ゲッタウェイ(1972)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > ゲッタウェイ(1972)
 > (レビュー・クチコミ)

ゲッタウェイ(1972)

[ゲッタウェイ]
The Getaway
1972年【米】 上映時間:123分
平均点:7.35 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンス犯罪もの小説の映画化ロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-07-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ペキンパー
助監督ニュート・アーノルド
キャストスティーヴ・マックィーン[俳優](男優)カーター・“ドク”・マッコイ
アリ・マッグロー(女優)キャロル・マッコイ
ベン・ジョンソン〔男優・1918年生〕(男優)ジャック・ベニヨン
アル・レッティエリ(男優)ルディ・バトラー
スリム・ピケンズ(男優)トラックのカウボーイ
ボー・ホプキンス(男優)フランク・ジャクソン
ロイ・ジェンソン(男優)
リチャード・ブライト(男優)
磯部勉カーター・“ドク”・マッコイ(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
佐々木優子キャロル・マッコイ(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
坂口芳貞ジャック・ベニヨン(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
麦人ルディ・バトラー(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
一城みゆ希フラン・クリントン(日本語吹き替え版【DVD/1994年テレビ朝日】)
辻村真人カウボーイ(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
牛山茂置き引き屋(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
糸博ハロルド・クリントン(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
小野健一フランク・ジャクソン(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
緒方賢一(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
辻親八(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
田中正彦(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
定岡小百合(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
藤本譲(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕(日本語吹き替え版【1994年テレビ朝日】)
宮部昭夫カーター・“ドク”・マッコイ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鈴木弘子キャロル・マッコイ(日本語吹き替え版【フジテレビ/1982年テレビ朝日】)
森山周一郎ジャック・ベニヨン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林清志ルディ・バトラー(日本語吹き替え版【フジテレビ/1982年テレビ朝日】)
金井大カウボーイ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大宮悌二(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲村秀生(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大木民夫(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
平林尚三(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
阪脩(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宮内幸平(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山田俊司(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
木原正二郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
飯塚昭三(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
上田敏也(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
内海賢二カーター・“ドク”・マッコイ(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
石田太郎ジャック・ベニヨン(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
雨森雅司ルディ・バトラー(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
田中秀幸フランク・ジャクソン(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
槐柳二(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
仲木隆司(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
屋良有作(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
川浪葉子(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
塚田恵美子(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
沢木郁也(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
岡和男(日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
山口健[声優](日本語吹き替え版【1982年テレビ朝日】)
原作ジム・トンプソン
脚本ウォルター・ヒル
音楽クインシー・ジョーンズ
撮影ルシアン・バラード
製作デヴィッド・フォスター〔製作〕
美術アンジェロ・P・グレアム(美術監督)
テッド・ハワース(美術監督)
ジョージ・R・ネルソン(セット装飾)
衣装レイ・サマーズ(コスチューム・スーパーバイザー)
編集ロバート・L・ウルフ
録音ガース・クレーヴン(サウンド・コンサルタント)
リチャード・ポートマン
マイケル・J・コーハット(ブーム・オペレーター)
字幕翻訳清水俊二
スタントキャリー・ロフティン(ノンクレジット)
ディック・クロケット(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.とてもペキンパーらしい一本。といっても、ペキンパーの代名詞”暴力要素”はさほど強くないです。この監督さんは人物の描き込みが丹念な作り手でもあるのです。彼の手により立ち上がる人間ドラマの濃密なこと。”追っ手”である殺し屋側のディテールをこんなに細かく撮るバイオレンス映画はあまり見かけません。崩壊する獣医夫婦の顛末は悪趣味で残酷で、ペキンパー臭が強烈に漂います。
もちろんメインで描かれるのはマックイーン演じるドク・マッコイとその妻。マックイーン起用で目くらまし効果になってるけど、ドクのキャラはそれほど理想のヒーロー型じゃない。妻の(戦略)不貞をいつまでも引きずり、水鉄砲をイタズラしてくるガキにキレ、荷物を上げてくれという婆ちゃんには舌打ち気味。(ちなみにここで披露されるマックイーンの腕力がまたかっこいいんだ)
むしろ「竹を割ったよう」なのは奥さんの方で、「あんたを助けるためならテキサス中の役人とだって寝るわ」と言い放つ。対してドクは「テキサスは広い」とかへんてこな防戦一方で、埒の明かない口論の末「別れる」とかってヤケになる。二人ゴミまみれになりながら、「何なのいつまでもうじうじして」と嫁に一喝され、「もう忘れる。約束する」とちょっとしゅんとなるマックイーンはほんとにキュートで、いやショットガンを構える姿はもちろん満点のかっこ良さなんだけども、”ダメな部分”もちゃんと見せるその愛嬌が彼の魅力だよなあ、と改めて思ったりしました。
tottokoさん [DVD(字幕)] 8点(2018-08-07 00:54:00)★《新規》★
79.《ネタバレ》 銀行強盗から始まって、身内の裏切りに合い、女と逃避行という映画の王道的な作品だが、十分堪能出来た。追手が相当強烈なキャラであったり、後半の悪者との銃撃戦はさすがマックィーンと思えるくらいカッコいい。最後の終わり方も恐らく逃げ果せるのかなと、思わすところが良い。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2017-08-09 11:47:37)
78.《ネタバレ》 最後のおっちゃんファンキーすぎ。銃を持った強盗にカージャックされているのに。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2016-11-28 00:18:15)
77.《ネタバレ》 いきなり鹿のアップからのストップモーションで、映画が始まって1秒でサム・ペキンパーの映画だと分かる演出が粋だ。中身はと言うと、銀行強盗で奪った金を持った男女の逃避行という縦軸に、問題を抱えた夫婦の再生の物語を横軸として進んで行く。個人的にはこの男女の関係の回復と言うテーマが今ひとつピンと来ないというか、あまり感情移入できなかった。ここには、男女の物語を絡ませる事で単なるコテコテのアクション映画にならないようにしようと言う、シナリオ担当ウォルター・ヒルの工夫が伺える。しかしやはりペキンパーの映画には、良い意味で女っ気ゼロのコテコテなアクション映画を期待してしまう自分がいた。クインシー・ジョーンズの音楽はクールでかっこいいスコアもある反面、所々でちょっと浮いてしまっているような場面があった。
rain on meさん [映画館(字幕)] 6点(2016-09-11 23:18:27)
76.《ネタバレ》 この作品はマックイーンがカッコいいだけの映画に留まっていない。医者の夫婦との対比の影響が大きかったのか、逃げているうちに主演の二人を応援してしまっていた。
最後の建材運びのオヤジとのやり取りが好きで、二人の未来が穏やかなものになることを予見させられた。
何事も上手くいかない二人だったけど、最後に良いオヤジに当たってハッピーエンドで後味が良かった。
さわきさん [地上波(字幕)] 8点(2016-09-06 18:16:53)
75.ゴミにまみれるシーンや国境越えの緩さが印象的。盗んでいいのは銀行の金、殺していいのは悪人だけ、愛ある男女は裏切らない、こんな味付けされると、ただの犯罪映画もそこそこ共感してしまう。逃げまくるマックィーンもとてもクールだった。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-08-30 23:05:55)
74.スタンダードな映画。この手のの作品としても、ごく普通(?)に展開していく。
それでも、この最後のシーンをずっと観ていて気持ちいい感じは何だろうかと思う。それで加点したくなる。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-08-28 18:03:33)
73.いくつかのレビューを拝読して初めて、この映画が男女仲を扱った映画なのだと知りました。全くそのことを意識することなく見終えてしまった自分は、まだだま子供なのですね。40代毒男より。
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2015-04-04 12:04:17)
72.《ネタバレ》 犯罪ロード・ムービーの形を借りているが、本質的には、妻が不貞で夫婦中に亀裂の入った夫婦が、再び絆を取り戻してゆく話。妻が不貞を働いたのは、裏取引で夫を刑務所から出すための方便。頭では理解できるが、心では消化できずに妻を愛しているが許せない夫の感情の揺れが主題。カットバックを多用した刑務所での息苦しいまでの抑圧された場面、刑務所を出て、あまりの自由さにとまどい、自分を取り戻すまでの場面が丁寧に描かれるのもそのため。逃走の緊張と夫婦間の緊張の相乗効果が、映画を魅力的にしている。ゴミ収集車に閉じ込められるというアイデアは秀逸。二人は自分たちをゴミのようにしか感じられないところまで転落したが、落ちるところまで落ちたことで今度は上昇に転じる。汚れたことで心の虚飾が払われ、歩み寄ることができたのだ。妻の傷を気遣う夫の姿はけなげだ。「傷は浅い、跡は残らない」は夫婦の絆の傷のことでもある。映画の常道をわざとはずした意表を突く展開には目を見張る。監督は「人生はささいないこと、小さな偶然によって大きく影響される」という人生観の持ち主に違いない。コイン・ロッカー詐欺師が札束を一つ胸ポケットに入れたことから、巡り巡ってドクの人相が警察に知れる。カー・ラジオが故障したことから、ラジオ店の主人に素性を見破られ、警察がやってくる。また観客を驚かすことが多い。最たるものが悪者に脅されて同道を余儀なくされた獣医の妻が夫を裏切り、悪者に寝返るところ。大した意味はないのに、ドク夫婦のパロディのようにつきまとい並列展開する意外さ。獣医は耐えきれず自死するが、おばか妻はそれを歯牙にもかけない。悪者もドクに撃たれた時、とどめまで刺されているので誰もが死んだと思ったが、生きていた。防弾チョッキを着ないと思わせた伏線が効いているのだ。この男がボスに連絡すると思いきや単独でドクを追う。ドクもドクで、どこにでも逃げればよいのに、律義に計画通りにエルパソという国境の町に向かう。案の定そこには敵の手下が待っている。最後のシーンも面白い。「一万ドルで車を売れ」「二万にしてくれ」「三万でどう」この掛け合いで夫婦の仲が完全に修復されたことがわかる。男はひょんなことで三万ドルを手に入れた。こんな事があるから人生は面白いし、いつでもやり直せる。監督のそんな声が聞こえてきそうだ。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 8点(2012-07-01 07:49:12)(良:2票)
71.《ネタバレ》 スティーヴ・マックィーンがひたすらカッコイイこの映画だけど、アタシは何気に男女の微妙なギクシャク感がリアルに描かれてるところに感心しちゃったわ。 その辺の恋愛映画よりもずっとうまくオトコとオンナの根本的な違いを捉えてるっていうか。 オンナってのは惚れたオトコのためならなんでもできるのよ。 気持ち悪いオジサンとベッドインとか銀行強盗とか人殺しとか、愛する人のためならなんでもない(正当化してるわけじゃなくってよ)。 変なトコでルールとか秩序とかモラルとかにいつまでも拘るのはオトコのほうよ。 50万ドル持ってさっさとメキシコに逃げればいいのに、なんで律儀にあのホテルに行くのよ!? 黒幕ベニヨンも殺したし、さっさと違うルートで逃げればいいのにねえ。 その点、オンナは自分に正直よー。 ブリジット・バルドーを50回くらい殴ったみたいな顔した獣医の奥さん(アバズレ)なんて動物並に本能的だし(ハロルドがお気の毒…)。 …アクションやカーチェイスの素晴らしさを堪能しつつも、男と女は基本的にまったく違う生物なのねって改めて痛感したアタシなのでした。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-22 13:21:19)(良:2票)
70.《ネタバレ》 銀行強盗の逃亡劇を描きつつも、強く粗暴な男に魅かれる女性や気持ちとは逆の態度をとってしまうといった今も昔も変わらない共通した男女関係をうまく表現していました。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 6点(2012-02-26 13:58:13)
69.《ネタバレ》 ふと思ったのですが、本作の前年に作られた『わらの犬』も、“妻を守り切れなかった男”の物語でしたね。本作にもまた、“妻を守り切れなかった”二人の男が登場します。『わらの犬』では他の事件が契機となってダメ男が暴走したのに対し、本作では二人とも、決して暴走することもなく、妻の過去に悶々とするばかり。そのうちの一人である、マックィーン演じる主人公の巻き起こすアクションが、本作の中心ではあるのですが、それはあくまで生き延びるための手段であって、あくまで沈着冷静。破壊衝動などによるものでは無く、よって気持ちの整理もつかない。それが、様々な危機を乗り越えていく中で、隠れたゴミ箱の中からゴミ収集車に放り込まれ、ゴミまみれになってみて、何かようやく懊悩をツキぬけたような。で、ラスト、ヒーローは栄光に包まれるでもなく、ドハデに死を迎えるでもなく、ただ静かに去っていく。寂しい。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-09-26 23:26:23)
68.マックイーン主演のアクション映画。ややハードボイルドタッチの作りで、
マックイーンの男っぽい面構えが本作の内容にバッチリ合っている。
アクションものとしてはやや長丁場の作品だけど、劇中の二人の微妙な夫婦関係を中心に、
警察、組織、裏切った仲間が絡んできて、緊張感を途切れさせない作りになってます。
それでも一番の見所は、やっぱりマックイーンのカッコよさ。彼の魅力が全開の娯楽映画だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-03 16:43:17)
67.《ネタバレ》 ショットガンはバンバンぶっ放すというバイオレンスな側面と、しかし精神的に強いのは女の方(まああの医者の妻はなかなかにクズではあるとは思うけど)。二つの夫婦の中が壊れ、そしてそれがどう修復できるか否かという方に主眼を写しつつ、しかしその描写はバイオレンスさがむんむんとしているという、ペキンパーぽくてそうではない感じ。でもまぁ見ていて楽しめたので普通にいいと思います。
θさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-17 00:59:07)
66.人は殺すわ、銃はぶっ放すわ、あちこち破壊しまくるわ、主人公たちはとんでもない犯罪者夫婦で、殺されても到底同情できないほど。その一方で、壊れそうになったり修復したりする彼らの夫婦愛を見守りたくなってしまう。逃げれば逃げるほど破滅的で絶望的になっていく彼らの逃亡劇と愛の葛藤、文句なしにおもしろいです。
プライドだらけさん [地上波(吹替)] 7点(2010-12-05 02:26:29)(良:1票)
65.《ネタバレ》 自論ですが、カッコいい男の重要な条件は弱さや繊細さが表現できること。本作のマックィーンがまさにそれです。自分を刑務所から出すために結果として不貞を犯した妻に対するぎくしゃくした態度。妻の頬を張るぎこちない手並み。理屈では妻の心情を理解しているのに、うじうじが昂じて別れを口にする。別れられないくせに。妻との関係で見せる等身の人物像と、プロフェッショナルとしてのアクションのバランスが、マックィーンという稀代の俳優の個性によって絶妙に結実した作品だと思います。こんなつつましいアクション映画は観たことが無い。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-11-16 22:47:04)(良:1票)
64.《ネタバレ》 ペキンパーでは「男の美学」的なコッテリした作品が尊重され、たしかに『ガルシアの首』など傑作だと思うが、本作のサラッとしたイキのよさも好きだなあ。主人公はけっこう心に鬱屈を抱えているけど、なにせマックィーンだから、立ち居振る舞いはサラッとしている。もっぱら脇筋がコクを担当。追い続けるルディのしつこさはペキンパーの真骨頂だし、それに絡む倦怠期の獣医夫婦は笑いを担当しながらも、主人公二人の対照物として重要な存在。ベッドサイドで縛られている医者の亭主と、女房、ルディの図ってのは、牢屋にいたときのマックィーンと、アリ・マッグロー、ベン・ジョンソンの形と相似で、しかし女の心情が決定的に違うところが対比によってハッキリする。同じ「車の中の不自由」という状況、主人公二人はゴミにまみれてもなぜかベトベトした生ゴミはよけられるのに、獣医夫婦は人間用の車の中にいてさえスペアリブのベトベトまみれになっている。医者は拘束された後にカタストロフを迎えたが、こちらの夫婦はゴミ回収者という拘束から解放され愛の回復を確認する。だいたいアクションもので男女を描いた部分なんてオマケ的要素が強いんだけど、これは夫婦愛の回復が話の本筋になっていて、しかもそのことがアクションの醍醐味を薄れさせていない。またロッカーコソドロのカウボーイハット男、これももっぱら笑い担当なんだけど、鞄の中を見てウキウキするところなんか、チンケな野郎の束の間の夢がいじらしくさえ感じられて、記憶に残る。そしてラストの銃撃戦、銃声と静寂・リアルスピードとスローモーションのカットつなぎの名人芸。大好きな映画です。
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-11-09 10:11:37)(良:3票)
63.《ネタバレ》 なんてことない話ですがいいですね。テレビの吹き替えで見ましたが、医者の女房がホテルの銃撃戦で大騒ぎするとこに吹き出しました。うるさすぎ(笑)ラストもいいなあ。
東京ロッキーさん [地上波(吹替)] 8点(2010-10-07 15:06:02)
62.話としてはありがちなんだけど、このカッコ良さは何だろう。邪魔になりがちなロマンス部分も違和感なく展開します。最後の爺さん、いい人ですね。
nojiさん [地上波(吹替)] 7点(2010-10-02 00:23:36)
61.案外普通の映画でしたが、ゴミ収集車の中に紛れてまで逃走するような泥臭さが洒落ています。きれいな逃走劇ではなく、血と汗とゴミにまみれたgetawayがこの映画の迫力を増しています。そしてそれこそが二人の絆に説得力を持たせる一番の要因です。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-14 15:55:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 7.35点
000.00%
111.25%
200.00%
300.00%
400.00%
567.50%
61518.75%
71518.75%
82936.25%
91012.50%
1045.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review4人
4 音楽評価 8.75点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS