ブラッド・ブラザース/刺馬のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブラッド・ブラザース/刺馬
 > (レビュー・クチコミ)

ブラッド・ブラザース/刺馬

[ブラッド・ブラザースシバ]
THE BLOOD BROTHERS
(刺馬)
1973年【香】 上映時間:118分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションドラマカンフー時代劇
新規登録(2005-03-26)【カズゥー柔術】さん
タイトル情報更新(2005-07-27)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャン・チェ
助監督ジョン・ウー
演出タン・ツァ(武術指導)
ラウ・カーリョン(武術指導)
キャストデヴィッド・チャン〔男優〕(男優)張文祥(チャン・ウェンシャン)
ティ・ロン(男優)馬新胎(マー・シンイ)
チェン・カンタイ(男優)黄縦(ホアン・チュン)
チン・リー(女優)米蘭(ミラン)
ティエン・チン(男優)馬忠信(マー・チェンシン)
ダニー・リー(男優)山賊 曾添養(ツェン・ティエンヤン)
ファン・メイシェン(男優)山賊 嚴振風(イェン・チェンフェン)
チン・ミャオ(男優)裁判官
タン・エンツァン(男優)
ラウ・カン(男優)
ワン・クワンユー(男優)
チェン・ルイ(男優)
ユエン・ウーピン(男優)(ノンクレジット)
ホアン・ペイチー(男優)(ノンクレジット)
チェン・チュアン(男優)(ノンクレジット)
ワン・チェン(男優)(ノンクレジット)
チョイ・ハー(男優)(ノンクレジット)
ユエン・シュンイー(男優)(ノンクレジット)
ブランディ・ユエン(男優)(ノンクレジット)
ウォン・ハー(男優)(ノンクレジット)
ラウ・カーウィン(男優)(ノンクレジット)
脚本ニー・クァン
チャン・チェ
音楽チェン・ユンユー
撮影クン・ムートー
製作ラン・ラン・ショウ
制作ショウ・ブラザース
美術ジョニー・ツァオ
編集コー・チンフン
字幕翻訳岡田壮平
あらすじ
提督馬新貽が刺殺された。犯人の張文祥は悪びれることもなく縛につき、裁きの場で筆をとった。「自白を強要されるまでもない。おれはこうなるまでの真実すべてをここに記す」彼が記した義兄弟三人の悲しくも残酷な物語とは?清朝四大奇案(怪事件)のひとつ、馬提督刺殺事件を基に張徹監督が描く友情と裏切りのドラマ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 映画の冒頭。デビッド・チャン演じるチャン・ウェンシャンの不敵な笑顔に引き込まれてしまったあなたはもうこの映画の虜。チャンが語りだす清朝を震撼させた清朝四大奇案のひとつ『マー提督刺殺事件』の裏に隠された衝撃の真実。それは義理兄弟の契りを結んだ3人の男の悲しくも残酷な物語。ストーリー自体は安易に先が読める展開ではあるし、やや釈然としない部分もあるにはある。しかし、スローモーションを多用したクライマックスのカンフーファイトやどこか陰りをみせる役者たちの屈託に満ちた表情(特にデビッド・チャン演じるチャン・ウェンシャンがチン・リー演じるミランに時折向ける疑惑の眼光)など見所は実に多く、それを中だるみ一切無しで描くテンポのよさには見上げたものがあります。ゴジラの伊福部サウンド風の陳永煌のスコアも各場面場面を盛り上げるのに一役買っていて非常に秀逸。
役者の演技はどれも見応えたっぷりの素晴らしいものであったが、矢張り自らの野望を果たすためには手段を選ばない冷酷非情なマー・シンイに扮したティ・ロンが問答無用に素晴らしい。理想に燃える顔の下に魔性を隠した敵役をうまく演じきった。第19回アジア映画祭・第11回台湾金馬奨で主演男優賞ダブル受賞も伊達じゃないその名演を見るだけでも本作を見る価値は十分にあると言えよう。ただ、個人的には張徹監督の最高傑作とは思わないけどね。

・・・・・・・・・ところで例のゴロゴロ転がるシーンですけど、ワタクシ初めはてっきりその奇想天外かつ怪奇な出来事を目の当たりにして「こうやって打撃の痛みを体現しているのだ。なんと斬新な表現法なんだ!」とわけのわからない納得の仕方をしていたのですが、他の張徹作品を見てみるとそんなに転がっていなかったので、これが彼の作風じゃないことが分かってホッとした。(これが張徹作品初体験作品だったので)
カニさん [DVD(字幕)] 7点(2005-07-05 14:37:56)
1.お話はと言いますと・・・男たちの夢も世界もたった一人の女子の存在で脆くも崩れ去るのでありました、チャンチャン♪。泣いてばかりいやがって女って怖いねェ~いや、この場合、男がバカと言うべきか。しかし一度カンフーアクションになれば、さすがショウ・ブラザースの売れっ子だったデビッド・チャンとティ・ロンです、素晴らしいカンフーを見せてくれますし、二人とも若くてカッコイイです。チェン・カンタイも相変わらずのゴリラ顔(まあ、これはそうそう変わりませんね)ですが、カンフーシーンはシッカリ見せてくれます。ただ一つ気になるのはこの作品、山のシーンが多いためでしょうか、やられた人がやたらゴロゴロゴロゴロゴロゴロ・・・と転がります。ある意味見所かも知れません。
カズゥー柔術さん [DVD(字幕)] 7点(2005-03-28 11:56:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
72100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS