ブラッドレインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブラッドレイン
 > (レビュー・クチコミ)

ブラッドレイン

[ブラッドレイン]
BloodRayne
2005年【米・独】 上映時間:94分
平均点:3.25 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-04-29)
アクションホラーサスペンスシリーズものゲームの映画化
新規登録(2005-03-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-09-24)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウーヴェ・ボル
助監督オラフ・イッテンバッハ(第二班監督)
演出ロッキー・テイラー(スタント・コーディネーター)
キャストクリスタナ・ローケン(女優)レイン
ミシェル・ロドリゲス(女優)キャタリン
ウド・キア(男優)リーガル・モンク
マイケル・マドセン〔男優〕(男優)ウラジミール
ジェラルディン・チャップリン(女優)
ビリー・ゼイン(男優)エルリッチ
ベン・キングズレー(男優)ケイガン
ミート・ローフ(男優)イアンク
ダーレン・シャラヴィ(男優)司祭
脚本グィネヴィア・ターナー
製作ショーン・ウィリアムソン〔製作〕
製作総指揮ウーヴェ・ボル
配給日活
特殊メイクオラフ・イッテンバッハ
トミー・オパッツ
特撮オラフ・イッテンバッハ(特殊効果監修)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 ウーヴェ・ボルの映画のつまらなさを楽しみつつオラフ・イッテンバッハの人体破壊を楽しむ(笑)ってか人が簡単に殺されすぎなのは全くつまらないけどたまに出てくる人体破壊で何とか持ってるなぁって感じで豪華キャストを揃えながら全く盛り上がらないアクション映画もボルらしいけどオラフがいなかったらどんな映画になってただろうなぁと考えると怖い。ストーリーもカットしすぎな感じがしてたまに飛んでるような、そこぬかしすぎちゃう?なシーンが妙に多いのもなんか残念。淡々と淡々と何も盛り上がらずに展開が進みラストショットのクリスタナ・ローケンの顔が土屋アンナの顔にしか見えなかったです。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-17 22:18:50)
7.評価する気にもなりません。
ダルコダヒルコさん [地上波(字幕)] 3点(2011-08-03 22:53:52)
6.世界観はいいけど、アクションがもっさりしてるし、敵は弱いし、なんか微妙・・・
ベルガーさん [DVD(字幕)] 4点(2011-05-16 21:24:48)
5.実にB級らしい中世ヴァンパイア映画で、まぁ特に目を見張る様なシーンも無い。なんかグダグダと話は進み、ボスを倒して終了。
真尋さん [DVD(吹替)] 2点(2009-08-14 14:53:00)
4.《ネタバレ》 B級といってしまっては本来のB級の方々に申し訳ないというような気もします。
私はこれのゲーム版がどうなっているのか全く知らないが、知らないにもかかわらず、おっ、ここで新たな防具をゲットするのね、とかここで強力な武器をゲット、とかこれが小ボスとのバトルで急所はどこなんだ、とかここで訓練してレベル上げなのね、とかおっ水の中でのバトルね、とかこれがショップで商品は…とかいちーち感じてしまうのでした。ものすごーくゲームっぽいというか映画離れした作品だと思った。
というか、これなら素直にゲームのほうをやったほうが楽しいのではないだろうか。でも、私はアクションがダメなのでたぶんこれはバイオハザードみたいなアクションだろうからムリ。
ローケンの肉付きの良さに驚き、ターミネーターの際にはよっぽど減量したんだろうと思いました。あと、マドセンはあんまり安い映画に出て欲しくないかなあ。
まあそのくらいです。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-01-07 14:53:27)
3.うーーんつまらん。雰囲気はいいが、それだけ。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-08-07 12:23:19)
2.これ劇場公開してたの?マジ?馬鹿なの?映画館は馬鹿なの?これはビデオスルー作品じゃないか~。もっと劇場公開しなきゃ駄目な作品あるんじゃないか~。ただし、この監督さんの作品の中では一番マシやと思うねん。舞台美術もロケ地がいいんで、なんか壮大。中世のダークファンタジー的な雰囲気は出てます。俺はこれ、未公開のショボ映画と勘違いしてDVDで観たから、意外と金かけてるやんってちょっと得した気分やったわ。中世の吸血鬼モノとしては設定がよいし。一人の吸血鬼が軍隊を使って近隣の国を支配、それに対抗する業火の会とゆう抵抗勢力。そして、主人公のハーフヴァンパイアの女性、この三つの勢力が三つの宝をめぐって絡んでいくストーリー。なんかB級魂ワクワクやん。業火の会の主要三人も意外と決まってて、男二人に女一人、こいつらが吸血鬼をバッサバッサやっつける様はなんか様になる。確かにアクションは最近の人間離れした動きの映像に比べたらトロイし、目を見張るものないけど、普通は人間て剣もって戦うってこんなもんちゃうのって思えば許せた。吸血鬼も血を吸う以外はほとんど人間と同じ動きしかせんけど、超人的な吸血鬼になれてたら物足りないけど、元は人間やから動きもそないすごい事に普通はならんとちゃうのと思えば、なんかリアリティー感じた。展開も前半は恐ろしく早いのでワクワクした。吸血鬼の被害者を容赦なく始末する業火の会のヴァンパイアハンター三人組。宝を守る異様なトラップに異様な番人、吸血鬼を吸血するレイン。おお、いーんでないの?これ。ただ、後半はあまり盛り上がらない。ラストも不自然な強行突破&ボスの弱さ。最初から吸血鬼の根城を目指してたら簡単にいけたかもと思うくらいのクライマックス。序盤がよかっただけに尻つぼみな感じの映画。まー、でもB級映画好きなら雰囲気だけでもそこそこ暇つぶしにはなると思う。点数は「ハウス・オブ・ザデッド」よりは上だけど7点あげれるほどでもないんで、同じ5点。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-08 19:27:45)
1.《ネタバレ》 やはりこの人(監督)の映画を観るのはもうやめよう。と、堅く心に決めた私です。主演女優のアクションは最後まで切れはないし、相変わらず編集は拙いし(アローンインザダークよりはまし?)、唯一特殊メイクは少々頑張ってるけど大勢に影響はなく、とても面白かったとはいえません。・・・と、言う事でさようならウーヴェ。でも、ベン、マイケル、なんであんた達がここにいるの?
すんくじらさん [DVD(字幕)] 3点(2006-12-22 07:22:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 3.25点
000.00%
100.00%
2112.50%
3562.50%
4112.50%
5112.50%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS