魁!!クロマティ高校 THE MOVIEのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 魁!!クロマティ高校 THE MOVIE
 > (レビュー・クチコミ)

魁!!クロマティ高校 THE MOVIE

[サキガケクロマティコウコウザムービー]
2005年【日】 上映時間:85分
平均点:5.50 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-02-25)
公開終了日(2005-11-01)
コメディ学園もの漫画の映画化
新規登録(2005-03-29)【Takuchi】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山口雄大
演出下村勇二(アクション監督)
キャスト須賀貴匡(男優)神山高志
虎牙光揮(男優)林田慎二郎
山本浩司(俳優)(男優)前田彰
渡辺裕之(男優)フレディ
高山善廣(男優)竹之内豊
板尾創路(男優)マスク・ド・竹之内
金子昇(男優)北斗武士
増本庄一郎(男優)山口ノボル
遠藤憲一(男優)プータン1(特別出演)
坂口拓(男優)山本一郎(友情出演)
津田寛治(男優)面接官(友情出演)
阿藤快(男優)本人役(地球防衛隊のメンバー)
橋本真也(男優)
松崎しげる(男優)本人役
宇野祥平(男優)
武田真治メカ沢新一
かないみかメカ沢β
小林清志宇宙猿人ゴリ
脚本増本庄一郎
板尾創路(構成)
音楽大森俊之
主題歌氣志團氣志團
製作クロックワークス
メディア・スーツ
製作総指揮大月俊倫
配給メディア・スーツ
衣装宮本まさ江
編集山口雄大
その他メディア・スーツ(宣伝)
あらすじ
人間離れしたヤツラの溜まり場、東京都立クロマティ高校。「この学校を変えてみせる!」と一人意気込む主人公・神山高志。ある日、神山と友人林田たちは、ある御曹司、北斗武士の口からデマかせを信じ「日本の平和を守る」という言葉にのせられ、“地球防衛軍”を結成した。そこへ宇宙から侵入者が!!!その名も<宇宙猿人ゴリ&ラー>。彼らはクロマティ高校をゴリマティ高校として乗っ取ろうとしていたのだ!!! 急げ!地球防衛軍!!彼らの人類存亡をかけた戦いが、今、始まる!!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.板尾はこういうノスタルジックなサプライズが好きなんだろう。こうした次々と押し寄せるマシンガン不条理モノは俺も好きだし喜べる。喜べるけど本作、特に後半は笑いには繋がらなかった。本来クロ高は不条理ではなくシュールが主役であるはずだ。不条理は弓矢で言う所の弓であり、異常者達による不条理に直面した正常な判断力を持つ常人達が額に汗を流し脳内で静かに突っ込みを入れて初めてシュールという名の矢が放たれる。それが笑いに繋がるのだ。「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」に代表されるアレである。学園に突然半裸のミュージシャンが現れても、ゴリラがいても、簡素なデザインのロボットが鎮座ましましていても、それはあくまで笑いの準備段階、食材である。読者も神山と同じく頭の上に「?」マークが浮かび、その後の「なんだこいつら…どうしたらいいんだ」な反応で読者は大いに神山に共感し、安心し、初めて料理として完成する。それこそがクロ高のギャグのレシピなのである。一旦非現実に叩き込んでおいて、再び現実に引き戻すという面倒な段階を丁寧に踏まなければならない。前半は十分その様式美が発揮されていたが、後半地球防衛軍云々のくだりから神山達まで不条理の住民と化してしまい、脳内で静かに突っ込みを入れるのがプータンの視聴者だけになってしまった。原作の神山他常人はシュールさを引き立てるために終始同じ角度で難しい表情を保っている。本作でも出来れば神山達にはやや煽り気味の斜めからの角度で脳内突っ込みを入れて欲しかった。こうした原作者の、意図的に作り上げたであろう「クロ高ならではの型」の普遍性・重要性に制作陣が気付いていれば、アニメ版の様な高い評価が得られたのではないかと思う。受ける漫画というのはそこにしかない個性があり、魅力となっている。それが何なのか気付いてしっかりと再現する事も、映像化する側の重要な使命ではないだろうか。
にしきのさん [地上波(邦画)] 5点(2018-09-16 00:44:49)
25.《ネタバレ》 「地雷作品」かもなぁ…と、ある程度の覚悟を決めて鑑賞開始。しかし俺はどんどんニヤニヤしてきてしまい…、ついには「プププププ!」と声を出して笑ってしまいましたわ(笑)。いやぁ~まさに「イイ意味で」バカ!!スタッフもキャストもみんな「イイ意味で」バカ!素晴らしいバカ!地球を侵略にやって来た宇宙人が『ゴリとラー』って!(しかも番組オープニングそのまんま挿入)そんなマイナー作品じゃなくて、もっとメジャーな作品がいくらでもあるだろう?バカだよ!本当にあんたら大バカだよーッ!!!!(感動の涙)
幻覚@蛇プニョさん [DVD(邦画)] 6点(2010-08-27 11:12:45)
24.《ネタバレ》 原作のバカバカしさに負けないよう、頑張っているとは思う。が… 原作に忠実なアニメ版の出来が良過ぎた。でも、この映画のスタッフは、原作を愛して、本当に楽しみながら頑張ってると思うよ。マンガ実写化の場合の限界かな…
伊達邦彦さん [映画館(邦画)] 6点(2010-07-04 18:42:57)
23.アホだ、こいつら真性のアホだ!  松崎しげるがケツ出してる時点で合格…!
どんぶり侍・剣道5級さん [地上波(邦画)] 7点(2009-08-16 09:35:54)
22.原作は読んだことはないけど、もしかしたら面白いのかもしれないですね。ただ、映画にするには無理がある作品なのかもしれない。原作のファンでもなんでもない自分には、正直面白いところは全くなかった。
茶畑さん [DVD(邦画)] 3点(2009-06-30 22:41:26)
21.原作知らない人が見ると、どう感じるんだろう?脚本(構成)が板尾なんでもう少し期待したんだけどな~。
泉州 力さん [地上波(邦画)] 4点(2009-06-12 16:51:48)
20.野球の話かと思っていたら。。渡辺裕之のボディが良すぎますね。松崎しげるのオシリも。。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 5点(2009-03-04 23:18:04)
19.おそらく原作を少しでも読んでないと意味が分からない映画なのでは?というくらいの暴走っぷり。1つ1つのショートストーリーのテンポが良かった点と最後までバカを貫き通した点はよかったと思います。
しかしなんでしょう……、やっぱりギャグ漫画を実写映画化するのは難しいようですね。「ピューと吹く、ジャガー」と同じ様な匂いを感じました。
民朗さん [地上波(邦画)] 3点(2009-03-01 10:04:03)
18.バカブッ通し!
甘口おすぎさん [DVD(邦画)] 4点(2008-09-01 14:57:45)
17.個人的にこの手の映画は大好きなので爆笑の嵐でしたね。
特に前半は原作の雰囲気を崩さずにオリジナリティもまじえててすごく面白かった!ただ、後半の宇宙猿人ゴリのくだりは悪い意味のグダグダ感が…(汗)
キャスティングはぴったり(プータン役の遠藤憲一とか絶妙でした)なので+1点で7点かな。
R澤さん [DVD(邦画)] 7点(2008-07-21 22:25:52)
16.違和感があって、笑えなかった。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 3点(2008-03-15 19:23:30)
15.そっくりなキャストに4点。序盤は観てて面白かったが、中盤からすごくダルくなった。
真尋さん [DVD(邦画)] 4点(2007-09-10 13:19:13)
14.《ネタバレ》 あのアニメを結構頑張ってやれていたと思います(笑)私的にはメカ沢で満足しました!渡辺裕之のフレディには少し無理がある気もしましたが・・・よく引き受けたってのでチャラですかね?w
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 6点(2007-02-28 20:51:30)
13.もっとバカでいいのに。意外と真面目な姿勢が見えちゃってたのがいけません。でも歪んだようなチャイム音と校舎の映像は「ドニー・ダーコ」のリスペクトと見た…んなわけないか。
のはらさん [DVD(邦画)] 6点(2006-09-25 23:32:40)
12.《ネタバレ》 ネタバレも何も・・・って感じがするけど、一応。前田がしょぼすぎです!ゴリとラーが出て来たあたりから、もうかなりだるくなりました。でも、本物の竹ノ内が頑張ってくれたおかげで、なんとか。阿藤快さんもお疲れさまでした。 原作に忠実と言えばまぁ、そういえるかも。さすがにアザラシのあらちゃんは出てきませんでした。
ロウルさん [DVD(邦画)] 2点(2006-09-16 00:03:45)
11.あまり原作ファンではないが、とても楽しめた。でも、この映画、人を選ぶ映画だね。
瑞鶴さん [DVD(邦画)] 6点(2006-08-16 21:29:54)
10.《ネタバレ》 うーん。「クロ校」の映像化は上手くいってますし、キャスティングも原作のイメージにピタッピタッとハマっていて気持ちいいです。オリジナル要素となるキーワード「阿藤海」「宇宙猿人ゴリ」「少林寺」もまたバカでよろし。でも、この監督の短編自主映画「手鼻三吉とトゥワイス志郎が往く」の超バカなパワーに比べると、良くも悪くもマトモだなぁ、と。あれを見てしまうと、今回の映画は長編に臨むにあたってパワーをセーブしてるんでない?なんて思ってしまったり。原作のエピソードは沢山あるのですから、この尺の中に倍は詰め込めたんではないの?とか。メカ沢ベータにはもっと出てきて欲しかったし、神山と山口ノボルのハチミツボーイVSアジシオ太郎とか、ネット上では礼儀正しい番長・藤本貴一とかも見たかったなぁ、とつい贅沢な望みも出てしまいます。地球防衛軍を膨らまし過ぎと思いましたけど、どうしても物語の芯は必要かな? 別に芯のない映画でもいいんじゃないかな、なんて。まあ、あの原作を映画化するという事自体が無謀で、それを期待に違わぬチープさで見事に映画化してくれただけでも良しとすべきなのかな。
あにやん‍🌈さん [DVD(邦画)] 6点(2006-07-21 00:21:29)
9.ちょっとTVで予告見たときに、元巨人のクロマティもどきが野球の試合でもするのか
と思ってたら、ありえねーギャグ満載の作品でした。自分はツボにはまってしまった
ようで家族で大笑いしてみました。下品ではないんで点数高いです。面白かったで
す。
たかちゃんさん [DVD(邦画)] 7点(2006-07-19 07:22:24)
8.実写版「鉄人28号」もそうだったがOPはサイコーでした! OPのナレーションと映像のミスマッチさが笑えました! 映画自体も途中まで面白かったですが、最後らへんはさすがにあきました。 「宇宙猿人ゴリ」のネタも最初はマジで笑えましたがちょっと延ばしすぎましたね、1ぱつネタにすれば良かったのに・・・

でもまあ、面白かったので6点ってことで
のび太さん [DVD(邦画)] 6点(2006-04-16 23:23:06)
7.なんか、「クロマティ高校コント集」みたいな感じが、ちょっとしんどいが、しかし、まぁ、嫌いじゃないわな。「宇宙猿人」の登場にも馬鹿馬鹿しく驚き、なおかつ小林清志でまんま行っちゃうセンスも、訳分からんがイイ。どうでもいいがキャスティングセンスも、凄まじくイイ。
aksweetさん [DVD(字幕)] 6点(2006-03-29 23:22:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
213.85%
3311.54%
4311.54%
527.69%
61038.46%
7623.08%
813.85%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS