加賀騒動のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 加賀騒動
 > (レビュー・クチコミ)

加賀騒動

[カガソウドウ]
1953年【日】 上映時間:95分
平均点:8.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1953-02-19)
時代劇モノクロ映画小説の映画化
新規登録(2005-03-08)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2010-10-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐伯清
キャスト山田五十鈴(女優)お浅
大友柳太朗(男優)大槻伝蔵
千田是也(男優)前田土佐守
小沢栄(男優)久世三四郎
三島雅夫(男優)前田中将吉徳
東野英治郎(男優)山村善右衛門
薄田研二(男優)本多安房守
松本克平(男優)八百屋伊兵衛
東恵美子(女優)お貞
岸輝子(女優)老女
利根はる恵(女優)お民
加藤嘉(男優)奥村長左衛門
香川良介(男優)横山大和守
有馬宏治(男優)中村正伯
時田一男(男優)祭文売り
稲葉義男(男優)鳥井又助
水野浩(男優)角田平助
熊谷武(男優)音右衛門
原作村上元三
脚本橋本忍
音楽高橋半〔音楽〕
撮影三木滋人
配給東映
編集宮本信太郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.この映画で初めて加賀騒動知りました。語られてるだけあって茶坊主から家老まで上がった大槻伝蔵の落ちていく展開とかとてもおもしろい。一番印象に残るシーンは伝蔵が変わるきっかけとなるシーン。「大槻伝蔵は死んだ 昨日までの大槻伝蔵は死んだ 今日からは新しい大槻伝蔵が生まれていく」ってとこ。沈黙の中に鬼気迫るものがある。
バカ王子さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-08-06 03:43:34)
1.カメラは寄りからの引きを基本にした上品なズーミングで、モノクロで撮られるショット、障子に映る木の影、桜、雪、お琴、そして黙したままの役者の表情が控えめにフィルムを彩り、瑞々しさが生まれていますね~。東恵美子のおとなしい美しさ、山田五十鈴の前半は一言もしゃべらない静かな情念、夜が明けるまで座り続ける大友柳太朗の諦観、それらが寡黙であるだけに騒動という言葉が持つ雑然とした雰囲気をふ~っと撫でるように拭い去っています。殿中の廊下を大友一人とその他大勢という縦の構図を用意し、さて大立ち回りと思わせときながら、あっけないもので終わらせている殺陣は、寡黙との対比で派手に描くよりも、寡黙なまま幕を引くことで<無念>の余韻を残しているのではないかな~。ということで私もこのへんです~っとフェイドアウトさせていただきやす。
彦馬さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2005-04-21 12:17:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 8.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
9150.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS