Menu
 >
 >
 > 銀河ヒッチハイク・ガイド(2005)

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005)

The Hitchhiker's Guide to the Galaxy
2005年【米・英】 上映時間:109分
平均点: / 10(Review 61人) (点数分布表示)
SFコメディアドベンチャー
[ギンガヒッチハイクガイド]
新規登録(2005-04-23)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2015-06-05)【+】さん
公開開始日(2005-09-10
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ガース・ジェニングス
キャストマーティン・フリーマン(男優)アーサー・フィリップ・デント
サム・ロックウェル(男優)ザフォド(ゼイフォード)・ビーブルブロックス
モス・デフ(男優)フォード・プリーフェクト
ゾーイ・デシャネル(女優)トリリアン
ビル・ナイ(男優)スラーティバートファースト
アンナ・チャンセラー(女優)ケストゥラー・ロントック
ジョン・マルコヴィッチ(男優)ハーマ・カヴーラ
ワーウィック・デイヴィス[男優](男優)マーヴィン
アラン・リックマンマーヴィン
トーマス・レノン[男優]エディ
スティーヴン・フライナレーション
ヘレン・ミレンディープ・ソート
中村大樹アーサー・フィリップ・デント(日本語吹き替え版)
山路和弘ザフォド(ゼイフォード)・ビーブルブロックス(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子トリリアン(日本語吹き替え版)
鈴木清信マーヴィン(日本語吹き替え版)
堀内賢雄エディ(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]ディープ・ソート(日本語吹き替え版)
青野武スラーティバートファースト(日本語吹き替え版)
唐沢潤ケストゥラー・ロントック(日本語吹き替え版)
屋良有作ナレーション(日本語吹き替え版)
大谷育江(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
くじら(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
原作ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』
脚本ダグラス・アダムス
カレイ・カークパトリック
音楽ジョビー・タルボット
撮影イゴール・ジャデュー=リロ
製作ゲイリー・バーバー
トッド・アーナウ(共同製作)
ロジャー・バーンバウム
ジョナサン・グリックマン
ジェイ・ローチ
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮デレク・エヴァンス
配給ブエナビスタ
特殊メイクマシュー・スミス(補綴メイクアップ・アーティスト)(ノンクレジット)
特撮ジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップ(クリーチャー・エフェクツ)
シネサイト社(視覚効果)
美術フランク・ウォルシュ[美術](美術監督スーパーバイザー)
衣装サミー・シェルドン
編集ニーヴン・ハウィー
その他ダグラス・アダムス(献辞)
スパイク・ジョーンズ(サンクス)
ビリー・ウェバー(サンクス)
あらすじ
アーサーが一番くつろげる場所、大草原の小さな家(?)が高速道路の建設のために撤去されることになり、アーサーは必死で抵抗する。場面は一転し、銀河系の交通網建設のために地球を撤去しにきたETがアーサーと親友の二人を宇宙船内の密室に閉じ込める。二人が密室から脱出して人間の女性パトリシアと銀河系の大統領を名乗る調子のいい男に出逢った後、地球撤去の事実が一層明らかになっていく。エンド・ロールを含む作品の随所で宇宙時代に一般化した用語や事項の懇切丁寧な解説がほどこされているのでそれぞれお見逃しなく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.いや~楽しかった。原作を知らないので正直言って細かい小ネタなどわからないものも多く、置いてきぼりをくったシーンも数知れず。でも全体を支配するユル~いノリがたまらない。とくにマーヴィン最高。アラン・リックマンの声もぴったり(少しトカゲヘッドを思い出してしまったけど、それもまた楽しい)。中盤以降の哲学系ネタも、「哲学なるもの」は本来くだらないものであるということを的確に表現してる。そのくだらないことに没頭するところに哲学の意味があるんだと言うことを、あらためて思い出させてくれたパロディ精神とアイロニー精神に拍手。英国系?コメディの真髄を楽しむことができました。欲をいえば、このくだらなさを、映画館という大スクリーンで、満場の観客と一緒に体験したかった! 日本では無理かなあ。
ころりさんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-07-23 10:45:00)
20.《ネタバレ》 地球が爆発するシーンは「2010年宇宙の旅(小説)」のモノリスいっぱいを思い出しました。冒頭のイルカの歌がかなり良いです。良いというか、笑ってしまいました。凄くいいこと言ってるのに必ず最後に「魚をありがとう」って。(笑)あとクジラもかなり笑えた。人生ってこうだよな、笑えないよな、と思うと逆に笑えてしまう。カニ的な生き物の扱いの酷さもイギリス映画的でクスッと来ました。もう2,3回繰り返して欲しかったな・・・で、何度も潰される、と。トビラの開閉音とか“手を貸して欲しい”とか小ネタにもニヤニヤ。
アメリカ映画よりも日本映画よりもなぜかイギリス映画が一番笑えるんだけど、一緒に見る人は大抵クスッともしないんですよね・・・
なみこさん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-05 23:09:27)
19.ず~っと観るのを楽しみにしていたのに「未公開」 なので、DVD化をず~っと待っていました。いやはや面白い。この手の作品はレビューを書くのがとても難しい。「ここが」と言えないんですよね。全体的な雰囲気とか、要所要所に秘められた皮肉とか。本国だともっともっと面白さがわかるんでしょうね。残念。観終わって原作買いました。
よっさんさん [DVD(字幕)] 10点(2006-04-24 23:55:12)
18.《ネタバレ》 よくもまあ、あの原作を。クジラのとこが好きです。
ジェフゆないてっどさん [映画館(字幕)] 7点(2006-04-23 08:49:30)
17.まず冒頭の「イルカの歌」、ほんとうに素晴らしいですね。滅びゆく人類に対し「きみ達人間はお馬鹿だったけれど優しかったよ」というメッセージ・・・始まったばかりなのに、結構ジンときました。お話も思わず「ありえなーい!」と言いたくなるような設定や展開が一杯でおなか一杯さ。特にネクラロボ、マーヴィンがお気に入りに。ああ、原作読みたいな。
シェリー・ジェリーさん [DVD(吹替)] 8点(2006-04-16 19:41:44)(良:1票)
16.《ネタバレ》 本当は製作開始を聞いた頃から、本欄への一番乗りを狙ってたんです。アメリカでの評判の良さに期待も膨らませてました。本当に映画館で見たかった。原作を手にしてから二十数年、この時をどれだけ待ち続けていた事か…仕事のバカヤロー。公開初日どころか封切り自体も見に行けなかったなんて…『チーム★アメリカ』なんて見に行く必要なかった。『キング・コング』と取り替えたっていいよ。去年のあの期間、なぜ連日連夜徹夜になってしまったんだ…と、以上はただの愚痴でした。で以降はH2G2マニアな感想。
支離滅裂な原作を、本当にスッキリよくまとめました。よもや、アーサーとトリリアンがラストでキスするなんて思いもよらなかったですよぉ。宇宙の全てを踏み台にした、シンプルなボーイ・ミーツ・ガール! ダグラス・アダムズが死の間際まで脚本に手を入れ続けたというだけのコトはあります。
笑ったのはヴォゴン人の受け付け! 順番待ちの宇宙人に混じって、ちゃっかりBBC版のマーヴィンが右往左往してます。タイトルのBGMもBBC版を使ってるし、ヒッチハイク・ガイドのBGMも同じ。加えて言えば冒頭の日の出の映像やアーサーの家を写すアングル、パブの造りまで同じでした。なんかもう壮絶に「H2G2マニアック」な映画です。25年間企画を練りつづけた(実際、BBCテレビ版の直後にハリウッド映画化の企画が立ち上がっている…『A.I.』より企画としては長い!)成果が、プラスに働いたんだと思います。
もっとも、原作の1巻目しか消化されていないので、宇宙の果てのレストランネタや、強烈なゴルガンフリンチャム人会議ネタとかが見れなかったのが残念ですが…脳を奪われそうになった時のアーサーの返事が、その辺のネタの人類ダメダメ感をうまく集約してくれてました。ある意味、残りの展開が全てあの長ゼリフに詰まってる感じです。
本当にいい脚本を残してくれました。ダグラス・アダムズ、お疲れさまです。そして安らかに…。
エスねこさん [DVD(吹替)] 10点(2006-04-15 12:35:48)
15.はっきり言ってこのイギリス映画独特のひねくれたユーモアのセンスにはクスリとも笑えませんでした。ただ、なんとも馬鹿らしいネタに素晴らしい美術とVFXを駆使して美しい映像を作り上げている。もうこの映像に見とれて最後まで鑑賞できたという感じです。きっと本国の映画館では爆笑の渦だったりするんだろうなあ・・・。
ロイ・ニアリーさん [DVD(吹替)] 7点(2006-04-13 21:00:12)(良:1票)
14.こういうテイスト大好きです。
もう最高!!!
観客置いてけぼりのノリノリのお話し、大好きです♪
私がこんなに気に入ると言うことはすなわち、良識派の方々には向かないかもしれません、この作品は。
特撮映画は技術も大事ですが、監督の想像力がいかに大きいかが大事!!
バカバカしさもここまで高度だと拍手です。
B級作品大好きな私の、今年のベスト映画。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 10点(2006-04-12 22:50:52)
13.なんだか、笑っていいんだか、笑えないんだか、わかりませんでした・・。あ、そういえばコレ、イギリス映画でしたね。
★ピカリン★さん [DVD(字幕)] 5点(2006-04-09 00:50:28)
12.《ネタバレ》 まったく期待していなかったが、おもしろい。馬鹿げたストーリーながら、これだけの繊細かつ大胆な映像は見事。CGが少なく臨場感もあった。現代風刺的なシニカルな描写も興味深かった。実はネズミは地球の支配者だった等の発想もなかなかだったが、最もおもしろかったのがディテール。手続にうるさい異性人、その異性人の拷問が詩の朗読、その異性人の星ではハエたたきが地中から出てくる等々・・・。見て損はない。
ぼぎーさん [DVD(字幕)] 7点(2006-03-31 00:31:15)
11.どことなくひねくれた「ギャラクエ」ってところでしょう。あそこまで冴えた作品じゃないんだけれども、そこもまたいいアクセントになってます。オープニングの「魚をくれてありがとう!(ですっけ?)」の歌が豪華で非常にユーモア溢れてて大好き。中に人間の入ったクリーチャーがもごもご動いてる風景も可愛らしい。でも、こんなエンターテイメント作品はやっぱりアメリカ風味が好みらしくて、哲学的な答えを求めるあたりでちょっとだれちゃいました。それにあまり「ヒッチハイクガイド」活用されてなかったような気がするなァ。あのアニメーションポップでステキだったのに。ま、紅茶紅茶とうるさいだらしない主人公も含め、こんなスカーンと行かないところがイギリス風味なんでしょう。しかしイルカはどこへ行ったやら…。
のはらさん [DVD(字幕)] 7点(2006-03-18 22:26:08)
10.観ている人を平気でおいてっちゃうような、くっだらないおふざけ満載のバカバカしさ。しかし、おふざけひとつとってもそのディテールに凝りに凝っているという、どうしようもなくイギリス臭がする映画。お好きな方にはたまらないかと。真正人間性プログラムを搭載されたせいで愚痴っぽくなったロボット・マーヴィンがめちゃかわいいっす!しかもアラン・リックマンのつまんなさそーな声がナイスです。開閉するたびにため息をつくドアとかね、無限不可能性ドライブ後に編みぐるみになっちゃって、毛糸のゲ○を吐くとかね。そこやかしこでいちいちふざけてくれるのがたまりませんね。なのに、オープニングのイルカさんの歌や、惑星建設のエンジニアの神様のような風貌とか、バックアップされた地球が再生されていく様子に、かなり感動してしまいました。哲学的な深遠なるテーマに対する答えはふざけているようでいて、実は的を射ている。と思わせておいて果たしてやっぱりふざけてる?と、とにかくなんだか頷いて楽しんでいたワタシには、やっぱり難しい映画よりもバカ映画の中からいろんな意味を見出していくのが向いているようです。
宝月さん [映画館(字幕)] 7点(2005-12-01 17:21:23)
9.滅茶苦茶な設定ゆえ、序盤は話についていけず、ポカーン状態でした。中盤以降はこの作品の世界観に慣れてきたためか、連発されるくだらないギャグの虜に。哲学と神学、どちらともつかない難解な主題もギャグを交えてサラッと取り扱っていて、その手の話が苦手な自分でも抵抗がありませんでした。原作続編も是非映画化して欲しいです。ネガティブ・ロボは、声優さんの好演もあり、かなりイイ味出してます。とにかくナレーターの長セリフが多いので、日本語吹き替えで見た方が楽しいと思いますよ。
プミポンさん [地上波(吹替)] 7点(2005-10-29 15:40:19)

8.鬱病のロボット、無限不可能性ドライブなどなど、全編に散りばめられたユーモアは実に秀逸で、最後までにやにやしていた。しかしあまりにもベタなギャグとキャストのオーバーアクトには「ここは笑うべきシーンなんだろうな」と思いつつも苦笑していた。こういうのは国民性の違いなのか?それとも意識してやっているのかわからない。冒頭で地球が吹き飛ぶシーンが一番笑えた。マジなのかギャグなのかよくわからない意外と深遠な哲学的テーマ、着ぐるみやセットからほとばしるチープなうさんくささ、そしていかにもイギリスらしいハイセンスさとどんくささが共存するヴィジュアルセンス、それらのブレンドとギャップが、ぐだぐだかつめまぐるしいストーリーに対して鮮やかなコントラストとなり、SF特有の固有名詞と情報量の多さに多少ついていけなくなるが、ともかく細かいことは気にしなくとも最高な感じである。パンフが60ページもあるが気が付くとパラパラめくりながら、1人にやけている日々が続き、少々ハマリ気味である。マービンを見て「スターウォーズ」のフィギアを集める人々の気持ちが初めてわかった。冒頭のテーマ曲はイーグルスの75年のアルバム「One of these nights」に収録の「Journey of the sorcerer」である。BBCテレビのドラマでもこの曲がオープニングテーマだったらしい。パンフでもスルーされていたのでこの場を借りて明記する。
わいえすさん [映画館(字幕)] 10点(2005-10-22 00:56:36)(良:2票)
7.これ面白いですよね。俺、レッドドワーフとかも好きだし、この手の笑い結構受け付ける体質なんですよね。ただ馬鹿なお笑いだけでなく、この手の映画に似つかわしいレベルのメッセージもちゃんと織り込まれていて、かなりあと味がいい映画ですね。ただ上手く嵌れない人には、フラストレーションの固まり足り得たるこの映画、まだ気心知れてない初デートなんかで観るのは避けた方がいいかもネ。ツボの違いが微妙に感じ取れたら、なんと悲惨な事か。。。お互いのツボがバッチシ合えば、そのままラブホで合体してください!!(^m^)
Pizzさん [映画館(字幕)] 7点(2005-10-21 01:39:33)
6.これはツボでした。B級の香りぷんぷんなのを承知で見たんだけど、あんなに哲学的な要素が入ってるとは・・。そしてあのありない設定。英国でDVDで観たので、日本語訳とはまた違う感じなんだと思います。あのゆるい笑いのセンス・・。あの鬱っけのロボットがマジ最高だったね。ラストのあの展開とか。壮大なSFでは決してないので、そこらへんを前提に見れば楽しめるのでは・・と思います。責任持てないけどw。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 8点(2005-10-20 18:26:08)
5.内容がもっとシンプルでいいのにと思った。哲学とか入りすぎ。
スケールのでかい映像美は劇場で見た方が気持ちがいいと思うが、
内容がマイナーだ。
カタログさん [映画館(吹替)] 6点(2005-09-25 23:27:45)
4.いまいち理解出来ませんでした。
たまさん [映画館(字幕)] 4点(2005-09-24 00:10:25)
3.これ、「モンティパイソン」などのイギリス系コメディで笑えないと、ついていけないんじゃないかなあ。ところどころおもしろい所はあるけど、爆笑までは行かない。すんごいカネとSFXを使ったナンセンスコメディという感じで。トレーラーとか見てると、次から次に大きな画面転換があるアドベンチャー物語がばんばん進むのか、と思いきや、何だかだらだらした細かいギャグ?が続いて勢いをそがれる。ふざけたコンピューターの究極の問いも何故タオルが必需品なのか? も笑いのツボに入ってこなかったなあ。でも、イルカの歌を聴いていると、「ああ、地球を大事にしなきゃなあ」「自分の命だけじゃあないんだなあ」なんて少しだけ思いました。映画のストーリーとあまり関係ないですけど。
しまうまさん [映画館(字幕)] 6点(2005-09-12 01:23:07)
2.《ネタバレ》 巷では評判がよい本作ですが、有名らしい伝説のカルト小説の存在すら知らない自分にはちょっと向かない映画でした。一言でいえば、つまらなくはないけど、面白さを感じない。微妙にツボがずれている気がする(自分は宇宙船レッドドワーフ号の笑いは理解しているつもり)。
他の観客もそれほど大笑いしているという感じでもない。もっとも、本作は大笑いするというよりもクスッとくる映画ではあるが。
この映画のツボがたまたま自分に合わないのか、それとも他の多くの日本人にも合うのかどうか知りたいので、レビューが増えることを期待するけど、東京では六本木でしかやっていないのが問題。個人的には、よほどの原作マニアでない限り、六本木まで足を運ぶ必要はないのではないかという気がする。DVDを待っても良いのではないかと思える映画。
【以下ネタばれ含み】
原作を知らないのに語るのには抵抗があるが、なぜハマれなかったのか理由を考えてみたい。
①「意外と真面目な映画に仕上がっていないか」
ユルイ笑いとナンセンスさが中心になっているかと思いきや、やや哲学的な内容を含み、どうでもいいはずのストーリーなのに真面目くさいのが肌に合わない。
「42」に対する質問や展開もユルくてもよいはずであり、白ネズミの存在や、地球再建なども明確的に描いて欲しかった。
ドアの音、ゼイフォードとフォードが飲む酒、無限不可能性ドライブ後の副作用などにはセンスや興味を惹いたが、やはり笑いと真面目さのバランス感覚が悪い。タオルとかイルカも使い道があったのではないか。肝心のガイドが大切なときに役に立たないというオチでもよい。
②「せっかくのキャラクターが活きていない」
ゼイフォードを演じたロックウェルや、ハーマを演じたマルコビッチはそれなりの存在感を示したが、アーサー、フォード、トリシアが揃ってイマイチ。もうちょい個性的なキャラになり得たはず。いい味を出しているがマービンももっと笑いが取れるはずだ(緊迫感のある場で場違いな発言をしたり、皆から全く無視されるなど)。
アーサーはもっとマヌケ、悲観的役。フォードは逆に如何なる場面でも「don't panic」で究極の楽観的。トリシアはもっと不思議系でよかったのではないか。
③この映画をみて「どこかに旅行にでも行きたいな」と思ったりもしたが、そういうテーマに対して上手くストーリーをまとめていない気がした。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 5点(2005-09-11 19:25:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 61人
平均点数 6.28点
000.00%
100.00%
211.64%
358.20%
446.56%
51219.67%
6914.75%
71626.23%
8711.48%
923.28%
1058.20%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review4人
2 ストーリー評価 8.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.40点 Review5人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS