逆境ナインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 逆境ナイン
 > (レビュー・クチコミ)

逆境ナイン

[ギャッキョウナイン]
2005年【日】 上映時間:115分
平均点:6.25 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-07-02)
コメディスポーツもの青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2005-03-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-12-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督羽住英一郎
キャスト玉山鉄二(男優)不屈闘志(キャプテン)
堀北真希(女優)月田明子(マネージャー)
田中直樹(男優)榊原剛(監督)
藤岡弘、(男優)校長
出口哲也(男優)後藤(ファースト)
坂本真(男優)南(サード)
青木崇高(男優)新屋敷(ショート)
松本実(男優)神崎優司
平山祐介(男優)
小倉久寛(男優)
金田明夫(男優)
内海桂子(女優)
原作島本和彦『逆境ナイン』(小学館サンデーGXコミックス)
音楽佐藤直紀
作詞岡村孝子「夢をあきらめないで」
作曲岡村孝子「夢をあきらめないで」
主題歌岡村孝子「夢をあきらめないで」
製作アスミック・エース
小学館
ROBOT
日本テレビ
阿部秀司〔製作〕
読売テレビ
企画亀井修
西垣慎一郎
椎名保
プロデューサー奥田誠治(プロデュース)
堀部徹(プロデュース)
配給アスミック・エース
録音柴崎憲治(音響効果)
あらすじ
「  野  球  部  は  廃  部  だ  !  」…全ては校長の一喝から始まった。主人公・野球部キャプテン不屈闘志はこの逆境を乗り越えられるのか? 次々に襲い来る、想像を超えた逆境! だが不屈闘志は挑み続ける。否、彼が無茶をしているのではないッ! 「強いて言えば、男の3つの条件がそうさせるのさ!」…グラサン以前/ヘッドギア時代の島本和彦味が復活。どこを切っても熱く寒く激しくトホホの野球バカ映画。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》 堀北真希というかわいい女優さんの存在を知ることができたので充分収穫はあったと思います。
「全力でないものは死すべし」というスローガンは同監督の「おっぱいバレー」にも実はちょっとだけ出てくるのであります。
まきげんさん [映画館(邦画)] 6点(2011-09-03 12:16:43)
47.大げさすぎる表現は心象表現。そこを受け入れられれば面白い映画。

あと、掘北かわいい。めちゃかわいい。
ひであきさん [ビデオ(邦画)] 5点(2011-07-09 16:51:29)
46.《ネタバレ》 「しつこい平手打ち」「飴、舐めきれないです」「はたしてそうかな!?」「それは自業自得です」「君が2年で僕が3年だから」「それはそれ、これはこれ」が面白かった。
紫電さん [DVD(邦画)] 7点(2011-05-07 14:51:11)
45.かなり笑いました!堀北真希さんは怖ろしいまでにかわいいし!突きぬけた良作だと思います、いや、マジで。
ろにまささん [DVD(邦画)] 7点(2011-02-25 23:51:37)
44.こういう全力をもってアホな映画を作り上げた全スタッフ・キャストの方々には拍手。野球好きには笑いどころ満載で終始楽しめました。この頃の堀北真希は若干幼い印象ですなぁ。
ライヒマンさん [DVD(邦画)] 6点(2010-05-17 21:25:11)(良:1票)
43.《ネタバレ》 冒頭で校長役の藤岡弘が「勝てもしないクラブ活動など、やらん方がマシだ」と真顔で言います。あぁ、島本マンガの精神だ、と嬉しくて身震いしました。これは島本和彦のマンガを忠実に映像化したらどんなものになるか、という映画でした。結論を先に言ってしまうと、映画はちょっと苦しかった。頑張って島本テイストを映像に定着させようとしているし、かなりのレベルで達成している。鑑賞中は何度も声を出して笑いました。でも、やや間延びした展開やすべっている表現などもあり、彼の本領はマンガでこそ最も活きるということを再認識した印象でした。自分の基準に照らすとこの点数なんだけど、大きな不満は無いです。藤岡弘や堀北真希のキャスティングはとてもナイスだし、極めつけは透明ランナーでしょう。この言葉、30年ぶりくらいに聞きましたよ。話は逸れますが、私がこの映画を観たのも遅かったけれど、島本和彦のマンガを映画にすること自体が遅かったと思うのね。だってこのテイスト、80年代前半のデビュー作「炎の転校生」から変わっていない。私の知る限り、彼はその作品で「熱血」を初めてパロディにした人で、当時は新しいジャンルだった。マンガ表現が現在のように多様に枝分かれする前に映画化されていたら、もっと衝撃的だったと思う。理解されなかったかも知れないが…(笑)。エンディングの岡村孝子は最近観た映画の中では、最も心に染みたテーマソングでした。一途な感じが島本作品に似合うんですね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2010-02-06 21:40:51)
42.「くだらねぇ~!」としか本当に言いようが無い映画(ほめ言葉で)
バカ映画好きならば一度は見ておくべき!
見る前のDVDのメニュー画面で吹いた映画は初めてです。
ふくちゃんさん [DVD(字幕)] 7点(2008-04-27 18:29:47)
41.笑った。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 4点(2008-03-12 23:08:23)
40.かなりオバカな映画だが、私は野球派なので少し甘めにしました。「拝啓、石井浩郎です。」
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2008-02-03 15:04:29)
39. かなりのおバカ映画ですが、案外笑えました。こういう作品に関わるのって勇気がいるものだと思います。監督の羽住英一郎さんは「踊る大捜査線」や「海猿」に関わった人だったんですね。このサイトでわかりました。どの彼の関わった作品はどれも好きなのでこれからも楽しみです。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-04-01 15:41:19)
38.くっだらねー!でもこういうのは結構好き。面白いです。何度か声に出して笑ってしまった。役者も皆いい味だしてます。観て疲れない、息抜きにいい映画でした。
いわぞーさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-03-19 20:05:19)
37.2度ほど笑った。それ以外、何もない。
ぽん太さん [DVD(邦画)] 1点(2007-03-11 16:53:29)
36.藤岡弘、の台詞回しがゆっくりしすぎていて映画のテンポがとろくなっている。玉山鉄二は洗剤のCMと同じキャラ。掘北真希のおかげで映画の格が上がっている。エンドクレジットがかわいい。小中高生の子どもと一緒に見るのに良い映画。
はるこりさん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-16 00:49:26)
35.《ネタバレ》 いやー、笑った笑った。もうね、112点差をひっくり返すあたりのありえなさとか本当に最高。コールドって概念ねえのかよ!って思わずテレビに向かって突っ込みたくなりましたよ。つまりそう…。全編アホなんだな。この映画は究極のお馬鹿映画なんだな。鑑賞中はなぜだか自分の人生のバイブルと呼んでも過言ではない漫画『すごいよマサルさん』を何度か思い出しました。とにかく登場人物がみんな変態で、誰ひとりとしてまともな人間がいないところも素敵。大事な試合すっぽかしてマネージャーと遊園地デートした帰りに他のナインとすれ違う時の玉鉄とか…もう最高に良い表情してますよ。むさ苦しいぐらい熱いノリの本編とエンドロールの岡村孝子さんの澄んだ歌声との対比も良い!まるで炎天下の試合後に飲む清涼飲料水のような清々しさで、鑑賞後の後味はかなり爽快でした。
Minatoさん [DVD(字幕)] 8点(2007-01-01 23:53:47)
34.《ネタバレ》 映画として駄目すぎる。原作は好きだけど、やっぱ映像化には無理があるでしょ。実写でやると説得力が失せるし。説得力が失せるとあのストーリーは成立しないし。島本節も、漫画の迫力があってはじめて成立する。くそ役者の口から出た台詞じゃ心に響かない。はっきりいえば実写「ドカベン」並みの駄作だと思うぞ。0点でもいいかと思ったが、堀北真希のかわいさに1点。
zinny07さん [DVD(字幕)] 1点(2006-12-20 10:51:10)
33.《ネタバレ》 逆境過ぎる展開に、逆光の中で胴上げ。エンディングに岡村孝子。大味の中にもひねりが効いているが掘北真希がいなかったら5分で消してる。地元ルールでは塁から離れるとき「透明」を言わなきゃアウトだった。
michellさん [DVD(邦画)] 5点(2006-11-29 16:11:56)
32.《ネタバレ》 こういうお馬鹿映画好きですよ。演出はくどいですが、漫画を実写化すれば
こうなるのは普通でしょう(役作りも難しいでしょうし)。
予備知識なしに劇場でお金を出して見たら多分怒るでしょうが、自宅で暇つぶし
に見る分には良いと思います。強いて不満を言えばサッカー部をもうちょっと
いじれなかったのが残念(あのサッカー部のメンツでは地味すぎ)。
透明ランナー・・・・子供の頃遊んだことを思い出して懐かしくて笑えました。
結構真面目に透明一塁とかやってたっけ。
猫田にゃーさん [DVD(邦画)] 5点(2006-10-02 01:16:38)
31.ところどころ少し笑える部分もあったが、それだけ。
キャラ造詣も演技もシナリオも演出も何かと鼻につく感じで正直厳しい...。
こういうのはもう少しリアルに撮った方がよほど面白いと思うんだよねぇ..

あばれて万歳さん [DVD(邦画)] 6点(2006-09-01 11:54:50)
30.正直、役者の演技が学芸会レベルにも感じられたが、「それはそれ、これはこれ」の精神で考えるとそれで良いのかも?と思ってしまう。ああ、なんて便利な言葉だ。この映画は少林サッカーのような感じではあるが、ノリが微妙に異なる。少林サッカーのノリがメジャーなジャンプ的であるのに対し、この映画のノリはマイナーなマンガ雑誌のノリだからだ。言葉にするのは少し難しいが分かってくれる人もいると信じたい。(変なレビューになった…orz)話は変わるが、wikiで検索したらこの原作はCDドラマも作られていたそうであるが、サカキバラ監督の声は池田秀一氏であった事を知った。池田秀一⇒シャア(クワトロ)⇒サングラス⇒サカキバラなのではなく、サカキバラ⇒サングラス⇒シャア(クワトロ)⇒池田秀一つながりなんだろうなぁ~と個人的にツボった。
クルイベルさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-28 15:53:43)
29.余りにも漫画チックな演出に演技。中々入れなくて結構辛かったかも。校長の藤岡弘と監督のココリコ田中は違和感なく(笑)バッチリだったけど、玉山くんが痛かったかも…作り過ぎって感じで。演技が。玉山くんが見たくて見たのでちょっとがっかり。原作を読んだ事ないんだけど(島本センセの他の作品は読んだ事あり。島本スズメが好き。そう言えば出て来なかったなぁ。残念)読んでみたくなりました。大笑いと言うよりはやっぱり、失笑とかが多かったかなぁ。あと、やっぱり長すぎ。見たのは「かけがえのない通常版」なのか「全力版」なのか分からないけど…(多分通常版。でもこのネーミングセンスは好き)  そう言えば校舎の上の学校名の立て看板?が余りにも安っぽすぎ。全力じゃない!
あかりん☆さん [DVD(邦画)] 6点(2006-08-27 08:53:09)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.25点
000.00%
124.17%
212.08%
300.00%
448.33%
5510.42%
61225.00%
71225.00%
8918.75%
936.25%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.25点 Review8人
2 ストーリー評価 6.30点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review10人
4 音楽評価 6.66点 Review9人
5 感泣評価 3.77点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS