南しているところは、むかついた。どうせ、俺はダサいわいと思って観てたから。でもラストは壮快。面白かった。
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-05 02:16:22)
37.インディペンデンスデイ、ワイルド・ワイルドウェスト、メン・イン・ブラックなどいただけない作品のイメージばかりある彼であるがこの作品で好きになった。
おさむさん [DVD(吹替)] 7点(2008-07-08 10:14:41)
36.《ネタバレ》 素直に笑えて、素直に喜べるラブコメ。この作品を観てからウィルスミスが好きだ。
成田とうこさん [映画館(字幕)] 6点(2008-05-22 19:43:42)
35.《ネタバレ》 思いがけず良かったです。ウィル・スミスは苦手だったけどこの映画で少しイメージが変わったような。恋愛下手な男性に恋愛が成就するテクニックを教える仕事のウィル・スミス。カウンセリングに来てた太った男性(アルバート)脇役だけどこの映画には一番欠かせない存在だったような気がする。少し前によくあったアメリカ映画という感じだけど良いですよ。ホックリ観れます。
civiさん [地上波(吹替)] 6点(2008-01-25 10:12:38)
34.《ネタバレ》 事が生じる前のヒッチとサラの関係性はもっと掘り下げておかなければ説得力を欠く。
この程度では商売柄のノウハウで引っかけた男とまんまと引っかけられた女でしかない。
その部分だけ補強されればよくまとまった作品だと思う。

ただ、ラストのドア越しに話させてくれなんて、これまたノウハウ臭い手段を出すのは理解不能。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 6点(2008-01-24 21:17:53)(良:1票)
33.《ネタバレ》 今までにありそうでなかったタイプのストーリー。とても好感が持てた。ウィル・スミスのこのセリフがとても強く印象に残っている。「目標を持つことで毎日が始まる」・・。素敵なセリフです。
あるまーぬさん [映画館(字幕)] 8点(2008-01-15 12:52:02)
32.《ネタバレ》 恋愛における最初の『出会い』という大きな関門であり重要な〝きっかけ〟っていうのは片思いの人にとっては辛いもの。
しかもウブで恋愛なんかしたこともない人にとっては、男性女性限らず苦労するもの・・・。
その純粋な気持ちをお手伝いしてあげよう!!っていう〝ラブドクター〟の話。
新しい発想で、非常に面白かったです!
Sway N Linさん [DVD(字幕)] 8点(2008-01-13 01:22:57)
31.幸せな気分になれます。ただ、エヴァ・メンデスの吹替えが瀬戸朝香さんなのが×・・・。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 8点(2008-01-05 23:58:17)
30.とてもアメリカらしい映画でした。最近ではこういう映画もなくなって懐かしくも感じました。映画の最中に口笛の練習したらちょっとできるようになったので感謝w
ブラックバッスさん [地上波(吹替)] 4点(2008-01-02 15:22:44)
29.こういう役をやらせるとウィル・スミスは絵になるね。恋愛物としてはストーリーがもう一歩。ネタとしては面白かったけど。
さん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-01 17:41:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.35点
000.00%
100.00%
212.08%
300.00%
424.17%
5714.58%
61531.25%
71429.17%
8918.75%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.75点 Review4人
2 ストーリー評価 6.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review4人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS